『鎌倉殿13人』あれこれ「災いの種」2022-08-23

2022年8月23日 當山日出夫

『鎌倉殿の13人』第32回「災いの種」
https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/32.html

前回は、
やまもも書斎記 2022年8月16日
『鎌倉殿の13人』あれこれ「諦めの悪い男」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/08/16/9518010

頼家は死ななかった。頼家がもう死ぬものと思いこんで、おこったのが比企の討伐ということであったはずだが、これは、北条にとっても、あるいは、滅ぼされてしまった比企にとっても、大きな見込み違いということになる。このあたりの経緯を、ちょっとコミカルな感じで描いていた。

ともあれ、比企が亡び、次の鎌倉殿として実朝が登場することになった。そして、その実朝は、この後、非業の最期を迎えることになるのだが、その伏線がこのあたりから張りめぐらされていることになる。

さて、そろそろ九月である。残り三ヶ月である。和田のことを描き、それから、実朝のことを描き、そして、承久の乱ということになるのだろうが、これからどう展開するだろうか。

気になるのは、善児とトウの二人。これは架空の人物のはずだが、この回においても、巧みな演出であった。義時が鎌倉で権力を握るとき、善児とトウの存在は、きわめて重要なものになってきているようだ。これから、どこでどう登場することになるのか、目が離せない。

歴史の結果はわかっているのだが、しかし、そうであるからこそというべきか、このドラマは、次の展開が興味深い。これから、どのような実朝が描かれることになるのか、次回以降を楽しみに見ることにしよう。

2022年8月22日記

追記 2022年8月30日
この続きは、
やまもも書斎記 2022年8月30日
『鎌倉殿の13人』あれこれ「修善寺」
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/08/30/9522010

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/08/23/9519963/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。