山田風太郎『風山房風呂焚き唄』2016-10-23

2016-10-23 當山日出夫

山田風太郎.『風山房風呂焚き唄』(ちくま文庫).筑摩書房.2016 (原著、筑摩書房.2008)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480433787/

風山房とは、山田風太郎が信州にたてた別荘の名。そこでの身辺雑記を中心に構成したエッセイ集。

その中の「読書ノート」のところには、次の文章が収められている。

「人生の本――「漱石書簡集」」
「私の愛読書――「漱石書簡集」」

私は、漱石全集は、2セット持っているのだが、はっきり言って書簡の巻を丁寧に読むということがなかった。これは、読んでみなければと思った。

漱石の書簡の面白さには、森まゆみもふれている。これについては、すでに書いた。

やまもも書斎記 2016年10月20日
森まゆみ『千駄木の漱石』
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/10/20/8232630

ところで、山田風太郎……私にとっては、明治伝奇小説がなじみ深い。今でこそ、その一連の作品は高く評価されているが、書かれたころはそうでもなかった。ほとんどの作品は、単行本が出たときに買って読んできている。

この意味では、次のような箇所は興味深い。

「「大史実」の変更は許されないが「小史実」なら許される、といっていいかも知れない。何にしても、小説上の故意の嘘は、たとえ歴史上の事実や実在人物を扱ったものであっても、基本的には許されるのじゃなかろうか、というのが私の意見である。」(pp.254-255)

山田風太郎の明治伝奇小説、時間ができたら、じっくりと読み直してみたいものであると思っている。いまでは、ちくま文庫で、山田風太郎明治小説全集がそろっているし。

それから、こんど岩波で出す新しい漱石全集、買うことにしようかなと思っている。(半分は、税金のようなものとあきらめて。)

山内昌之『歴史とは何か-世界を俯瞰する力-』2016-10-24

2016-10-24 當山日出夫

山内昌之.『歴史とは何か-世界を俯瞰する力-』(PHP文庫).PHP研究所.2014 (原著、『歴史の作法』.文藝春秋.2003 加筆・修正あり)
https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-76243-2

このところ、山内昌之の本を読むことが多い。いろいろ理由はある。

第一には、イスラームが専門の歴史家であること。でありながら、日本はもとより、世界の情勢・歴史に通暁している、幅広い知見のもちぬしであるということ。このことについては、ことさらここに書くまでのことでもないだろう。

第二には、その歴史観に共感するところがつよい、ということがある。

この第二の点についていえば、本書では次のような箇所。

「現在の日本には、専門家たる歴史家でなくても、自分が過去と現在からオリュンポスの神々のように超然とし、戦争の責任問題や犠牲者の数といって微妙な事象さえ「客観的」に評価できると信じる人びともいます。」(p.16)

「日本の未来と歴史的進路について、文明論的な洞察と過去とのバランスがとれた対話を歴史学者に期待する市民がどれほどいるでしょうか。確かに、最近では格別に歴史的実証に努力してきたわけでもない歴史学以外の学者、はたまた作家や評論家までも、左右を問わず戦争責任や植民地支配に関わる歴史戦争の〈主役〉になっています。」(pp.26-27)

「しかし、いずれかは絶対悪の加害者であり、他方は絶対善の被害者というような解釈が歴史で果たして成り立つのでしょうか。逆に、絶対善の加害者と絶対悪の被害者という組み合わせも疑ってかかる必要があるでしょう。」(p.29)

「明治維新このかたの日本近代史をまるで悪の年代記と考える立場にしても、侵略戦争や植民地支配の負の現実を忘れがちな立場にしても、歴史の決定要因の複合性を解釈できない人びとが一部に見受けられます。」(p.30)

これらの引用にみられるように、歴史に対する専門家としての自負にうらづけられたバランス感覚が重要であると思う。

日本の近現代史については、歴史学の研究課題であると同時に、きわめて政治的な問題でもある。特に、近隣諸国のみならず、アメリカとの関係においても、近代史全体をみわたしての議論が必要になってきていると思う。

