『マックス・ウェーバー』野口雅弘2020-06-11

2020-06-11 當山日出夫(とうやまひでお)

マックス・ウェーバー

野口雅弘.『マックス・ウェーバー-近代と格闘した思想家-』(中公新書).中央公論新社.2020
https://www.chuko.co.jp/shinsho/2020/05/102594.html

中公新書と岩波新書で、マックス・ウェーバーについての本がほぼ同時に出た。これは、両方買って読むことにした。どちらから読んでもいいようなものかもしれないが、中公新書の方から読むことにした。著者の野口雅弘は、『仕事としての学問』の新訳など出している。これは出たときに買って読んだ。

やまもも書斎記 2018年7月27日
『仕事としての学問』マックス・ウェーバー
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/07/27/8926433

この訳が印象にのこっているので、中公新書の方からということにした。

中公新書『マックス・ウェーバー』であるが、この本の特徴とすべき点については、この本のあとがきで、著者自身がきちんと整理して書いてある。特に、何ほどのことを付け足すこともないかと思う。

が、読んで印象に残ったことなど書くとすれば、次の二点ぐらいだろうか。

第一には、マックス・ウェーバーの現代的な意味である。

現代において、特に、現代の日本において、マックス・ウェーバーの著作を読むことに、どのような意味があるかという問いかけが随所にある。かつて、マックス・ウェーバーが描き出した、ヨーロッパの近代というものが、日本においては、ある種の理想視されていたという側面がある。私が学生のころ、まさに、マックス・ウェーバーは、そのように読まれていたと言っていいだろう。特に、岩波文庫『プロ倫』の訳者である、大塚久雄の影響力はかなり大きかったと、今になって回想してみることになる。

ヨーロッパの近代を絶対視することがなくなって、あるいは、それを世界的規模のなかで相対的に見るような視点がうまれてきて、「近代」や「宗教」というもの対する考え方も、また変わってきているところがある。そころのところの問題点を、この本はするどく指摘している。

第二には、マックス・ウェーバーを歴史のなかで見る視点である。

たとえば、マックス・ウェーバーと、スコット・フィッツジェラルドを同時代の人間として、見るような視点の設定である。そういえば、『グレート・ギャツビー』も読んではいるのだが、これも、再度読みなおしてみたくなった。

その他、幾多の同時代の登場人物が出てくる。多彩な歴史的な人物群のなかにおくことで、マックス・ウェーバー自身もまた、歴史のなかに位置する一人として描かれることになる。

以上の二点が、中公新書の『マックス・ウェーバー』を読んで思ったことなどである。

さて、岩波新書の『マックス・ヴェーバー』も出たときに買ってある。つづけて読むことにしたい。

2020年6月8日記

『風と共に去りぬ』(二)マーガレット・ミッチェル/岩波文庫2020-06-12

2020-06-12 當山日出夫(とうやまひでお)

風と共に去りぬ(2)

マーガレット・ミッチェル.荒このみ(訳).『風と共に去りぬ』(二)(岩波文庫).岩波書店.2015
https://www.iwanami.co.jp/book/b247594.html

続きである。
やまもも書斎記 2020年6月8日
『風と共に去りぬ』(一)マーガレット・ミッチェル/岩波文庫
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/06/08/9255325

岩波文庫の『風と共に去りぬ』の特徴としては、各巻の解説にあるといってもいいだろう。第一冊の解説は、スカーレットがアイルランド系であることについて詳しく説明してあった。第二冊目の解説は、アメリカにおける黒人の歴史が、端的にしるしてある。

そして、重要なことは、『風と共に去りぬ』においては、混血の黒人……ムラトー……が登場しないことが指摘してある。その代表が、乳母のマミーである。

白人との混血、だが、黒人の血をうけついでいるために、黒人としかあつかわれない、そのような黒人が、多くいた。しかし、『風と共に去りぬ』には、登場しない。また、さらには、この作品に出てくる黒人、それは確かに奴隷という身分なのであるが、その境遇において幸福に暮らしているかのごとく描いてある。これは、小説における虚構なのである。

