『羊と鋼の森』宮下奈都2018-06-22

2018-06-22 當山日出夫(とうやまひでお)

羊と鋼の森

宮下奈都.『羊と鋼の森』(文春文庫).文藝春秋.2018 (文藝春秋.2015)
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167910105

この文庫本のHPを見ると、
第13回本屋大賞
第4回ブランチブックアワード大賞2015
第13回キノベスト!2016第1位

とある。このたび映画化もされる。話題の本ということで読んでみることにした。

この小説の主人公は、ピアノ……と、言っていいだろう。調律の話しであり、ほとんど徹頭徹尾、ピアノの調律にまつわる話しで物語が進行する。

読み始めて、この作者は、芸術が分かっている人だなと感じたのは、次の箇所。

「「美しい」も、「正しい」と同じように僕には新しい言葉だった。ピアノに出会うまで、美しいものに気づかずにいた。知らなかった、というのとは少し違う。僕はたくさん知っていた。ただ、知っていることに気づかずにいたのだ。/その証拠に、ピアノに出会って以来、僕は記憶の中からいくつもの美しいものを発見した。」(p.24)

この小説は、ピアノとピアノの調律を主人公として、美しいものを発見していく物語である。そう思って読んでいくと、登場人物のピアノと調律への傾倒に、共感しながら読んでいくことになる。およそ、芸術とは何であるかが分からないと、この小説……たいした大事件が起こるわけでもない……は、退屈な調律の蘊蓄だけの小説に思えるのかもしれない。芸術を分かる感性を持っていてこそ、この小説を読んでなるほどとうなづくところが多々ある。

また、次の箇所など。

「才能があるから生きていくんじゃない。そんなもの、あったって、なくたって、生きていくんだ。あるのかないのかわからない、そんなものにふりまわされるのはごめんだ。もっと確かなものを、この手で探り当てていくしかない。」(p.246)……と、ここを書いた後、出版社のHPを見たら、同じ箇所が引用してあった。誰が読んでも、この引用箇所に本書の特色が出ているということなのだろう。

芸術至上主義というのとはちょっと違っている。芸術に価値をみいだしている。そこに、調律という立場から関与することになることに、生きることの意義を見いだしている。

ところで、我が家にもピアノはある。誰も弾かないのであるが、定期的に調律はしている。そのうち、我が家に誰か、ピアノを弾く人間が出てくるまで、じっと待っているかのごとくである。ピアノには、その時を待っていてもらうことにしよう……この本を読んでそう思った次第である。

「釈宗演と近代日本」を見てきた2018-06-21

2018-06-21 當山日出夫(とうやまひでお)

先日、東京に行ったのは、語彙・辞書研究会(53回、2018年6月9日)で発表するためである。そのついでというわけではないが、発表なので前日から行って、慶應義塾大学で今やっている「釈宗演と近代日本」の展示を見てきた。

釈宗演と近代日本-若き禅僧、世界を駆ける-
http://www.art-c.keio.ac.jp/news-events/event-archive/shaku2018/
https://www.keio.ac.jp/ja/news/2018/6/18/27-44913/index.html

釈宗演という名前は知っていた。漱石関係のものを読めば名前が出てくる。特に、『門』で描かれた鎌倉での参禅の様子など、自身の体験をもとにしたことであるらしい。その時に、漱石研究として名前の出てくるのが、釈宗演である。

その釈宗演は、安政6年(1859)、福井に生まれた。三井寺で倶舎論を学び、その後、円覚寺で、洪川宗温に参禅。印可をうける。明治18年(1886)、慶應義塾に入学(無論、この当時は、福澤諭吉の時代である)。その後、セイロンに行く。円覚寺の管長に就任。明治26年(1893)、アメリカのシカゴ万博にあわせて開催された万国宗教者会議に日本代表として参加。

