雨に散る桜2021-03-31

2021-03-31 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので写真の日。今日は、雨に散る桜である。

前回は、
やまもも書斎記 2021年3月24日

http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/03/24/9359999

先週は桜の花の咲いた状態であったが、今日は、それが雨に散ってしまったときのものである。

春になって桜が咲く。そのままきれいに満開になり、散っていくということはまずない。大抵は、その途中で、一度か二度は雨が降る。今年の場合、ちょうど満開になったとき、雨が降った。かなり強い雨だったので、桜の花も散ってしまった。ただ、全部散ってしまったというわけではなく、遠目には咲いて見える。だが、近寄って観察してみると、雨に打たれて散った後の花びらを目にすることができる。

毎年、三月ごろになると桜の花の冬芽を見ている。それがふくらんであかくなってくる。つぼみといっていい状態になって、花が咲く。数日すると満開になる。満開になったときには、先に咲いた花は、すでに散り始めている。そして雨がふると、咲いた花びらも雨に散ってしまう。この雨に散った後の桜も、またその目で見てみると、それなりに風情のあるものである。

雨に散った桜の花は、例年、写真に撮ることにしている。

使っているのは、85ミリのマイクロ。ニコンのDX用レンズであるが、これはもう生産中止になってしまっている。小型軽量につくってある。何よりも、ボケがきれいである。ここしばらく、このレンズを主につかっている。

我が家の駐車場の桜が散ると、その近くにある山吹の花が咲く。山吹のつぎは、藤の花になる。足下をみると、タンポポの黄色い色が見えるようになった。

桜

桜

桜

桜

桜

桜

Nikon D500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

2021年3月30日記

追記 2021-04-07
この続きは、
やまもも書斎記 2021年4月7日
沈丁花
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/04/07/9364758

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/03/31/9362250/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。