『青天を衝け』あれこれ「栄一と桜田門外の変」2021-04-13

2021-04-13 當山日出夫(とうやまひでお)

『青天を衝け』第9回「栄一と桜田門外の変」
https://www.nhk.or.jp/seiten/story/09/

前回は、
やまもも書斎記 2021年4月6日
『青天を衝け』あれこれ「栄一の祝言」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/04/06/9364438

この回は、安政の大獄から桜田門外の変まで。

まだ、ここまでで栄一と慶喜がまじわることない。それぞれ別の道を歩んでいる。

第一に、栄一はというと、武州の藍農家にすぎない。だが、尊皇攘夷の気持ちをもっている。これは、深くそう考えてなっているというよりも、ただ時代の流れのなかで、流されているということなのであろう。

いずれは、栄一が一橋家につかえ、そして、パリ万博を目にするはずである。尊皇攘夷の志士の一人であった栄一が、どのようにして、幕末から明治維新を生きていくことになるのか、今はまだ雌伏の時であるといっていいのだろう。

第二に、慶喜はというと、これはこの回は謹慎であった。安政の大獄である。

歴史の流れとしては、尊皇攘夷、討幕へと時代の流れは動いていくはずである。そのなかにあって、慶喜は時代というものをどう見ていたのだろうか。自分が武士であること、徳川家の当主になることを、どう考えることになるのか。そして、最後は、その終焉をみとどけることになるはずである。

以上、このドラマは、時代の背景としての歴史の流れを描きながら、同時に、そのなかで自分の生き方をさぐっていくことになる、栄一を描いている。栄一が、これから、武士の時代に見切りをつけるのは、どのような経緯を経てということになるのか、このあたりが、今から気になるところである。

ところで、この回で描かれた桜田門外の変であるが、これまで何度となく大河ドラマなどで描かれてきており、小説などでも描かれてきた事件である。この『先天を衝け』では、わりとあっさりとした描き方であったかと感じる。あるいは、今回の桜田門外の変については、どこかしら幻想的でもあった。

尊皇攘夷ということで振り回されていたのは、徳川幕府も、また農民の栄一も同じことかもしれない。そのなかにあって、次の時代への展望をいちはやく獲得するのは誰になるのか、このあたり、これからの展開を見てみたい。次週、栄一は、尊皇攘夷運動のなかに飛び込んでいくことになるようだ。楽しみに見ることにしよう。

2021年4月12日記

追記 2021-04-20
この続きは、
やまもも書斎記 2021年4月20日
『青天を衝け』あれこれ「栄一、志士になる」
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/04/20/9369027

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/04/13/9366728/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。