NHK『怪談牡丹燈籠』巻の参「因縁」2019-10-24

2019-10-24 當山日出夫(とうやまひでお)

NHK プレミアムドラマ 令和元年版 怪談牡丹燈籠 Beauty&Fear
https://www4.nhk.or.jp/P5858/

続きである。
やまもも書斎記 2019年10月17日
NHK『怪談牡丹燈籠』巻の弐「殺意」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/10/17/9165794

いよいよ事件がおこる。

お露の幽霊は、新三郎にとりついて、ころしてしまう。幽霊が、これで本当に死んでしまう。成仏したか、地獄におちたか、不明ではあるが。が、このあたりの幽霊の映像描写は、まさに現代のテレビの映像技術をつかったものであった。

そして、お国と源次郎たちのたくらみは、孝助にあばかれてしまう。が、ここで、齟齬が生じる。孝助は、忠義のために、間男(源次郎)を殺すつもりが、誤って主人の平左衛門を刺すことになってしまう。だが、これも、因縁である。このドラマのはじまりは、若いときの平左衛門が孝助の父を斬り殺すところからはじまっていた。ある意味で、孝助は、親の敵をとったかたちになっている。

その孝助が、逐電したお国たちをおいかけるところで、この回は終わっていた。

ところで、この回を見て思ったことだが……幽霊の怖さを映像で表現するのに、派手なアクションや特殊メイクなどは、かえってなかった方がよかったのではないだろうか。ただ、カランコロンという下駄の音とともに現れる、燈籠を持った侍女をしたがえて登場する、そのお露の姿だけで、十分であったような気がする。その幽霊が、美しければ美しいほど、その怖さが比例する。そして、お露(上白石萌音)は美しい。

さて、いよいよ次回が最終回である。お国たちはどうなるのか。また、金の仏像を持って逃げた伴蔵とお峰はどうなるのか。因果応報の物語のゆきつくところを、楽しみに見ることにしよう。

ハギ2019-10-23

2019-10-23 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので花の写真。今日はハギ「萩」である。

前回は、
やまもも書斎記 2019年10月16日
コスモス
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/10/16/9165458

この花も前回のコスモスと同様に、写真に撮るのがむずかしい。

まず少しの風にもゆらぐ。ここに掲載の写真も、何枚かシャッターを切ったなかから選んである。それから、咲いている全体を写真に撮ろうと思うと、どうもうまくいかない。花がごちゃごちゃしてしまって、どこにピントを合わせるべきか、困るところがある。これも、何枚か写したなかから選んでみた。

萩の花は、『万葉集』で最も多く詠まれた花である。これは、知識として知っているのみで、実際に自分で『万葉集』を読んで数えたというのではない。

『万葉集』もテキストは、基本的なものは買ってもっているのだが、ここしばらく遠ざかっている。一番よく読んだのは、やはり学生のころだった。その後、国語学という分野に自分の専門を決めてから、かえって遠ざかってしまった。専門に考えてきたのは、コンピュータと文字、特に漢字のことであったりする。最近では、コンピュータで使う仮名のことなど考えたりしている。

もうこの分野からも引退しようかと思うと同時に、昔にかえって『万葉集』を読んでみたいと思うようになってきている。無論、『万葉集』という歌集が、近代になってから、古代の国民歌集として再定義、再発見、されてきた歴史について、それなりに理解はしているつもりである。だが、そのような知識をもって接するとしても、やはり『万葉集』は日本文学の原点であるという気がしてならない。

楽しみの読書として『万葉集』を読んでおきたいと思う。

萩

萩

萩

萩

萩

Nikon D500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

『レイモンド・カーヴァー傑作選』村上春樹訳2019-10-22

2019-10-22 當山日出夫(とうやまひでお)

レイモンドカーヴァー傑作選

レイモンド・カーヴァー.村上春樹(訳).『Carver's Dozen レイモンド・カーヴァー傑作選』(中公文庫).中央公論新社.1997
http://www.chuko.co.jp/bunko/1997/10/202957.html

続きである。
やまもも書斎記 2019年10月19日
『うずまき猫のみつけかた』村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/10/19/9166420

実際に読んだ順番から言うと、これよりさきに『大聖堂』などを読んでいる。中央公論新社の「村上春樹翻訳ライブラリー」版である。ただ、このシリーズは、まとめて思ったことなどと思っているので、読んだ順からすると前後することになるが、この文庫本のことから書いておくことにする。

