『おちょやん』あれこれ「何でうちやあれへんの?」2021-04-25

2021-04-25 當山日出夫(とうやまひでお)

『おちょやん』第20週「何でうちやあれへんの?」
https://www.nhk.or.jp/ochoyan/story/20/

前回は、
やまもも書斎記 2021年4月18日
『おちょやん』あれこれ「その名も、鶴亀新喜劇や」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/04/18/9368326

この週の最後で、千代は一平と別れて姿を消した。どこへいったのだろう。

ともあれ、一平が悪いといってしまえばそれまでである。だが、一平についても、同情すべき点がないではないと思う。

一平は、家族というものを知らずに育ってきた。千代と一緒になることになったが、劇団の座長であり、また、作者として仕事に追われている。新作も、どうもうまくいっていないようだ。スランプにおちいった一平が、ふらりと灯子にひきよせられることがあったとしても、ある意味で、これはこれなりに、一つの人の心の流れなのだろうとは思う。

とはいっても、子どもまでできてしまった以上、もはや一平に言い逃れの道は残っていない。それについて、千代は見切りをつけることになる。

この週の展開で、巧いと思ったのは、最後に千代と灯子の会話のところ。千代は、ことばとしては、灯子の幸せを願っているようである。だが、そのこころのうちには、鬼がひそんでいる。本当に灯子と一平、そして、その子どもの行く末の幸福を願っているのだろうか、こころの闇がのぞくことになる。

また、この週の展開も、劇中劇の使い方がたくみであった。「お家はんと直どん」の芝居の場面であるが、そこに千代と一平の関係が投影されている。芝居の演技を通じて、それぞれの気持ちがにじみ出ていた。このあたり、脚本、演出、演技のたくみさを感じる。

次週、行方をくらました千代はいったいどうなるのであろうか。このドラマも、あと残りわずかということになってきた。これからの展開を楽しみに見ることにしよう。

2021年4月24日記

追記 2021-05-02
この続きは、
やまもも書斎記 2021年5月2日
『おちょやん』あれこれ「竹井千代と申します」
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/05/02/9373105

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/04/25/9370602/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。