世界に、「禅」(ZEN)をはじめて紹介した人物ということになる。

展覧会は、その生いたち、修行の時期のことから、慶應義塾在学の時の資料、また、その後の、世界での活躍の様子など、様々な方面にわたる資料の展示であった。

私もとおりいっぺんの知識は持っていたが、展覧会を見て、これほどまでに多彩な活動をしたのかと、認識を新たにした。

見て思ったことのいささかでも書いておくならば……日本近代の宗教、なかんずく仏教の近代化とは何であったのか、そこのところが今ひとつ分からなかったというのが正直なところ。それは、釈宗演の次の世代の仕事ということになるのであろうか。たとえば、禅であれば、鈴木大拙など。

また、今回の展覧会で大きく扱われていたことに、日露戦争での従軍がある。従軍布教師として、大陸にわたっている。このことを、現代の価値観から批判することはたやすいかもしれない。が、それよりも、慶應義塾で学び、その当時の世界を見ていた釈宗演にとって、日露戦争は近代の日本において、避けてとおることのできな大きな出来事であったことを理解しておくべきだろう。

どうでもいいことかもしれないが、参禅者の名簿があって、夏目漱石の名前があった。それには、北海道平民と書いてあったのに眼がとまった。漱石は、本籍を北海道に移していたのであった。

個人的な思いを書けば、慶應義塾の出身者の中に、釈宗演という人物がいたことは、もっと知られていいことだと思うし、また、仏教、禅の近代ということについても、さらに研究が進むことを願っている。

なお、カタログを売っている方の会場には、僧侶の方がいた。話しをちょっと聞いてみると、円覚寺から派遣されてきているとのことだった。

ウツギ2018-06-20

2018-06-20 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日は花の写真の日。今日はウツギ。

前回は、
やまもも書斎記 2018年6月13日
ハコネウツギ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/06/13/8893099

初夏に我が家の近辺の雑木林に花をつける。去年から、花の写真など撮り始めて、ウツギと見定めるようになった。

日本国語大辞典(ジャパンナレッジ)を見ると、

(茎が中空であるところから名づけられたという)ユキノシタ科の落葉低木。各地の山野にふつうに生える。

とある。

用例は、本草和名(918頃)から見える。古く平安の昔から、「うつぎ」の語があったことが知られる。また、古辞書のところをみると、「字鏡・和名・色葉・名義」など、平安の古辞書から掲載されている語である。「うつぎ」という木、花は、平安時代からなじみのある語であったことになる。

言海にもあるよし。言海を見てみると、

灌木ノ名、高サ六七尺、幹中、空(ウツロ)ニシテ堅シ、木管、木釘、トス、枝、葉、対生シテ、葉ハ細ク狭ク緑ニシテ、鋸歯アリ、夏ノ始ニ、五弁ノ白花、五六寸ノ穂ヲナシテ開クうのはなトイフ

ウツギのことを「うのはな」と言っていることは、『言海』を見ても確認できる。ここに掲載の写真は、先月のうちに写しておいたものである。

ウツギ

ウツギ

ウツギ

ウツギ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

『西郷どん』あれこれ「寺田屋騒動」2018-06-19

2018-06-19 當山日出夫(とうやまひでお)

『西郷どん』2018年6月17日、第23回「寺田屋騒動」
https://www.nhk.or.jp/segodon/story/23/

前回は、
やまもも書斎記 2018年6月12日
『西郷どん』あれこれ「偉大な兄 地ごろな弟」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/06/12/8892549

今回は、寺田屋騒動の一件。NHKの大河ドラマで、寺田屋騒動は、何度か描かれてきていると思う、そして、そのいくつかを見たと思う。今回の描き方は、薩摩のパトリオティズム(愛郷心)を軸に描いた寺田屋騒動ということになるのだろう。

今回の登場人物のほとんどは、薩摩の人間。まあ、幕末を薩摩の視点で描いているのだから、そうなるといえばそうなのだが。薩摩、それも、鹿児島の郷中の小さな人間関係におさまる人物がメインであった。鹿児島の郷中で、幕末から明治維新をなしとげ、そのときにあった、ある悲劇としての寺田屋騒動であった。川でウナギを捕るシーンに象徴されている郷中の仲間どうしで、殺し合わねばならない理不尽としての寺田屋騒動として描かれていたと思う。

