「二十四の瞳」2022-08-11

2022年8月11日 當山日出夫

NHKで「二十四の瞳」を放送していたので、これは見ておくことにした。

「二十四の瞳」は、これまで何度となく映画化、ドラマ化されてきている。一番有名なのは、木下恵介監督の映画だろうか。たしか、若いころに映画館で見たかと記憶している。テレビドラマでは、小さいころに放送されたのを見たのを憶えている。

壺井栄の原作も読んだ(はずである)。もう昔のことなので、ほとんど憶えていない。ただ、原作を読むと、岬の分校のことはあまり出てこなくて、戦時中、戦後の出来事がかなりの部分をしめていたかと思う。

思うこととしては、やはりこの作品は名作であるということ。そう思うには、主に二つの理由がある。

第一には、岬の分校の先生という設定。

学校、教師、ということを題材にしては、多くのドラマなどが作られてきているが、その中でも「二十四の瞳」は、一番有名な作品の一つであろう。岬の分校の小学生の十二人、それを教えることになる新米の女性の先生、そこでの子どもたちとの交流が、これはうったえるものがある。まずは、この設定の巧みさということがあるだろう。

そして、その子どもたちを、二代になって教えることになる先生。その間に、戦争があり、時代が変わっていく。この時代の流れを、このドラマは、見事に描くことに成功している。

第二には、二十四の瞳は平等ではないこと。

子どもの世界にも、世の中の理不尽は影を落としている。なかでも印象的なのは、修学旅行の場面だろう。まず、修学旅行といっても、すべての子どもが参加できるわけではない。経済的な理由などにより、参加できない子どもがいる。

そして、行き先の琴平で、奉公に出た子どもと再会することになるシーン。

ただ、原作に沿ってドラマを作ってあるということもあるのだろうが、家が落ちぶれる、困窮するということはあっても、女性の身売りということまでは出てきていない。しかし、これも、この時代を想像するならば、女性の奉公先がどんなところであってもおかしくはない。

以上の二つのことを思って見る。

「二十四の瞳」は、たぶんこれからもドラマ化されることがあるだろうと思う。この作品が描いた時代というもの、あるいは、教師と子どもとの関係、これらはある種の普遍的な問いかけになって、それぞれの時代において考えるべきところがあるように思う。

2022年8月9日記

『ガラスの鍵』ハメット/池田真紀子(訳)2022-08-12

2022年8月12日 當山日出夫

ガラスの鍵

ハメット.池田真紀子(訳).『ガラスの鍵』(光文社古典新訳文庫).光文社.2010
https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334752101

ハードボイルドを読んでいる、というよりも、光文社古典新訳文庫で池田真紀子の訳で出ているので読んでみようかと思った。

解説を書いているのは、諏訪部浩一。これがよく書けている。なるほど、アメリカにおけるハードボイルドの成立とは、このようなものなのかといろいろうなづくところがある。

だが、今一つよくわからない、あるいは、私がハードボイルドについて思うことがいくつかある。

ハードボイルドの作品は、アメリカで、パルプマガジンに発表された。読み捨ての娯楽雑誌である。その発表の当時から、(アメリカでこのような言い方をしているのかどうか知らないが)「文学」……日本で言えば純文学……とは遠いところに成立している。また、どのような媒体に書かれたかということと、その作品の文学的価値は関係ないと言ってしまえばそれまでである。しかし、文学とメディアということを考えるならば、パルプマガジンに発表された小説ということは、憶えておいてもいいことなであろう。

読み捨ての娯楽雑誌というようなメディアに発表されたとはいえ、決して分かりやすい作品ではない。とにかく、心理描写がほとんどない。

一九世紀の文学、例えば、『居酒屋』(ゾラ)、『谷間の百合』(バルザック).『アンナ・カレーニナ』(トルストイ)……などのような作品を考えると、文学の歴史のなかで、神の視点からの登場人物の心理描写、これこそ、今日的な文学の手法である。だが、ハードボイルドは、これを拒否している。いや、二〇世紀文学のながれが、大きくみれば、このような方向……神の視点から心理描写……から離れるということなのかもしれない。

何故、パルプマガジンに発表の娯楽作品で、このような分かりにくい記述のスタイルが好まれるということになったのだろうか。(このあたり、もう深く考えみようという気にはなれないでいる。ただ、そのように思うだけである。楽しみの読書である。このような読み方もあっていいだろう。)

