『鎌倉殿の13人』あれこれ「穏やかな一日」2022-10-18

2022年10月18日 當山日出夫

『鎌倉殿の13人』第39回「穏やかな一日」
https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/39.html

前回は、
やまもも書斎記 2022年10月3日
『鎌倉殿の13人』あれこれ「時を継ぐ者」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/10/04/9530701

義時は、権力者になっていく。それは、あるいは、板東武者の頂点にたつということとは、ちょっと意味が違うかもしれない。板東武者、御家人をたばねる共同体的な存在としての北条では、もはやなくなっている。そこにあるのは、「鎌倉殿」であり、「執権」である。政治の権力の中枢に位置するものになっている。

この回で描いていたのは、鎌倉での普通の日々。タイトルは「穏やかな」とあるが、決して穏やかなものではないことが、見ていて実感される。実朝、義時の、ある意味で確執といってよいことから、御家人の間にある反北条の感情のわだかまり、このあたりが、一見穏やかな日々の影にうごめいていることになる。

最後に、公曉が登場していた。読み方は、「こうぎょう」とあったのは、最近の歴史学の考えかたに依拠したものであろう。(私が、昔読んだ本、学校の歴史の授業で習ったときは、「くぎょう」で憶えていたものである。)

歴史の結果として、源氏は実朝で途絶えることになるのだが、あるいは、事件が起こらなくても、源氏は三代で終わることになったのかもしれない。実朝は、どうやら、女生と関係をもつことができないようだ。といって、今更、実朝に変わって新しい鎌倉殿というわけにもいかないだろう。

権力の中心は北条にある。権力を掌握した北条のトップに位置する義時は、いわば悪人である。決して善意だけでは、権力を維持することができないことを、このドラマは、静かに描いていると思う。

さて、次週以降はどうなるだろうか。実朝をめぐる悲劇へと進んでいくことになる。楽しみに見ることにしよう。

2022年10月17日記

追記 2022年10月25日
この続きは、
やまもも書斎記 2022年10月25日
『鎌倉殿の13人』あれこれ「罠と罠」
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/10/25/9535725

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/10/18/9534132/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。