この一冊を読めば、レイモンド・カーヴァーの概要と魅力が分かる……このような意図で、村上春樹が編集し、翻訳したものである。各作品には、簡単な村上春樹の解説がついている。その作品の良さ、読みどころについて、言及してある。

もし村上春樹が訳していなければ、そして、村上春樹の書いたもの、長編・短篇の小説からはじまってエッセイ、さらには、翻訳まで読んでみようとしていなければ、おそらくは、読まずに終わってしまっていたかもしれない。ここまで村上春樹の翻訳した文学を読んできて、村上春樹は、現代日本における希有な翻訳家のひとりである、という認識をあらたにしている。

その翻訳家としての本領が、いかんなく発揮されているのが、レイモンド・カーヴァーについてであると言っていいかもしれない。(私は手にしていないが)村上春樹は、その「全集」の翻訳にもたずさわっている。

この文庫本を読むと、そこには、確固としたレイモンド・カーヴァーの文学世界があり、そして、それは、村上春樹の文学世界と共鳴するものであることを、つよく感じる。

どの作品の登場人物も、ごく普通の人びとである。二〇世紀後半のアメリカにおける、普通の、それも、どちらかといえば、中流より下の……市民である。その人びとの生活のあるときの、ある瞬間におとずれる、ある感覚、それを文学的に鮮やかに切り取って描いてみせている。このような作品を読むと、「文学」というものがもっている、「芸術」としての普遍性とでもいうべきものを思ってみることになる。

どの作品もそう長いものではない。短編小説という文学の形式、様式があって、その中で、文学的感性が充溢している。これを言い換えてみるならば……人間が生きていくなかで、こういう感情をいだくことがある、人間とはこんなものだったのだ、と新たに気付かせてくれる。こういうものをこそ「文学」というものだと、私は思う。

レイモンド・カーヴァーの人生は決して長いものではなかったし、平坦なものではなかったことが、年譜や解説などの文章から読み取れる。だが、その残した作品は、まぎれもなく「文学」である。

レイモンド・カーヴァーは、チェーホフにたとえらえることが多いらしい。これは、読んでなるほどと感じるところがある。チェーホフの作品は、一九世紀末のロシアを舞台にしながら、そこに生きる人びとの生活の感情を普遍的な視点から描いている。二〇世紀後半のアメリカ社会を描いて、そこに人間が生きていくなかでの人生の感覚を、見事に描写している。そして、どの作品も、短い。短い作品だからこそ捕らえることのできる、人間の瞬間の姿がある。

読書として、文学作品を読むことを堪能させてくれる一冊であると言っていいだろう。

次の村上春樹は、『羊男のクリスマス』である。

『おしん』あれこれ(その八)2019-10-21

2019-10-21 當山日出夫(とうやまひでお)

続きである。
やまもも書斎記 2019年9月23日
『おしん』あれこれ(その七)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/09/23/9156683

結局、おしんは伊勢におちつくことになる。が、そこにいたるまでにいろいろあった。

東京で露天商をはじめてどうにかなるかと思われたが、しかし、その商売をすることで健に迷惑をかけていることを知って、身をひくことになる。

次におしんが向かったのは故郷の山形である。そこで、加賀屋の世話になって、めし屋をはじめる。はじめは、純然たるめし屋として始めるのだが、そのうち客の要望にこたえる形で、酒も出すようになる。これは、これでなんとかうまくいくかのように思えたのだが、これもおしんは途中でやめてしまう。

加賀屋の加代が店を手伝ってくれるのはありがたい。しかし、それでは、加代の加賀屋の若奥様としての立場が、意味のないものになってしまう。加代を加賀屋にもどすために、めし屋も商売をたたむことになる。

最終的には、浩太の世話で、伊勢に行くことになる。ここで、魚の行商をはじめる。これが、後のおしんのビジネスにつながっていくことになる。

ここまで見て思うことは次の二点だろうか。

第一には、おしんは、自立して生きていこうとしている。東京で健の世話になることをいさぎよしとしない。また、酒田でも、加代の手を借りることを避けることになる。ここには、あくまでも、自分自身だけのちからで生きていこうとしている、自立した生き方というものがある。

第二には、自由競争である。伊勢で魚の行商をはじめたおしんは、誰よりも安く売ることになる。また、商売のかたわらで、畑仕事など手伝ったりして、お客さんを増やしていく。ここには、自由競争のなかで、たくましく生きていくビジネスの才覚と覚悟がある。