このようなことを思ってみる。ともあれ、ハメットに始まるような、ハードボイルドの流れが、現代の文学のあり方に大きく影響を与えていることは確かなことだろう。

2022年6月18日記

「アイドル」2022-08-13

2022年8月13日 當山日出夫

アイドル
https://www.nhk.jp/p/ts/98L13QPNKX/

明日待子という名前は知っていた。いったいいつごろどうして憶えたのかは、さっぱり印象に残っていない。往年の女優ということで憶えていたかと思う。

見て思ったこととしては、昭和の戦前、戦中の、舞台……ムーラン・ルージュ……とは、こんなものだったのかという印象がある。このあたりは、きちんとした時代考証をふまえたうえで、現代風にアレンジした舞台になっていたのかと思うが。

このドラマの見せどころの一つは、劇中劇、舞台にあると言っていいだろう。

それから、元祖アイドルということで、明日待子をとりあげたことになるが、これは、まさに現代に通じるアイドル論になっているともいえよう。スターではなく、ファンにとって等身大のアイドルである。(このあたりのアイドル論は、現代ではどうなのだろうかという気もしないではないのだが。)

ところで、このドラマの脚本は、八津弘幸。朝ドラ「おちょやん」を書いていた。「おちょやん」でもそうであったと思うのだが、この脚本は見るものの想像力にうったえるところが多い。東京にやってくる前の明日待子がどんな生活をしていたのか、東京でのムーラン・ルージュでの舞台でのアイドル以外の生活はどんなふうだったのか、そして、戦争が終わって彼女はどうやって生きていくことになるのか……これらは、すべて、想像にまかされている。

明日待子を演じていたのが、古川琴音。これが実にうまい。スターとしての上手な歌と踊りではなく、アイドルとしての舞台を見事に演じていたと思う。女優にとっても、アイドルというような役柄で、こんなふうな芝居が出来るチャンスというものは、そう多くはないだろう。

2022年8月12日記

『ちむどんどん』あれこれ「しあわせのアンダンスー」2022-08-14

2022年8月14日 當山日出夫

『ちむどんどん』第18週「しあわせのアンダンスー」
https://www.nhk.or.jp/chimudondon/story/week_18.html

前回は、
やまもも書斎記 2022年8月7日
『ちむどんどん』あれこれ「あのとき食べたラフテーの」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/08/07/9515639

この週で、暢子と和彦は結婚することになった。

最初、二人の結婚に反対していた母であったが、どうやら納得したようだ。そのきっかけになったのが、フォンターナでの料理。戦後の闇市のときのころを思い出して作った料理である。

まあ、確かに、その時代を生きてきた人間にとっては、思い出の味ということになるのかもしれないが、しかし、だからといって、その時代が幸せな時代であったと回想するのは、どうだろうか。街には、戦災孤児もいれば、街娼もいた時代である。青柳の家は、裕福であったということなのだろうか。

それから、結婚式はどうしたのだろうか。フォンターナでは披露宴ということであるとしても、それに先だって、両家の親族が集まって挙式ということがあっただろうと思うが、そこは省略されていた。これも、現代ならば、披露宴でまとめてという形式はありかもしれないが、ドラマの時代では、式は式として別に執り行ったはずであろうが、どうだろうか。

ともあれ、暢子は、沖縄料理の店をはじめることにした。これは、このドラマの既定路線であるから、これが特に意外な展開とも思わない。いや、ここは、既定路線に沿って話しが進行するように、ドラマが作ってあるとみるべきなのかもしれない。

さて、次週は、結婚してからの生活が描かれることになるらしい。沖縄料理の店がどうなるのか、楽しみに見ることにしよう。

2022年8月13日記

追記 2022年8月21日
この続きは、
やまもも書斎記 2022年8月21日
『ちむどんどん』あれこれ「愛と旅立ちのモーウイ」
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/08/21/9519415

世界サブカルチャー史 欲望の系譜 「フランス 興亡の60s」2022-08-15

2022年8月15日 當山日出夫

世界サブカルチャー史 欲望の系譜 「フランス 興亡の60s」

この回は、フランスのこと。一九六〇年代のこと。ヌーベルヴァーグから、五月革命まで。前回まで、このシリーズはアメリカのことが中心であったことを思えば、フランスのことを中心に描いたこの回は、非常に見応えがあるものだったといえようか。