それから、南北戦争を描いているのだが、南軍の兵士は、戦争に行くのに奴隷をともなって行ったというのも、このあたりの感覚、今の日本ではイメージしにくいところかもしれない。

このようなことを思って読みはするのだが、しかし、『風と共に去りぬ』を読んで感じるのは、失われてしまった、古き良き時代への郷愁とでもいうべきものである。喪失感といってもいいかもしれない。

以前に、谷崎潤一郎の『細雪』を読んだとき、角川文庫の解説を内田樹が書いていて、そこで、喪失感の普遍性ということに言及していたことを思い出す。今日の日本で『風と友に去りぬ』を読んで、その時代的背景に共感するということはない。奴隷制度を肯定的にとらえているスカーレットに共感するということは、基本的にはない。しかし、読んでいくと、その人物像の魅力にとらえられ、また、小説に通底する、ある時代への喪失感というものに共感していくことになる。

『風と共に去りぬ』が、二十一世紀の今日においても読まれ続けている作品であるのには、いろんな理由があるだろう。とにかく、スカーレットという女性の魅力がある。また、ドラマチックな物語の展開もある。ただ、それだけではないところがあるとするならば、もはや失ってしまったものへの喪失感……があるといえるかもしれない。

喪失感は、過去を美化する働きがある。この意味において、この小説において、黒人がどのように描かれているかは、今日の視点から批判的に読まれるべきかもしれない。そのことを分かったうえで、この小説の物語の世界にひたっていくことになる。

2020年5月25日記

追記 2020-06-18
この続きは、
やまもも書斎記 2020年6月18日
『風と共に去りぬ』(三)マーガレット・ミッチェル/岩波文庫
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/06/18/9258769

『清兵衛と瓢箪・網走まで』志賀直哉/新潮文庫2020-06-13

2020-06-13 當山日出夫(とうやまひでお)

清兵衛と瓢箪・網走まで

志賀直哉.『清兵衛と瓢箪・網走まで』(新潮文庫).新潮社.1968(2011.改版)
https://www.shinchosha.co.jp/book/103004/

新潮文庫版で読んでいる日本近代文学。志賀直哉を読むことにした。新潮文庫では、この『清兵衛と瓢箪・網走まで』の他に『小僧の神様・城の崎にて』が短篇集としてある。長編としては、『和解』と『暗夜行路』が刊行である。

このうち『暗夜行路』については、以前に読んでいる。

やまもも書斎記 2017年2月17日
『暗夜行路』志賀直哉
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/02/17/8364763

短篇集の方は、年代順に編集されている。これは、年代順に読んでいくことにした。

『清兵衛と瓢箪・網走まで』を読んで思うことであるが……完璧な短編小説である、という印象をもつ。明治の終わりから大正にかけて、このようなすぐれた短編小説が書かれていたということに、認識をあらたにした。

収録されている作品のうち「清兵衛と瓢箪」は、若いときに読んだ記憶がある。教科書に載っていたのだろうか。いまとなっては記憶が確かではないが、ともかく若いときに読んで、面白い小説であるという感想をいだいたのを覚えている。

近代の小説史にはうといのだが、明治の夏目漱石あたりは、長編小説でいい作品を残した。それをうけて、短編小説という形式で、文学的感銘を与えるような作品が書かれるのは、まさに漱石の次の時代、世代になってからだろうかと思う。しかも、その短編小説が、現代の我々の目で読んで、十分に鑑賞にたえるものなのである。いや、このような言い方ではたりない。現代においてもなお、さらにその文学的価値が増していると言ってもいいだろう。

短編小説といっても、オチのあるような話しではない。短いなかに、文学的小宇宙を構築してみせるような作品である。小説というものを読む楽しさを堪能させてくれる作品ばかりと言っていいだろう。