今のような時代、信頼して読むべき希有な歴史家の一人であると思う。

『真田丸』あれこれ「味方」2016-10-25

2016-10-25 當山日出夫

『真田丸』2016年10月23日、第42回「味方」
http://www.nhk.or.jp/sanadamaru/story/story42.html#mainContents

「義理」と「人情」……ちょっと古いことばかもしれないが、この回は、このことばがしっくりとくる回であった。

兄(信之)、主人公・信繁ともに、その主君への忠誠心を確認することになる。徳川と豊臣と、敵味方に分かれることになる。このとき、兄(信之)は、徳川に忠誠をちかっているが、それは「義理」であるように見える。一方、信繁(幸村)の豊臣に対する忠誠心は、「人情」に基盤があるように感じた。

そして、歴史の結果を知っている現代の我々からすれば、「人情」で行動していた信繁が、結果的に敗北することになる。このドラマ、結果として負けることが分かっている戦いを、どのように描いて見せるかが、ポイントであることはいうまでもないことと思う。

ところで、戦いの場面において、総司令官の決断と、それを支える作戦参謀というのが、近代的な戦争観だと思うのだが、この観点から見ると、もう豊臣の方は、負けるべくして負けることになったと見ることができるかもしれない。

描かれていた豊臣方の戦いへのそなえは、近代的な軍事にならっていえば、太平洋戦争時において、各方面軍が勝手に戦って、それを統合する参謀本部が機能していない状態といえるだろう。全軍を五つにわけて、それぞれに司令官を置く。その上に総司令官として、秀頼が位置する、ということになっている。だが、まだ秀頼は若い。戦の経験もない。総司令官の器量ではないだろう。これでは、勝てるはずがない。負けるべくし負けた戦いにおいて、それでもそのなかで頑張った、ある方面軍司令官(武士)として、これからの信繁を描いていくことになるのだろうか。

半藤一利『日本国憲法の二〇〇日』2016-10-26

2016-10-26 當山日出夫

半藤一利.『日本国憲法の二〇〇日』(文春文庫).文藝春秋.2008 (原著 プレジデント社.2003)
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167483173

現在の憲法については、その成立をめぐって、また、改正をめぐって、様々に議論がある。それらのなかで、この本は、読まれていい本だと思っている。と同時に、天皇というもの……今上天皇は退位の意向をしめされているようだが……について考えるとき、憲法の問題とあわせて考えるべき視点を提供してくれる本だと思う。

著者(半藤一利)は、「歴史探偵」として多くの歴史にかんする著作を書いている。この本も、その「歴史探偵」の面目躍如たるところがある。この本には、主に、三つの視点がある。

第一には、客観的な歴史記述をする、一般の歴史家の視点。この視点から描かれる日本国憲法の成立過程は、他に多くある。特にきわだって新発見の史料があるというわけではない。しかし、それはそれとして、知られていることを、実に手際よく整理してしめしてある。

第二には、当時の世相の描写である。著者の使っている用語でいうならば、「民草」の視点であり、「B面」の歴史である。ここで、頻繁に登場させているのが、山田風太郎と高見順の日記。

山田風太郎の日記……その代表的なものは『戦中派不戦日記』だろう、講談社文庫版で新旧の版を持っている……それから、作家として名をなし近代文学史に足跡をとどめる仕事をしていた高見順。この高見順、その作品自体は、もう読まれないものになってしまっているようだが、文学史をたどるうえでは、その仕事は貴重である……これらの日記史料をつかって、当時の世相を描きながら、政府に対して批判的な視点のあったことをわすれてはいない。

第三には、著者(半藤一利)の視点である。終戦当時、著者は、新潟県の長岡に疎開してして、中学生であった。その当時の中学生の視点を回顧して、どのように時代の動きがみえたか記している。この箇所についてみれば、これは、これとして、貴重な史料になるだろう。

