『ロリータ』ウラジーミル・ナボコフ/若島正(訳)2020-10-01

2020-10-01 當山日出夫(とうやまひでお)

ロリータ

ウラジーミル・ナボコフ.若島正(訳).『ロリータ』(新潮文庫).新潮社.2006
https://www.shinchosha.co.jp/book/210502/

『文学こそ最高の教養である』(光文社新書)に掲載の作品を読んでいっている。ナボコフについて、一つの章が設定されている。ナボコフといえば、『ロリータ』だろうと思うのだが、あいにくと、実はまだきちんと読んでいない作品であった。これを機会に、この作品も読んでおくことにした。

読んだのは新潮文庫の新訳版である。この旧訳版が出たのが、たしか私の学生のころであったかと記憶している。訳者あとがきでは、一九八〇年ということらしい。これが出たとき、かなり話題になった本であるという気はあったのだが、何故か、手にとらずにきてしまった。その後、ただ「ロリータ」ということばが、一人歩きしてきた印象がある。ここは、まずもとの作品を読んでおくべきであろう。

が、読み終わって、正直いって、よく分からない作品という印象がある。にもかかわらず、読んだ感じとしては、これは何かすごい文学なのだろう、とも感じる。その文学としてのすごさのようなものが、残念ながら、今一つ明瞭に輪郭がつかめない。

「ロリータ」と呼ばれる少女と、それにのめり込んでいく中年の男性……人口に膾炙したところでは、この男女の物語なのだが、それだけではない。その当時のアメリカの社会の物語でもあり、また、ふんだんに出てくることば遊びの文学でもある。(ただ、ここのところが、日本語訳で読んでいるので、はっきりとつかめないのがもどかしい。)

新しい新潮文庫版には、かなりの注がついている。しかし、この注は、再読のときに読んでほしいともある。この作品、一読しただけでは、その細部を味読するところまでは難しいようだ。他のナボコフの作品……『文学こそ最高の教養である』でとりあげてある……を読んでから、再度、ふりかえって、もう一度読んでみたい気がする。

いまだに、文学史的な評価という点では、定まったところが無いとのことである。そうかなと思う。ここは、一般に語られる「ロリータ」ということばをとりはらって、虚心になって作品を読んでおくべきである。

2020年9月25日記