沈丁花2021-04-07

2021-04-07 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので写真の日。今日は、沈丁花である。

前回は、
やまもも書斎記 2021年3月31日
雨に散る桜
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/03/31/9362250

今年になって、この花が咲きはじめたころに、一度写している。

やまもも書斎記 2021年2月17日
沈丁花が咲きはじめた

今年のこの花もそろそろ終わりである。写真は、先月のうちに写しておいたものからである。沈丁花は、花の咲いているときもいいが、咲き始めのころが、一番写真に向いていると感じるところがある。

あまり風にゆらぐこともない花なので写真には撮りやすい。ただ、白い花なので、現像処理のときに、露出を-1/2に補正してある。

桜の花も終わり、沈丁花も終わった。八重桜が咲くころになるだろうか。これは、家からちょっと歩いたところにあるので、散歩のときに三脚とカメラを持ってということになる。今週ぐらいからシャガの花が咲きはじめている。また、山吹の花も咲きだした。藤の花をみると、花はまだ咲かないが、つぼみが見えるようになっている。足下を見ると、タンポポや菫の花を見ることができる。春の花の季節ということになってきた。

このまま何事もなければ、来週から学校の講義がはじまる。それに出かける以外は、基本的に居職である。花の写真を撮る日々をつづけていけたらと思っている。

沈丁花

沈丁花

沈丁花

沈丁花

沈丁花

Nikon D500
TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di MACRO 1:1

2021年4月6日記

追記 2021-04-14
この続きは、
やまもも書斎記 2021年4月14日
藪椿
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/04/14/9367058