『もの思う葦』太宰治/新潮文庫2020-12-10

2020年12月10日 當山日出夫(とうやまひでお)

もの思う葦

太宰治.『もの思う葦』(新潮文庫).新潮社.1980(2002.改版)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100614/

続きである。
やまもも書斎記 2020年12月7日
『津軽通信』太宰治/新潮文庫
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/12/07/9324280

新潮文庫の太宰の作品集としては、これも補遺的な位置づけになる。アフォリズム、エッセイ、評論などを収録してある。

この冊を読んで思うことは、太宰治というのは、卓抜なる文学の詠み手でもあったということである。太宰治が、尊敬してやまなかったのが井伏鱒二であることは、これまでの太宰治の作品を読んできて分かるところである。その井伏鱒二の作品集の解説というべき文章を、書いている。(これを読むと、井伏鱒二の作品など読んでみたくなった。)

また、志賀直哉のことが嫌いだった。かなり厳しい批判のことばを残している。なるほど、志賀直哉の作品について、このように感じることもあるのかと、ある意味でこれは新鮮な感じがした。(今では、志賀直哉といえば、「神様」になってしまっている。)

そして、アフォリズム。ここには、赤裸々な作者(太宰治)の姿がある。短いエッセイの類を読んでも、まさに太宰ならではの文章だなと感じる。

新潮文庫で、太宰治の作品を読んできて、残りは『地図』ということになった。つづけて読むことにしたい。

2020年12月6日記

追記 2020-12-12
この続きは、
やまもも書斎記 2020年12月12日
『地図』太宰治/新潮文庫
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/12/12/9325894

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/12/10/9325276/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。