この自由競争ということが、これからのこのドラマにおいて、おしんの経営するスーパーのビジネスに影響をあたえることになるはずである。

以上の二点が、ここまで見て思うことであろうか。

ところで、酒田でめし屋をはじめたとき、おしんが仁義を切るシーンがあった。人間、習っておいて損になるものはない……奈良岡朋子のナレーションと一緒に、ここのところは、『おしん』のなかでも、特に印象深く憶えているところである。

さて、夫の竜三は、干拓に絶望して満州にわたるという。その前に、一目おしんと子どもの顔見たささに、伊勢にやってくる。これからどうなるのだろうか。以前の再放送の時に見てはいるのだが、舞台を伊勢に移して、いよいよこのドラマも佳境にはいってくるという感じである。

『スカーレット』あれこれ「ビバ!大阪新生活」2019-10-20

2019-10-20 當山日出夫(とうやまひでお)

『スカーレット』第3週「ビバ!大阪新生活」
https://www.nhk.or.jp/scarlet/story/

前回は、
やまもも書斎記 2019年10月13日
『スカーレット』あれこれ「意地と誇りの旅立ち」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/10/13/9164325

この週のポイントは、次の三点だろうか。

第一には、大阪のおばちゃん。

会社の荒木さん、それから、荒木荘の女中の大久保さん。まさに大阪のおばちゃん、である。なかなか手強い。このような大阪らしさを表現しているのは、やはりBK(大阪)の製作らしい。

第二には、奇妙な住人たち。

荒木荘の住人は、だれもかわっているように見える。まともな、普通の人はいないのではないだろうか。この一風変わった住人たちと、喜美子はこれからどうつきあっていくのだろうか。

第三には、喜美子の田舎娘。

中学を卒業したばかりで、信楽の田舎から出てきたばかりの田舎娘である。しかしものおじするということがない。なんとか大阪の荒木荘の女中として頑張ろうとしている。

以上の三点が、この週の見どころかなと思って見ていた。

それにしても、その当時で大卒の初任給が六〇〇〇円ぐらいというところで、喜美子のもらった給料は、一〇〇〇円だった。いくらなんでも、これはどうかなと思わないではない。そして、この週の最後のところで、転職の話がでてきていた。さて、喜美子はどう決断するのだろうか。

たぶん、このドラマの設定からして、このまま荒木荘にいることになるのだろうと思うのだが、そのあたりの事情がどのように描かれることになるのか、次週の楽しみである。そして、どのような転機でもって、信楽に帰って陶芸家の道をあゆむことになるのか、楽しみにして見ることにしよう。

『うずまき猫のみつけかた』村上春樹2019-10-19

2019-10-19 當山日出夫(とうやまひでお)

うずまき猫のみつけかた

村上春樹.『村上朝日堂ジャーナル うずまき猫のみつけかた』(新潮文庫).新潮社.1999 (新潮社.1996)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100146/

続きである。
やまもも書斎記 2019年10月12日
『結婚式のメンバー』カーソン・マッカラーズ/村上春樹(訳)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/10/12/9163890

収録のエッセイは、1994年から95年にかけて、『SINRA』という雑誌に掲載されたもの。それに、安西水丸の絵と、村上陽子の写真をつけて、さらに加筆などして、エッセイ集としたもの。本のタイトルに「村上朝日堂ジャーナル」とあるのは、安西水丸と一緒の仕事とでもいうことだろうかと思う。

アメリカのボストンの隣町、マサチューセッツ州ケンブリッジで住まいしていた時の執筆になる。エッセイ集としては、『やがて哀しき外国語』の続くものという位置づけである。

やまもも書斎記 2019年9月5日
『やがて哀しき外国語』村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/09/05/9149531

著者本人が書いているとおり(あとがき)、この本は、『やがて哀しき外国語』にくらべると、かなり気楽に楽しんで書いているという印象をうける。この本、村上春樹の外国滞在エッセイとして、十分に楽しんで読めばいいと感じる。

読んで印象にのこることがいくつかある。マラソンのこと、自動車のこと、ジャズのこと、それから、猫のこと。この本は、なぜか猫の話が多い。しかも、アメリカの猫のことのみならず、日本にいた時に飼っていた猫のことも書いてある。これを読むと、村上春樹という人は、猫が本当にすきなんだなあ、と感じる。

この本のなかで、というよりも元の連載のなかでといった方がいいかもしれないが、村上春樹は、ボストンでのマラソンを二回はしっている。

運動の苦手な私としては、四二キロもの距離を走ることなど、想像もできないのだが、このエッセイを読むと、そこには、非常に充実したものがあることが理解される。このあたりのことなど、村上春樹の文学と、走るということ、これは興味のあることである。これまでに読んだ他のエッセイにおいても、外国に行っても、村上春樹ははしっている。

