『武揚伝 決定版』(中)佐々木譲2017-12-25

2017-12-25 當山日出夫(とうやまひでお)

続きである。
やまもも書斎記 2017年12月21日
『武揚伝 決定版』(上)佐々木譲
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/12/21/8752206

佐々木譲.『武揚伝 決定版』(中)(中公文庫).中央公論新社.2017(中央公論新社.2015)
http://www.chuko.co.jp/bunko/2017/11/206489.html

中巻は、大政奉還、王政復古から、戊辰戦争にいたる過程が描かれる。

読んで思ったことなどいささか。

明治維新の歴史として、大政奉還が徳川側の切り札であった(倒幕運動に対する)であるならば、王政復古は薩長の側のクーデターである。このような歴史の見方を鮮やかに描いている。

それから、西郷隆盛と勝海舟の直談判による、江戸城無血開城の話し。これなど維新史の重要なできごとになるのだろうが、この小説の描くところでは……江戸の治安と支配権を持っているものこそが、日本の政府としての正統性のあかしである、というところから生まれた、妥協の産物……このようにはっきり書いてあるわけではないが、私が読んだ限りの印象では、このようにうけとめることができる。これはこれで、一つの歴史の見方であろうと思う。

そして、榎本武揚は、東北での戊辰戦争の行方にみきりをつけて、蝦夷・北海道に新天地を見いだそうとする。新たな徳川の生きる土地としてである。このあたりは、ちょっと強引かなという気がしないでもない。

たしかに、現代の我々は、明治維新の結果、戊辰戦争の結果を知っている。その歴史の結果を知ったうえで、読者にどのような歴史小説を描いてみせるかが、小説家のうでではある。この意味では、幕藩体制、武士の支配の時代の終わりは、次の廃藩置県、さらには、地租改正というところまで行きつくことになる。その後の自由民権運動を経て、立憲君主国としての近代日本の国の体制ができあがる。(この小説は、どこまで描くのだろうか。)

それにしても、この小説においては、徳川慶喜、勝海舟、西郷隆盛、といった維新史の重要な面々を、あまり表に出さないか、あるいは、描いても否定的な評価で描いている。これはこれとして、幕臣である榎本武揚という立場からの維新史としては、一つの見方なのであろう。

また、この時代において、日本国の正統性はどちらの側にあるのか……薩長の側か、幕府の側か……の観点において、叙述は中立的、どちらかといえば、幕府よりである。これは、幕臣・榎本武揚を主人公とする小説としては、こうなるのだろう。そして、そのいわば内戦状態におちいるとして、諸外国は、局外中立の立場をとるというみきわめ、これは、オランダで国際法を学んだ武揚ならではの視点である。

次は、いよいよ北海道が舞台になるだろう。江戸の徳川の幕臣から、蝦夷(北海道)の、あるいは、日本国の榎本武揚へと変貌することになるのかと思っている。楽しみに読むことにしよう。年内には読み終えることができるだろう。