「古典は本当に必要なのか」私見(その三)2019-02-16

2019-02-16 當山日出夫(とうやまひでお)

続きである。
やまもも書斎記 2019年1月26日
「古典は本当に必要なのか」私見(その二)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/01/26/9029000

シンポジウムをYouTubeで見ていて、ちょっと気になったことなので書いておくことにする。

古典肯定派からの意見として、「情理をつくしてとく」ということが言われていた。私は、これには深く同意するものである。『徒然草』を教材にして、「花はさかりに月はくまなきをのみ見るものかは」のくだりに言及しての発言である。

確かに、ディベート技術といわれるものもこれからの国語教育では必要であろう。また、説明文などの技術的文書の書き方、読み方も必要であると思う。このこと自体には異存はない。

だが、それだけでいいのだろうか。

人と話しをして、特に自分とは異なる意見の持ち主に対して、ただ、論理的に論破すればいい、これだけでいいのだろうか。人と人とのコミュニケーションにおいて、最終的に、人間関係を構築するうえで重要なのは、「情理をつくしてとく」という姿勢にあるのではないか。

この意味においては、「古典」の教育は、意味のあるものでなければならないと思う。

そして、さらに言えば、現代文においても重要である。『山月記』『羅生門』『舞姫』『高瀬舟』……といった、定番の国語教材(近代文学作品)は、読んでいったい何の役にたつのか。私は、これは、最終的には、自分と異なる立場・意見のひとに接したとき、「情理をつくしてとく」ということにつながるのであると思う。そして、自分とは異なる立場・意見のひとのことばに、耳を傾けるという姿勢、これこそ、これからの時代において本当に必要になってくるものなのではないだろうか。

多様性の尊重ということが、今の時代、これからの時代には求められる。そのとき、異なる立場・意見のひとにどう対するべきか、これは、ただ、ディベートで勝てばよいという発想では対処しきれない問題があると思う。

私は、国語教育は、言語コミュニケーション教育を重視すべきであるという立場をこれまでとってきた。学生に文章の書き方を教えるときでも、基本的に、国語教育のうちの情操教育については、批判的な観点から話しをしてきた。

だが、ここにきて、国語教育のなかから、文学教育・情操教育という側面が、まさに否定されようとしているとき、あえて立ち止まって、このことの必要性を改めて考え直すことの意味を、強く感じるものである。

何故、私はこのように考えるのか、何故、あなたのように考えることはできないのか……考えて見ることの姿勢は、まさに今の時代にこそ必要とされるものであるにちがいない。そこには、相手の立場にたって考えてみる「想像力」が必要である。

このようなこと、かなり以前に、内田樹がどこかのエッセイで書いていたことと記憶している。まだ、そんなに有名ではない、評論家であったころの著作においてである。

情理つくしてとく……このことのためには、「文学的な想像力」の教育こそ不可欠であると、私は思う。この観点においても、「古典」の教育は、再度かえりみられなければならないと考える。

最後に付け加えて書いておきたいことがある。「古典は本当に必要なのか」をめぐっては、様々にWEB上で議論がある。それらを見て思うことがある。次のことは語ってはいけないことだと、自分自身への自省として思っていることである。

それは、
・高校の時のルサンチマンを語らない
・自分の今の専門への愛を語らない
この二つのことがらである。

このことをふまえたうえで、何故、古典は必要なのか、あるいは、必要でないのか。また、他の教科・教材についてはどうなのか、議論されるべきだと思うのである。

斎宮歴史博物館に行ってきた2019-02-15

2019-02-15 當山日出夫(とうやまひでお)

続きである。
やまもも書斎記 2019年2月14日
鳥羽に行ってきた
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/02/14/9035902

伊勢神宮から、次は、斎宮歴博物館をめざした。

斎宮歴博物館
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/saiku/

伊勢の斎宮のことは、国文学という勉強をすれば、どうしても目にする。まずは『伊勢物語』であり『源氏物語』である。

伊勢の斎宮、賀茂の斎院、このことは知識としては知っていても、その実態については、ほとんど知らないで過ごしてきた。賀茂の斎院については、毎年の葵祭のことでニュースで目にはするのだが。