一九五五年(昭和三〇)生まれの私としては、かろうじて記憶にある範囲のことと言っていいだろう。

ゴダールも、トリュフォーも、若い時、学生のころにいくつかの作品を見たかと憶えている。そういえば、大学生になって一年目の教養のとき、フランス語の先生が、「君たちは、トリュフォーの映画も見ないのね」と言ったのが記憶にある。ちょうどその当時は、「ぴあ」が創刊されたころだった。探して、トリュフォーの映画を見に行ったのを憶えている。(ただ、そのタイトルまでは憶えていない。)

「サブカルチャー」ということであったので、サルトルやボーボワールについては軽く触れられるだけだったのだが、五月革命にいたる道筋としては、この時代の背景としては、もう少し踏み込んであったもよかったかもしれない。

ただ、五月革命のことは、そんなに記憶に残っていない。これが、フランス文学など勉強する学生であったならば、かなり注目することになったかと思うのだが、残念ながら、さほど気にすることなく学生時代をすごすことになった。だが、その後、折に触れて、フランスの五月革命のことは、目にすることがあった。

六〇年代、この時代は、アメリカともまた日本とも連動する、世界の動きがあったことになる。この番組は、日本のことを取り上げない方針のようだが(ちょっとだけ、日本の学生運動のことが出てきていたが)、全世界的な大きな動きを感じるところがある。

「世界サブカルチャー史」を見てきて思うこととしては、次の二つぐらいがあるだろうか。

第一には、カウンターカルチャーのこと。六〇年代、七〇年代の、サブカルチャーは、カウンターカルチャーとして見ることができる。それが、資本主義の潮流のなかに飲み込まれていってしまうのが、その後の歴史ということになるだろうか。

第二には、世界的な視点で見ること。アメリカのこと、フランスのことを描きながらも、その流れとしては、世界の特に若者の動きと連動していることである。この意味では、日本の六〇年代以降の学生運動の歴史も、改めて考えるべきところがかなりあるように思える。

以上の二つのことを、最後に思うことになる。

ふと気づいて見始めたシリーズであるのだが、全体としては、非常によくできた番組になっていたと思う。その年代を、あるカラーに染めて見ることは、単純化しすぎてしまう懸念もあるが、総合して見れば、第二次大戦後の世界の文化の歴史のある側面を描くことになっていただろう。

2022年8月14日記

『鎌倉殿の13人』あれこれ「諦めの悪い男」2022-08-16

2022年8月16日 當山日出夫

『鎌倉殿の13人』第31回「諦めの悪い男」
https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/31.html

前回は、
やまもも書斎記 2022年8月9日
『鎌倉殿の13人』あれこれ「全成の確率」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/08/09/9516214

この回は、比企のことであった。

歴史の結果として、北条氏との抗争に比企氏が敗れることになるのは分かっていることであるが、それを歴史ドラマとしてどう描くかは、脚本の巧さというものである。

注目しておきたいのは、次の二点。

第一には、頼家の病気。

病に倒れた頼家であったが、登場していたのは、始めと終わり。もうこれで助からないのかと思わせる展開のなかで、次の鎌倉殿をどうするか、思惑が交錯する。

第二には、次の鎌倉殿。

このあたりは、史実をふまえてのことだろうと思うが、北条と比企の抗争の背景にあるのは、頼家の次の鎌倉殿を誰にするか。これで、実質的な鎌倉幕府の権力者が決まることになる。(歴史の結果としては、北条氏が握ることになるのだが。9

以上の二つの要素をたくみにからめて、比企一族の粛正ということが描かれた回であった。

そして、うまいと思わせるのが、この次の事件となるはずの、実朝暗殺事件の伏線をたくみに描いていたことかもしれない。

また、比企能員が実によかった。こいつなら殺されてもいいだろう、しかし、どこか愛嬌のあるような、また、同時にふてぶてしい様子が見事であった。

それにしても、義時はいつのまにか権力者の顔になっている。鎌倉において北条氏の権力を確立することが、義時にとっての生きる道である。この権力者の義時は、頼家から実朝の時代をどう生きることになるのだろうか。次回以降を楽しみに見ることにしよう。

2022年8月15日記

追記 2022年8月23日
この続きは、
やまもも書斎記 2022年8月23日
『鎌倉殿13人』あれこれ「災いの種」
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/08/23/9519963

夕化粧2022-08-17

2022年8月17日 當山日出夫

水曜日は写真の日。今日は、夕化粧である。

前回は、
やまもも書斎記 2022年8月10日
クローバー
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/08/10/9516508

