『万葉ポピュリズムを斬る』品田悦一2020-10-24

2020-10-24 當山日出夫(とうやまひでお)

万葉ポピュリズムを着る

品田悦一.『万葉ポピュリズムを斬る』.短歌研究社.講談社.2020
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000344941

新学期の最初のとき、今年はオンラインでの教材提示ということだったのでかなわなかったが、昨年は、「令和」の出典は何であるか、聞いてみた。昨年、まさに改元のときであった。結果は、「万葉集」とこたえてくれたのが、半分ぐらいだったろうか。その他は、「枕草子」とか雑多である。なかには、わざわざ「考案者は菅官房長官」と答えてくる学生がいた。これには、どう対応していいか困る……

たぶん、そうだろうと思っていたが、『文選』と書いたものはなかった。昨年の「令和」の年号が発表になったとき、SNS上では、さかんにその出典が『文選』に依拠するものであることが、語られていたと思うのだが、学生は、はたしてそこまで目がおよんでいたのだろうか。

今年は、オンラインであったが次のようなことは伝えた。『万葉集』が「古典」であるから、そこから元号がとられたのではない。逆である、年号の出典を『万葉集』とすることで、『万葉集』が「古典」であると意識されるようになっているのである。少なくとも、大学で日本文学を学ぶ学生であるならば、このことに自覚的でなければならない。

『万葉集の発明』は持っているし(新旧)、ざっと目をとおした本ではある。この『万葉ポピュリズムを斬る』は、それをふまえたうえで、昨今の万葉集ブームとでもいうべきものを批判している。

いわく、『万葉集』は庶民から天皇までの歌を集めた「国民歌集」などではない。それは、明治になってから形成されてきたイメージにすぎない。

このことに私は、かなりの部分同意する。明治以降の、日本の近代化のなかで求められた「古典」というもの、それにこたえるかたちので『万葉集』のイメージの形成ということがあったことはたしかだろう。このことをふまえずに、ただ「古典」として『万葉集』を礼賛するのは、私もどうかと思うところがある。

ただ、『万葉集』の成立にあたって、文字を持たないような人びとの歌……東歌や防人歌など……が、収録されているのは、どのような経緯によってなのかは、さらに考察の必用があると思ってはいる。

ともあれ、「改元」とは祝賀すべきことなのか、『万葉集』はどのような意味において「古典」であるのか、さらには、「国書」とは何か……今の年号の「令和」をめぐっては、いろいろと考えるべきことが多くある。安易に時流にながされないために、読んで見る価値のある本だと思う。

2020年10月23日記

『絶望』ナボコフ/貝澤哉(訳)2020-10-23

2020-10-23 當山日出夫(とうやまひでお)

絶望

ナボコフ.貝澤哉(訳).『絶望』(光文社古典新訳文庫).光文社.2013
https://www.kotensinyaku.jp/books/book177/

『文学こそ最高の教養である』の本。ナボコフの初期のロシア語作品である。

先に『カメラ・オブスクーラ』を読んでいるので、その目で読むせいもあるのかもしれないが、「小説」という虚構の世界をことばで語ることに、自覚的、あるいは、その世界の中に遊んでいるという印象をうける。「小説」における虚構とは何であるかを問いかける作品とでもいうことができるだろうか。

場所はドイツ。主人公の男性が、ある日、ふとしたことから、自分にそっくりな男(浮浪者)を見つける。そこから、思いつく完全犯罪。その顛末が、主人公の男性の視点が描かれる。

ここまで常識的なことなのだが、その語り口の、多様さ、あるいは、饒舌さ、あるいは、たくらみ、といったものに翻弄されながら読むことになる。そして、最後には、意外な結論が待ち受けている。

この小説のストーリーについて、解説では、叙述トリック(ミステリ用語としての)と言っているが、どうかなという気がしないではない。私の理解するところでは、真相は闇の中、それをめぐる語り口の巧みさの物語、とでも感じてしまう。

ともあれ、ナボコフという作家は、「小説」という虚構の世界を、ことばによって構築していくことに、貪欲な工夫をめぐらしている。このような作品は、ただ、ストーリーを追うのではなく、その語り口を味読してこそ意味がある。

見てみると、ナボコフの作品は他にもいくつか文庫本で読めるものがあるようだ。『文学こそ最高の教養である』の本を読み終わったら、再度たちかえってナボコフを読んでおきたいと思う。