ところで、よくわからないのが、時代の流れと西郷の関係。これまでのところ、幕末の重要な局面で、西郷は、その場面にいない。桜田門外の変の時には、奄美大島に流されていた。そして、今回の寺田屋騒動のときも、薩摩に幽閉されていた。江戸にいたときは、斉彬のお庭方であり、西郷が中心人物として、歴史の中にあるということはなかった。だが、そのような西郷を中心にして、これからの薩摩藩は、倒幕の中心になっていくことになる。江戸城の開城もある。明治維新後は、西郷、それから、大久保とで、日本の近代の礎を作ることになる。

その西郷が、ともかく、「西郷」という人格でしかないように思える。その「西郷」という人格の形成に、故・島津斉彬の薫陶あってのことであることは分かるのだが、しかし、その具体的人物像がいかにして成り立っているのかとなると、茫漠としている。が、だからこそ「西郷」という人格に、明治維新の立役者としての存在感があるということなのかもしれないが。

また、なぜ、尊皇攘夷なのか、これもよくわからない。時代の空気としかいいようがないものかもしれない。たぶん、これから明治になってからの近代も、よくわからないままでいきそうな気がしてならない。尊皇攘夷とか、倒幕とか、近代とか、時代の流れのなかにあって、屹立した一つの人格としての「西郷」を、これからこのドラマは描いていくのだろうと思っている。

映像の世紀プレミアム「独裁者3人の“狂気”」2018-06-18

2018-06-18 當山日出夫(とうやまひでお)

NHK 映像の世紀プレミアム 第9集「独裁者 3人の“狂気”」
http://www4.nhk.or.jp/P4235/x/2018-06-16/10/32594/2899067/

土曜日の放送を録画しておいて、日曜日に見た。見て思うことはいろいろあるが、印象的だったことを二点に絞ってみたい。あつかわれていた「独裁者」は、ムッソリーニ、ヒットラー、スターリンである。

第一に、ヒットラーに対するスターリンの評価である。ベルリンの最後が近づいてきたときにも、内部からの崩壊ということはなかった。スターリンは、ヒットラーを高く評価していた。ドイツを、あそこまで一つにまとめ上げることができたのは、ただの狂人にできることではない、と。

第二に、そのスターリン再評価の動きである。確かに多大な犠牲を出したかもしれないが、スターリンのもとでソ連は飛躍的な発展をとげた。何よりも、ヒットラーに勝つことができた。これは、功績とすべきではないか、ということ。

他にも感じるところはかなりあるが、特に印象に残っているのは、上記の二点になるだろうか。

今後、ヒットラーが再評価されることはないだろう。しかし、その統治の手法とでもいうべきものは、今後、一層研究されることになるかもしれない。

ところで、番組(録画)を見ながら感じたことは、NHKでも、スターリン批判をここまで放送するようになったか、という感慨めいたものである。1955年生まれの私としては、スターリン批判を直接に記憶しているわけではない。だが、社会主義の正義を体現した国としてのソ連という国があった時代、そのように人びとに思われていた時代、冷戦時代を記憶している。その時代にあって、スターリンもまた、ある一定の評価はなされていたように思う。今日のようなスターリン批判が可能になったのは、東西冷戦終結を受けてという印象を持つ。だが、それは、同時に、今日のロシアにおける、スターリン再評価にもつながっていることになる。

また、番組は、ルーマニアのチャウシェスク大統領の最期の時の映像からスタートしていた。これも、印象的である。例えば、旧ユーゴスラビアなど東欧諸国は、ある時期の日本においては、ある種の理想として語られていたという記憶がある。ソ連でもない、中共(もうこんな言い方しないだろうが)でもない、あるべき姿としての東欧のユーロコミュニズムが、理想とともに語られていた。旧ユーゴスラビアのチトー大統領は、理想化されていたように記憶している。その理想も、今では、無かったかのごとくである。

スターリン批判の検証も必要と思うが、東欧ユーロコミュニズム礼賛もきちんと今日の眼から検証しておくべきだと感じている。

『半分、青い。』あれこれ「デビューしたい!」2018-06-17

2018-06-17 當山日出夫(とうやまひでお)

『半分、青い。』第11週「デビューしたい!」
https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/story/week_11.html