そして、文章史のうえから見るならば、まさに近代的な小説の文体を確立している。いわゆる口語散文という種類の文章になるのだが、これもまさに完璧な文章と言ってよい。

2020年6月11日記

『エール』あれこれ「家族のうた」2020-06-14

2020-06-14 當山日出夫(とうやまひでお)

『エール』第11週「家族のうた」
https://www.nhk.or.jp/yell/story/week_11.html

前回は、
やまもも書斎記 2020年6月7日
『エール』あれこれ「響きあう夢」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/06/07/9254958

この週は、福島が舞台であった。そして、家族の物語であった。

見ていて思ったことしては、次の二点ぐらいだろうか。

第一に、父の死。

故郷にかえった裕一は、家族や仲間にあたたかくむかえられる。そのなかでも、裕一の成功を一番によろこんでいたのは、父親の三郎だった。しかし、すでに三郎は病魔におかされていた。気丈にふるまってはいたものの、自分の死期が近いことを覚悟していたようである。

その父が、最後に、裕一にたのみごとをする。家の土地、財産を、次男の浩二にゆずってくれ、とのことであった。裕一は、それを快諾する。

このあたりの描き方、余命いくばくもない父と、その子どもという関係がしみじみと描かれていたと感じる。

第二に、浩二のこと。

久しぶりに会ったのに、弟の浩二は、裕一に対してかたくなである。これは、それなりの理由があってのことなのだろうが、見ていて今一つ、このあたりの心情に共感するところがなかったというのが、正直なところである。

しかし、その浩二も、最後に父が亡くなってからは、裕一と和解したようでもある。

以上の二点が、見ていて思ったことなどである。

さらに書いてみるならば、浩二は、呉服屋をたたんで、役場で農業関係の仕事をしている。さて、このころ、日本の養蚕業はどうであったのだろうか。世界恐慌の後であり、日本は、中国大陸へ手をのばしていたころである。このあたり、養蚕をやめてリンゴ栽培にきりかえるということの時代的背景が描かれていると良かったと感じるのだが、そこのところがなかった。

そういえば、すでに時代は、昭和戦前の日中戦争の時代へと向かうころであるはずである。この世相、時代というものを、このドラマはどう描いていくことになるのだろうか。裕一の音楽も、時代とともにあったということなのだと思う。

ところで、次週は、特別編のようだ。さて、どのような展開になるのか、これは楽しみに見ることにしよう。

2020年6月13日記

追記 2020-06-21
この続きは、
やまもも書斎記 2020年6月21日
『エール』あれこれ「アナザーストーリー」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/06/21/9259767

オンライン授業あれこれ(その八)2020-06-15

2020-06-15 當山日出夫(とうやまひでお)

続きである。
やまもも書斎記 2020年6月6日
オンライン授業あれこれ(その七)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/06/06/9254648

毎週、水曜日の朝(午前九時)に教材の配信ということをつづけている。今までのところ、毎回、A4で4ページの分量のものを送信している。これぐらいなら、読むのにもそう負担ではないだろうと思う。また、もしスマホしか持っていないという学生(PCを自分で持っていない)、であっても、Word文書とPDFの両方を配信しているので、なんとかなっているだろうと思う。

この前のレポートの提出率を見ると、たぶんほとんどの学生がなんとかしているという印象はある。普通に授業があったとしても、普段の学生の出席率は半分ほど、試験の受験率は八割ほどであるので、たぶん、普通に授業があったときと同じ程度のことはできているのだろうと思う。

だが、ここにきて一つ気がかりなことがある。それは、学生が教材を見なくなっていることである。教材やレポート課題は、大学のLMSで配信している。学生がそれを見れば、分かるようになっている。もしまだ見ていなければ、未読と表示されるようになっている。

先週、第二回のレポートの課題を出した。すると、その翌日には、電子メールでレポートを提出してきた学生が数名いた。しかし、その一方で、レポート課題の連絡メッセージ自体をまだ見ていない学生が、かなりの数になる。

