『麒麟がくる』あれこれ「新しき幕府」2020-10-20

2020-10-20 當山日出夫(とうやまひでお)

『麒麟がくる』第二十八回「新しき幕府」
https://www.nhk.or.jp/kirin/story/28.html

前回は、
やまもも書斎記 2020年10月13日
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/10/13/9305222

この回のポイントは次の二点だろうか。

第一には、幕府の権威と武力。

義昭が将軍になり幕府は再興される。それは、確かに権威はある。だが、武力の面で実力がない。武力の後ろ盾をもたない幕府は、容易に危険にさらされることになる。また、将軍義昭は、将軍としては、いかにもたよりない。まあ、人物としてはいい人なのであるが、武家の棟梁としては、どうかと思うところがある。そのような義昭を支えるものとして、光秀がおり、また、信長がいるということになる。

この幕府の権威と武力の観点から、もはや幕府の旧来の権威など意味がないと信長が判断したとき、室町幕府にかわる新しい「大きな世」の構築ということになるのだろうと思う。それが、「天下」ということにつながっていくのだろう。

第二には、摂津晴門。

旧態依然たる室町幕府を象徴するかのごとき人物である。おそらく、光秀が、そして、信長が、この晴門を不要と思ったときに、次の世の中になるのかもしれない。しかし、そうやすやすと引き下がる人物ではなさそうである。

以上の二点が、この回を見ていて思ったことなどである。

ところで、ここでも、帰蝶は登場していなかった。これは、さびしい。信長の天下への野望の裏に存在するものとして、帰蝶に期待しているのだが、どうなるだろうか。

また、駒とか、東庵とか、このあたりの架空の人物について、ここにきて、今一つ活躍の場がないように思えるのだがどうだろうか。室町幕府の末期の戦乱の世の中、特に京の町をどう見るのか、いわゆる庶民の視点からの描写がもっとあってよいように思える。

次回、京の都でさらに動きがあるようだ。楽しみに見ることにしよう。

2020年10月19日記

『有島武郎』荒木優太2020-10-19

2020-10-19 當山日出夫(とうやまひでお)

有島武郎

荒木優太.『有島武郎-地人論の最果てへ-』(岩波新書).岩波書店.2020
https://www.iwanami.co.jp/book/b527923.html

有島武郎は、いまではもうはやらない作家なのかもしれない。私が若いとき、その作品のいくつか、「一房の葡萄」などは読んだ記憶があるのだが、その後、手にすることなく今にいたっている。オンライン書店など見てみても、そう多くの作品が今でも刊行されているということではないようだ。

この『有島武郎』を読んで感じたこととしては、もっと分かりやすく書けなかったのかな、あるいは、意図的にこのように書いているのか、ということである。

タイトルは「有島武郎」であるが、その評伝というのでもない。むしろ、文学研究のあり方としては、有島武郎論といった感じがある。有島武郎の作品にそうなじみがあるというわけではない私の場合、はっきりいってちょっととりつきにくいところのあった本である。

しかし、たぶん、この本はそのように書いているのだろうとは思う。著者(荒木優太)は、もっと分かりやすい平易な文章を書こうとおもえば書ける人であることは知っている。

有島武郎の入門的な解説本と思って読むと、期待外れのところがある。しかし、文学研究としての有島論としては、なるほどそのような見方で、有島を論じることができるのかと、いろいろ示唆に富む本になっている。

ただ、有島論として論じるならば、もうすこし、日本の同時代の時代的背景への言及があってもよかったのかもしれない。あるいは、近代文学史のなかで、どのような位置づけなのか、解説的な記述があってもよかったろう。

近代文学研究をこころざすような若い人にとっては、貴重な刺激となる本である。

2020年10月18日記

『エール』あれこれ「戦場の歌」2020-10-18

2020-10-18 當山日出夫(とうやまひでお)

『エール』第18週「戦場の歌」
https://www.nhk.or.jp/yell/story/week_18.html

前回は、
やまもも書斎記 2020年10月11日
『エール』あれこれ「歌の力」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/10/11/9304566

