映像の世紀(11)「JAPAN」2021-06-11

2021-06-11 當山日出夫(とうやまひでお)

NHK 映像の世紀 第11集 「JAPAN~世界が見た明治・大正・昭和~」

前回は、
やまもも書斎記 2021年6月4日
映像の世紀(10)「民族の悲劇果てしなく」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/06/04/9384367

この回で、「映像の世紀」の最初のシリーズの放送の最後ということになる。日本ということの特集になっていた。

見ていて思うことは、次の二点ぐらいだろうか。

第一に、非常に面白いと思ったこと。

近代以降、明治になってからの日本のことを映した映像の特集である。なかには、日常的な風景が記録されている。特に印象に残っているのは、野球をする少年たち。今から、一〇〇年近く前になるだろうか、日本において、このように野球に興ずる少年たちの姿があったということが、なんとも新鮮に思える。

それから、明治のころの映像を見ると、ふと、『逝きし世の面影』(渡辺京二)を思い出してしまった。明治になってしばらくの間は、まだ江戸時代のなごりをとどめていた時代といっていいだろう。近現代になって失われてしまったかつての日本の姿がそこには見いだせる。

第二に、つまらなかったこと。

たしかに、NHKとしては良心的に日本の近代の歩を映像でつづったということは分かる。だが、見ていて、なんとなく歴史の教科書を見ているような気分になる。それがどのような立場であれ……いわゆる右よりであれ、左よりであれ……概説的に日本の近代を語ろうとすると、どうも似たり寄ったりになってしまう。これは、いたしかたのないことかもしれない。

以上の二点が、見ていて思ったことなどである。

番組は、テレビの登場で終わっていた。これは一つの方針なのだろうと思う。フィルムに記録される時代を発掘して作った番組としては、テレビの登場がひとつの時代の節目になることは理解できる。それが、次の時代としては、デジタル機器……スマホに代表される……による映像記録の時代になる。二一世紀は、新しい映像の時代を迎えていることになる。

それから、どうでもいいことだが、チャップリンが天ぷらを食べているシーンを見て、チャップリンは左利きだったのかと、ふと思ったりもした。このようなことは、映像資料が残っていて分かることかもしれない。だからどうということにないかもしれないが。

さて、「映像の世紀」が終わって、次週から「新・映像の世紀」の再放送となるようだ。これも、見ることにしようと思っている。

2021年6月9日記

プロジェクトX「カップめん・どん底からの逆転劇」2021-06-12

2021-06-12 當山日出夫(とうやまひでお)

プロジェクトX カップめん・どん底からの逆転劇

前回は、
やまもも書斎記 2021年6月5日
プロジェクトX「窓際族が世界規格を作った」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/06/05/9384709

NHKの朝ドラの『まんぷく』はずっと見ていた。そこでは、日清食品をモデルにして、チキンラーメンの開発から、カップヌードルの開発までが描かれていた。放送の順番からいうと、当然ながら、プロジェクトXの方が先である。二〇〇一年の放送。

私がはじめてカップヌードルを食べたのはいつのことだったか、もう忘れてしまっている。だが、おいしかったという記憶は確かにある。お湯さえあれば食べられる、これがそう画期的なことだとは、その当時あまり思わなかった。

だが、今になってみれば、このお湯さえあれば食べられる。まさに画期的なことである。(さらに現代では、非常用の食糧として、お湯でなくても水でもできるということも言われている。)

事実は小説より奇なりというが……はっきりいって、事実としてのカップヌードルの開発の物語は、ドラマの『まんぷく』よりも面白かった。四五分の番組だから、そう多くのことを取り上げることはできないのだろうが、おそらく、カップヌードルの開発には、その他の数多くの苦労と発明があるはずである。(特に印象的なのが、フリーズドライの技術開発である。)

ところで、このプロジェクトXの再放送は、次週も続くようだ。再放送が始まったころは、こんなに長く続くとは予想していなかった。よほど評判がいいのかとも思う。二〇〇〇年のころに作られたこの番組で取り上げる題材の多くは、戦後の日本の人びとの生活誌につながっている。ここが、この番組の魅力であったのかと思い、また、今になって再放送をみて改めて感じるところでもある。

2021年6月9日記

追記 2021年6月19日
この続きは、
やまもも書斎記 2021年6月19日
プロジェクトX「日本初のマイカー」
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/06/19/9389400

『おかえりモネ』あれこれ「みーちゃんとカキ」2021-06-13

2021-06-13 當山日出夫(とうやまひでお)