さらにこの本全体の印象としては、絵(安西水丸)もいいが、写真もなかなかいい。文章と、絵と、写真と、全体としてまとまって、こぎれいな本にしあがっているという印象である。

とにかく、村上春樹のエッセイは、ちょっとした空き時間があったような時、何か気疲れするするような仕事の合間、ふと手にして読むのにちょうどいい。この本も、何回かにわけて読んだことになるのだが、読んでいて楽しくなる。短い文章ながら、村上春樹の世界のなかにじんわりとひたっていく感じがする。

さて、次は、レイモンド・カーヴァーの翻訳小説ということにする。

追記 2019-10-22
この続きは、
やまもも書斎記 2019年10月22日
『レイモンド・カーヴァー傑作選』村上春樹訳
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/10/22/9167501

『たけくらべ』樋口一葉2019-10-18

2019-10-18 當山日出夫(とうやまひでお)

たけくらべ


樋口一葉.『にごりえ・たけくらべ』(新潮文庫).新潮社.1949(2003.改版)
https://www.shinchosha.co.jp/book/101601/

書誌を書いてみて、新潮文庫では、一九四九年(昭和二四年)に出した本を、いまだに売っている。さすがに、途中で改版はしているが。

『たけくらべ』の初出は、明治二八年である。漱石が『猫』を書くより、ざっと一〇年ほど前のことになる。ここに、日本文学の、あり得たかもしれないもう一つの可能性、ということを考えてみることもできるかもしれない。あるいは、『猫』によって漱石が日本文学のなかに登場しなかったら、日本の近代文学の歴史は、違ったものになった可能性もある。

この作品を読んでみよう(再読)と思ったのは、村上春樹の翻訳を読んでいて、『結婚式のメンバー』を読んだからである。この作品の解説において、村上春樹は、『たけくらべ』を思い出すという意味のことを書いていた。

やまもも書斎記 2019年10月12日
『結婚式のメンバー』カーソン・マッカラーズ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/10/12/9163890

久しぶりに読んで見て、そのストーリーの概略は知ってはいたが……これは、文学史の常識と言っていいことだろう……その細部の表現、あるいは、樋口一葉の文章の巧みさというものに、感じ入った。読んで見て、ああこういう文学もあったのだな、という思いがした。

『たけくらべ』は、子どもの世界を描いている。子どもというよりも未成年とでも言ったほうがいいかもしれない。その世界、しかも、吉原という特殊な地域における、幾人かの登場人物を、情感をこめて細やかに描いている。文学的完成度という意味では、きわめて高いものである。

そして、その独特の文体、文章。近代的な言文一致体……現代の日本語に通じる、その完成した形を漱石などにみることができるだろうが……ではなく、流麗な雅文体である。このような文章が文学の文章でありえた時代を、再度確認することになった。

村上春樹を読んでいる途中で、ふと脇道にそれて読んでみた本である。が、ここは、明治の文学史というものを、自分なりにきちんと考えてみたいと思うようになっている。近代という時代、どのような日本語の文章が成立してきたのかである。おおよそのところは、日本語史の常識的な知識は持っているつもりだが、自分の目で読むということをしておきたいと思う。

NHK『怪談牡丹燈籠』巻の弐「殺意」2019-10-17

2019-10-17 當山日出夫(とうやまひでお)

NHK プレミアムドラマ 令和元年版 怪談牡丹燈籠 Beauty&Fear
https://www4.nhk.or.jp/P5858/

続きである。
やまもも書斎記 2019年10月10日
NHK『怪談牡丹燈籠』巻の壱「発端」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/10/10/9163196

これも録画しておいて、翌日に見た。日曜日は、BSで『いだてん』を見て、晩御飯をたべると、もうあとは寝るだけである。

この回も、思わずテレビの画面に見入ってしまった。テレビの画面で、まさしく映像美というべきものを表現していたように感じる。

この回も、基本的には、三組の男女の仲のこととして話が進む。が、メインは、無論、お露と新三郎、それから、お国と源次郎である。

お露は、こがれ死にをしてしまう。こんなに簡単に死ぬものなのかと思わないではないが、しかし、そこはそんなに不自然でなく、あっけなく死んでしまう。そして、幽霊になって現れる。この幽霊のシーンがよかった。カランコロンという下駄の音。それが音楽で実に見事に表現されていた。