前回は、
やまもも書斎記 2018年6月11日
『半分、青い。』あれこれ「息がしたい!」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/06/11/8891893

漫画作品についての秋風羽織の思いは、このドラマの脚本、北川悦吏子の思いにも通じるものがあるのかもしれない。

この週は、前半から後半にかけて大きく話しが動いた。印象に残るのは、次の二点。

第一に、律との別れである。

鈴愛は、正人に振られている。そして、律とも別れることになった。これはいいとして、いったいいつから鈴愛と律は、お互いを恋人と意識してきたのだろうか。そこのところが曖昧である。だが、結果的に二人は別れることになった。

これは、恋人になろうとしてなれなかった幼なじみ、ということなのかもしれない。お互いを恋の相手と認識する前に、清(さや)が割り込んできたことで、お互いのことに気付く。だが、その気付いたときは、時はすでに遅い。恋人を意識することが、即座に、別れにつながってしまっている。

第二に、鈴愛の漫画家デビューである。

このドラマ、始まるまでの予告では、片耳が聞こえないというハンディを背負ったヒロインが、明るく生きていく姿を描く……であったように覚えている。漫画家として、ということは言われていなかったはずである。

が、ドラマの進行とともに、鈴愛は、秋風を師匠として、漫画の世界に生きていくことになる。二年が経過した。

その漫画家を目指す鈴愛に対して、秋風は厳しい。ネタをパクったボクテを破門にするのはいいとしても、鈴愛に対しても、厳しく対応している。自分のネタをひとに渡すようでは、プロ意識として失格であると。

ここまで厳しい言葉を秋風から言われた鈴愛は、今後、漫画家の道を選ぶか、それとも、漫画家を断念するか、どちらかしかないのだろう。(予告では、漫画家の道を選ぶようであるが。)

以上の二点が、この週で印象に残っているところである。

特に、創作者としての漫画家がどうあるべきかという秋風の姿は、このドラマの作者である北川悦吏子自身の姿に重なるところを感じる。この意味では、この作品、北川悦吏子にとって渾身の作と言っていいのだろう。(無論、これ以外の作品もそうであるにちがいないのだろうが。)

そして、律がどのように再登場することになるのか、期待して見ることにしよう。

『凶犬の眼』柚月祐子2018-06-16

2018-06-16 當山日出夫(とうやまひでお)

凶犬の眼

柚月祐子.『凶犬の眼』.KADOKAWA.2018
https://www.kadokawa.co.jp/product/321607000224/

柚月祐子では、先に、『孤狼の血』を読んでいる。

やまもも書斎記 2017年1月20日
『孤狼の血』柚月裕子
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/01/20/8327720

この『孤狼の血』は、傑作と思って読んだ。映画化もされている。その続編が出たというので、読んでみることにした。

結論としては、警官小説、極道小説としては、まあ、成功している方かもしれないが、しかし、前作『孤狼の血』の方が、ずっといい。といって、つまらないというのではない。前作が、よくできすぎているのである。

時代設定は、平成の初め。つまり、『孤狼の血』の本編というべき部分が終わって、主人公、日岡が、地方の駐在所に勤務している時のことになる。このあたりの時代設定の読みは、『孤狼の血』を読んでいるかどうかで、違ってくる。『孤狼の血』を読んでいると、最後に、日岡がどんな警察官になっているのかを知っていることになるので、その若い時、そして『孤狼の血』の続編という位置づけで読むことになる。

物語としては、全国規模の暴力団抗争事件に巻き込まれた、地方の駐在所勤務の警官の話ということになる。が、その警官、日岡は、広島で大上という先輩警察官の薫陶(?)を受けている。ただの正義感に満ちた若い警官でなはない。

たとえば次のような箇所。

「日岡は交換条件を持ち出してそれを了承した。こちらも犬になるが、そちらも犬になれ――犬と犬との、約束だった。」(p.162)

まさに「犬」として生きていく道を選んだ警官、日岡の、その若い時の姿、と思って読めばいいだろうか。

無論、この作品は、独立して読めるように書いてあるが、『孤狼の血』を読んであると、より一層楽しめる作品ではある。読んで損はないと思う。

語彙・辞書研究会(53回)に行ってきた2018-06-15

2018-06-15 當山日出夫(とうやまひでお)