我が家の駐車場の空き地とか、ちょっと歩いたあたりの道辺に咲いている花である。花の時期はかなり長い。春になると咲きはじめて、夏になっても咲いている。以前、図鑑で調べようとしたとき、季節の分類で、春の花なのか夏の花なのか分からなくて、困ったことがある。

夕化粧という名前であるが、夕方に咲くということはない。昼間明るくなれば花が開いているのを見ることができる。

相変わらず暑い。カメラを持って散歩という気にはなれないでいる。朝一番に外に出て、露草の花を時々写真に撮っているぐらいである。百日紅の花も、もう終わりかけである。桔梗の花も少なくなった。万両の木に花が咲いていたものが、見ると青い実をつけている。南天にも青い実が見える。

夕化粧

夕化粧

夕化粧

夕化粧

Nikon D500
SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

2022年8月16日記

追記 2022年8月24日
この続きは、
やまもも書斎記 2022年8月24日
紫蘭
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/08/24/9520248

『スタッフロール』深緑野分2022-08-18

2022年8月18日 當山日出夫

スタッフロール

深緑野分.『スタッフロール』.文藝春秋.2022
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163915180

深緑野分は、これまでに、『戦場のコックたち』『ベルリンは晴れているか』を読んだ。

やまもも書斎記 2022年5月13日
『戦場のコックたち』深緑野分/創元推理文庫
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/05/13/9490075

やまもも書斎記 2022年4月15日
『ベルリンは晴れているか』深緑野分/ちくま文庫

このせいもあって、深緑野分というとミステリ作家というイメージが強いのだが、この作品はミステリというジャンルには入らない。映画の特殊撮影の話しである。

今度の直木賞候補作ということもあるが、読んでおくことにした。(追記、結局、この作品は受賞を逃したのだが。)

これは傑作である。いろいろ思うことはあるが、二つぐらい書いておく。

第一に、映画の小説として。

第二次大戦後から現代までの映画の物語である。それも、特殊撮影の技法についてのこと。まさに、全編これ映画小説と言ってもいいだろう。『2001年宇宙の旅』『エイリアン』『スターウォーズ』など多くの作品も登場する。

ただ、私は、このところ映画をほとんど見ない。見るといっても昔の映画をテレビで放送するのをたまに見るぐらいである。映画館は、もう何年も、いや何十年にもなるかもしれない、行っていない。でも、若いころは、よく映画には行ったものである。

特殊効果撮影というテクニカルなことにかかわる人びとの話であるが、しかし、全体としてとにかく映画というものの魅力に溢れている。まず、このことが強く印象に残る。もし、映画小説というジャンルを考えてみるならば、これからこの作品がまず思い浮かぶことだろう。

第二に、クリエイタということ。

映画の特殊撮影にかかわる人びとの話であるが、これもクリエイタである。ものを作る仕事である。このものを創造していく、作っていくということの、喜びと悩みをこの作品はあますところなく描いている。

これは、映画に限らない。どの分野、ジャンルについて言えることである。ものを作ることの喜びと悩みを描いた作品として、これは普遍的なところを描ききっている。ただの映画の技術の問題にとどまっていない。

以上の二つのことをとりあえず思ってみる。

ところで、この作品は、直木賞候補ということになっている。(予想としては、たぶん、受賞になるだろうと思うが。追記、この予想は外れたことになる。)

著者の深緑野分という名前は、直木賞の歴史のなかに名を刻むことになるだろう。まさに、映画のスタッフロールに名前が出るようなものである。ものを作る……それが、映画であれ、小説であれ……それにかかわった人間として名前が残ることは、確かに大きな喜びといっていいだろう。(そうではなく、そんなことはどうでもいいという価値観もあるかもしれないが。)

また、SF映画のみならず、普通の映画でも、特殊撮影やCG、これは本当のことなのだろうか。素朴なリアリズムの感覚からすると、嘘になる。しかし、映画としては、そこに表現がある。表現があって、そこに使われる映像であるならば、どのような嘘は許容されることになるのか。この問いかけもある。

この作品は、この「虚」の世界に価値を見出す観点で書かれている。だが、その一方で、素朴なリアリズムの感覚も、映像を見るときには必要なものであるとも、私は強く思うところがある。素朴なリアリズムの感覚に訴えるところがあってこその、CGとしての虚の表現があるのだろう。表現における虚実の問題について、この作品は、いろいろと考えるところのある小説である。