ちょうど今、『源氏物語』を読んでいる。伊勢の斎宮がでてくる。その興味もあって、この際と思って行ってみることにした。

伊勢神宮からだと自動車で30分ぐらいだろうか。一般道を走る。非常に立派な施設である。展示を見て感じたことは……伊勢の斎宮は、朝廷の直轄であったこと、そして、その規模がかなり大規模なものであったこと。このようなこと、この博物館に行って展示を見るまでは知らないでいた。

実は、もっと質素なものであったかと思っていたのだが、実際、その最盛期のころは、かなりの規模で威儀のあるものであったようである。その組織も、朝廷のそれに同じように整備され、格式のあったものらしい。

といって、その仕事としては、年に三回ほど、伊勢神宮の行事に参加するほどのことだったらしい。

また、展示品の中で、私の興味を引いたのは、いわゆる「墨書土器」の出土品。なぜ、土器などに文字を書いたのだろうか。しかも、それほど意味のある文字とは思えない。

展示を見てから帰路についた。来たときと同じように伊勢自動車道から新名神、京滋バイパスを通ってかえった。夕方に家にかえった。

斎宮歴史博物館

鳥羽に行ってきた2019-02-14

2019-02-14 當山日出夫(とうやまひでお)

二月になって、思い立って鳥羽まで行ってきた。

浦村の牡蠣を食べにである。このあたり、牡蠣の養殖が盛んな地域でもある。冬になると、牡蠣を専門に出す店が多くなる。特に伊勢の的矢湾の牡蠣は、ブランドとして有名だが、浦村もおいしい。

我が家からだど、自動車で、3~4時間ほどである。今回は、長男の運転で行くことにした。自動車は、日産のノートe-Powerである。朝の8時すぎに家を出て、途中ちょっと休憩。目的の店には、11時半ごろついた。

焼き牡蠣と蒸し牡蠣の2種類がある。私はもっぱら蒸し牡蠣をたべることにする。焼くと牡蠣の殻がこわれて、身にまざる。それが、蒸し牡蠣だと、牡蠣だけきれいに食べられる。30~40個ぐらいは食べたろうか。食べ放題には、牡蠣フライが3個と、ご飯、味噌汁がついてくる。90分の時間なのだが、1時間もたべてはいられない。ひたすら牡蠣をたべていた。

調味料は何もつけない。水揚げしたばかりの牡蠣であるので、海水の塩分で、少し味がついている。たべているとそれだけでも、かなり塩からく感じるぐらいである。水は、途中の高速のサービスエリアの自動販売機で買っておいた。

食べ放題というシステムは、得なのか損なのかよくわからないところがある。が、まあ、年に一度ぐらいは、こんな時があってもいいかと思っている。

12時半ぐらに食べ終わって、伊勢神宮にむかった。このところ、数年、伊勢神宮には参拝している。今年に限ったことではないのかもしれないが、伊勢神宮でも、参拝客、というよりも観光客、それも、外国人が増えているように感じる。参道を歩いていても日本語ではない話し声を耳にする。

参拝をおえて、時間があるので、今回の目的地のもう一つである、斎宮歴史博物館に向かうことにした。

カメラは、(買った順番としては古くなるが)NikonのD7500を持っていった。レンズは、16-80mm f/2.8-4E ED VR である。コンパクトカメラを持って行ってもよかったのだが、たまの外出であるし、自動車で行って他にたいした荷物があるというのでもないので、一眼レフを持っていくことにした。

鳥羽

鳥羽

Nikon D7500
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR

追記 2019-02-15
この続きは、
やまもも書斎記 2019年2月15日
斎宮歴史博物館に行ってきた
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/02/15/9036288

