国語語彙史研究会(117回)に行ってきた2017-12-11

2017-12-11 當山日出夫(とうやまひでお)

土曜日(12月9日)は、第117回の国語語彙史研究会。近畿大学(東大阪)であったので、行ってきた。

たまたま子供が仕事が休みで、遊びに行くので、そのついでに駅まで一緒。ちょっと時間が早めになったが家を出る。我が家からだと、八戸ノ里から行くことになる。各停しか止まらないのが、ちょっと不便であるが。

早い目について、大学の近所のファミレスで昼食。コーヒーを飲んでから、大学へ。行ってみると実にきれいなキャンパスである。(これと比べると、京都の国立の大学など、スラムのように見えてくる・・・)

発表は、いつものように三件。今回も、ある程度、研究発表の経歴をつんだ人の発表だったので、それぞれに勉強になった。

漠然とした印象を書いておくならば……いい発表というのは、いい「問い」の立て方をしている発表である。「答え」として、鮮やかにきれいな結果を出す、ということもあるが、それよりも、この文献、このことば、この資料に、こんな見方があったのか、と気付かせてくれるような発表がいい。

終わって懇親会。新しく建物をつくっているキャンパスである。できたばかりの話題の図書館の中であった。ホテルのラウンジかと思うような会場。そのせいか、(それから、参加者が予定より少なかったせいか)、会費がいつもよりも高かった。

帰りも八戸ノ里まで歩いた。たまに外に出て、コンクリートやアスファルトの上を歩くと、つかれる。が、翌日は、いつものとおりに起きて、子供を仕事に駅まで送っていく。

次回は、来年の4月、大阪大学でとのこと。