ザ・バックヤード「国立映画アーカイブ」2022-09-17

2022年9月17日 當山日出夫

ザ・バックヤード 国立映画アーカイブ

若いころ、もう半世紀近く以前のことになるが、東京での学生のとき、京橋のフィルムセンターにはかなり通ったことがある。ちょうどその当時、「ぴあ」が刊行されはじめたころであった。見て、フィルムセンターの存在を知った。(その「ぴあ」も今ではもうない。)

そのころ、フィルムセンターの存在自体がそれほど知られてはいなかった。行っても、たいていガラガラであった。通って、チャップリンの初期の無声映画とか、往年の仏蘭西映画の名作とか見たものである。「天井桟敷の人々」を見たのも憶えている。

どうでもいいことかもしれないのだが、京橋から銀座の方に歩くときの夜景が美しかった。映画を見ての帰りは、夜景を見ながら銀座まで歩いたものであった。

ここで火災があったのを知ったのは、東京をはなれてかなりたったころだったろうか。

今の国立映画アーカイブになってからは、行ったことがない。その存在は知っていたが。いや、もう映画自体を見なくなってしまったと言った方がよい。(そういえば、神保町の岩波ホールも閉館してしまった。)

興味深かったのは、修復の作業。文化財の修復は、あくまでも仮のものである。将来、より高度な修復技術が登場したときには、それに対応してさらに再修復するために、今の修復は仮のものとして行っておく。この考え方は、文化財について、非常に重要な観点になる。

2022年9月15日記

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/09/17/9526547/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。