映像の世紀バタフライエフェクト「ヴェルヴェットの奇跡」2022-05-12

2022年5月12日 當山日出夫(とうやまひでお)

映像の世紀バタフライエフェクト「ヴェルヴェットの奇跡 革命家とロックシンガー」

二〇二二年五月九日の放送。録画しておいて、翌日の朝に見た。

これを見て思ったことはいろいろとあるが、まず何よりも、この番組はいつの編集になるのだろうかという、素朴が疑問がある。はたして、二〇二二年二月の、ロシアのウクライナ侵略の後の編集にかかわるものなのだろうか。チェコスロバキアの、プラハの春とその弾圧、そして、その後の一九八九年の共産主義国家の崩壊、このことを語るのに、今年のロシアとウクライナとのことを抜きにしては、もはや語ることはできない。歴史の結果、共産圏諸国は崩壊したが、その後さらに次の段階として、ロシアのことがある。(さらには、中国のこともあるのだが。)

これまでの「映像の世紀バタフライエフェクト」では、かつての「映像の世紀」シリーズで使った映像資料を主につかって、再編集したものであった。だが、この回は、ほとんどが新しいものである。(昨年、「映像の世紀」シリーズを再放送したのは、その全部を見ている。)

ただ、ロックが革命を導いたとするのは、やや短絡的であるかとも思う。だが、それに様々な社会の動き、人びとの思いを象徴させることはできる。

月並みな感想になるが、つまるところは、表現の自由とメディアということになるにちがいない。

番組では、中国の劉暁波のことに言及があった。(中国において、劉暁波が再評価される動きが表面化するときがあるとするならば、その時こそ、中国共産党一党支配の終わりの始まりかもしれないとも思う。)

2022年5月10日記

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/05/12/9489766/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。