『おかえりモネ』あれこれ「相手を知れば怖くない」2021-08-01

2021-08-01 當山日出夫(とうやまひでお)

『おかえりモネ』第11週「相手を知れば怖くない」
https://www.nhk.or.jp/okaerimone/story/week_11.html

前回は、
やまもも書斎記 2021年7月25日
『おかえりモネ』あれこれ「気象予報は誰のため?」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/07/25/9401361

この週から、百音は気象予報士としてはたらきはじめた。そして、菅波と再会した。

見て思うこととしては、次の二点を書いてみる。

第一に、気象予報士としての仕事。

会社に採用になって、テレビ局で天気予報の番組にたずさわることになる。担当は、コサメちゃんと傘イルカくんである。が、天気予報の時間で、何を伝えるべきか、百音は考えることになる。夏である。水の事故のことを思って、その注意喚起にはげむ。しかし、それだけでは、視聴者に不満もあるようだ。

菅波と再会して後、リラックスして仕事に臨むようになった。これから<気象予報士として、何をどのように伝えていくべきなのか、さらなる試行錯誤の日々になるのだろう。

第二に、菅波とのこと。

コインランドリーで、ばったりと再会することになる。偶然にしては、できすぎているような気がしなくもない。連絡先を知っているのなら、今の自分の住まいの位置……お風呂やさんである……を教えてもいいようなものかと思うが、そうしないのが百音なのだろう。

ともあれ、久しぶりに菅波と会って話をすることができて、百音は仕事への展望が開けてきたようでもある。新人から一歩脱却することができた。

この後、菅波とのかかわりはどうなるのだろうか。

以上の二点のことなどが、思うことなどである。

それから、お風呂屋さんに住まいしている、もう一人の人物……宇田川さん……は、姿を見せることがあるのだろうか。なんとなく、家の中に妖怪がいるような雰囲気である。

次週、台風になるようだ。気象予報士として百音がどのような活躍をすることになるのか、楽しみに見ることにしよう。

2021年7月31日記

追記 2021年8月8日
この続きは、
やまもも書斎記 2021年8月8日
『おかえりモネ』あれこれ「あなたのおかげで」
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/08/08/9406311

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/08/01/9403537/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。