2020年10月11日記

『「グレート・ギャツビー」を追え』ジョン・グリシャム/村上春樹(訳)2020-10-22

2020-10-22 當山日出夫(とうやまひでお)

「グレート・ギャツビー」を追え

ジョン・グリシャム.村上春樹(訳).『「グレート・ギャツビー」を追え』.中央公論新社.2020
https://www.chuko.co.jp/tanko/2020/10/005341.html

ジョン・グリシャムの作品のいくつかは読んだことがある。『グレート・ギャツビー』も読んでいる。村上春樹は、その小説やエッセイなどはほとんど読んだかと思う。翻訳がいくつか残っている。これも順次読んでいこうと思う。

このようなときに、この本がでた。これは、買って読むしかないだろうと思った。

プリンストン大学での、「グレート・ギャツビー」の自筆原稿の盗難事件からスタートする。そして、舞台は一転して、地方のある島と書店のことになる。主な登場人物は、作家のマーサー。小説を刊行してみたものの次に続く作品が書けなくてスランプにおちいっている。そんなマーサーと知り合うことになるのが、書店を経営するブルース。チェーン店ではない、無論オンラインではない、独立系の書店経営者として成功している。あつかっている本は多岐にわたるが、新刊ばかりではなく、古書、初版本などもあつかっている。これはかなり大きなビジネスとして展開している。そのブルースが、あるいは、盗難にあった「グレート・ギャツビー」の原稿を持っているかもしれない。ある組織から依頼をうけた、マーサーは、その探索にあたることなるのだが。まあ、このようなお膳立てでストーリーが展開する。

ジョン・グリシャムの小説であるが、弁護士とか検事とか出ては来ない。登場するのは、作家と書店経営者。アメリカにおける文芸ビジネス(という用語が適切であるかどうかとは思うが、ともあれ、ビジネスとしての文芸書の販売)の内幕が、かなり詳細に語られる。これは、かなり興味深かった。

また、初版本コレクションとそのビジネスの世界についても詳しい。

さて、ブルースは、本当に「グレート・ギャツビー」の原稿を所有しているのだろうか、探査をすすめるマーサーの視点から、基本的に小説は進行する。

最後のところで、真相があきらかになるのだが、ナルホドという落とし所になっている。ミステリとして読んでも、やはり一級品であると思う。(あるいは、今年のミステリベストに入るかもしれない。)

ところで、村上春樹の翻訳作品を読んできていたのだが、しばらく中断してしまっている。これも、のこる作品を読んでしまっておきたい。村上春樹が訳しているからこそ、読んでおきたい本というものがある。

2020年10月20日記

ツユクサ2020-10-21

2020-10-21 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので花の写真。今日は露草である。

前回は、
やまもも書斎記 2020年10月14日
彼岸花
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/10/14/9305546

露草は、我が家の敷地のなか、周囲の路傍などで、ところどころに目にする。花の時期は、かなり長いようだ。見ていると、七月ごろにさきはじめて、九月になっても、まだ花を見ることができる。

掲載のものは、折りにふれて写真に撮っておいたもののストックからである。八月ごろに写したものから選んである。

露草は、どう写真にとっても同じような感じになるのは、いたしかたのないことかもしれない。そう極端な構図はとれない。しかし、きれいに写真にとれる花は、意外と少ないという印象でもある。なかなかこちらの希望どおりの方向にまっすぐに咲いてくれない。あちらこちらの方向に向かってさく。あるいは、斜めに傾いて咲いたりする。

色もむずかしいところがある。たいていの花の写真は、カメラまかせであるが、露草の青い色をきれいに、そのような色として写真にとるのは、ちょっと難しい。現像のときに、すこし露出補正でマイナスに調整する。

この露草の花ももう終わってしまった。我が家の駐車場の隅に咲いている花であったが、もう咲いているのを見なくなった。そのかわり、そこに植わっている山茶花の木を見るとつぼみが観察できるようになっている。山茶花の花が咲くのは、もうちょっと寒くなってからになるが、確実に秋から冬にむかっていることが見てとれる。