『おかえりモネ』第4週「みーちゃんとカキ」
https://www.nhk.or.jp/okaerimone/story/week_04.html

前回は、
やまもも書斎記 2021年6月6日
『おかえりモネ』あれこれ「故郷の海へ」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/06/06/9385066

この週の見どころとしては、次の三点ぐらいだろうか。

第一に、親と子の家族の物語。

この週で、様々な親と子の物語が展開されていた。

百音の妹の未知と家族。牡蠣の地場採苗をこころみる未知と、それを今は無理だと現実的に考える大人たち。だが、未知は、本気で牡蠣養殖の未来のことを思っている。

三生と父親。自分の寺をつぎたくないという。だが、それも、ちょっと気持ちが変わってきたようだ。盆船の行事、それから、百音の父親の耕治との関係のなかで、とにかく仙台の大学にはもどることになった。

りょうちんと父親。高校を出て漁師になったりょうちんであるが、その父親はのんだくれている。だが、それも震災ということを考えると、無理からぬことかもしれない。

第二に、牡蠣の養殖のこと。

未知は、種ガキを自分のところで育てる地場採苗に挑戦している。これは、震災で被害をうけた、地元の養殖業のことを思えばこそである。

だが、現実的に、今の永浦家の事情では、その実現は難しい。しかし、未知はあきらめない。

また、牡蠣の養殖ということで、山と海とはつながっていることが印象的に描かれていた。

第三に、震災のこと。

このドラマの現在の時点は、二〇一四年である。震災から三年後という設定。その震災のとき、どこでどういう体験をしたのか、それが、気仙沼で暮らす人びとの生活に影をおとしている。百音と未知との間にも、この点では、一致をみないところがある。

また、りょうちんの父親も、震災をきっかけにして漁師を止めざるをえなくなったようだ。いまだに仮設住宅暮らしである。その詳細は描写されてはいないが、ここにも震災の影響が及んでいることが想像される。

以上の三点ぐらいが、この週の見どころであろうか。

夏の盆……祖母の初盆……のために故郷に帰ってきた百音であるが、そこで、家族や友人と再会して、いろいろと思うことがあったようだ。次週からは、また、山に舞台がもどるらしい。また、百音は、いよいよ気象予報士をめざすことになるのかとも思う。次週の展開を楽しみに見ることにしよう。

2021年6月12日記

追記 2021年6月20日
この続きは、
やまもも書斎記 2021年6月20日
『おかえりモネ』あれこれ「勉強はじめました」
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/06/20/9389704

『高校に古典は本当に必要なのか』2021-06-14

2021-06-14 當山日出夫(とうやまひでお)

高校に古典は本当に必要なのか

長谷川凜・丹野健・内田花・田川美桜・中村海人・神山結衣・小林未來・牧野かれん・仲島ひとみ(編).『高校に古典は本当に必要なのか』.文学通信.2021
https://bungaku-report.com/blog/2021/06/post-968.html

「古典は本当に必要なのか」という議論については、これまでに書いてきた。この本を読んでも、私の考えるところに大きな変化はない。

やまもも書斎記 2019年1月18日
「古典は本当に必要なのか」私見
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/01/18/9026278

やまもも書斎記 2019年1月26日
「古典は本当に必要なのか」私見(その二)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/01/26/9029000

やまもも書斎記 2019年2月16日
「古典は本当に必要なのか」私見(その三)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/02/16/9036658

やまもも書斎記 2019年10月11日
『古典は本当に必要なのか、否定論者と議論して本気で考えてみた。』
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/10/11/9163517

それから、

やまもも書斎記 2020年7月12日
『「勤労青年」の教養文化史』福田良明
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/07/12/9267249

そして、この『高校に……』を読んで感じるところは、最初に出た『古典は……』の本や、もとになったシンポジウムよりもよくできているということである。

私は、次のことを書いた。これも繰り返しになるが、再々度書いておく。

======

最後に付け加えて書いておきたいことがある。「古典は本当に必要なのか」をめぐっては、様々にWEB上で議論がある。それらを見て思うことがある。次のことは語ってはいけないことだと、自分自身への自省として思っていることである。

それは、
・高校の時のルサンチマンを語らない
・自分の今の専門への愛を語らない
この二つのことがらである。

このことをふまえたうえで、何故、古典は必要なのか、あるいは、必要でないのか。また、他の教科・教材についてはどうなのか、議論されるべきだと思うのである。

======

この自制がよくきいている。あるいは、これは、「ディベート」としての本であるから、おのずとそうなっているというところでもある。

高校生だから、教科の好き嫌いはあるだろう。もっと端的にいえば、その教科を教えている教師に対する好き嫌いということもあるにちがいない。だが、この本のなかでの議論には、これに触れることがまったくない。この点は高く評価してよいと、私は考える。(逆にいえば、先に出た『古典は……』の本は、この問題点に満ちている。)

