『真説 日本左翼史 戦後左翼の源流 1945-1960』池上彰・佐藤優2022-02-11

2022年2月11日 當山日出夫(とうやまひでお)

真説 日本左翼史

池上彰・佐藤優.『真説 日本左翼史 戦後左翼の源流 1945-1960』(講談社現代新書).講談社.2021
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000348699

売れている本らしい。読んでおくことにした。が、読んでみて思うことは、とても面白い本であり、ためになる本であるということである。

タイトルの通り、日本の「左翼」運動の歴史を対談形式でたどっている。この巻では、戦前からスタートして、おおむね60年安保のあたりまで。時として、冷戦終結、ソ連崩壊のあたりのことまで話しが及んでいる。

「左翼史」とあるが、具体的には、共産党の歴史であり、社会党の歴史が主なところである。なるほど、共産党という政党は、このような歴史があったのか、社会党の凋落はこのあたりに起因するのか、と今になっていろいろと思うことが多い。

私は、一九五五(昭和三〇)年の生まれなのであるが、物心ついたときには、政治の世界は、いわゆる五五年体制でかたまっていた時代である。保革伯仲であり、あるいは、社会党からすれば、三分の一を確保するだけの万年野党であり、自民党としては過半数を確保している安定与党ということになる。緊張感もあったが、しかし、同時にどこかしら生ぬるい感じを覚えている。

この本は「左翼」の歴史をたどっている。左翼というのは革新の立場である。「保守」思想ではない。単純化してみるならば、「左翼」は理性と理論を重視し、「保守」は伝統と感情を重視する。

私はといえば、どちらかといえば、保守的な人間なのであろうとは思う。だが、決して体制的ではないつもりでいる。

歴史、政治の流れをたどるとき、政権の中枢で何がどう決断され実行されてきたかという歴史もあるが、一方で、反体制の側から見る歴史もある。この意味では、戦前から戦後にかけての、反体制の歴史のある面を描き出している。ただ、この巻を読んだところで、やや不満に思うところは、実は左翼は、右翼とも、裏でつながっている……このあたりの感覚は、時代のなかで感じてきたところであるが……ここのところに踏み込んでいないことである。

この巻を読んで思うことは、左翼がだめになったということは、右翼もだらしないし、また政権の側もがたがきているということなのだろう。つづいて、続巻を読むことにしたい。

2022年2月1日記

追記 2022年2月12日
この続きは、
やまもも書斎記 2022年2月12日
『激動 日本左翼史 学生運動と過激派 1960-1972』池上彰・佐藤優
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/02/12/9463303

『激動 日本左翼史 学生運動と過激派 1960-1972』池上彰・佐藤優2022-02-12

2022年2月12日 當山日出夫(とうやまひでお)

激動 日本左翼史

池上彰・佐藤優.『激動 日本左翼史 学生運動と過激派 1960-1972』(講談社現代新書).講談社.2021
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000355536

先の巻に続けて読んだ。

やまもも書斎記 2022年2月11日
『真説 日本左翼史 戦後左翼の源流 1945-1960』池上彰・佐藤優
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/02/11/9463029

この巻であつかってあるのは、共産党と社会党の確執。それから、学生運動。この時代のことになると、私の記憶の及ぶ範囲のことになる。思うことはいろいろとある。

かつて、左翼は正義であった。このような記憶が私にはある。それが共産党であるか、社会党であるかは別にして、そこには正しさというもの、理想というものが見えていた。いや、それは、幻想であったのかもしれない。しかし、確かに左翼は正義を目指していた。

それが幻滅したのは、学生運動の衰退、東西冷戦の終結……このあたりを決定的な契機として、もはや左翼に正義を感じなくなった。むしろ、その欺瞞が明らかになってきたといってもいいだろうか。