ツユクサ

ツユクサ

ツユクサ

ツユクサ

ツユクサ

ツユクサ

Nikon D500
TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di MACRO 1:1

2020年10月19日記

『麒麟がくる』あれこれ「新しき幕府」2020-10-20

2020-10-20 當山日出夫(とうやまひでお)

『麒麟がくる』第二十八回「新しき幕府」
https://www.nhk.or.jp/kirin/story/28.html

前回は、
やまもも書斎記 2020年10月13日
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/10/13/9305222

この回のポイントは次の二点だろうか。

第一には、幕府の権威と武力。

義昭が将軍になり幕府は再興される。それは、確かに権威はある。だが、武力の面で実力がない。武力の後ろ盾をもたない幕府は、容易に危険にさらされることになる。また、将軍義昭は、将軍としては、いかにもたよりない。まあ、人物としてはいい人なのであるが、武家の棟梁としては、どうかと思うところがある。そのような義昭を支えるものとして、光秀がおり、また、信長がいるということになる。

この幕府の権威と武力の観点から、もはや幕府の旧来の権威など意味がないと信長が判断したとき、室町幕府にかわる新しい「大きな世」の構築ということになるのだろうと思う。それが、「天下」ということにつながっていくのだろう。

第二には、摂津晴門。

旧態依然たる室町幕府を象徴するかのごとき人物である。おそらく、光秀が、そして、信長が、この晴門を不要と思ったときに、次の世の中になるのかもしれない。しかし、そうやすやすと引き下がる人物ではなさそうである。

以上の二点が、この回を見ていて思ったことなどである。

ところで、ここでも、帰蝶は登場していなかった。これは、さびしい。信長の天下への野望の裏に存在するものとして、帰蝶に期待しているのだが、どうなるだろうか。

また、駒とか、東庵とか、このあたりの架空の人物について、ここにきて、今一つ活躍の場がないように思えるのだがどうだろうか。室町幕府の末期の戦乱の世の中、特に京の町をどう見るのか、いわゆる庶民の視点からの描写がもっとあってよいように思える。

次回、京の都でさらに動きがあるようだ。楽しみに見ることにしよう。

2020年10月19日記

『有島武郎』荒木優太2020-10-19

2020-10-19 當山日出夫(とうやまひでお)

有島武郎

荒木優太.『有島武郎-地人論の最果てへ-』(岩波新書).岩波書店.2020
https://www.iwanami.co.jp/book/b527923.html

有島武郎は、いまではもうはやらない作家なのかもしれない。私が若いとき、その作品のいくつか、「一房の葡萄」などは読んだ記憶があるのだが、その後、手にすることなく今にいたっている。オンライン書店など見てみても、そう多くの作品が今でも刊行されているということではないようだ。

この『有島武郎』を読んで感じたこととしては、もっと分かりやすく書けなかったのかな、あるいは、意図的にこのように書いているのか、ということである。

タイトルは「有島武郎」であるが、その評伝というのでもない。むしろ、文学研究のあり方としては、有島武郎論といった感じがある。有島武郎の作品にそうなじみがあるというわけではない私の場合、はっきりいってちょっととりつきにくいところのあった本である。

しかし、たぶん、この本はそのように書いているのだろうとは思う。著者(荒木優太)は、もっと分かりやすい平易な文章を書こうとおもえば書ける人であることは知っている。

有島武郎の入門的な解説本と思って読むと、期待外れのところがある。しかし、文学研究としての有島論としては、なるほどそのような見方で、有島を論じることができるのかと、いろいろ示唆に富む本になっている。

ただ、有島論として論じるならば、もうすこし、日本の同時代の時代的背景への言及があってもよかったのかもしれない。あるいは、近代文学史のなかで、どのような位置づけなのか、解説的な記述があってもよかったろう。

近代文学研究をこころざすような若い人にとっては、貴重な刺激となる本である。

2020年10月18日記

『エール』あれこれ「戦場の歌」2020-10-18

2020-10-18 當山日出夫(とうやまひでお)

『エール』第18週「戦場の歌」
https://www.nhk.or.jp/yell/story/week_18.html

前回は、
やまもも書斎記 2020年10月11日
『エール』あれこれ「歌の力」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/10/11/9304566

これまで朝ドラでは、多くの戦争を描いてきている。しかし、そのなかにあって、『エール』におけるほど、戦場、戦闘ということを描いた作品はなかったろう。この意味において、『エール』は特筆すべき作品になっていると思う。