さかのぼって、以前に配信した教材などについても見てみるのだが、どうやら、徐々に学生が、オンラインの教材配信から離れていっているような感じがしてならない。あるいは、学生の方も、オンデマンドの教材配信、レポート提出(まだ二回目であるが)、に疲れてきているのかもしれない。

四月にオンライン授業となったときには、大学の方針では、ZOOMを使うことはなかった。後になって、Webexを使うことができるようになった。しかし、それは、私が、オンラインでの教材配信の方針を決めて学生に通知した後のことであった。いまから、リアルタイム双方向に方針転換することもできないと思う。既定の方針のままでいくしかないだろう。

ともあれ、今後、第二回のレポートの提出状況を見て、それからまた考えることになるかと思う。

2020年6月14日記

追記 2020-06-20
この続きは、
やまもも書斎記 2020年6月20日
オンライン授業あれこれ(その九)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/06/20/9259458

「独眼竜政宗」あれこれ2020-06-16

2020-06-16 當山日出夫(とうやまひでお)

麒麟がこないので……COVID-19の影響で、『麒麟がくる』の撮影が中断している。しばらくお休みである……その代わりに、HNKでは、過去の大河ドラマのうち、戦国時代に時代設定の作品の紹介ということになっている。

昨日(2020年6月14日)は、「独眼竜政宗」であった。大河ドラマ第二五作、脚本はジェームス三木、主演は渡辺謙である。一九八七年(昭和六二年)の放送。

このときには、私は、テレビを持っていたと思うのだが、そう熱心に見ていたという記憶がない。しかし、断片的には見ていたと思う。渡辺謙の主演もかろうじて覚えている。

NHKの特番では、ドラマの見せ場をいくつか紹介するということであった。なるほど、あのようなシーンがあったのかと、今になって感じ入るところが多々あった。

ところで、見ながらふと思ったことなのだが、大河ドラマというのは、現代における一種の「教養小説」のようなものかもしれない。主人公の幼いときのことからはじまって、父や母、また周りの大人たちに、見守られ、ときには厳しく叱咤され、主人公は成長していく。そして、おおむね、その生涯を閉じるまでを描く。まさに、「教養小説」である。

大河ドラマが延々とNHKが作り続けているのは、それなりに理由があってのことだろう。また、視聴者の需要もあるということにちがいない。その理由の一つとして、現代における「教養小説」という要素を考えてみると面白いかもしれない。

そう思ってみると、『麒麟がくる』は、光秀を主人公とした「教養小説」であると見ることも可能かもしれない。その生き方に影響を与えた人物としては、前半においては斎藤道三ということになる。そして、後半においては、信長であり、やがては、それが謀反につなっていくことになるのだろう。

さて、勝新太郎の豊臣秀吉も、今から見れば実に新鮮な感じがする。あのような秀吉の姿……もはや天下人と言っていいであろう……が、かつてのドラマでは描かれていた。さて、今回の『麒麟がくる』では、秀吉はどんな人物像で登場することになるのだろうか。(藤吉郎としては登場してきているのだが、まだ天下を視野に入れた武将ということではない。)

麒麟はこないが、それまでの間、いろいろと考えてみることにしようと思っている。

2020年6月15日記

綿毛2020-06-17

2020-06-17 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので写真の日。今日は綿毛である。

前回は、
やまもも書斎記 2020年6月10日
タンポポ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/06/10/9255997

前回のタンポポは、花が咲いたあと、綿毛となる。それを、家のまわりのかなりの場所で目にすることができる。

綿毛を、日本国語大辞典(ジャパンナレッジ)で見る。

わたげ 綿毛 で項目がある。

綿のように柔らかい羽毛。また、ヤナギやタンポポなどの実についた風にはこばせるための軽い冠毛。

と説明がある。用例は、古いもので日葡辞書である。中世からは、このことばが使われていたらしい。

綿毛を写真に撮るのは、簡単なようでもあり、難しくもある。接写用のレンズがあればどうにかなるのだが、近接して撮影すると、さて、たくさんある綿毛のなかのどこにピントを合わせるべきか、いろいろと迷う。まあ、だいたいは、画面の中央あたりにピントを合わせることになるのだが、構図によってはそうではないときもある。

