『慈雨』柚月祐子2017-02-19

2017-02-19 當山日出夫

柚月祐子.『慈雨』.集英社.2016
http://renzaburo.jp/shinkan_list/temaemiso/161028_book01.html

http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-771670-2

柚月祐子の作品は、すでに一冊とりあげた。

やまもも書斎記 2017年1月20日
『孤狼の血』柚月祐子
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/01/20/8327720

面白かったので、他の作品も読んでみたいと思って手にした。この作品、週刊文春ミステリーベスト10(2016)を見ると、19位になっている。期待して読んでみたのだが……その期待に十分にこたえてくれる作品になっている。

ただ、まず、言っておかなければならないことは、「警察小説」というミステリのジャンルは、リアリズムを基本とする、しかし、実際の警察の姿をそのまま描くのではない、あくまでも、警察というを設定したうえでの、フィクションである、ということ。なぜ、こんなことを書いておくかというと、Amazonのレビューを見ると、低評価のコメントが目につく。いわく、こんな警察官は実際にはいない……それはそうかもしれないが、この作品は、あくまでも、小説なのである。これを、忘れて、警察の捜査のノンフィクションであるかのように読んでしまってはいけないだろう。

事件は群馬県でおこる。少女誘拐強姦殺人事件。この捜査が警察で捜査される。それと平行して、もう退職した警官が、四国巡礼のたびに出る。彼には、16年前におこった同類の事件の捜査の記憶があった。あの事件のことがよみがえる。はたして、正当に捜査され、事件は解決したのだろうか。だが、彼は、妻をともなって、巡礼をつづける。だが、気になってしかたがない。警察に携帯電話で連絡する。そして、巡礼の旅をつづけながら、携帯電話で連絡をとりながら、捜査にかかわりつづけることになる。

ここに描かれたのは、警察官の職務倫理、生き方の問題であり、夫婦の物語であり、親子のものがたりである。これらが、重層的におりかさなって、最終的に、事件の真相にたどりつく。

たぶん、次のことばが、この作品の基調にある。冒頭近くにある、ある先輩刑事の言ったこととして、

「罪を犯すのは生きている人間だ。被害を受けるのも生きている人間だ。事件ってのは生きてるんだ。俺はいつも、事件という名の生きた獣と闘っているつもりだ。」(p.34)

この作品に描かれているのは、生きた人間としての警官であり生きている事件である。

この小説の面白さは、「探偵」の役になる、退職した警官が、妻をともなって、四国巡礼の旅をつづけながら、携帯電話で、もとの職場の後輩警官と連絡をとりあいながら、事件解決にむけて、歩みをすすめていく、という大きな構図にあるだろう。四国巡礼の旅が、まさに、事件解決への道程と重なって読むことになる。

また、現在において、徒歩で四国巡礼をあるく姿の描写が実にリアルに描いてある。このリアルな描写が、この作品の魅力をささえている。ある種の罪の意識をかかえた、元警官が、妻をともなって徒歩で四国巡礼を旅する、その物語と呼んでも十分に面白い。

これは、おそらく日本ならではの「警察小説」というジャンルにおける、すぐれた作品のひとつといってよいであろう。私としては、おすすめとしておきたい。

『沈黙法廷』佐々木譲2017-02-16

2017-02-16 當山日出夫

佐々木譲.『沈黙法廷』.新潮社.2016
http://www.shinchosha.co.jp/book/455511/

まず、私の読後感を記すならば、ミステリのベスト10にはいっていてもいい作品である。だが、この作品は、2016の各種のミステリのベストのなかにははいっていないようだ。

その理由として考えられることは……結局、犯人は誰であるのか、というミステリの一番肝心なところが、最後まで不透明なままに終わる……とはいえ、最後のところで、事件の「真犯人」は明かされるのであるが、それを、捜査と論理で明らかにする、特定する、という描き方ではない。