「古典は本当に必要なのか」は、大学での研究のみならず、高校での教育、さらには、一般社会での出版など、幅広い視点からの議論が必要である。特に、大学入試の科目に必要なのか、学校教育で教える必要があるのか、この論点は重要であり、そして、その当事者である高校生の意見には、耳を傾けるべきだろう。

高校生にカリキュラムを決める権限はない。しかし、今ある学校のカリキュラムについて、意見をのべる権利はある。

そして、この本は、それを意図したものではないかもしれないが、「ディベート」の参考書として、非常によくできている。このようなテーマについて、企画立案し実行にうつすことのできた高校生たちはすばらしいと思う。

(高校生には無理な注文かもしれないのだが)ただ、一読して難点かなと思ったところは、「ナショナリズム」を即「悪」として議論しているあたりは、議論の底が浅い。「ナショナリズム」については、いろいろと考えるべき多様な論点があるはずである。

また、「古典」はアプリオリに存在するものではなく、近代になってから「国文学」という学問の成立、あるいは、近代以降の学校の「国語教育」のなかで創出されてきたものであるという側面も、十分に考える必要がある。「日本人」の「アイデンティティー」などについては、そう軽々に語れるものではない。

さらには、「教養」というものが、社会的、歴史的に変化するものである、という視点をもっととりこんで議論した方がよい。この問題の大きな流れとしては、「古典」が「教養」であった時代が終わろうとしていることなのである。

ともあれ、「古典は本当に必要なのか」ということを考えるうえでは、必須の本であるといってよいだろう。

2021年6月13日記

『青天を衝け』あれこれ「一橋の懐」2021-06-15

2021-06-15 當山日出夫(とうやまひでお)

『青天を衝け』第18回「一橋の懐」
https://www.nhk.or.jp/seiten/story/18/

前回は、
やまもも書斎記 2021年6月8日
『青天を衝け』あれこれ「篤太夫、涙の帰京」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/06/08/9385776

経済の人、渋沢栄一の誕生といったところであろうか。

この回で思うことは、次の二点ぐらいである。

第一に、尊皇攘夷。

一橋家につとめることになった栄一は、水戸の天狗党征伐を命じられる。天狗党は尊皇攘夷のもとに決起した。かつて、栄一も尊皇攘夷の気持ちをいだいていた。だが、時代はいつのまにか、先に進んでしまっている。幕府も、諸藩も、開国へとおおきく舵をきることになる。

この時代の流れのなかにあって、栄一の心中は複雑である。が、今のところは、一橋家につかえるということで佐幕ということだろうし、開国の時代の流れはやむを得ないと思っているようだ。

だからこそというべきか、天狗党の末路には、哀れを禁じ得ないところがある。

第二に、経済のこと。

一橋家につかえて、その台所事情を知ることになった栄一は、経済の重要性を感じることになる。まず何よりも経済的基盤があってこその、一橋家であり、幕府であり、日本の国である、ということになる。この回で描いていたのは、まずは、一橋家の財政のことである。これをなんとかしてみせるという。

このあたりは、これからの経済人としての渋沢栄一を描くことになるきっかけということとして見ることになる。

以上の二点ぐらいが、この回を見て思ったことなどである。

それにしても、幕末ドラマにおいて、天狗党のことを大きく取り上げたというのは、近年の大河ドラマとしては、珍しいことになるのかもしれない。水戸出身の一橋慶喜を描くとなると、どうしても天狗党のことに触れざるをえないということなのだろう。

次週、長州征伐ということでドラマは展開するようだ。楽しみに見ることにしよう。

2021年6月14日記

追記 2021年6月22日
この続きは、
やまもも書斎記 2021年6月22日
『青天を衝け』あれこれ「一橋の懐」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/06/15/9388064

ノイバラ2021-06-16

2021-06-16 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので花の写真。今日はノイバラである。

前回は、
やまもも書斎記 2021年6月9日
南天のつぼみ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/06/09/9386079

我が家のちかくに、何ヶ所かノイバラの咲くところを確認してあるのだが、これは、そのうちで一番近いところのものである。

例年、初夏のころ、だいたい五月末から六月ぐらいに咲くだろうか。ただ、これも、実際に写真に撮ろうと思うと難しい。図鑑に載っているような、きれいに咲いた花がなかなかみつからない。どこかいびつだったり、ねじれていたりするものが多い。