紫陽花の冬芽2019-02-13

2019-02-13 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので花の写真。冬の間なので花は咲いていない。今日は紫陽花の冬芽である。

前回は、
やまもも書斎記 2019年2月6日
梅の冬芽
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/02/06/9032947

我が家にわずかながら紫陽花がある。そんなに手入れして育てているというのではないが、季節になると花を咲かせる。その紫陽花の冬の様子である。

見ると、紫陽花の冬芽はなかなか興味深い形をしてる。写真に撮ってみると面白い。これから、この冬芽が、どんなふうに葉になり花になっていくのか、観察してみようかと思う。庭にある草木も、その季節の移り変わりがあることに気付く。

使っている機材は、NikonのD500に、マイクロ105ミリ(f/2.8)である。このような写真を撮るのに、ほどよく被写体と距離がとれるので、このレンズを重宝して使っている。

紫陽花の冬芽

紫陽花の冬芽

紫陽花の冬芽

紫陽花の冬芽

紫陽花の冬芽

Nikon D500
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

『いだてん』あれこれ「お江戸日本橋」2019-02-12

2019-02-12 當山日出夫(とうやまひでお)

『いだてん~東京オリムピック噺~』2019年2月10日、第6回「お江戸日本橋」
https://www.nhk.or.jp/idaten/r/story/006/

前回は、
やまもも書斎記 2019年2月5日
『いだてん』あれこれ「雨ニモマケズ」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/02/05/9032595

オリンピックの代表に選ばれた四三は、その気がないという。いや、そもそも、オリンピックがどんなものかも分かっていなかったようだ。ただ、走るのが好きではある。しかし、スポーツというものについても、今ひとつ理解がないようである。まあ、この当時……明治の終わりごろ……の日本の普通の人びとの感覚とは、こんなものだったのだろう。

オリンピックの代表に選ばれたと知って四三は、びっくりする。日本国を代表して海外の試合に出る。負けたら切腹ですか……この箇所、かなりコミカルに描いていたけれども、しかし、そのころの日本の若者の考えるところは、このようなところであったのかもしれない。ここを、嘉納治五郎は、そんなことはないと説得してはいたのだが、どうもうまくいったとは思えない。

官費で派遣されることになるから、重責を担うことになる。では、私費で行けばいい。それならば、負けても特にどうということはない。

まあ、確かにそのとおりなのかもしれないが、九州のそれほど豊かであるとも思えない農家の子どもである四三に、この費用の負担はむずかしいのではないか。そもそも、師範学校というもの自体が、官費で運営されている。これからの国家にとって枢要をしめる教育の人材養成の機関であったはずである。その学生である四三に、長期にわたって学校を休んで、海外のスポーツの試合に出てくることを要請すること自体、まだまだ無理があったように思える。

あるいは、費用が、仮に官費で支給されるとしても、純粋に競技に参加することに意義がある、ということには、簡単にはならないだろう。いやおうなしに、「日本」というものを意識せざるをえないにちがいない。

だが、このドラマは、そのような「日本」に対するナショナリズムを、軽く吹き飛ばすような描き方をしている。これはこれで、一つの方針にはちがいない。

一方、この回に出てきた、中国の辛亥革命のこと。当時の東アジア情勢を考えてみるならば、まさに、ナショナリズムの時代である。中国のナショナリズム……辛亥革命……は肯定的に描きながらも、日本のナショナリズムは、どうでもいいいような感じで軽く描いてしまう。

このドラマ、とにかく、日本のナショナリズムをどう描くかが、ポイントであるにはちがいない。これまでのところ、どのような形にせよこれを描くことは避けているようである。また、ナショナリズムを軽く受け流すだけの「毒」をもった登場人物として、志ん生(ビートたけし)が起用されてることになる。

何度も繰り返し書くが、ストックホルムの次には、ベルリンのオリンピック「民族の祭典」があり、幻に終わった昭和15年(1940)の東京オリンピックがあることになる。まさに、ナショナリズムと当時の国際情勢抜きには、描くことのできないところになる。さらに、昭和39年(1964)の東京オリンピックも、ある意味で戦後日本のナショナリズムの高揚を感じさせる大会であったはずである。