語彙・辞書研究会

2018年6月9日、東京で語彙・辞書研究会があったので、行って発表してきた。

当日のプログラムは以下のとおり(発表者名と発表タイトル)

1. 菊池そのみ・菅野倫匡 「勅撰和歌集における品詞の構成比率について」
2. 中澤光平 「方言辞典に求められるもの―与那国方言辞典作成の現場から―」
3. 大久保克彦 「『大漢和辞典』専用 OCR とフォントの開発」
4. 當山日出夫 「変体仮名と国語辞典とワープロ」
[講演]
野村雅昭 「落語辞典の穴」

最初の発表(菊池さん、菅野さん)は、この前の国語語彙史研究会の続きといった感じ。今回の方がより整理されていたと感じた。

中澤さんの発表は、絶滅の危惧にある方言を辞書として記述するときのいろんな苦労。この発表、使用する仮名の問題において、私の話したことと少し関係がある。

大久保さんの発表は、大漢和を全部スキャンして、漢字の字形をデジタル処理してみたというもの。何を目指すか明確なところはまだ無いようであるが、今後の発展に期待したい。

野村先生の発表は、落語の話し。落語を国語資料としてつかうときの資料論の話しに踏み込んだものであった。

で、私の話したことであるが……これまで、表記研究会や、東洋学へのコンピュータ利用(京都大学)などで、話してきたことを、辞書という観点から再整理してみたもの。特に新規に話したことではないが、これからの国語辞典が仮名・変体仮名というものをどう記述すべきか、ということについて、少しは問題提起になったかと思う。

終わって、会場のあった新宿NSビルの上の方の階で懇親会。かなり人は集まったほうだろうか。この懇親会は、椅子に座ってテーブルで食事しながら。そんなに多くの人と話すことはできないが、落ち着いていろいろ話せる。体もこの方が楽でもある。(このごろ、立食の懇親会でずっと立っているのが、つらくなりはじめてきた。)

この語彙・辞書研究会は、以前にも発表したことがある。三省堂の中に事務局があり、現代の辞書についての研究発表をするには、一番適した研究会かもしれない。

今回の発表では、ちょっとトラブルがあった。持って行ったパソコン(レッツノート)が、プロジェクタが認識してくれなくて、画面が映らなかった。しばらく待って、どうにか回復したのだが、急ぎ足でスライドを見せて説明ということになってしまった。こんなことは始めてである。研究発表などで、これまで、VAIOとか、レッツノートとか、使ってきている。ケーブルを繋いで、まったく認識してくれなかったということは、これまでの経験ではない。

後で思い返せば、すばやく頭を切り替えて、人のパソコンを借りることにすればよかったかと思う。そのために、USBメモリにもデータを入れて持って行っておいたのであった。あるいは、こんなこともあることにそなえて、レジュメを読み上げるだけで発表にできるように工夫しておくべきだったのかもしれない。世の中、いったい何が起こるかわからない。私も、これから先、どれだけ研究発表などすることになるか分からないが、万が一、今回のようなことが再び起こっても対応できるように準備しておくべきだと感じた次第でもある。

『「死の棘」日記』島尾敏雄2018-06-14

2018-06-12 當山日出夫(とうやまひでお)

「死の棘」日記

島尾敏雄.『「死の棘」日記』(新潮文庫).新潮社.2008 (新潮社.2005)
http://www.shinchosha.co.jp/book/116405/

『死の棘』を読んだのは、昨年、一昨年のことになる。

やまもも書斎記 2017年1月26日
『死の棘』島尾敏雄
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/01/26/8333549

その後、

梯久美子.『狂うひと-「死の棘」の妻・島尾ミホ-』.新潮社.2016

を読んだ。いや、この『「死の棘」日記』は、かなり時間をかけて読んだので、読み始めたのはこちらの方が早かったのかもしれない。いずれにせよ、相当の時間をかけて『「死の棘」日記』と『狂うひと』の二冊を読んだのであった。なぜ、時間がかかったのか。一気に読んでしまえば、読めない本ではない。だが、時間がかかってしまっていた。また、読後も、すぐに読んで思ったことなど書こうとも思いながら、本がうもれてしまっていた。

