プロジェクトX「えりも岬に春を呼べ」2021-04-30

2021-04-30 當山日出夫(とうやまひでお)

NHK プロジェクトX 4Kリストア版 えりも岬に春を呼べ 砂漠を森に・北の家族の半世紀

続きである。
やまもも書斎記 2021年4月24日
プロジェクトX「執念が生んだ新幹線」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/04/24/9370256

これも録画しておいて、翌々日の朝早くに起きて見た。雨の朝だった。

プロジェクトXという番組は、基本的には、男たちの物語である。そのようななかにあって、家族というところに焦点をあてたつくりになっていたと感じさせるところがある。(まあ、だからこそ、再放送にあたって、これが選ばれたということもあるのだろうが。)

家族の物語であり、また、本当に名も無き人びとの苦労の物語である。

今日、普通に目にする昆布の影にあるドラマである。また、同時に、海、漁師ということが、陸の森と不可分のものであるということを、再認識させてくれることにもつながっている。今の時代、環境問題は話題になることが多い。海の環境も、それにつづく陸地の環境の影響をうける。

そう思ってみるならば、植林という仕事は、実に息が長い。数十年の単位で結果が出るとするならば早いほうであるといえるかもしれない。襟裳岬の森は、これからも維持されていかなければならない。それが、海の豊かさにつながっている。

豊饒の海の背景には、先人の苦労があってのことであることを、しみじみと感じるところがあった。また、環境問題を考えるうえでも、いろいろと思うところの多い番組となっていたと思う。

2021年4月29日記

追記 2021-05-08
この続きは、
やまもも書斎記 2021年5月8日
プロジェクトX「ホテルニュージャパン伝説の消防士たち」
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/05/08/9375239