『鍵・瘋癲老人日記』谷崎潤一郎/新潮文庫2022-01-29

2022年1月29日 當山日出夫(とうやまひでお)

鍵・瘋癲老人日記

谷崎潤一郎.『鍵・瘋癲老人日記』(新潮文庫).新潮社.1968(2001.改版)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100515/

新潮文庫のこの巻には、「鍵」と「瘋癲老人日記」を収録してある。どちらも若い時に読んだかと覚えている。若くなくなってひさしい。老人の立場になって、このような作品を読むと、また、それなりの面白さがあることに気づいた。

思うこととしては、次の二点ぐらいがある。

第一に、日記ということ。

「鍵」はかなり錯綜した構成になっている。夫と妻と、それぞれに日記をつけている。その日記を互いに読んでいるということはわかっているのだが、そのことは隠して日記をお互いに書き続けている。

「瘋癲老人日記」は、「鍵」ほど複雑な構造はないが、やはり日記になっている。

なぜ、日記という形式を選んでいるのだろうか。日本文学に造詣の深い谷崎潤一郎のことである。日本文学における日記というものは、当然のことながら意識して書いたのだろう。であるとするならば、日記とは必ずしも本当のことばかりを書くものではない、ということも考えのうちにあったはずである。

第二、性ということ。

「鍵」も「瘋癲老人日記」も、性の問題をあつかっている。いや、全編にわたってまさに性のことを題材にしているといってよい。これを書いたのは、谷崎潤一郎の晩年である。老人と性のことをあつかった文学作品としては、やはり谷崎潤一郎のこれらの作品が、出てくることになるのだろうと思う。

実際、これらの作品が発表された当時としては、かなりスキャンダラスであったことも、文学史の教えてくれるところでもある。

今日の目で読んで見て、そして、すでに老人の生活になっている自分として、これらの作品を読むと、なるほど性、そして、それによりそってある生というものを、感じ取ることになる。このような性と生の描き方も、文学としてはあり得るものだと思う。

それは、今日になって読んでそう感じることであって、谷崎潤一郎が、この小説を書いた時点においては、かなりの文学的冒険であったのかもしれない。が、これをなしえたということが、谷崎潤一郎の仕事といってよいのであろう。

性と生のことを描いた作家としては、他には、たとえば川端康成がいる。川端康成は、新潮文庫版の谷崎潤一郎を読み終わったら、読んでみようと思っている。

2022年1月27日記