本の帯には、「警察小説の迫力、法廷ミステリーの興奮」とある。また、新潮社のHPには、「警察小説と法廷小説が融合した傑作。」ともある。これは、そのとおり。作品の前半は、警察の捜査を中心にした警察小説であり、後半は、その裁判(裁判員裁判)の様子が描かれる。その裁判の様子を見ているのは、ふとしたことから事件にかかわることになった、ある男性。その人物が、裁判を傍聴するという形式をつかって、裁判員裁判の進行の様子を叙述してある。

だから、非常にわかりやすい描写の小説である。が、その反面、少々、記述がくどくわずらわしいと感じる点がないではない。事件について、警察の捜査段階での描写と、裁判での証言の描写で、同じ事を繰り返し述べることになっている。

これをくどいと感じるか、あるいは、同じ事象を、警察捜査の視点から見るのと、裁判における証人の証言として語るのとで、異なってくる、その違いを楽しんで読むか、このあたりは、読者の好みの分かれるとこかと思う。

私としては、佐々木譲ならではの警察小説であり、また、法廷小説における検察・弁護の双方の意見の応酬に読み応えを感じる、すぐれた作品として読んだ。先に書いたとおり、私なら、ベスト10にいれたくなる。

ただ、蛇足としての感想を書いてみるならば……この作品のなかでも語られるように、ネット社会における虚像としての、ある人格、とでもいうようなものが印象的である。ネット社会の虚像、このようなものを、宮部みゆきならどのように描くだろうか、というようなことを思ってみたりした。

また、上記の新潮社のHPに文章を寄せているのは、川本三郎。現代社会の世相を、丹念にこの作品からよみといている。社会の底辺でひとり生きる女性、独居老人の生活など、すぐれた解説となっている。

ともあれ、これは、読んで損はない作品であるとはいっておきたい。

『孤狼の血』柚月祐子2017-01-20

2017-01-20 當山日出夫

柚月祐子.『孤狼の血』.角川書店.2016
http://shoten.kadokawa.co.jp/sp/korou/

第69回の日本推理作家協会賞の受賞作である。だから、というわけでもないのだが、読んでみることにした。

警察小説である。

警察官を主人公にした作品は、それぞれの国によって、流儀というか傾向があるようだ。イギリスにはイギリスの、アメリカにはアメリカの、そして、日本には日本の。他には、近年では、北欧を舞台にした、ヘニング・マンケルの作などもある(残念ながら、作者は、もう故人となってしまった)。

日本の警察小説である。たぶん、佐々木譲あたりが代表的作家かと思う。最近に話題作では、『64』がある。

横山秀夫.『64』.文藝春秋.2012
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163818405

警察小説には、それぞれの国の流儀があると書いた。日本の警察小説の場合、かならずしも、警察官は、イコール、正義、というわけではないようだ。いや、それなりに、「正義」の立場にたって仕事をしているのであろう。だが、それは、時として、警察内部の抗争があったり、いや、むしろ、日本の警察小説は、警官を主人公とした、警察という「組織」を描いた小説とみるべきかもしれない。

そういえば、古くは、松本清張の作品、『点と線』なども、ある意味で、警察小説という趣がないではない。警察という組織のなかで、自分なりの「正義」を貫こうとする警察官の姿をそこに見ることができる。

この『孤狼の血』であるが、一言でいうならば、悪徳警官小説ということになるのだろう。暴力団の抗争事件をしずめるためには、なにがしか、相手の組織の内側にはいっていかざるをえない。そして、それは、同時に、警察という「組織」からは孤立することを意味している。まさに、タイトルのごとく、「孤狼」として生きざるをえない。

この『孤狼の血』、ただの悪徳警官小説で終わっているのではない。裏の筋書きがある。それが、最後に明かされるのであるが……この小説、時代設定は、昭和の末になっている。何故だろうかとと特に気にせずに読んでいくのだが、最後になって、この時代に設定してあったことの意味が明らかになる。この時代の事件として物語らなければ、『孤狼の血』という作品は成立しない。

