『虹いくたび』川端康成/新潮文庫2022-03-11

2022年3月11日 當山日出夫(とうやまひで)

虹いくたび

川端康成.『虹いくたび』(新潮文庫).新潮社.1963
https://www.shinchosha.co.jp/book/100117/

読んだのは2016年の本だが、これまで読んだ新潮文庫の川端康成と同様に、あきらかに改版したものである。だが、その改版の年が奥付には記していない。改版の年が明記していないのは、新潮文庫ではめずらしいかもしれない。

なんとも退廃的であり、エロティシズムに満ちた小説家と思うが、しかし、全体として品位の良さがある。川端康成ならではの小説である。

建築家の水原。その三人の娘。それぞれに母親である女性が異なっている。複雑な家庭環境。そのなかで生きていくことになる、長女の百子、次女の麻子。それから、京都の芸妓の娘の若子。主に、麻子と、百子を軸にこの小説は展開する。

複雑な家庭、人間関係なのだが、この小説の登場人物は、それを受け入れている。特に自分の境遇に不満などを抱くことはないようだ。このあたり、戦後まもなくに書かれた小説であると同時に、時代を超えて、現代の複雑化した家庭環境の社会においても、読まれることになる要因の一つかとも思う。

いや、それよりも、この小説の魅力は、全編にみなぎる美意識にあるのかもしれない。舞台として出てくるのは、箱根の他、京都の名所の数々……大徳寺、祇園、桂離宮、東山、嵐山、など。あるいは、川端康成は、京都を舞台にして背徳的な美意識に満ちた小説を書きたかったのかもしれない。この小説に描かれる京都の風物は、『古都』のそれよりも、魅力的にうつる。

この小説もまた、生と死、そして、性を描いている。それもきわめて美しく清潔感のあるものとしてである。だからこそというべきか、百子の少年への愛情の場面などは、読んでいて清らかな印象がある。

何よりも印象的なのは、女性の乳房を型にとって盃をつくるシーン。おそらく、近代の日本文学のなかで、特筆すべきエロティシズムにみちた場面といってよいのではないか。この小説は、ただ京都を舞台にした、美意識に満ちた作品にとどまっていない。人間の性の意識を美的にみつめた深みがある。

2022年2月12日記