使っているレンズは、タムロンの180ミリ。被写体との距離がとれるので使いやすいレンズではあるのだが、しかし、焦点距離が長くなるので、被写界深度がきわめて狭い。どこにピントを合わせるべきか、いろいろと写した中からいくつか選んでみたものである。

撮影したのは、まだ四月のうちである。

綿毛

綿毛

綿毛

綿毛

綿毛

Nikon D500
TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di MACRO 1:1

2020年6月17日記

追記 2020-06-24
この続きは、
やまもも書斎記 2020年6月24日
カラスノエンドウ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/06/24/9260935

『風と共に去りぬ』(三)マーガレット・ミッチェル/岩波文庫2020-06-18

2020-06-18 當山日出夫(とうやまひでお)

風と共に去りぬ(3)

マーガレット・ミッチェル.荒このみ(訳).『風と共に去りぬ』(三)(岩波文庫).岩波書店.2015
https://www.iwanami.co.jp/book/b247595.html

続きである。
やまもも書斎記 2020年6月12日
『風と共に去りぬ』(二)マーガレット・ミッチェル/岩波文庫
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/06/12/9256641

『風と共に去りぬ』の映画を見たのは、学生のときだったろうか。記憶では、渋谷の東急文化会館で見たかと覚えている。そのとき、小説……新潮文庫の旧訳版……は、読んでいただろうか。確かな記憶がないのだが、小説を見てから映画を見たのか、その逆か、はっきりしない。

しかし、小説のなかのあるシーンと、映画のなかのあるシーンが重なって、記憶のなかに蓄積されているということがある。『風と共に去りぬ』は、まさにそんな作品である……小説であり、映画である。

映画の前半のクライマックス……アトランタを馬車で脱出するスカーレットとメラニー、そして、レット・バトラー。火事のなかを駆け抜ける馬車。そして、たどりつく故郷タラの景色。この第三冊目には、このもっともドラマチックなシーンが登場する。そして、小説を読んでいくと、どうしても、映画の場面が脳裏に去来する。

そして、やはり魅力的なのがスカーレットである。どん底に落とされたような状況のなかにあっても、未来へ向けて生きる希望を失わない。芯からの強さを感じさせる女性である。その強さの源となっているのは、アイルランド系の血筋である。

ところで、この第三冊目まで読んで思うことであるが、どうも、この作品における黒人の描き方が、ステレオタイプだなと感じるところがある。また、インディアンも登場する。だが、これも、この作品の書かれた時代を考えるならば、逆に、よくここまで書いてあるなと思うところもある。このあたりは、現代の価値観にそって、批判的に読まれるべきところかもしれない。

2020年5月28日記

追記 2020-06-22
この続きは、
やまもも書斎記 2020年6月22日
『風と共に去りぬ』(四)マーガレット・ミッチェル/岩波文庫
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/06/22/9260165

『小僧の神様・城の崎にて』志賀直哉/新潮文庫2020-06-19

2020-06-19 當山日出夫(とうやまひでお)

小僧の神様・城の崎にて

志賀直哉.『小僧の神様・城の崎にて』(新潮文庫).新潮社.1968(2005.改版)
https://www.shinchosha.co.jp/book/103005/

新潮文庫は、志賀直哉の短篇を二冊に作ってある。これは、その後半の部分になる。大正六年から、大正一五年までの作品を収録してある。

このうち、「城の崎にて」については、以前にちょっと考えてみたことがある。

やまもも書斎記 2016年6月23日
志賀直哉『城の崎にて』は小説か随筆か
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/06/23/8117250