特にきれいに撮ろうということを気にせずに、身の周りに咲く花と思って写すことにしている。花の時期は、そう長くはない。道を歩いていて、白い花の姿が目にはいるのは、十日ほどのことであろうか。

今は、庭に出ると、キンシバイの花が咲いている。ギボウシの花もある。紫陽花の季節でもある。クチナシがそろそろ咲くだろうかと思う。これから、徐々に夏の花の季節になっていく。

ノイバラ

ノイバラ

ノイバラ

ノイバラ

ノイバラ

Nikon D500
TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di MACRO 1:1

2021年6月15日記

追記 2021年6月23日
この続きは、
やまもも書斎記 2021年6月23日
ムラサキシキブ
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/06/23/9390664

『昨日がなければ明日もない』宮部みゆき2021-06-17

2021-06-17 當山日出夫(とうやまひでお)

昨日がなければ明日もない

宮部みゆき.『昨日がなければ明日もない』(文春文庫).文藝春秋.2011(文藝春秋.2018)
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167916855

おおむね、宮部みゆきの本は買って読むことにしている。これは、単行本が出たときに見逃していたようで、文庫本で出たので買った。

杉村三郎シリーズである。このシリーズは、この前作の『希望荘』から、がらりと設定が変わっている。まあ、私としては、以前の設定の杉村三郎シリーズも良かったと思っている。『希望荘』がいい作品だったので、これも読んでおくことにした。

三作品を収録する。

絶対零度
華燭
昨日がなければ明日もない

読んで、ミステリとしてよくできていると感じるのが、本のタイトルにもなっている「昨日がなければ明日もない」である。

ただ難点を強いていえば……最後のところで、ちょっと論理の飛躍がある。別に、何か事件が起こればそれでこの小説としては完結する。ここは無理に最悪の事件が起こったことにしてしまったように思えてならない。

この作品集全体を通じて流れているのは、現代における家族というものかもしれない。夫婦や親子さらには恋人同士の関係をふくめて、現代社会における家族の有りようを、多面的に描いている。やはり、宮部みゆきは、時代とその社会に生きる人間を描く作家である。

2021年5月31日記

新・映像の世紀(1)「百年の悲劇はここから始まった」2021-06-18

2021-06-18 當山日出夫(とうやまひでお)

新・映像の世紀 第1回 百年の悲劇はここから始まった~第一次世界大戦~

続きである。
やまもも書斎記 2021年6月11日
映像の世紀(11)「JAPAN」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/06/11/9386677

「映像の世紀」の再放送につづいて、「新・映像の世紀」も再放送するので、これも見ることにした。これは、いくつか見た記憶がある。二〇一五年の放送である。

第一回は、第一次世界大戦。

「映像の世紀」でも、第一次世界大戦は、一つの回をつかって放送していた。やはり、「映像」それも動く映画というメディアで、その全貌をとらえた最初の世界史的出来事というと、第一次世界大戦ということになるのだろう。

「映像の世紀」のときと比べると、その歴史観がより鮮明になっている。あるいは、歴史というものをより批判的に見るようになっているというべきだろうか。

たとえば、アラビアのロレンス。今日まで続く中東における戦乱、それから、パレスチナ問題、この淵源をたどると、第一次世界大戦における、イギリスとフランスの密約……そして、その前面に出たのがアラビアのロレンスということになるのだが……があった。あるいは、少なくとも、憎悪の連鎖のはじまりについては、一〇〇年以上の歴史をさかのぼって考える必要があることになる。

放送は、二〇一五年。最初の「映像の世紀」から見ると、その間には、二〇〇一年のアメリカでの同時多発テロがあり、その後の、イラクなどでの戦争を経た後のことということになる。世界の平和ということが、より混沌としてきた時代である。「映像の世紀」の一九九五年というと、東西冷戦が終結して、共産主義国家の崩壊ということがあって後のことになる。そのときの時代背景のもとに、二〇世紀を考えてみたということだろう。

だが、二一世紀になってからの「新・映像の世紀」では、その歴史に対する見方も、ちょっと変わってきているという気がする。より深く歴史というものの淵源にさかのぼうとする眼差しを感じる。今ある二一世紀の世界がどのような歴史のもとにあるのか、そのよってきたるところを探ろうという姿勢があるといってもいいだろうか。

ところで、興味深かったのは、第一次世界大戦における、兵士と性病、それから、慰安婦の問題。この種の問題をどうあつかうかは難しいことがあるかもしれないが、しかし、百聞は一見にしかず、残っている映像の持つ説得力というものを強く感じる。