これまで朝ドラでは、多くの戦争を描いてきている。しかし、そのなかにあって、『エール』におけるほど、戦場、戦闘ということを描いた作品はなかったろう。この意味において、『エール』は特筆すべき作品になっていると思う。

思うことなど書けば、次の二点ぐらいだろうか。

第一には、戦争。

裕一はビルマに慰問に行く。そこで、藤堂先生がいることを知る。会いにいくことになるが、そこで、敵の攻撃をうける。藤堂先生は戦死することになる。このあたりの描き方は、これまでの朝ドラにはない、シリアスなものであった。

そもそも、これまで朝ドラで戦争を描くといっても、女性を主人公とすることの多い朝ドラでは、国内の銃後のことがおもであったかと思う。今回は、裕一という主人公の設定により、ビルマにおけるインパール作戦を描くことになった。

ドラマの作り方としては、正攻法というべきであろう。そして、それは成功したと私は考える。

第二には、裕一の思い。

自分がこれまで作曲家としてやってきた仕事の意味を裕一は問いかけることになる。軍歌の作曲ということで、戦意高揚につとめてきた。それが、戦場の実際を目の当たりにすることによって、また、音楽教室に通ってきていた弘哉の死によって、その意味を深く考え直すことになる。

だが、これは、裕一の責任ということではないであろう。むしろ、時代とともに生きてきて、その時代のもとめる音楽を作ってきた裕一であることの証左と考えるべきかと思う。戦争中に多くの軍歌を手がけることになった裕一だからこそ、戦後のその後の作品もありえたのだろう。

以上の二点が、この週を見ていて思ったことなどである。

それから、さらに書いてみるならば、豊橋の梅たちも空襲にあう。かろうじて助かったようだが、これからどうなるのであろうか。家も焼け、馬具製作ということももうないのだろうと思う。梅は、作家としてやっていくことになるのだろうか。

空襲の焼け跡で歌う、光(薬師丸ひろ子)の賛美歌がよかった。

また、さらに書いておくならば、敗戦の玉音放送のシーン。最後に「国体を護持し」というところまで使っていた。この戦争は、いったい何のための戦争であったか、問いかけることになっていたと感じる。

次週は、「鐘の鳴る丘」になるようだ。戦後の、裕一の活躍を、楽しみに見ることにしよう。

2020年10月17日記

『カメラ・オブスクーラ』ナボコフ/貝澤哉(訳)2020-10-17

2020-10-17 當山日出夫(とうやまひでお)

カメラ・オブスクーラ

ナボコフ.貝澤哉(訳)『カメラ・オブスクーラ』(光文社古典新訳文庫).光文社.2011
https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334752361

『文学こそ最高の教養である』の本を読んでいる。ロシア文学で、ナボコフが取り上げられている。ナボコフといえば、まずは『ロリータ』が有名である。これについては、すでに読んでみた。

やまもも書斎記 2020年10月1日
『ロリータ』ウラジーミル・ナボコフ/若島正(訳)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/10/01/9300927

ナボコフについては、『ロリータ』があまりにも有名すぎて、その他の作品にあまり目が行っていなかったということがある。これも『文学とは最高の教養である』の本を読んでみようと思わなければ、手にすることがなかったかもしれない。

読んで思うことは、次の二点ぐらいだろうか。

第一には、これは、『ロリータ』につながる系譜の作品であるということ。美少女に惚れ込んでしまった中年の男性が身を滅ぼしていくストーリーである。その身の破滅へところがりおちていくプロセス、あるいは、美少女のマグダの魅力で、この本は読者をひきつける。あるいは、『ロリータ』ほど、ストーリーが錯綜していない分だけ、この作品の方が、その印象が強くなるともいえる。

第二には、解説にも書いてあることがだ、この作品は、「見る/見られる」ということにこだわって書かれている。視覚的イメージでどう対象をとらえるか、重要なポイントになっている。作品の随所に「見る/見られる」をキーとした描写がみられる。