中国の辛亥革命を描きながら、日本のナショナリズムは無意味なもののようにえがいている。スポーツとナショナリズムをどう描いて見せることになるのか、宮藤官九郎の脚本については、やや欺瞞的なところを感じずにはいられない。ここは、東アジアのナショナリズムを肯定的に描きながら、一方で、現代の視点(志ん生)の毒舌で笑い飛ばして見せる……このような展開を期待して見ている。あるいは、当時の東アジアの国々におけるナショナリズム……日本であり、朝鮮であり、台湾であり、そして、中国である……を、ダイナミックに描くことも、不可能ではないかもしれないのだが、このドラマにそこまで期待するのは無理だろうか。

『ある詐欺師の告白』トーマス・マン2019-02-11

2019-02-11 當山日出夫(とうやまひでお)

トーマス・マン

トーマス・マン.高橋義孝(訳).『ある詐欺師の告白』(「世界の文学」35).中央公論社.1965年

この本も古本で買った。「世界の文学」(中央公論社)のトーマス・マンの巻におさめるのは、
「ある詐欺師の告白-フェリクス・クルルの回想録-」
「トニオ・クレーゲル」
「ヴェニスに死す」
である。

このうち、「ある詐欺師の告白」は、光文社古典新訳文庫でも出ているのだが、あいにくと上下巻のうち下巻が品切れになってしまっている。古書で買うと、なぜだか高い。Kindleでも読めるのだが、私は、あまりKindleで本を読むのが好きではない。古書で「世界の文学」で読むことにした。

読んで思うことは次の二点だろうか。

第一に、抜群に面白い小説であること。読み始め、やや難渋するところが無いではない。だが、我慢して読んでいって、主人公「おれ」が、フランスに移ってくるあたりから、俄然面白くなる。こんな面白い小説はめったにないと感じさせるほどである。

第二に、その面白いストーリーの中に語られる、人生や芸術についての様々な知見。まさにトーマス・マンならではの小説と感じるところである。それが、『魔の山』ではやや退屈な印象を持って読んでしまったのだが、この小説になると、そのような部分はストーリーの中に溶け込んで語られるので、すんなりと読んでいける。

以上の二点が、この小説を読んで思うことである。

この小説は未完に終わっている。1922に初稿が出版され、1954年に決定第三稿の刊行である(解題による)。30年以上にわたって書き継がれてきたこの小説に、著者の小説家としての歩みを見てとることができる。トーマス・マンの世界観、芸術観の凝縮してある作品だと読んで感じる次第である。

『まんぷく』あれこれ「10歩も20歩も前進です!」2019-02-10

2019-02-10 當山日出夫(とうやまひでお)

『まんぷく』第19週「10歩も20歩も前進です!」
https://www.nhk.or.jp/mampuku/story/index19_190204.html

前回は、
やまもも書斎記 2019年2月3日
『まんぷく』あれこれ「完成はもうすぐ!?」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/02/03/9031798

やっとインスタントラーメンの完成のヒントを得たようだ。

この週も、インスタントラーメンの開発の試行錯誤の展開だった。いろいろと試してみるが、どれもうまくいかない。麺の乾燥法にどうやら問題があるらしい、というあたりまではなんとかこぎつけた。

土曜日、最後のシーンは、福子が天ぷらを揚げるのを見ていた萬平がひらめくところでおわっていた。次週、おそらく、この油をつかった方法でもって、インスタントラーメンの完成ということになるのかもしれない。

ところで、克子のところの話し。モデルでやってきていた秀子(壇蜜)によって、忠彦の画風が一変してしまった。ここのところの経緯が、インスタントラーメンの開発の話しに混じって、うまく描かれていたように思う。

