「天下の無責任男!〜植木等とその時代〜」2024-07-11

2024年7月11日 當山日出夫

アナザーストーリーズ 天下の無責任男!〜植木等とその時代〜

私は昭和三〇年(一九五五)の生まれなので、クレージーキャッツのことは、かろうじて記憶の範囲内である。「スーダラ節」は憶えている。しかし、植木等の無責任男の映画を見に行ったという記憶はない。その時代において、これは大人向けの映画ということだったかと思う。

植木等が寺の生まれで、本人自身はきわめて真面目な性格の人間であったことは、知られていることかと思っている。ただ、その父親のことについては、この番組で知った。(できれば、一部紹介されていた「こころの時代」を再放送してもらいたい。)

昭和四〇年代、日本の社会はサラリーマンが多くなってきた時代だった。私が小学生のころのことになる。しかし、この時代は、まだ農業など第一次産業に従事する国民も多かった。それが、都市部で働き、郊外から通勤するという、サラリーマンのイメージが、基本的な日本人の働き方になっていく、そのような時代だったと回顧することになる。

無責任男シリーズは大ヒットしたのだが、なぜヒットしたのか、番組を見ていても私にはよくわからなかった。たしかに、映画としての面白さはある。この時代、人びとは映画に何を求めていたのだろうか。そろそろ映画産業が斜陽化し始め、テレビの時代になろうかというころである。ちなみに、今、朝の時間に再放送している『オードリー』は、ほぼこの時代のころ、あるいは、やや後の時代ということになる。私と、ヒロインのオードリーは、ほぼ同じ世代ということになる。

強いて言えば、高度経済成長期にあったある種の閉塞感からの解放かもしれない。あるいは、所詮、人間なんてこんなものか、という感覚かもしれない。真面目だけで生きているのではないのが、人間の社会でもある。

番組の終わりで扱われていた、一九九〇年代の植木等のリバイバルについては、記憶がない。だが、このリバイバルをささえていたのは、どんな人たちだったのだろうか。かつての無責任男のファンだった人たちなのだろうか。あるいは、もっと若い世代だったのか。このあたりの分析があると面白かったと思う。

2024年7月9日記

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2024/07/11/9700246/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。