思うことなど書けば、次の二点ぐらいだろうか。

第一には、戦争。

裕一はビルマに慰問に行く。そこで、藤堂先生がいることを知る。会いにいくことになるが、そこで、敵の攻撃をうける。藤堂先生は戦死することになる。このあたりの描き方は、これまでの朝ドラにはない、シリアスなものであった。

そもそも、これまで朝ドラで戦争を描くといっても、女性を主人公とすることの多い朝ドラでは、国内の銃後のことがおもであったかと思う。今回は、裕一という主人公の設定により、ビルマにおけるインパール作戦を描くことになった。

ドラマの作り方としては、正攻法というべきであろう。そして、それは成功したと私は考える。

第二には、裕一の思い。

自分がこれまで作曲家としてやってきた仕事の意味を裕一は問いかけることになる。軍歌の作曲ということで、戦意高揚につとめてきた。それが、戦場の実際を目の当たりにすることによって、また、音楽教室に通ってきていた弘哉の死によって、その意味を深く考え直すことになる。

だが、これは、裕一の責任ということではないであろう。むしろ、時代とともに生きてきて、その時代のもとめる音楽を作ってきた裕一であることの証左と考えるべきかと思う。戦争中に多くの軍歌を手がけることになった裕一だからこそ、戦後のその後の作品もありえたのだろう。

以上の二点が、この週を見ていて思ったことなどである。

それから、さらに書いてみるならば、豊橋の梅たちも空襲にあう。かろうじて助かったようだが、これからどうなるのであろうか。家も焼け、馬具製作ということももうないのだろうと思う。梅は、作家としてやっていくことになるのだろうか。

空襲の焼け跡で歌う、光(薬師丸ひろ子)の賛美歌がよかった。

また、さらに書いておくならば、敗戦の玉音放送のシーン。最後に「国体を護持し」というところまで使っていた。この戦争は、いったい何のための戦争であったか、問いかけることになっていたと感じる。

次週は、「鐘の鳴る丘」になるようだ。戦後の、裕一の活躍を、楽しみに見ることにしよう。

2020年10月17日記

『カメラ・オブスクーラ』ナボコフ/貝澤哉(訳)2020-10-17

2020-10-17 當山日出夫(とうやまひでお)

カメラ・オブスクーラ

ナボコフ.貝澤哉(訳)『カメラ・オブスクーラ』(光文社古典新訳文庫).光文社.2011
https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334752361

『文学こそ最高の教養である』の本を読んでいる。ロシア文学で、ナボコフが取り上げられている。ナボコフといえば、まずは『ロリータ』が有名である。これについては、すでに読んでみた。

やまもも書斎記 2020年10月1日
『ロリータ』ウラジーミル・ナボコフ/若島正(訳)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/10/01/9300927

ナボコフについては、『ロリータ』があまりにも有名すぎて、その他の作品にあまり目が行っていなかったということがある。これも『文学とは最高の教養である』の本を読んでみようと思わなければ、手にすることがなかったかもしれない。

読んで思うことは、次の二点ぐらいだろうか。

第一には、これは、『ロリータ』につながる系譜の作品であるということ。美少女に惚れ込んでしまった中年の男性が身を滅ぼしていくストーリーである。その身の破滅へところがりおちていくプロセス、あるいは、美少女のマグダの魅力で、この本は読者をひきつける。あるいは、『ロリータ』ほど、ストーリーが錯綜していない分だけ、この作品の方が、その印象が強くなるともいえる。

第二には、解説にも書いてあることがだ、この作品は、「見る/見られる」ということにこだわって書かれている。視覚的イメージでどう対象をとらえるか、重要なポイントになっている。作品の随所に「見る/見られる」をキーとした描写がみられる。

以上の二点が、この作品を読んで思うことである。

とにかく、まだ幼い美少女の妖艶な魅力を描くとなると、ナボコフはうまいと思う。そして、その美少女にかたむいていく男性のこころのうちを、なぞっていくところに、思わず共感して読んでしまうところがある。

とりあえず、『文学こそ……』の本を読んでいくことにして、再度たちかえってナボコフの作品は、読んでおきたいと思う。

2020年10月8日記

『失われた「文学」を求めて』仲俣暁生2020-10-16

2020-10-16 當山日出夫(とうやまひでお)

