『獅子舞考』柳田国男2017-08-18

2017-08-18 當山日出夫(とうやまひでお)

続きである。
やまもも書斎記 『文豪妖怪名作選』
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/08/17/8648706

東雅夫(編).『文豪妖怪名作選』(創元推理文庫).東京創元社.2017
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488564049

この本のなかに、柳田国男の文章がいれてある。このことに異論はない。たしかに、柳田国男の文章は怖い。

以前にも書いたかと思うが、私が、『共同幻想論』(吉本隆明)をいまだにきちんと読めずにいるのは、引用してある、『遠野物語』の文章を読むのが、怖いからである。

『遠野物語』は、本はもっているのだが……「定本柳田国男集」を買ったのは学生のときだった……いまだに、全文を通読したということがない。理由は、読むのが怖いからである。

『文豪妖怪名作選』に、日本民俗学から、何か文章がはいることは、当然のことなのだろう。いや、近代になってから、特に、明治から大正、昭和にかけての時期、日本民俗学と、自然主義文学、それと、怪談、怪異譚は、密接に関連がある。

このことについては、

東雅夫.『遠野物語と怪談の時代』(角川選書).角川書店.2010
http://www.kadokawa.co.jp/product/201001000448/

がある。この本については、あらためて書いたみたいと思っている。

で、『獅子舞考』であるが……いかにも難解な文章である。特に、日本民俗学、柳田国男の文章の、わかりにくい文章の典型ともいえるかもしれない。とはいえ、そう難しいことばがつかってあるというのではない。ただ、民俗学的に報告された事実、文献資料を、順次列挙してあるだけなのだが、その流れに、著者の言いたいことを見いだすことが、難しい。

ここは、『遠野物語』から、一つでいい、怖い話しをもってきた方がよかったのかもしれない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/08/18/8649409/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。