思うのだが、左翼を論じるとき、このシリーズでは意図的に右翼のことを避けていると思う。時の政府、政権、体制に対する批判という意味では、右翼と左翼と相通じるところがある。通底するものがあるといってもいいだろう。このあたりのところを、避けて左翼だけ論じるのもどうかなという気がしてならないのだが、しかし、これはそのように思って読めば、次のステップの議論として、右翼を含めた反体制社会運動史というものが浮かびあがってくるのかもしれない。

それから、学生運動、特に、日米安保闘争については、いまだ評価が難しい面があるのではと感じないではいられない。が、このあたりについて、この本は、かなり丁寧に語っているという印象がある。反政府運動であり、反米運動であり、また、愛国の運動でもあった。そして、それは、一定程度は一般市民からの支持もあるものであった。

そして、さらに思うこととしては……この本ではあまり語られないのだが……世界的な、若者の反乱の時代という潮流を抜きには考えることができないとも思う。ちょっとだけ、フランスの五月革命のことが出てくるのだが。ここは、世界的な若者の反体制運動のうねりということを、考えておく必要があろうかとも思う。

「日本左翼史」は、次の巻は冷戦終結以後の社会党の衰退というところになるらしい。この時代になると、私の体験的な記憶のうちの出来事になる。

2022年2月4日記

『カムカムエヴリバディ』あれこれ「第15週」2022-02-13

2022年2月13日 當山日出夫(とうやまひでお)

『カムカムエヴリバディ』第15週
https://www.nhk.or.jp/comecome/story/details/story_details_15.html

前回は、
やまもも書斎記 2022年2月6日
『カムカムエヴリバディ』あれこれ「第14週」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/02/06/9461670

この週から、ひなた編である。番組ホームページが、回転焼きになった。(安子のときは小豆だったし、るいのときはレコードだった。)

小学生のひなた。

小学生のひなたは、ラジオの英語会話を聞こうとするのだが、途中で投げ出しえしまうことになる。(さて、今後、このドラマで再びラジオの英語講座は登場することになるのだろうか。)

アメリカの少年のビリーと、英語で話しができたらと夢みるのだが、その夢はついえてしまう。これは、まあ努力しなかったひなたが悪いといってしまえばそれまでであるが。ちょっとかわいそうでもあった。

高校生になったひなた。

あいかわらずのひなたである。高校三年生になるというのに、明確な人生の目標があるというのではない。一恵は、お茶の先生になろうかと迷いながら短大に行こうとしている。小夜子は、学校の先生になるつもりで大学をめざす。ひなたは、回転焼きを焼いてみようとするが、うまくいかない。映画村に行って、ミス映画村のことを知る。さて、ひなたはこれから自分の生きる道をみつけたことになるのだろうか。

小学生のひなたと、高校生になったひなたを描いた週であったが、その日常が丁寧に描かれていたと思う。弟が小学生になって、回転焼き屋の家の生計もこれから大変かもしれない。

ところで、るいとひなたの家はどこにあるのだろうか。京都で、鴨川・賀茂川に歩いて行けて、天神さん(北野天満宮)の近くでもある、そして商店街があるというと、ちょっと思いつかない。これは、ドラマのなかの設定ということで理解して見ていればいいのだと思う。

次週、ミス映画村のコンテストになるようだ。さて、ひなたはどうなるだろうか。次週を楽しみに見ることにしよう。

2022年2月12日記

追記 2022年2月20日
この続きは、
やまもも書斎記 2022年2月20日
『カムカムエヴリバディ』あれこれ「第16週」
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/02/20/9465859

『雪国』川端康成/新潮文庫2022-02-14

2022年2月14日 當山日出夫(とうやまひでお)

雪国

川端康成.『雪国』(新潮文庫).新潮社.1947(2006.改版)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100101/

川端康成を読んでおきたいと思って手にした。谷崎潤一郎の新潮文庫版を読み切ったので、次は川端康成ということにしたいと思った。特に、順番を決めて読もうということではない。適当に見つくろいながらである。