以上、主に三つの視点をおりまぜながら追っていく日本国憲法の成立は、ただの政治史としての憲法論ではない、面白さがある。だからこそというべきなのだろうが、上記のような三つの観点は大事かと思って読んだ。

で、なぜか出てこないなあ、と思っていたのが永井荷風である。その『断腸亭日乗』がこの本では、基本的に使っていない。しかし、一カ所だけに登場させている。なるほど、このことを荷風のことばをつかっていいたかったのか、という場面においてである。

日本国憲法は、「おしつけ」であったかどうか……論者によっては様々な議論があることは承知しているが、ともかく、実際の歴史的経緯は、どんなであったか、それをその当時の人びとはどううけとめていたのか、まず、そこのところを確認することが重要なのだと思う。

この本は、2003年の刊行であるが、その「あとがき」にこう記している。

「そしてわが日本である。基本の国家戦略をいまだうち樹てないままに、「新しい戦争」を、つまり「ブッシュ戦争を支持します」とただ恰好をつけていうのは、目をつむってテロのターゲットになることを覚悟した、ルビコン河をあっさり渡ったと同義になろう。あの日から五十七年、いまの日本の指導層のなかでは、すでにして「大理想」は空華に化しているのであろう。非命に斃れた何百万の霊はそれを喜んでいるであろうか。」(p.365)

そして、さらに、その後の日本は、現行の憲法の解釈を変更し、集団的自衛権というところにまで、時代は変化してきている。

私は、必ずしも現行憲法を不磨の大典として守り抜けというつもりはない。そのときの国際情勢のなかで、常に見なおされてしかるべきだと思っている。だが、それは、たえず歴史をかがみとして、どのようにして今があるのか、たえざる反省をともなうものでなければならないと思っている。この意味において、憲法成立の過程をわかりやすく説いたこの本は、読むに値する本の一つであると考える。

天皇とポツダム宣言2016-10-27

2016-10-27 當山日出夫

昨日のつづきである。

やまもも書斎記 2016年10月26日
半藤一利『日本国憲法の二〇〇日』
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/10/26/8236181

日本は、太平洋戦争(大東亜戦争)を、ポツダム宣言の受諾によって、降伏ということになった。そのとき、重視されたのは、国体の護持ということであったことは、知られていることである。国体の護持、つまり簡単に言い換えれば、天皇制をどうするか、昭和天皇はどうなるのか、といったことになる。

ところで、ポツダム宣言には次のようにある。

「十二、前記諸目的カ達成セラレ且日本国国民ノ自由ニ表明セル意思ニ従ヒ平和的傾向ヲ有シ且責任アル政府カ樹立セラルルニ於テハ聯合国ノ占領軍ハ直ニ日本国ヨリ撤収セラルヘシ」

国立国会図書館 日本国憲法の誕生 憲法条文・重要文書
http://www.ndl.go.jp/constitution/etc/j06.html

戦後の日本占領、憲法制定、天皇制をめぐっては次のような状況にあったと、半藤一利は書いている。

「いまや天皇退位は天皇の私事ではなく、まさしく戦後日本の運命を左右する根本の大事となっていた。特にアメリカでは最大の難問なのである。それで九月から十月にかけて、ワシントンの国務省・陸軍省・海軍省の三省調整委員会(とくに下部の極東小委員会)において、時をおかず天皇の身柄をいかにすべきかについての激しい討議がつづけられていたのである。/実のところ、彼らはジレンマに直面していた。公然と、軍国主義の源泉たる天皇制の全面廃止をうちだせないのである。なぜならポツダム宣言受諾をめぐって、せっぱつまったところで日本政府に、天皇制の将来は日本国民の自由意志にまかせると、アメリカは約束していた。「いまになって、信義にもとるようなことはできない」と、強硬論者はホゾを噛まざるを得ない。」(p.156)

