『虎に翼』「女子と小人は養い難し?」2024-06-16

2024年6月16日 當山日出夫

『虎に翼』第11週「女子と小人は養い難し?」

たまたまのことになるが、『虎に翼』と同時に再放送が始まった過去の朝ドラとして、朝は『オードリー』があり、昼は『ちゅらさん』がある。全部見ているので、どうしても比較して見てしまうところがある。

『ちゅらさん』で、金曜日の放送だったが、一風館の住人の島田さんが病気で倒れてそれを恵里が面倒を見ているとき、島田さんが、あのままオペラを聴きながら死んでしまいたかった、と言った。それに対して恵里は、そんなことはないと反発する。それを聞いていた管理人さんのみづえが、このようなことを言っていた……正しくはないかもしれないけれど、なんとなく分かる気がする、と。

もう私も老人になってしまって、ドラマのなかの島田さんやみづえさんよりも年が上になってしまった(と思う)。そのせいもあるのだが、正しくはないかもしれないが、なんとなく分かる気がする、ということが、実感されるようになってきている。

これは、『虎に翼』で描いていることとは、相容れない考え方である。『虎に翼』では、法の正しさ、それに従うことの意味、法は何のためにあるのか、というようなことが語られる。このような議論は、それはそれとしてきわめて重要であることは理解できる。さらには、法哲学というような分野のことも考えなければならない。

しかし、実際の人間の暮らしのなかにおいては、法的な、あるいは、道徳的な正しさはそうかもしれないが、かならずしも自分の実感としてはそうは感じられないという部分があることは確かである。生きていくうえでの生活感覚とでもいうことができるだろうか。

『虎に翼』というドラマが、一部のファンには好評、いや絶賛されている一方で、それに同調しない人たちもいる。私の見るところ、いずれもドラマのなかで描かれる「正しさ」の主張と、その表現のあり方について、賛同したり、逆に、違和感を感じたりということであるようだ。

正しい、正しくない……その正しさも一つとはかぎらないが……ということと次元を異にして、人びとの生活感覚を描いている部分というと、母親のはると義理の姉になる花江の二人ということになるだろうか。そして、『虎に翼』を絶賛する人たちも、あるいは批判的に見る人たちも、はると花江のことには、あまり関心がないようである。

ところで、ドラマでは、いよいよ家庭裁判所の設立ということになった。寅子は、そこの裁判官になるはずである。

これからドラマのなかで出てくる家庭裁判所は、法の正義をつらぬくというところなのだろうか、ということが気になるところである。家庭の問題にしても、少年事件にしても、法的にはこうなることなのだが、その当事者たちの境遇や心情をおもんぱかってみるならば、必ずしも法にしたがうだけでは解決できないという部分が多いように思うのだが、どうだろうか。

この週で描いていたこととしては、花岡のこととか、轟のこととか、崔香淑のこととか、多岐川のこととか、いろいろあるし、思うところは多々あるのだが、まず何よりも、正しさと人間の情というものをこれからこのドラマはどう描いていくことになるのか、このことが気になっている。たとえ、法は人をしあわせにするためにあるのだと確信しているとしても、その解釈や運用において最後は人の判断によることになるはずである。

2024年6月15日記

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2024/06/16/9693366/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。