「雪国」は、これまで何度か読んでいる。川端康成で、多くの回数読みかえした作品かもしれない。他には、「伊豆の踊子」があるだろうか。

読むたびごとに、いろいろと思うことがある。今回、読んでみて思うことなど書いてみることにする。

第一には、やはり叙情性ということである。

透徹した叙情性というべきだろうか。川端康成の作品に共通することではあるが、特に「雪国」には強く感じる。モデルとなっているのは、越後湯沢である。だが、作品中にそのことが特に明示されているわけではない。この山間の温泉町の、冬の雪のシーズン、それから初夏、夏、秋と、季節の変化をおりまぜながら、ひなびた温泉町の風情と自然が描写される。ここに展開される叙情性は、日本文学の古来の流れをふまえたものであると感じるところがある。

第二には、エロティシズム。

表面的にはさらりと書いてあるのだが、「雪国」はエロティシズムの小説である。冒頭近く、駒子と再会した島村が、覚えているのはこの指であると、左手の薬指をしめす。このあたり、なんともいえないエロティシズムがある。

しかし、「雪国」を読んでいって、決して露骨な性描写があるということではない。駒子という女性の境遇と、そこを訪れている島村との関係から、こんなことがあったのだろうと想像することになる。これは、想像するしかない。だからこそ、一層のことエロティシズムは強まる。

以上の二点ぐらいが、とりあえず思い浮かぶことである。

以前にこの作品を読んだときに感じたことでもあるが、この作品は、「城の崎にて」(志賀直哉)とどこか通じるところがあると感じる。特に、夏の場面で、座敷の床の上に蛾の死骸を見つめるシーンなど、生のいきつくところを凝視していると感じる。

そして、この作品は、「徒労」の作品でもある。このことばは、作中に何度か出てくる。駒子の島村への思いは、まさに「徒労」といってよいのだろう。だが、それが「徒労」であることがわかっているだけに、その思いは深くなる。

また、島村は傍観者である。冒頭の汽車の中でのシーン。ガラスに写ったた葉子の姿を「見る」、その「見る」という行為を、さらにその外の視点から描いている。ここで葉子は、二重に読者から見られている。

この作品とはあまり関係のないことかもしれないが、気になったことがある。それは、この作品には、方言が出てこないことである。なぜ、川端康成は作品中で方言を使っていないのであろうか。(これは、ひろく、日本の近代文学と方言という視点から考えるべきことであるかとも思うのだが、しかし、これは私の手にあまる。日本語学と日本文学にまたがる領域の研究として、面白いと思うのだが。)

2022年1月28日記

『鎌倉殿の13人』あれこれ「悪い知らせ」2022-02-15

2022年2月15日 當山日出夫(とうやまひでお)

『鎌倉殿の13人』第6回「悪い知らせ」
https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/06.html

前回は、
やまもも書斎記 2022年2月8日
『鎌倉殿の13人』あれこれ「兄との約束」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/02/08/9462227

この回で描いていたことは、石橋山の戦いのその後である。

石橋山の戦いで頼朝は敗れることになり、海を渡って逃れる。おおきな筋道としては、その後、再起をはかることになるのだが、それにいたるまでの実際はどうだったのだろうか。このあたり、頼朝が、本当に源氏の棟梁であると認めるのかどうか、また、そうであるとして、何故、頼朝に付き従っていくことになるのか、このあたりの武士たちの心中が興味深い。ドラマとしての見せどころということになるのだろう。結果として頼朝は平家に勝利することになるはずだが、そこにいたるまでに、そう簡単に武士たちが付き従ってきたということではないようである。

ところで、その頼朝であるが……はたして源氏の棟梁にふさわしいのか、その自覚があるのか、このあたりが微妙である。ドラマでは、いかにも頼りないようにも描いている。その一方で、人前に出ると、自分こそ源氏の統領であり、平家を打ち破るのだと意気軒昂である。

ではなぜ、北条は頼朝に付き従うのか。これはそうと決まった既定の路線がそうなっているからとしかいいようがないのかもしれない。私には、このあたりで逡巡する北条があってもいいように思うのだが、ドラマでは、義時は頼朝についていこうとしている。

