業界怪談「リフォーム業界編」「コレクター業界編」2023-12-01

2023年12月1日 當山日出夫

業界怪談 リフォーム業界編 コレクター業界編

録画してあったものであるが、二つづつ見ていくことにした。

リフォーム業界編で思うのは、霊というものは、その土地や建物に住みつくものであるという考え方かと思う。民俗学的には、その土地に出る幽霊、お化けとして考えることになるのだろうと思う。

興味深いのは、仏壇に対する感覚。これは時代とともに変わっていくものだと思う。今では、仏壇のない家も多くある。が、そもそも仏壇とは、そんなに昔から一般家庭にあったものではない。だが、それが生活のなかに定着していくと、そこに何かしら霊を感じるように、人びとの意識が変わっていくことになる。

コレクター業界編では、人形とコインの話し。人形については、やはり何かしら霊がやどるという考え方がひろくあるようだ。それにしても、面白いのは、そのような因縁のあると分かっている人形を集めるという、コレクターの心理である。

たぶん人形コレクターのなかには、不思議な体験をした人がかなりいるのではないかと思う。

2023年11月30日記

ザ・バックヤード「アクアワールド茨城県大洗水族館」2023-12-01

2023年12月1日 當山日出夫

ザ・バックヤード アクアワールド茨城県大洗水族館

この水族館の名前は知っていたが、サメに特化した施設であるということは知らなかった。

サメの飼育は大変である。個体識別して、どの個体がどれだけエサを食べたか記録する。

また、その繁殖が興味深い。単為生殖。メスだけから卵が生まれる。これもサメが四億年の年月を生きのびてきたことの一つの理由なのかもしれない。また、胎生で生まれるということは知らなかった。そして、それが微妙な水温の管理が重要であるということ。それを確認するために、野生で生息している海の環境を調べる。なるほど、このような地道な活動があって、サメの飼育、繁殖につながるのかと興味深かった。

また、漁師の船に一緒に乗って、沖の定置網にかかった魚を調査し、サメがかかっているならば保護するというのも、重要な仕事といえる。

サメの多くが絶滅危惧種になっていることも重要かもしれない。地球環境の変化がサメの生態にも影響を与えている。

2023年11月30日記

サイエンスZERO「90%が行方不明!? 海洋プラスチック汚染 最新報告」2023-12-01

2023年12月1日 當山日出夫

サイエンスZERO 90%が行方不明!? 海洋プラスチック汚染 最新報告

JAMSTEC(海洋研究開発機構)の研究である。

海洋プラスチックの問題は知識としては知っていたが、その九〇パーセントが行方不明であるということは知らなかった。また、日本の近辺の深海が、プラスチックごみの集まる場所になっている可能性が高いとのことである。

地球環境問題は、いろんな角度から考える必要があるが、まずは実際にどのような現状であるか、知ることが重要になる。四国沖の深海の海底にしずんでいるプラスチックごみの映像は、確かに衝撃的である。

この番組の趣旨からははずれるかもしれないが、この調査を行った海洋研究開発機構は、これからも無事に研究機関として存続していくことができるのだろうか。こういうところにこそ、学術研究の費用をかけるべきだと思う。

2023年11月27日記