失われた「文学」を求めて

仲俣暁生.『失われた「文学」を求めて-文芸時評編-』.つかだま書房.2020
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784908624100

二〇一六年から二〇二〇に書けて書かれた、文芸時評を編集したものである。とりあげてある本は、およそ五〇冊ぐらいになる。買って一読して思ったことなど書いてみる。主に二点ある。

第一には、文芸時評、書評として、非常に面白い。

とりあげられた本のなかには、読んだことのある本もあり、あるいは、読もうと思って買ったまま積んである本もあり、また、名前は知っているが買ってはいなかった本もある。無論、中には、この本を読んで初めて名前を知った作品、作家もいる。

この意味では、非常に意欲的に書かれた本である。そして、その主張するところ……現代の日本文学の停滞をなんとかしたい、という気持ちが伝わってくる。たしかに、著者の言うとおり、今の日本の文学は停滞しているといっていいのだろう。もっと時代に対して、アクチュアルに反応するところがあってよい。時代ときりむすぶところがあってこそ、文学にその時代の生きた血がかようというべきなのだろう。

第二は、その一方で、この本には欠落している視点、芸術ということ。

私は、文学とは芸術であると思っている。無論、そこに思想や哲学を盛り込むこともできる。時代への批判的視点で書くこともできる。

だが、何よりも、文学は芸術であり、美なのである。このように考える視点もあってよい。そして、芸術であるからこそ、かつて藤原定家が源平の争乱の時代に書き残したこと、「紅旗征戎非吾事」という視点が確立しうる。そして、このような立場は、決して政治に背を向けることとは限らない。逆に、きわめて政治的な立場の表明ともなり得る。

例えば、近代では、永井荷風の生き方など、考えてみてもよいかもしれない。

この本を読んで、私がややものたらなく感じがところとしては、非政治的であるが故に内包する政治性というものに、視野がおよぶことがあまりないと感じることである。

いや、そのように屈折した政治性をふくめて、現代の日本の文学は衰退していることなのかもしれない。芸術であることを放棄してしまった文学に、どのような意味であれ、政治のことばはむなしいだけである。

以上の二点が、私がこの本を読んで思ったことなどである。

読んで見て、積んである本を取り出してよんでおきたいものがいくつかあった。また、『平家物語』の現代語訳は、これは読んでみようかと思った。私は、日本の古典は、現代の校注本……岩波の古典大系とか、新潮の古典集成とか……で読む。あるいは、場合によっては、オリジナルの写本、版本でも読める。が、これはこれとして、意欲的な現代語訳として、『平家物語』については、読んで見ようかと思う。

2020年10月15日記

『賭博者』ドストエフスキー/亀山郁夫(訳)2020-10-15

2020-10-15 當山日出夫(とうやまひでお)

賭博者

ドストエフスキー.亀山郁夫(訳).『賭博者』(光文社古典新訳文庫).光文社.2019
https://www.kotensinyaku.jp/books/book314/

この本、出た時に買ってあったのだが、積んであった。『文学こそ最高の教養である』の本を読んでいこうと思って、取り出してきて読んだ。

『文学こそ……』でも、あるいは、この文庫本の解説でも触れられていることだが、この作品は、著者(ドストエフスキー)の実体験をもとにしているとのことである。そう思って読むせいかもしれないが、ルーレットにのめり込んでいく登場人物のこころのうちには、何かしら鬼気迫るものを感じる。

だが、一方で、そのような登場人物を、小説の中の人物として設定している小説家としての冷めた視線もどこかに感じる。えてして、人は、大真面目になればなるほど、はたから見れば、どこかしら滑稽に思えたりするものである。

このルーレットをめぐる、虚実皮膜の間に、この作品の醍醐味があるのだろう。

ドストエフスキーは、若いころから読んできた作家である。いや、私の学生のころは、必読書といってもよかったかもしれない。それが、ようやく、この年になって、小説を読む楽しみとして、ドストエフスキーの作品を読むことができるようになったかと思う。これからも折りをみて、読みかえしておきたい作家である。『カラマーゾフの兄弟』など、再々々……度になるが、読んでおきたいと思う。

ただ、『未成年』は読んでいない。これは、新しい亀山郁夫訳の出るのを待って読むことにしようかと思う。

2020年9月20日記