映像の世紀バタフライエフェクト「イギリス王室の百年」2023-11-25

2023年11月25日 當山日出夫

映像の世紀バタフライエフェクト イギリス王室の百年 大英帝国の栄光と贖罪

英国王のことは、これまでの「映像の世紀」シリーズで幾度か出てきている。だが、英国王室にかぎって特集したというのは、これが初めてということになるかと思う。

ビクトリア女王については、名前を知っているという程度の認識であった。多くの子どもや孫がいて、ヨーロッパの多くの国と関係を持つことになる。その子どもや孫たちが戦ったのが、第一次世界大戦であったというのは、これは一つの歴史の見方であるといえる。

そのビクトリア女王の鮮明な映像記録はあまりないらしい。

演出の中でちょっと気になったのは、幼いエリザベスとマーガレットの会話。ここは日本語に訳してあったが、いわゆる女性言葉で話していた。あまりNHKは、女性言葉、男性言葉を使わないと思っているのだが、ここでは使っていた。

ダイアナ(皇太子妃)の結婚式のことは記憶にある。そのころ、ラジオのFM放送を聞いていて、その日に流れてきた曲が「いつか王子さまが」だったのを憶えている。

また、その死去のニュースのとき、たまたまテレビを見ていて、速報されたことも記憶にある。

私がものごころついてから、英国はエリザベス女王の国であった。その女王の崩御(と言っていいだろう)のことは、記憶に新しい。ちょうど、日本では、安倍元首相の国葬が賛否両論あるなかで強行されたときでもあったので、国葬とはこういうものかと、感慨深くテレビの報道などを見ていたものである。

この回ではあまり踏み込んではいなかったが、大英帝国の植民地支配の実態がどうであったかは興味のあるところである。強いて言うならば、日本の朝鮮や台湾などにおける植民地政策との比較が、どのようなものなのか。(おそらく専門の研究者の間では論じられていることだろうと思うが。)

ジョージ五世のインドでの戴冠式のとき、カラーフィルムで記録が残っていることは貴重なものであろう。

2023年11月22日記

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2023/11/25/9637199/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。