100分de名著「“古今和歌集” (4)女の歌は「強くない」のか?」2023-12-02

2023年12月2日 當山日出夫

100分de名著 “古今和歌集” (4)女の歌は「強くない」のか?

四回目は女性の歌を取りあげていた。これはこれで一つの方針、見識だと思う。『古今和歌集』というと、どうしても紀貫之を取りあげたくなるかと思うが、そうではなく、六歌仙のなかの小野小町であった。

平安時代、『古今和歌集』が編纂された時代の、王朝貴族の女性とはどんな存在であったか、これは、いろいろと興味深いところがあると思う。が、この番組では、そのような論点には踏み込まず、常識的な見解でとらえていた。いわゆる通い婚の時代である。

『古今和歌集』の歌を読むとき、あくまでもその時代の文脈に即して読むということもできる。文学研究としては、このような読み方をすることが多いだろう。そうではなく、現代の我々が読んで、一〇〇〇年以上の時を経て、なおかつ共感できるものがあるとしたら、それは何なのか、という方向で読んでいた。これは、「100分de名著」という番組の趣旨からすれば、このような方向性になるべきだとは思う。そして、『古今和歌集』は、そのような読み方が出来る作品である。あるいは、逆に『古今和歌集』を読み継いできた歴史が日本文学のなかに流れているから、現代の目でも読むことか可能だとも言えようか。

ところで、無粋なことを書いておくが、小野小町の時代に、十二単(女房装束)はまだ成立していない、というのが常識的な見解かと思っている。もうちょっと時代が下って、『源氏物語』の時代なら、女性の服装として問題はない。だが、ここでは、平安時代の貴族の女性=十二単、ということで作ってあった。

2023年11月28日記

英雄たちの選択「家康の終活〜徳川の天下を決めた最後の決断〜」2023-12-02

2023年12月2日 當山日出夫

英雄たちの選択 「家康の終活〜徳川の天下を決めた最後の決断〜」

再放送である。最初の放送は、二〇二〇年。『どうする家康』が、もう終盤になってきたので、それに合わせての放送だろう。

メインにあつかっていたのは、家康の息子の忠輝のこと。伊達政宗と結託して謀反を起こすのではないかという懸念にどう対処したか、という話し。歴史的なこととしては、すでに知られていることだろうと思う。このあたりの事情は、歴史学の専門ではないので、そう思うだけであるが。

それよりも興味深いのは、江戸時代になって全国的な法治国家をどう作っていったかというあたりである。武家諸法度などの一連の法整備は、大阪の陣が終わって家康が死ぬまでに行われている。このとき、日本にいる人びと……この場合は武士を中心に考えることになろうが……が、法というものに対してどのような感覚を持っていたのか。

また、そのように戦乱の無い平和な時代が続くように設計した徳川の時代が、二〇〇年以上たつと、どういう経過が崩壊することになったのか。設計ミスであったのか、時代の流れであったのか……まあ、このあたりは、人によって考え方の分かれるところかなとは思うが。

最後のところの議論、人物の出自や血筋を優先するのか、あるいは、実力主義で評価するのか、歴史の問題としては興味深い論点なのだが、今の時流としては、実力主義の方に傾くかと思う。この番組が二〇二〇年のものであることを考えると、ここ数年で、大きく潮流は変わってきていると感じるところがある。

2023年11月30日記