このドラマ、北条義時が主人公ということであるが、むしろ、その当時の坂東の武士の群像劇という印象である。歴史の結果としては、これから源平の争乱を経て、鎌倉時代ということになる。この時代を生きた、武士たちのそれぞれの生き方を描こうとしているのかもしれない。

それにしても、どうして頼朝は後白河法皇に弱いのだろうか。生き霊につきまとわれている。平家を悪として描くことは、まあ納得できるのだが、頼朝と京都の朝廷との関係がどうであるのか、このあたりの描写が、今一つ物足りない印象がどうしてもある。

それから、この当時の権門としては、寺社もあるはずであるが、今のところ登場してきていない。

次回、頼朝は房総で再起を図ることになるらしい。楽しみに見ることにしよう。

2022年2月14日記

追記 2022年2月22日
この続きは、
やまもも書斎記 2022年2月22日
『鎌倉殿の13人』あれこれ「敵か、あるいは」
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/02/22/9466321

雨のしずく2022-02-16

2022年2月16日 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので写真の日。今日は、雨のしずくである。

前回は、
やまもも書斎記 2022年2月9日
沈丁花の冬芽
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/02/09/9462490

久々の雨であった。雨の降ったあとは、庭に出てみると雨のしずくが目にはいる。見ていると、なかなか面白いものもある。そのうちで、紅葉の木のものを写してみた。

家の玄関を出たところにある木である。毎日のように目にしている。そんなに綺麗に紅葉するという木ではないのだが、季節ごとにその姿が変わるのを見ながら生活していることになる。今はまだ冬芽の状態である。雨が降ると、その芽の先端の部分とか、節目の部分とかにしずくが見える。

まだまだ寒い。天気予報によると、またこれから寒い日がつづくようだ。春は遠い。とはいえ、梅の木を見ていると、冬芽が徐々にふくらんできて大きくなってきているのが分かる。木瓜の冬芽も、だんだん春めいてきている。そろそろ春を感じるところがあるこのごろである。

雨

雨

雨

雨

雨

雨

Nikon D500
TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

2022年2月15日記

追記 2022年2月23日
この続きは、
やまもも書斎記 2022年2月23日
木瓜の冬芽
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/02/23/9466642

『古都』川端康成/新潮文庫2022-02-17

2022年2月17日 當山日出夫(とうやまひでお)

古都

川端康成.『古都』(新潮文庫).新潮社.1968(2010.改版)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100121/

若い時、確か高校生ぐらいの時に読んだかと覚えている。映画化されていることは知っているが、見てはいない。

今になって読みかえしてみて思うこととしては、次の二点ぐらいである。

第一に、小説として。

はっきりいって小説としては、破綻している。細部にわたる描写については、さすがに川端康成と感じさせるとことろは随所にあるのだが、しかし、全体としてみて、一編の小説としては、どうにも面白くない。たしかに波瀾万丈のストーリーで読ませるという作品でないことは確かなのだが、しかし、その筋の運び方があまりに平板である。面白くない。

第二に、京都を舞台として。

京都を描いた小説ということでは、まず名前のあがる作品かもしれない。確かに読んでみれば、春の桜からはじまって冬景色まで、京都の街の四季の風物とともにこの小説は展開している。あるいは、作者は、京都の四季の風景を描きたかったが故にこの小説を書いたのかもしれない。(ただ、この京都の季節の移り変わりと、小説のストーリーが融合しているかどうかとなると、これは、微妙なところがある。)

以上の二つのことを思ってみる。

書いてみると、この小説はつまらない作品といえることになりそうなのだが、しかし、読んでみると、やはり川端康成の作品だと感じる。全体として、京都の街を背景に描いた双子の姉妹の物語として読める。

この小説を書いたとき、作者は、睡眠薬の依存症で苦しんでいた時期である。そのせいもあろうか、読んでいて、ところどころで文章につまづくところがある。また、いくつか記述が飛躍していると感じてしまうところもある。だが、そのようなところでも、じっくりと読みかえして読んでみるならば、そこには凝縮された川場康成の文学世界だと感じるところがある。