お露の幽霊が出る一方で、お国と源次郎の密通がすすむ。不義の仲である。どうやら、このことは、孝助に知られてしまったようだが。さて、この企み……主人の平左衛門を殺して、その後をのっとろうという……は、どうなるのであろうか。

やはり一番の見せ場は、お露の幽霊のシーンだろう。これまでテレビで、幽霊は、それこそ山のようにたくさん映像化されてきているはずだが、この『怪談牡丹燈籠』のお露は、美しく、そして、怖い。見事な演出であるとしか言いようがない。

ところで、この原作の圓朝の『怪談牡丹燈籠』は、すでに買ってある。岩波文庫本。読もうかという気もあるのだが、これは、このドラマの終わりを見届けてから、原作のどの部分がどのように映像化されているのか、ということに留意しながら読んで見ることにしたい。今のところ、おいてある。

次回、いよいよお国たちのたくらみが進行するようである。お露の幽霊、それから、お国の悪だくみ、これがどうなるか、楽しみに見ることにしよう。

追記 2019-10-24
この続きは、
やまもも書斎記 2019年10月24日
NHK『怪談牡丹燈籠』巻の参「因縁」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/10/24/9168365

コスモス2019-10-16

2019-10-16 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので花の写真。今日はコスモスである。

前回は、
やまもも書斎記 2019年10月9日
ヒガンバナ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/10/09/9162816

我が家で植えている花ではない。家の近辺のところどころに、空き地などに植えてある花である。毎年、秋になると花が咲く。

コスモスは最もポピュラーな秋の花である。しかし、写真に撮ろうと思うといろいろ難しい。とにかく、少しの風でもゆらぐ。望遠レンズで、これときめた花を撮るのだが、なかなか思い通りにはならない。かなり回数、シャッターを切ったなかから選んである。

使っているのは、ごく普通のデジタル一眼レフである。カメラがデジタルになって、写真を撮るとき、シャッターを切る回数が増えた。いろいろ理由はあるが、一番大きな理由は、フィルムの代金を気にしなくてよくなったということがある。使っているのは、SDカード。今では、64Gから128Gぐらいが、最もリーズナブルな価格で買える。いくつか用意しておいて、月ごとに変えるようにしている。過去の一~二ヶ月は、カードにデータで残っている。三ヶ月以上なれば、思い切って消してしまう。ここは、割り切りである。Facebookやブログに掲載した写真(JPEG)は、残しておくが、後は、全部消去してしまうことにしている。

これもハードディスクを買い足して、写真用にRAWデータを残すようにしてもいいのかもしれない。が、年々歳々、花も同じではないが、その時々の花の様子を写真に撮っていければいいと思っている。

コスモス

コスモス

コスモス

コスモス

コスモス

コスモス

Nikon D500
AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

追記 2019-10-23
この続きは、
やまもも書斎記 2019年10月23日
ハギ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/10/23/9167976

『いだてん』あれこれ「懐かしの満州」2019-10-15

2019-10-15 當山日出夫(とうやまひでお)

『いだてん~東京オリムピック噺~』第39回「懐かしの満州」
https://www.nhk.or.jp/idaten/r/story/039/

前回は、
やまもも書斎記 2019年10月8日
『いだてん』あれこれ「長いお別れ」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/10/08/9162470

たぶん、この『いだてん』というドラマの一番いいところと悪いところが、一緒になったような回であったと言っていいだろうか。

第一に、(これはほめてみるのだが)これまでの各種のストーリー、特に金栗四三を中心とする物語と、志ん生を中心とする物語が、ここで一緒に融合している。前回までは、それぞれに別の物語であったものが、満州という舞台を設定することによって、そして、五りんの父である勝との出会いが描かれる。

第二に、(これは批判的にみるのだが)ここまでの物語を、満州におけるどさくさ紛れに、なんとかつじつまを合わせて、どうにかドラマとして成り立たせていることになる。ここには、ちょっと無理があるように感じる。

以上の二点を思ってみる。

それから、この回においても、落語がうまくつかわれていた。特に「冨久」がうまかった。また、一緒に満州にわたった圓生もよかった。いろいろ批判はあるにせよ、満州での出来事をうまく描いていたと言えるのではないだろうか。

次回から、いよいよ、一九六四年の東京オリンピックの話になる。心機一転、新たなドラマがどのようにはじまるのか、楽しみに見ることにしよう。(ところで、10月20日は、ラグビーの放送のため、次回はその次になるとのこと。)