この本、『日本国憲法の二〇〇日』は、憲法制定のプロセスをめぐる歴史を描いている。と同時に、戦後の天皇制のあり方について、どのような思惑が交錯したかをも、同時に書いてある。

いうまでもなく、現在の天皇は憲法によって規定されている。つまり、天皇制について議論することは、憲法について、その成立について、その正統性について、議論することにつながる。

日本国民の意思によって、憲法が制定され、その憲法には、国民の総意のもとに天皇の存在が規定されている……これが、タテマエの筋道ということになる。

少し前の国会で、首相がポツダム宣言をつまびらかに読んでいるか、いないか、ということが話題になったことがあった。

ポツダム宣言の受諾によって、日本が戦争を終結させ、その占領下にはいることになった。これは冷厳な事実としてうけとめなければならない。と同時に、そのとき、我が国の国体(強いていえば、天皇制)のあり方をめぐっても、なにがしかの方向性の取り決めがあった、これもまた事実とすべきことであろう。

であるならば、ポツダム宣言受諾を受け入れるならば、天皇制維持ということもまた、日本国民の選択としてあったのだ……このように理解することもできる。

天皇制の行方は、憲法の問題でもあるし、歴史的には、ポツダム宣言受諾の時点にさかのぼって考える問題であるように思う。

ジェフリー・ディーヴァー『煽動者』2016-10-28

2016-10-28 當山日出夫

ジェフリー・ディーヴァー/池田真紀子(訳).『煽動者』.文藝春秋.2016
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163905402

ジェフリー・ディーヴァーの作品は、基本的に年に一冊のペースで翻訳が出るので、毎年、読むことにしている。これは、最初の『ボーン・コレクター』からの習慣のようなものになっている。いまでは、ちょっとたてば、文庫(文春文庫)が出るのだが、それをまたずに、単行本で読む。

というのは、この作者の作品は、その時代の有様を背景にしている。単純なミステリーというわけではなく、その時その時の時代背景・世相をふまえて書いてあるので、なるべく同時代に読んだ方が、その意味するところがよりよく理解できる。

今回の作品は、キャサリン・ダンスシリーズ。ただ、その「人間嘘発見器」としての側面は、この作品ではあまり表に出てこない。と思っていると、最後になって、ナルホド、ここにその伏線があったのか、ということになるのだが。

ジェフリー・ディーヴァーとしては、もうひとつのリンカーン・ライムのシリーズの方がメインと考えていいだろう。この意味で、それ以外のキャサリン・ダンスのシリーズを読むと、この事件を、リンカーン・ライムが担当していたら、どんな捜査を展開していることになるだろうか、というようなことが気になってしかたがない。まあ、これは、この作者のシリーズを読んできているものに共通する感覚かもしれいないが。

ところで、この作品、原題は、「SOLITUDE CREEK」。どう解釈すれば、これが『煽動者』になるのか、このあたりも興味深い。「SORITUDE CREEK」が日本語にそのまま訳したのがでは、その含蓄がつたわらないことが、作中でも述べられている。

時間に余裕があったら、ジェフリー・ディーヴァーの作品、初期の作品から、順番に読み直してみたいという気がしている。結論がわかっていても、再読するに十分にたえる、ものがたりとしての面白さをもっている。この作品も、最後の顛末がわかっていても、いや、わかっているからこそ、もう一度読んで、細部の描写を確認してみたくなる、そんな作品である。

山内昌之『歴史家の羅針盤』2016-10-29

2016-10-29 當山日出夫

山内昌之.『歴史家の羅針盤』.みすず書房.2011
http://www.msz.co.jp/book/detail/07568.html

山内昌之の書評集。みすず書房刊行のものとしては、これが三冊目になるらしい。(前の二冊は、まだ見ていない。買っておかないといけないかなと思っている。)

この本のタイトル、「羅針盤」が象徴的である。

このところ、山内昌之の書いたものをよく読むようになってきているのだが、この人、現代社会において「羅針盤」となりうる人であると感じる。その書いていることに、すべて理解できているというわけではないのだが、安心して読める。

