ザ・バックヤード「アクアワールド茨城県大洗水族館」2023-12-01

2023年12月1日 當山日出夫

ザ・バックヤード アクアワールド茨城県大洗水族館

この水族館の名前は知っていたが、サメに特化した施設であるということは知らなかった。

サメの飼育は大変である。個体識別して、どの個体がどれだけエサを食べたか記録する。

また、その繁殖が興味深い。単為生殖。メスだけから卵が生まれる。これもサメが四億年の年月を生きのびてきたことの一つの理由なのかもしれない。また、胎生で生まれるということは知らなかった。そして、それが微妙な水温の管理が重要であるということ。それを確認するために、野生で生息している海の環境を調べる。なるほど、このような地道な活動があって、サメの飼育、繁殖につながるのかと興味深かった。

また、漁師の船に一緒に乗って、沖の定置網にかかった魚を調査し、サメがかかっているならば保護するというのも、重要な仕事といえる。

サメの多くが絶滅危惧種になっていることも重要かもしれない。地球環境の変化がサメの生態にも影響を与えている。

2023年11月30日記

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2023/12/01/9638893/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。