2022年6月21日記

『鼻/外套/査察官』ゴーゴリ/浦雅春(訳)/光文社古典新訳文庫2022-08-19

2022年8月19日 當山日出夫

鼻

ゴーゴリ.浦雅春(訳).『鼻/外套/査察官』(光文社古典新訳文庫).光文社.2006
https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334751166

ゴーゴリの作品、若いとき、中学生か高校生のころに手にしたことああるように思うのだが、もう忘れてしまっている。なんとなく、ロシア文学を読みたいと思って、光文社古典新訳文庫のいくつかを読んでいる。

面白い。言ってみれば、落語的荒唐無稽リアリズム小説とでも言うことができるだろうか。ただ、ゴーゴリが、このような小説を書くにいたった背景としては、その当時のロシア文学をとりまく、込み入った事情があったらしい。このことは、この文庫本の解説(浦雅春)に詳しい。

だが、今日の読者としては、この作品は楽しんで読めばいいと思う。そして、読んで楽しい作品である。

「鼻」のなんとも荒唐無稽なことか。また「外套」も面白い。(ただ、これは、どうしても、芥川龍之介など思って読んでしまうのだが。)「査察官」も、世の中の人間なんてこんなものかと思って読んでしまうことになる。

どの作品も読んで面白いのだが、そこに、どことなく当時の世相の批判、権力批判というようなものを感じ取ってしまう。これは、作者の意図したことではなかったようなのだが、文学作品の受容という観点からは、そう思って読んでもいいことなのかとも思う。

それから、翻訳の問題としては、落語的に訳してある。あたかも落語の筆記本を読むような雰囲気である。これは意図的にそうしたものであるし、ゴーゴリの作品は、これまでもそのように訳されてきた経緯もあるようだ。

日本語学として考えるならば、現代では、翻訳論、あるいは、役割語というような観点から分析することが可能になるだろう。が、もう特にそのようなことは気にしないでおく。ただ、読んで面白ければいいと思って楽しんで読んでおくことにしたい。

2022年6月22日記

『箱男』安部公房/新潮文庫2022-08-20

2022年8月20日 當山日出夫

箱男

安部公房.『箱男』(新潮文庫).新潮社.1982(2005.改版)
https://www.shinchosha.co.jp/book/112116/

安部公房の代表作の一つということで読んでみた。安部公房は、若いころから名前は知っていたし、読むべき作家として考えてはいたのだが、なんとなくその作品に手を出すことなく過ぎてしまってきた。その死のときのことは、はっきり憶えていない。

『箱男』であるが、読んで感じることはいくつかある。二つばかり書いてみる。

第一に、「箱男」という設定。

冒頭で、上野の「浮浪者」のことに言及がある。今で言えばホームレスである。この小説の書かれた時代、まだ「ホームレス」ということばは定着したものではなかった。これは、この作品の本質とはあまり関係ないことかもしれないが、このあたりに時代の流れを感じてしまう。今では、とても、ホームレスの人びとを、この作品のような観点から取り上げることはできないだろう。

ちなみに、現代の文学で、ホームレスを見事に描いた作品というと、柳美里の『JR上野駅公園口』がある。この作品のことを思ってみると、安部公房が『箱男』を書いた時からの、時代の流れを感じる。

第二に、「箱」。

おそらく一般的に理解するならば、「箱」はあの世、異界と、この世界を行き来する乗り物であり、入り口でもある。「箱男」という設定そのものが、もはや、この世のものではないということなのかもしれない。ただ、これは、あまりに通俗的な理解であるかとも思うが。

まずは、以上の二つのことが、読み始めて感じたところである。

読んでいくと、めくるめく物語のシーンは展開する。この小説はいったい何なんだ、という気になってくる。一貫したストーリーの展開で読ませる小説ではない。言ってみれば、かなり実験的な、あるいは、前衛的な構造になっている。

そのなかで特に印象に残るのは、「見る」ということ。「見る」「見られる」という関係この小説では深く描いている。あるいは、この小説全体を通じて何かテーマのようなものを探すとすると「見る」ということであるようにも思われる。

無論、現代社会における孤独、疎外、絶望といったことも感じる。

はっきり言ってよくわからない作品でありながら、思わずに読みふけってしまうところがある。読みながら自分自身の存在の基盤が深く問いかけられる、揺さぶられるよう印象がある。こういうのを文学というのであろう。

まだ、今の時代は、『箱男』を十全に理解することのできない段階にあると言うべきだろう。それほどに『箱男』は先駆的な作品である。

2022年6月23日記