萬平は、やはり「ものづくり」の人間である。研究所で働いているときの萬平の姿が、生き生きと描かれていた。そして、失敗しても、それは、一つの事例の積み重ねとして、次への一歩になるという、前向きの姿勢が、見ていて好ましい。見ている人間に、生きていく元気を与えてくれる。

次週、いよいよ、インスタントラーメンが完成することになると思われる。どんなラーメンができあがるのか、楽しみに見ることにしよう。

『紫文要領』本居宣長2019-02-09

2019-02-09 當山日出夫(とうやまひでお)

本居宣長集

日野龍夫(校注).『本居宣長集』(新潮日本古典集成 新装版).新潮社.2018
https://www.shinchosha.co.jp/book/620878/

去年、「本居宣長」という本をいくつか読んだ。これは、その時に読もうと思って買っておいたものである。その後、『失われた時を求めて』を読んだり、ドストエフスキーを読んだりしていた。手元にあった本なので、何気なく読み始めた。

『紫文要領』……これは、本居宣長の物語論、もののあはれ論、源氏物語論を代表する著作である。

読んで思うことは次の三点になるだろうか。

第一に、江戸時代の国学という学問の中に、それまでの古典研究が流れ込んでいることの確認である。無論、宣長は、旧来の伝統的な勧善懲悪的物語解釈をしりぞけている。この意味では、従来の研究を否定しているのだが、それだけではない。やはり、この著作の中には、中世以来、『源氏物語』を読んできた歴史的経緯というものが、集約されている。ただ、それが、否定的文脈で言及されることが多いので、「物の哀」という宣長の主張が全面に出たような印象となっているだけのことである。

第二に、宣長の独創というべき「物の哀」論である。物語、特に、『源氏物語』を読むとき、そこに「物の哀」を感じてこそ読んだことになる、この宣長の「発明」とでもいうべき、「物の哀」論には、なるほどと感じ入るところがある。

第三に、「物の哀」論に見られるような、主情主義・情緒主義的文芸理解、これが、特に宣長の独創というべきではなく、広く近世の儒学……例えば、荻生徂徠など……においても、指摘できることである。これは、主に、この校注本の注釈や解説によることになる。

以上の三点が、『紫文要領』を読んで、私の感じ取ったところである。

この本を読んでみて、『源氏物語』を読んでおきたくなった。私も、もう還暦は過ぎた。が、古希にはまだいくぶんの年月が残されている。まだ、元気で本が読めるうちに読んでおきたい本というものがある。『源氏物語』もその一つ。去年読んだ『失われた時を求めて』もそうである。

『源氏物語』は、若い時に、一通り読んでいる。古い岩波の古典大系で読んだ。だが、順番に「桐壺」の巻から読むということはなかった。「若菜」の巻を中心にして……『源氏物語』は「若菜」の巻をきちんと読んでおけば理解できるというのが、習った池田彌三郎先生の言っていたことである……紫上系の巻、玉鬘系の巻、そして、宇治十帖と読んでいったかと憶えている。

国語学というようなことを勉強してきたので、日本国語大辞典などをひいて、用例をとして、『源氏物語』を目にすることは日常的にあった。そして、今では、国立国語研究所の歴史コーパスで、『源氏物語』を自在にあつかうことができるようになっている。

『源氏物語』は、「桐壺」から順番に自分の目で読んでおきたい、そう思う。もう、老後の読書である。『源氏物語』を読んで、論文を書こうという気はない。ただ、自分自身のための読書として読んでおきたいのである。

本居宣長『紫文要領』を手がかりとして、『源氏物語』を読むことにしたい。

『ボヴァリー夫人』フロベール2019-02-08

2019-02-08 當山日出夫(とうやまひでお)

ボヴァリー夫人

フロベール.山田𣝣(訳).『ボヴァリー夫人』(「世界の文学」15).中央公論社.1965

『感情教育』を新しい訳で読んで、次に手にしてみたのが、『ボヴァリー夫人』である。

やまもも書斎記 2019年2月7日
『感情教育』フローベール
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/02/07/9033293