日本における警察小説という領域でのすぐれた佳品であると読んだ。

『涙香迷宮』竹本健治2017-01-03

2017-01-03 當山日出夫

竹本健治.『涙香迷宮』.講談社.2016
http://kodansha-novels.jp/1603/takemotokenji/

昨年(2016)の、ミステリ(国内)ベストの作品である。
・このミステリーがすごい2017 第1位
・ミステリが読みたい 第2位
・週刊文春ミステリーベスト10 第3位
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6834

私個人の感想としては、たしかに、ことしのベスト10に入る作品であるとは思うが、1位かどうかは、微妙な感じ、といったところか。

碁盤にうつぶした死体からスタートする。そして、黒岩涙香についての蘊蓄が語られる(これは、これとして、非常に面白い)。「いろは歌」の謎。いわゆる「いろは歌」ではなく、新作の「いろは歌」の数々登場。謎の館。「いろは歌」の暗号。連珠。そして、嵐の山荘(これはもうミステリの定番である)。そこでおこる殺人事件。最後には、暗号の解明と、それにまつわる犯行動機。

ただ難点をいえば・・・謎の解明(犯人が誰か)が「論理」によっていない。ストーリーの運びとしては、自然な流れになっているのだが、「挑戦状」が出てくるような作りにはなっていない。これが、論理的に犯人をあてられるような作りになっていれば、という気がしないではない。

これが、論理的に犯人を絞り込めるようになっていれば、文句なしの1位であると、私は思う。とはいえ、十分に、現代ミステリの極致、その醍醐味を楽しめる作品である。特に、暗号ミステリとしては、凝りに凝ったつくりになっている。

蛇足をいささか。

私の記憶では、私のわかいころのこと(学生のころ)、週刊朝日が、「パロディ」を募集していたなかに、新作いろは歌もあったような気がするのだが、どうだったろうか。

それから、明治になってから作られた新作いろは歌「とりなくこゑす」の作、これは、たしか中学か高校の時に、ならって知っている。これは、いまはどうなんだろう。今の学生は知っているだろうか。

『いろはうた』(小松英雄)を、読み返してみたくなった。この本は出たときに買って読んで、どこかにあるはず。探してきて、再読してみよう。(日本語史の知識の整理ということにもなるし。)

宮部みゆき『希望荘』2016-12-31

2016-12-31 當山日出夫

宮部みゆき.『希望荘』.小学館.2016
https://www.shogakukan.co.jp/books/09386443

宮部みゆきの作品としては、杉村三郎シリーズということになるが、先に刊行された作品……『誰か』『名もなき毒』『ペテロの葬列』……とは、ほぼ完全に独立している。この作品では、その後の杉村三郎が私立探偵として活躍する。

収録されているのは、「聖域」「希望荘」「砂男」「二重身(ドッペルゲンガー)」の四作の、中短編。

出たときに買って、前半の二作品「聖域」「希望荘」を読んだ。確かに、宮部みゆきの作品である、現代ミステリとして水準に達しているとは感じたのだが、特にこれはいいとは、正直思わなかった。

年末になって、各種のミステリベストが発表されると、週刊文春ミステリーベスト10にはいっている。四位。で、ともかく最後まで読んでみることにした。

『希望荘』は、「聖域」で、主人公・三郎が私立探偵をはじめることになって、事務所をかまえるところからスタートする。宮部みゆきの現代ミステリである。それなりに、現代社会のかかえるいろんな問題を、さりげなくおりこんである。「砂男」は、ちょっと時間がさかのぼって、主人公・三郎が、私立探偵をはじめるきっかけになる事件をおっている。そして、「二重身」である。