まず、歴史家(イスラームの専門家)としての着実な歴史研究を基盤があって、そのうえで、現代社会、近現代の日本、世界の歴史を見る視点は、秀逸である。

この本は、編年編集になっている。中をみると、たとえば、塩野七生の本がいくつかとりあげてある。これは、現代の歴史家として、きわめて良心的な態度だと思う。(おそらく、西欧史専門の歴史研究者は、無視するのが通例だろう。)むろん、歴史書として評価してのことではないにしても、なぜ、今、塩野七生の本が読まれているのか、そのことは、十分に考えるべき問題であると思う。

書評というものは、その本を批判することにあるのではないと思っている。そうではなく、その本の魅力をどう伝えるかに眼目がある。そして、できることなら、その本のエッセンスを伝えて、読者の導きとなるべきものだろう。この意味において、山内昌之の書いた書評は、特に歴史関係において、貴重な仕事を残してくれていると思う次第である。

山内昌之『歴史の想像力』2016-10-30

2016-10-30 當山日出夫

山内昌之.『歴史の想像力』(岩波現代文庫).岩波書店.2001 (原著 『二十世紀のプリズム』.角川書店.1999 再編集)
https://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/60/7/6030480.html

著者は、イスラームが専門の歴史研究者であるが、それと同時に、すぐれた人文学者であると思う。さりげなく書いてあるが、次のような箇所。

「歴史と文学には大きな共通点がある。それは、自然への愛や人間の可能性に対する信頼である。そして、歴史と文学は、〈叙述〉という表現手段が重視される点でも似通っている。」(p.214)

〈文学〉と〈歴史〉があまりにも離れすぎてしまった時代においては、貴重なことばといえる。一般的には、文学部に属する分野なのであるが、現在では、〈歴史〉を勉強する人間は〈文学〉を分からなくてもいいかのごとくである。また、〈文学〉の方でも、そもそも〈歴史〉とは何かと問いかけるというようなことは、なくなっているように思える。

たとえば、次のような指摘。

「もし辻邦生が歴史学者であったなら、どのような研究を仕上げたことであろうか。仮定とはいえ、どうしても想像してみたくなる問いである。その場合でも確実なのは、氏が歴史学者という狭いギルド的枠に留まらずに、大きなスケールの仕事を仕上げていたということだろう。」(p.51)

として、『背教者ユリアヌス』『西行花伝』『安土往還記』『嵯峨野明月記』『天草の雅歌』、などの作品名があがっている。これらの作品、私も、高校生のころに読んだものである。『西行花伝』は晩年の大作、これを読んだのは、出版されたときだったろうか。久しぶりに辻邦生の作品を読むという感じで読んだのを覚えている。ただ、私は、和歌という文学には向いていないのか、いまひとつ、理解が及ばなかったという気がしている。『背教者ユリアヌス』、出たときに読んだ。まだ高校生のころは「背教者」ということばの意味もろくに知らずに読んでいたのだが、今、読み返すとどう感じるだろうか。

いろいろ知的刺激に満ちた本であるが、次のような箇所は重要だろうと思う。付箋をつけた箇所。

「「イスラーム原理主義」という隠喩こそ、異文化理解の妨げになる「古い理論的鼻めがね」なのかもしれない。」(p.287)

(EUへの難民問題にふれて)「もとより、こうした試練から日本だけがひとり自由でいられるはずもない。実際、日本の歴史と社会にひそむ「単一民族国家の神話」は、二一世紀に向けて大きく揺らいでいる。日本人にしても、多民族の共存と調和の時代に新たに貢献することが迫られるであろう。」(p.265)