ただ、「新・映像の世紀」においても、中国のことはあまり出てきていない。日本軍による青島占領の様子はあつかっていたが、では、その当時の中国の全体像はどうであったのか、分からない。ここのところについては、沈黙している。(あるいは、まだ、中国という国について、このような番組の手法で切り込むのは、時代がまだ早いというべきなのかもしれない。今の中国共産党支配の終わった後、どのような映像資料が発掘されることになるのか、気にはなる。が、その時まで、私は生きてはいないだろうが。)

2021年6月16日記

追記 2021年6月25日
この続きは、
やまもも書斎記 2021年6月25日
新・映像の世紀(2)「グレートファミリー」
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/06/25/9391317

プロジェクトX「日本初のマイカー」2021-06-19

2021-06-19 當山日出夫(とうやまひでお)

プロジェクトX 日本初のマイカー てんとう虫 町を行く

前回は、
やまもも書斎記 2021年6月12日
プロジェクトX「カップめん・どん底からの逆転劇」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/06/12/9387028

スバル360には乗ったことがある(と思う。記憶は定かではないのだが)。我が家には自動車などなかった。たしか、知り合いの人の車に乗せてもらったのではなかったろうか。

ともあれ、この自動車が街を走っていたときのことは、おぼろげながら記憶にある。

繰り返しになるが、この「プロジェクトX」は、(その意図はなかったのかもしれないが、結果的に)戦後日本の多くの人びとの生活誌を描くことになっている。この回は、自家用車ということで、スバル360の開発の物語であった。

現在の会社名は、スバルになっているが、もとは富士重工。そのもとをたどれば、中島飛行機という会社であったことは知っている。戦時中は、戦闘機の生産をおこなっていた。

ここでも、戦後の日本の経済成長をささえた技術の多くが、戦時中の軍事技術に由来するものがある、すくなくとも、そこには働いていた技術者たちの仕事の場があった……このことを、私は、悪くいうつもりはない……ただ、そのような歴史の流れがあったことは、事実として押さえておくべきことだと思う。

ともあれ、日本の戦後の自動車産業の歴史をたどるうえで、スバル360という小さな自動車のもつ意味は、決して小さくはない。その後、大衆車ということでは、カローラとかサニーに引き継がれていくことになるのだろうが。

そして、今、ガソリンエンジンの自動車は、いずれ姿を消すだろうと予測されている。電気自動車などにとって代わられることになるのだろう。そのとき、日本の自動車産業はどのようになっているのか、予測できない。スバルというメーカーが生き残れるかどうかも、不明というところかもしれない。

だが、歴史の中に残る名車として、スバル360は、忘れられることはないだろう。

2021年6月17日記

追記 2021年6月26日
この続きは、
やまもも書斎記 2021年6月26日
プロジェクトX「炎を見ろ赤き城の伝説」
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/06/26/9391619

『おかえりモネ』あれこれ「勉強はじめました」2021-06-20

2021-06-20 當山日出夫(とうやまひでお)

『おかえりモネ』第5週「勉強はじめました」
https://www.nhk.or.jp/okaerimone/story/week_05.html

前回は、
やまもも書斎記 2021年6月13日
『おかえりモネ』あれこれ「みーちゃんとカキ」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/06/13/9387386

百音は、気象予報士の勉強をはじめることになった。

この週で印象にのこるのは、次の二点だろうか。

第一に、気象予報士の勉強のこと。

診療所の医師の菅波に、百音は、勉強を教わることになる。だが、その勉強は、楽しくもあり、また、難しくもあるようだ。どうして雲ができて雨が降るのか、百音は理解できない。そこをなんとか、太陽によって地面があたためられて空気があたたかくなる……このあたりのことから説明することになる。百音に、菅波は、中学の理科のテキストから勉強するようにと勧める。百音は、中学は無事に卒業しているだろうが、どうも理科の知識はきちんと身についてはいなかったようだ。

第二に、学童机のこと。

森林組合の仕事として、市の小学校の学校の机を受注することになった。使い道に困っていた広葉樹をつかうことになる。予算と納期は厳しいものがあったが、そこをどうにか、百音のアイデアと、みんなの協力で乗りきることができた。

以上の二点が、この週で描いていて印象に残ることだろうか。

それにしても、この週の最初でバスの中で、菅波と百音が会ったとき、菅波のもっていたサメのぬいぐるみは、その後、どうなったのだろうか。

次週、百音の周囲の人びとのことをめぐって物語は展開するようだ。楽しみに見ることにしよう。

2021年6月19日記

追記 2021年6月27日
この続きは、
やまもも書斎記 2021年6月27日
『おかえりモネ』あれこれ「大人たちの青春」
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/06/27/9391945