これは、「城の崎にて」が、岩波文庫の「日本近代随筆選」に収録されていることについて、ちょっと思ったことを書いてみたものである。これを書いたときに読んでから、今度は、志賀直哉の短篇集という形で、再度読んでみたことになる。

やはり、私は、「城の崎にて」は小説であると思う。その理由は、すでに書いたとおりである。しかし、随筆としても読めなくはない。そのように読むのは、現代の読者の自由ということになる。

「小僧の神様」は、確か、中学か高校の国語の教科書に載っていたのを覚えている。

若いときに読んだ感想としては、小僧の視点で読んでいたかと思う。が、今になって読みかえしてみると、むしろ、小説として関心がむくのは、小僧に寿司を御馳走してやった男の方にである。なぜ、見ず知らずの小僧に寿司を御馳走してやる気持ちになったのか、その心理の綾を読みとるのが、この小説を読む楽しみであると感じるようになってきている。

ところで、志賀直哉という作家は長生きしている。文庫本の年譜によれば、昭和四六年まで生きている。八八才で亡くなったとある。これは、私が中学生のときのことになる。だが、私の記憶には、高名な作家である志賀直哉が亡くなったというニュースの記憶がない。「小説の神様」の死は、その当時、どのように報じられたのか、ちょっと気になるところでもある。

2020年6月18日記

オンライン授業あれこれ(その九)2020-06-20

2020-06-20 當山日出夫(とうやまひでお)

続きである。
やまもも書斎記 2020年6月15日
オンライン授業あれこれ(その八)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/06/15/9257669

第二回目のレポートの提出が遅い。前回のときは、課題を出した翌日からほぼ連続的に毎日いくらかづつの提出があったのだが、今回は遅れている。これは、二回目だから、提出日に間に合えばいいというので、そのつもりでいるのかもしれない。

しかし、LMSを確認すると、レポート提出の課題を見ていない、未読になっている学生がまだかなりの数にのぼる。何らかのかたちでLMSをつかっているのは、私の担当している科目だけではないはずである。他の科目でも使っているはずだから、とにかくアクセスして目にする、ということはあるはずである。それが無いというのは、学生全体がオンライン授業に疲れてきているということなのかもしれない。

ただ、ここにきて思うことを書いておくならば、今回のCOVID-19を契機にして、教育というもの、大学というものへの、考え方が大きく変わってくるだろうとは思っている。従来ならば、時間割が決まっていて、それに従って学校の教室に出てきていればよかった。それが、まず、学校に行く必用がなくなってきている。

科目によっては、リアルタイム双方向(Webexなど)ということもあるが、オンデマンド方式だと、時間に拘束されることがそもそもなくなる。これは、漫然と、学校というものがあり、時間割があり、そこに通うということで成り立っていた学習への意識を大きく変えさせるものになる。

マイナスの面を考えてみるならば、とにかく学校に通うということで持続していた、学習への意欲が続かないということがあるだろう。自分の意志をかなり強固に持っていないと、オンライン学習は続けられない。

しかし、その一方で、従来の学校というシステムになじめなかった学生が、勉強についてきているという面もあるだろうと思ってみる。このような学生にとっては、オンラインの、それも、オンデマンドの授業というのは、逆に、勉強への意欲を継続させるものになるにちがない。

これらを総合的に考えてみるならば、トータルでは、どうにかなっていると考えるべきだろうか。

ともあれ、オンラインの教材配信とレポート(四回)である。前期は、この方針で臨むことにする。ほぼ四週間に一回のレポート、それも、A4で1ページほどである。そんなに負担になっているとも思わない。これをきっかけに、電子メールで、文書を提出することになれてくるならば、それはそれでいいことだろうと思うことにしている。

2020年6月19日記

追記 2020-06-27
この続きは、
やまもも書斎記 2020年6月27日
オンライン授業あれこれ(その一〇)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/06/27/9262025