英雄たちの選択「帰ってきた探偵 〜江戸川乱歩 ミステリー復活の闘い〜」2023-11-17

2023年11月17日 當山日出夫

英雄たちの選択 帰ってきた探偵 〜江戸川乱歩 ミステリー復活の闘い〜

この回はなかなかよくできていたと思う。すぐれた江戸川乱歩論であり、探偵小説論であり、読者論につながっていく内容であった。

まず番組のなかで指摘されていたのが、乱歩の時代の作品の読者は、どのような社会階層の人びとであったのか、ということ。大衆小説というが、その読者には、ある一程度以上のリテラシが求められる。具体的にいえば、ある程度以上の学歴が必要になる。では、乱歩を読んだ昭和戦前の読者は、どんな人びとであったのか。これは、アッパーミドルというべき人びとであったろう。

この番組では、一貫して「探偵小説」と言っていた。これは正しい。今日、場合によっては「推理小説」の用語が使われることもあるが、これは戦後になってからのことになるだろう。乱歩が書いたのは、探偵小説である。そして、この探偵小説というジャンルにおいて、何を書いていたのか。これは、狭義の推理小説ではとらえることができない幅広いものになる。「芋虫」は、今の時代、推理小説とは言えないだろう。

戦後、探偵小説復活の時代にあって、乱歩は、新たな作品を書かなかった。これは、探偵小説の読者として、どのような人びとを想定するかということとつながってくる。昭和の戦前から戦後へと時代の変化のなかにあって、読者の嗜好が移ろいやすいものであることを、乱歩は感じとっていたのだろう。

一方、少年探偵団のシリーズを書く。私も子どものころにいくつか読んだかと思う。それよりも記憶に残っているのは、テレビドラマの少年探偵団である。その主題歌は、私と同世代の人ならたぶん、憶えているはずである。ちなみに、浅田次郎は、エッセイ集のタイトルに使っている。「勇気凜凜ルリの色」。

乱歩が見出した作家として名前があがっていたのが、横溝正史、松本清張、山田風太郎、星新一、筒井康隆。それから、仁木悦子だった。仁木悦子は、今ではあまり読まれないかもしれないが、日本における探偵小説の歴史を語る上では、重要な作家である。

分かりやすい平易な文章、多様な価値観をふくんだエンタメ、これを失ってはならないと強く思う。

2023年11月16日記

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2023/11/17/9634958/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。