「小ぶりの歴史書再読のすすめ」の章。

「今の若い世代に勧めるとすれば、岩波文庫やちくま学芸文庫の百ページから百五十ページあたりの小ぶりの文庫本が適当だと思う。」

としてあげてあるのが、

郭沫若『歴史小品』
『ランケ自伝』
ハーバート・ノーマン『クリオの顔』
新井白石『読史余論』

これからの若い人にとっての読書案内としてもすぐれていると同時に、もう私のような年齢になって、昔読んだ本など再読したくなっている人間にとっても、有益である。

ただ、今、ちょっと調べてみたところ、みな絶版のようである。しかし、古本で手にいれることはむずかしくない。だが、これらの本がいまでは普通に売っている本ではなくなっていること、そのことは、現代の歴史学のみならず、人文学の状況……その危機的状況……をしめすものであると思う。『ランケ自伝』など、学生のころは、普通に買って読んだ本だと覚えているのだが。

そして、まさに、次の箇所はなるほどそのとおりと同意するところである。

「静かに机に向かって書物を繙く以上の喜びがこの世にあろうか。」(p.109)

烏猫2016-10-31

2016-10-31 當山日出夫

半藤一利.『漱石先生ぞな、もし』(文春文庫).文藝春秋.1996 (原著 文藝春秋.1992)
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167483043

漱石没後100年の今年、漱石にまつわる本があれこれと出る。これは、かなり以前に出たものであるが、取り出してきて、読んでみた。これは、とにかく気楽に読めるのがいい。近代文学研究の解釈ゲームは、この本のなかにはない。

この本を読んで、付箋をつけた箇所。漱石の飼っていた猫のこと。これが黒猫であったとのこと。黒猫について、次のような記述がある。

「ところで爪の裏まで黒い猫は、魔除けになるといまも信じられている。別名を烏猫といい、江戸時代には宝暦・明和ごろから、恋煩い、気鬱症、労咳、衰弱症などで参っているもののそばにおくと、全快のまじないになるといわれた。」(p.115)

高木蒼梧氏によるとして、随筆『百味簞笥』にあるという。

そして、川柳をさがしてみると次のような句がある。

・鼠の外にも能ある烏猫
・蒼白い娘の側に黒い猫
・黒猫の椀に鮑の片思ひ
(p.116)

ここで猫のことについて言及したのは、漱石について言いたいためではない。我が家の猫たちについて書いておきたいからである。

いまから十数年前になるが、猫をひろった。家の横のやぶのなかで猫の鳴き声がする。見てみると、子猫が鳴いていた。手でつかんで拾い上げてやった。野良猫が産んだ子供のようである。さて、どうしたものか。一度、地面の上で鳴いていた猫を、手にとって拾い上げて、もう一回、地面の上にもどすということも、不憫でできない。まあ、要するに飼ってやることにした。そうせざるをえない。

このとき、二匹が、我が家の猫になった。両方とも黒猫である。足の裏もくろいし、ヒゲも黒である。爪も黒ずんだ色である。二匹の黒猫がいるのだが、比べると、両者、微妙に黒い毛の色つやに違いがある。黒と言っても、一様ではない。

なんということもなく、飼って今日にいたっている。このような黒猫を「烏猫」ということを、上記の『漱石先生ぞな、もし』の引用箇所を見て、はじめて知った。

縁起のいい猫……といわれても、いたって無能である。鼠をとるということは、まず、ない。せいぜい、トカゲである。それも、このごろ、年取ってきてからは、あまりとってこなくなった。

小さい頃からそのように育てたせいであるので、キャットフード(乾燥)しかたべない。生もの、たとえば、生のお魚とかは、見向きもしない。せいぜい、ほしがるのは、鰹節ぐらいである。鰹節も、言ってみれば、乾燥キャットフードの一種のようなものである。

二匹とも、老猫になってしまって、たいてい家の中で寝ている。気候がいいときには、ちょっと外に出て、日陰で、あるいは、日向で、ゴロゴロしている。

いたって、無能としかいいようのない我が家の猫であるが、はたして、我が家にいて、福をもたらしてくれたかどうか。私が、今になって、こんな駄文をブログに書いているような生活をおくっていられるのも、猫のおかげと思うことにしよう。