何故か……それは、やはり考えてしまうからなのであろう。『死の棘』あるいは『「死の棘」日記』に書かれたことは、「本当」のことなのだろうか。また、島尾敏雄とミホの関係は、いったい何だったのだろうか。読めば読むにしたがって、考えがまとまらなくなる。

無論、文学だからフィクションと割り切ってしまえばいいのかもしれない。だが、『死の棘』は、戦後日本文学のなかで、最高に評価の高い小説、それも、私小説である。そう簡単にフィクションと割り切ってしまう気になれない。

また、『死の棘』を書いた著者(島尾敏雄)は、なぜ、その日記『「死の棘」日記』を書いていたのか。そして、さらに、なぜ、妻・ミホは、その刊行にいたることになったのか。

こうまで克明に妻の病気、それも精神的な病気のことを、書き綴る意図は何なのだろうか。そして、自分のことが書かれた日記を、夫の死後に刊行する妻の気持ちはいったい何なのだろうか。

このようなことを思いながらも、文庫本で500ページを超える分量を、じっくりと文字を追って読んでしまったのである。書いてあるのは、小さな家族の日常生活と、徐々に精神を病んでいく妻の姿のみといってよい。それを読んでしまうというのは、つきなみな言い方になってしまうが、これが「文学」というものなのだろう、としかいいようがない。

文学としての「日記」これは、日本文学における伝統といっていいかもしれない。近代においては、永井荷風の『断腸亭日乗』が著名である。あるいはこうもいえようか、日記が文学になるのではなく、逆に、日記という形式をかりることによって表現しうる文学というものがあるのである、と。

はっきりいってよくわからないというのが正直なところである。だが、まぎれもなくこの日記は文学たりえていると確信するものがある。

なお、蛇足を書いておくと、読みながら付箋をいくつかつけた。豊島与志雄の人名が出てきたときにである。数カ所に豊島与志雄の名前が、出てくる。その死について記してある。作家としてである。豊島与志雄は、今ではもう忘れられた作家である。だが、その訳した『ジャン・クリストフ』は、今でも読まれている。

やまもも書斎記
2017年9月28日
『ジャン・クリストフ』ロマン・ローラン
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/09/28/8685378

島尾敏雄にとって、豊島与志雄は、仲間としての作家であったことが分かる。

なお、新潮文庫の『「死の棘」日記』の解説を書いているのは、加藤陽子。歴史学者の目、史料批判の目で、『「死の棘」日記』をどう読むことになるのか。この観点でも、興味深いものがあった。加藤陽子の文学的感性が光っている。

ハコネウツギ2018-06-13

2018-06-13 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日は花の写真の日。今日は、ハコネウツギである。

前回は、
やまもも書斎記 2018年6月6日
ソヨゴ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/06/06/8879823

我が家に一本のハコネウツギの木がある。去年、花の写真など撮り始めて、ハコネウツギと認識することになった。

初夏に花を咲かせる。最初は白い花。それが、徐々に色が変わっていって赤くなる。咲いている状態を写すとなると、まだ白い花と、もう赤くなってしまった花の両方を同時に写すことになる。

日本国語大辞典(ジャパンナレッジ)を見ると、

スイカズラ科の落葉低木。各地の海岸付近にはえ、観賞用に庭園に栽植される。

とある。また、

箱根の名があるが、箱根には自生していない。

ともある。漢名では、「錦帯花」と書くらしい。用例の古いものは、俳諧・毛吹草(1338)から見える。近世からこの名前で呼ばれていたらしい。

『言海』にもあるとのことなので、『言海』を見ると、「箱根ニ多シ」とある。これは誤りということになるのだろう。

ハコネウツギ

ハコネウツギ

ハコネウツギ

ハコネウツギ

ハコネウツギ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

追記 2018-06-20
この続きは、
やまもも書斎記 2018年6月20日
ウツギ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/06/20/8898569