(これは書いていいことと思うので書くが)この作品「二重身」は、東日本大震災後の東京が舞台。この作品『希望荘』の始まりからは、かなり時間がたっている。ふむ、これは、作者が、東日本大震災の時の東京、そこに暮らす人びとの生活を描きたかったのか、と思って読んだ。これは、そのとおりである。今から数年前のこと、2011年の3月11日からしばらくの東京に生活する人びとの「実感」とでもいうべきものが、宮部みゆきらしい、落ち着いた、ほんわりとした筆致で描かれている。

だが、これだけでは、この本が、今年のベストに入るとは感じられなかったのだが……途中で気付いた、このトリックをつかいたかったのか……。

おそらく、多くの日本の人であれば知っているある有名な作品(広義にはミステリの範疇にはいる)でつかわれたトリックがここでもつかわれている。ここで、この作品名を書いてしまうことはしない。無論、細部にわたっては、トリックの意味や使い方はちがってきているが。

このトリックは、もう二度と他の作家はつかえないだろうなあ、と思ったのであるが、しかし、宮部みゆきは、ひょっとしたら、この作品「二重身」を書きたいがために『希望荘』に掲載の作品を書いていったのではないか、そう思ってしまう。

たしかに、ミステリの世界では、トリックの使い回しということは、よくあることである。だが、ここで、このトリックを、こういうふうにつかうとは、と思った。『希望荘』がベスト10にはいった理由は、このところにあるのか、と私としては思ったのである。

A・ルースルンド、S・トゥンベリ『熊と踊れ』2016-12-30

2016-12-30 當山日出夫

アンデシュ・ルースルンド、ステファン・トゥンベリ ヘレンハルメ美穂、羽根由(訳).『熊と踊れ』(上・下)(ハヤカワ・ミステリ文庫).早川書房.2016
http://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000013337/
http://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000013338/

今年のミステリ(海外)のベストの作品である。出たときに、どうしようかなあと思って買わずにいたのだが、やはり買って読んでみることにした。で、この作品は、読んで正解であった。今年のベストに選ばれるだけのことはある。

基本的にこの作品を構成する要素は、次の二つ。

第一には、犯罪であり、暴力である。北欧スウェーデンで実際にあった事件(銀行強盗など)を、その事件の内側から描写している。なぜ、このような作品が可能であったかは、この本の解説に書いてあるのだが、まさに、当事者の内側の視点からの犯罪小説である。それも、ノンフィクションといってもよい性格をもっている。もちろん、実際に起こった事件とは、換骨奪胎して、再構成したものではあるのだが。

第二には、家族、兄弟、父と子、の物語である。その希有な犯罪をおこしたのは、ひとつの「家族」といってよい。その生いたち、成長、反目、そして、絆が、この作品の一つの軸になっている。

このようなこと、犯罪小説として白眉の作であり、また、家族の物語であることは、すでに、他のHPなどでも書かれていることである。特に、ここで、私が付け加えるほどのこともないと思う。何よりも、実際に読んでみれば、その圧倒的な迫力に、こんなすごい物語があり得たのかとおどろく。

以上の二つのことが、この作品の骨格を形成している。

そして、蛇足的につけくわえるならば、これは、犯罪小説であると同時に、「本格ミステリ」の要素もあるということ。(まあ、これは書いてもいいだろうと思うのだが)結局、この犯罪は露見し、逮捕されるということになる。犯人がつかまった後、その全貌が明らかになった後に、その「事実」を解体して再構成して「フィクション」として描いたのが本書ということになる。その観点から読んで、ラスト近く、なぜ捕まることになったのか、これは、犯人たちのある「ミス」が原因である。その「ミス」さえおこさなければ、うまく逃げおおせて別の展開になったかもしれない。その決定的「ミス」の背景が、この作品では、うまく伏線として描かれている。ただ、その伏線としてだけではなく、作品のストーリー、そして、作品をなりたたせる重要な要素として溶け込んで記述されている。これは、巧いと思った。

今年のミステリのベストに選ばれるだけの作品であると思う。読む価値はある。