京都を描いた近代の文学としては、これからも読まれている作品であるにちがいないと思う。

2022年2月5日記

『承久の乱』坂井孝一2022-02-18

2022年2月18日 當山日出夫(とうやまひでお)

承久の乱

坂井孝一.『承久の乱ー真の「武者の世」を告げる大乱ー』(中公新書).中央公論新社.2018
https://www.chuko.co.jp/shinsho/2018/12/102517.html

著者の坂井孝一は、『鎌倉殿の13人』の時代考証の担当ということである。これは読んでおきたいと思って手にした。

読んで思うこととしては、次の二つぐらいがある。

第一に、歴史上の承久の乱について。

承久の乱は、学校のときの歴史の教科書に出てきたのを憶えている。その後、日本文学など勉強すると、鎌倉初期のこととして、後鳥羽上皇の名をよく目にするようになった。

承久の乱は、後鳥羽上皇が起こした、鎌倉幕府に対する反乱と思っていたのだが、この本を読むとかならずしもそうではないらしい。後鳥羽上皇が敵視していたのは、北条義時であった。その専制を排除しようとしておこしたのが、承久の乱ということである。結果は、上皇の惨敗であり、その後の鎌倉時代以降の武士の時代が、この乱から本格化することになる。

日本本学などの観点から興味深いのは、例えば『平家物語』が書かれたのは、承久の乱より後のことになる。そして、『平家物語』には、承久の乱での出来事が、かなり反映されているらしいとのことである。

また、この本では、それほど深く触れられてはいないが、藤原定家は、源平の争乱の時代から、承久の乱の後まで生きたことになる。その定家の仕事に、承久の乱は、どのように影響していたのだろうか、興味深いところである。

京都の朝廷……今日の歴史学用語でいえば王家ということになるのだろうが……が、武家の権門に敗れたということは、平安時代からの王朝貴族文化にとってどのような意味があったのだろうか。(だからといって、いわゆる武士の世になってしまったということではないであろう。武士の時代になっても、歌は読まれ続けている。が、その持つ意味が変わってくるということはあったのだろうと思う。)

第二に、ドラマとの関連について。

『鎌倉殿の13人』は、どこまでの歴史を描くことになるのだろうか。この本を読んだ印象としては、とりあえずは、源平の戦いを描くのだろう。そして、鎌倉幕府の創建ということになる。次は、和田の合戦があるだろうか。重要な事件としては、実朝の暗殺事件があるだろう。そして、承久の乱となるかと予想する。

さて、これからのドラマの展開で、実朝はどんな人物像として登場することになるだろうかと思う。そして、後鳥羽上皇は、どうなるだろうか。おそらく、承久の乱が、ドラマの終盤の最大のクライマックスになるのかと思ってみる。

以上の二つのことを思ってみる。

さて、坂井孝一の著書としては、他に、『源氏将軍断絶』『鎌倉殿と執権北条氏』がある。これらも順次読んでおくことにしたい。

2022年2月15日記

『千羽鶴』川端康成/新潮文庫2022-02-19

2022年2月19日 當山日出夫(とうやまひでお)

千羽鶴

川端康成.『千羽鶴』(新潮文庫).新潮社.1989(2012.改版)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100123/

これは、若い時に読んだかどうか覚えていない。ただ、新潮文庫版の解説によると、「千羽鶴」と「波千鳥」と二つの作品を収録してあるのだが、これが、まとまって一冊の本になるのは、この新潮文庫においてということらしい。川端康成の作品としては、短篇として、いろんな雑誌などに掲載されてきたものを、まとめる時に「千羽鶴」として一緒になり、その続篇が「波千鳥」でああったのだが、「全集」でようやく一緒になり、文庫本でまた一つになったという経緯のようだ。そういえば、この文庫本の刊行は平成になってからであり、他の川端康成の作品とくらべて、比較的新しいことになる。

