『北条義時』岩田慎平/中公新書2022-02-03

2022年2月3日 當山日出夫(とうやまひでお)

北条義時

岩田慎平.『北条義時-鎌倉殿を補佐した二代目執権-』(中公新書).中央公論新社.2021
https://www.chuko.co.jp/shinsho/2021/12/102678.html

NHKの『鎌倉殿の13人』を見ていることもあって、この本を読んでおきたいと思った。中央公論新社としても、当然のことながらNHKのドラマをあてこんで出版したものと思う。

読んでみて思うことは、次の二点ある。

第一には、歴史書として。

タイトルは、「北条義時」となっているのだが、書いてあることは、むしろ平安時代の終わりから鎌倉時代の初めごろにかけての、武士というもののあり方であると読める。京の都、畿内近辺によりどころを持つ武士もいれば、それ以外の東国や西国の武士もいる。その武士の時代における職能……権門という用語をつかってあるが……の解説からはじまって、この時代のおおきな枠組みを説いていく。これは、これとして非常に興味深く読んだ。

歴史学の近年の知見にもとづいて、武士というもの、鎌倉時代という時代、これをどう全体としてとらえるかという視点から、この本は書かれている。

とはいえ、その所領の支配構造とか、経済的基盤がどうであったか、というような方向にはあまり踏み込んではいない。新書の一冊としてまとめるということでは、ここまで踏み込んで論じるということではないのかもしれない。

第二には、ドラマと関連して。

読んで、なるほど北条義時とはこんなことをした人物であったのか、鎌倉幕府とはこういう構造になっていたのか、北条政子とは何をした女性なのか……というあたり、ドラマの主要な登場人物や、事件……その最終の局面は承久の乱ということになるのであろうが……の数々が、興味深い解説されている。

では、このような歴史的なできごとを、ドラマではどのように描くことになるのか、これはこれとして非常に興味深いところである。

今までの放送と関連しては……たとえば、源氏と平家というが、実際の世の中では、これらの武士たちは混ざり合い絡み合って生きてきたことになる。それを、ドラマでは、源氏の頼朝が正義の側であり、平家の清盛が悪の側である、とかなり単純化して描いてあるのだが、ここはちょっと違うのではないかと感じるところがある。(まあ、歴史の結果として源頼朝が勝者になる話しなので、これはこれでいいかとも思うのだが。)

以上の二点のことが、読んで思ったことなどである。

鎌倉時代、武士の時代の入門書としても、また、NHKのドラマの参考書としても、よく出来ている本だと思う。

2022年1月27日記

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/02/03/9460967/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。