『ボヴァリー夫人』は、以前に新潮文庫の訳で読んでいる。

やまもも書斎記 2017年6月16日
『ボヴァリー夫人』フローベール
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/06/16/8598263

二年前に読んだことになる。今回は、古い訳になるが、中央公論社の「世界の文学」を古書で買って読むことにした。訳が変わるとまた印象も変わるかと思って。

この古い訳で読んでみてであるが、ようやく『ボヴァリー夫人』という小説が、世界文学のなかで、特に十九世紀フランスの自然主義文学のなかで、特に評価の高い理由がわかったような気がする。

なるほど、ボヴァリー夫人(エンマ)とは、こんなふうに考える女性であったのかと、どうにか、その心情によりそう形で、小説が読めたように思う。といって、エンマの気持ちが十分に理解できたというのではない。が、少なくとも、小説を読んでいって、その心理の動きをたどることができた。フランスの自然主義文学ということである。ここは、とにかく主人公の心理の流れを自分のなかに感じ取らないでは読んだことにならないだろう。

はっきり言って、『感情教育』は読んでよく分からなかった。その主人公の心理についていけなかったと言ってよい。だが、今回、『ボヴァリー夫人』については、どうにか、主人公のエンマの気持ちの動きに、読んでいってついていけたように感じる。(といって、エンマの行為に賛成するということではないが。)

読んでいて、ふと小説中のエンマの心のうちによりそってしまっていることに気付くことがあった。こういうのを自然主義文学というのだなと得心する。

この作品、また時間をおいて再々度、読み返してみたい作品である。登場人物の心のうちによりそって読むことこそ、文学を読む楽しみである。

『感情教育』フローベール2019-02-07

2019-02-07 當山日出夫(とうやまひでお)

感情教育(上)

感情教育(下)

フローベール.太田浩一(訳).『感情教育』上・下(光文社古典新訳文庫).光文社.2014
https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334753009
https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334753030

ドストエフスキーを読んでいって、ふとフランス近代の小説を読んでみたくなった。十九世紀自然主義文学である。単なる気まぐれであるが。フローベールを、読んでおきたくなった。

その『ボヴァリー夫人』は、以前に読んでいる。が、これも別の訳で読み直してみることにして、(これについては、また別に書くつもり)、『ボヴァリー夫人』と並んで名高い『感情教育』を読んでみることにした。実は、この作品は、まだ読んでいない本であった。

読んでみて感じるところは……次の二点になるだろうか。

第一には、近代自然主義文学ということになるのであるが、どうも、この小説の主人公の恋愛感には、ついていけない。この主人公、同時に二人の女性と恋をしている。この感覚が、現代の我々の恋愛感覚からすると、どうにも理解できない。

まあ、この時代のこの人びとの恋とはこのようなものであると言われればそれまでである。しかし、今ひとつ、主人公の感情に共感できないままで終わってしまった。

第二には、この小説の歴史的背景である。フランス革命後の二月革命の時のことを背景にしてある。このあたりのことも、昔、高校でならった世界史の知識をそう越えるものではない私としては、手にあまる。このような読者のことを思ってであろうが、上巻の始めに、この小説の歴史的背景について解説がある。読んではみるのだが、もうこの年になってからでは、すんなりと頭におさまらない。

もうすこし、近代ヨーロッパ史の知識を勉強しておくべきであった。歴史の勉強というよりも、近代の西欧の文学作品を理解するためにも、歴史の知識は必要である。そう思ってはみるものの、もう手遅れにちかい・・・

以上の二点が、『感情教育』を読んでみて感じるところである。あるいは、フランス語に堪能ならば、そして、近代のフランスの歴史の知識が十分にあるのならば、原文で読んで面白く読める作品なのであろうとは思う。

追記 2019-02-08
『ボヴァリー夫人』については、
やまもも書斎記 2019年2月8日
『ボヴァリー夫人』フロベール
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/02/08/9033686