「夢は、交通事故ゼロ〜自動ブレーキへの挑戦〜」2024-06-26

2024年6月26日 當山日出夫

新プロジェクトX 夢は、交通事故ゼロ〜自動ブレーキへの挑戦〜

今、私の乗っている自動車にも自動ブレーキは搭載されているが、作動したことはない。だが、無駄な装備だと思うことはない。安全のために必要なものだと思っている。(そういえば、かつてはABSもオプション設定だった。)

この番組は、旧作をふくめてそうなのだが、企業内における上司と部下ということに重きを置いてつくってある。日本の企業のあり方からすれば、このような作り方になるのかと思う。まったくの一匹狼で孤独に研究開発に取り組むという姿は、基本的に出てこない。上司と部下、それから仲間どうしの人間関係、それをどうやって構築していくか、ということに力点をおいて作っている。

選択と集中と言われて久しいが、そのなかで、潰されそうになった日陰の部署で頑張った技術者たちの物語ということになる。何度も同じことを思うのだが、これは、たまたま成功した事例を探してきているのであって、実際の世の中には、そのまま消えていったプロジェクトが数多くあるにちがいない。

これも、今の時代だとさらに厳しさが増しているだろう。成功の見込みが立たないような部門に人員と予算をつかうのは、会社の価値につながらないと、株主……特にアクティビスト……から言われることになる。

技術的なこととしては、富士重工業は、なぜカメラによる画像認識という方向を選んだのだろうか。前の障害物とぶつからないための技術としては、レーダーを使うこともできると思う。このあたりの技術の選択ということについて、説明があるとよかったと思う。また、他の自動車メーカーのことも気になる。それぞれ独自の技術開発をしてきたと思うが、出てきていたのは日産のことだけだった。

また、企業内での人材育成、技術開発と、大学の工学部などでの教育システムとは、これからどうなっていくのだろうか、ということも、この種の番組を見て思うことである。

2024年6月23日記

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2024/06/26/9696200/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。