この作品については、好き嫌いがあるかもしれないと思う。茶の世界である。そして、そこにある不倫関係……父の女であった女生と関係を持ち、その後、さらにその娘と交渉がある……書いてみれば、めちゃめちゃな関係である。しかし、それを、鎌倉を舞台にして、茶の湯、志野茶碗などが出てくるなかで描いてあると、すんなりと読めるものに仕上がっている。なるほど、これが川端康成の文学なのかなと感じるところがある。

川端康成の円熟期の名作ということになるらしいのだが、そうかなと思う。ただ、「千羽鶴」「波千鳥」と読んで、なんとなく終わり方に違和感を感じないではない。これは、取材ノートが盗難にあったということが関係しているらしい。だが、このような終わり方の作品もあっていいのかなという気がする。

川端康成の文学の極致の名作の一つといってよいのだろう。

2022年2月5日記

『カムカムエヴリバディ』あれこれ「第16週」2022-02-20

2022年2月20日 當山日出夫(とうやまひでお)

『カムカムエヴリバディ』第16週
https://www.nhk.or.jp/comecome/story/details/story_details_16.html

前回は、
やまもも書斎 2022年2月13日
『カムカムエヴリバディ』あれこれ「第15週」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/02/13/9463636

この週で描いていたのは、映画村と撮影所。

ミス条映コンテストの結果は、ひなたは合格しなかった。これはなりゆき上、いたしかたないかと思う。でも、コンテスト会場で登場したのが、五十嵐でなかったとしても、はたしてひなたは合格しただろうか。が、コンテストをきっかけにして、伴虚無蔵の目にとまる。夏休み、ひなたは映画村でアルバイトをすることになる。

そこで目にするのは、時代劇撮影の現場であった。映画撮影の場面をドラマにとりこむというのは、以前の『おちょやん』でもあったことだが、『おちょやん』はまだ無声映画の時代だった。今回は、時代が現代にちかづいてテレビ時代劇になっている。

テレビ時代劇の撮影現場をドラマのなかで再現して見せるというのは、これはこれとして興味深い。ただ、一九八三年という時代を感じたのは、カメラが一六ミリであったことだろうか。(これが今ではデジタルのビデオカメラになっているはずである。)

ひなたは時代劇をこよなく愛している。これは人の好みと言ってしまえばそれまでであるが、しかし、時代の大きな流れとしては、時代劇は衰退の傾向の見えていた時代だろう。(今では、テレビ時代劇といえば、NHKが作るぐらいで、往年とくらべると見る影もない。)

その時代劇衰退の最たる理由のひとつは、マンネリ化したドラマ作りにあるのだろう。ひなたと五十嵐は言っていた……同じようなセットで、同じようなストーリーで、同じような結末で、それでも、それをこよなく愛する人がいる。が、このようなことこそ、時代劇衰退の一つの要因であることはたしかだろう。(強いて言うならば、時代劇はファンタジーの世界である。その設定の中で楽しむことはできても、シリアスに時代を描くことは難しい。)

時代劇が「現代」というものを描くことができなくなったとき、人びとはそれを見放すことなるのかとも思う。ある時期においては、時代劇はその「時代」を描いていた。たとえば『木枯し紋次郎』は、時代劇ではあるが、そこに描かれていたのは、その「時代」であった、今になってそう思える。

ともあれ、映画撮影、ドラマ撮影という現場を舞台にする、このこと自体は珍しいことではないと思うが、この『カムカムエヴリバディ』では、この舞台設定において、どのような人間ドラが展開されることになるだろうか。

次週、撮影所を舞台にしてさらに話しは進展するようだ。ひなたはどうすることになるのか。楽しみに見ることにしよう。

2022年2月19日記

追記 2022年2月27日
この続きは、
やまもも書斎記 2022年2月27日
『カムカムエヴリバディ』あれこれ「第17週」
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/02/27/9467738