以上の二点が、この作品を読んで思うことである。

とにかく、まだ幼い美少女の妖艶な魅力を描くとなると、ナボコフはうまいと思う。そして、その美少女にかたむいていく男性のこころのうちを、なぞっていくところに、思わず共感して読んでしまうところがある。

とりあえず、『文学こそ……』の本を読んでいくことにして、再度たちかえってナボコフの作品は、読んでおきたいと思う。

2020年10月8日記

『失われた「文学」を求めて』仲俣暁生2020-10-16

2020-10-16 當山日出夫(とうやまひでお)

失われた「文学」を求めて

仲俣暁生.『失われた「文学」を求めて-文芸時評編-』.つかだま書房.2020
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784908624100

二〇一六年から二〇二〇に書けて書かれた、文芸時評を編集したものである。とりあげてある本は、およそ五〇冊ぐらいになる。買って一読して思ったことなど書いてみる。主に二点ある。

第一には、文芸時評、書評として、非常に面白い。

とりあげられた本のなかには、読んだことのある本もあり、あるいは、読もうと思って買ったまま積んである本もあり、また、名前は知っているが買ってはいなかった本もある。無論、中には、この本を読んで初めて名前を知った作品、作家もいる。

この意味では、非常に意欲的に書かれた本である。そして、その主張するところ……現代の日本文学の停滞をなんとかしたい、という気持ちが伝わってくる。たしかに、著者の言うとおり、今の日本の文学は停滞しているといっていいのだろう。もっと時代に対して、アクチュアルに反応するところがあってよい。時代ときりむすぶところがあってこそ、文学にその時代の生きた血がかようというべきなのだろう。

第二は、その一方で、この本には欠落している視点、芸術ということ。

私は、文学とは芸術であると思っている。無論、そこに思想や哲学を盛り込むこともできる。時代への批判的視点で書くこともできる。

だが、何よりも、文学は芸術であり、美なのである。このように考える視点もあってよい。そして、芸術であるからこそ、かつて藤原定家が源平の争乱の時代に書き残したこと、「紅旗征戎非吾事」という視点が確立しうる。そして、このような立場は、決して政治に背を向けることとは限らない。逆に、きわめて政治的な立場の表明ともなり得る。

例えば、近代では、永井荷風の生き方など、考えてみてもよいかもしれない。

この本を読んで、私がややものたらなく感じがところとしては、非政治的であるが故に内包する政治性というものに、視野がおよぶことがあまりないと感じることである。

いや、そのように屈折した政治性をふくめて、現代の日本の文学は衰退していることなのかもしれない。芸術であることを放棄してしまった文学に、どのような意味であれ、政治のことばはむなしいだけである。

以上の二点が、私がこの本を読んで思ったことなどである。

読んで見て、積んである本を取り出してよんでおきたいものがいくつかあった。また、『平家物語』の現代語訳は、これは読んでみようかと思った。私は、日本の古典は、現代の校注本……岩波の古典大系とか、新潮の古典集成とか……で読む。あるいは、場合によっては、オリジナルの写本、版本でも読める。が、これはこれとして、意欲的な現代語訳として、『平家物語』については、読んで見ようかと思う。

2020年10月15日記

『賭博者』ドストエフスキー/亀山郁夫(訳)2020-10-15

2020-10-15 當山日出夫(とうやまひでお)

賭博者

ドストエフスキー.亀山郁夫(訳).『賭博者』(光文社古典新訳文庫).光文社.2019
https://www.kotensinyaku.jp/books/book314/

この本、出た時に買ってあったのだが、積んであった。『文学こそ最高の教養である』の本を読んでいこうと思って、取り出してきて読んだ。

『文学こそ……』でも、あるいは、この文庫本の解説でも触れられていることだが、この作品は、著者(ドストエフスキー)の実体験をもとにしているとのことである。そう思って読むせいかもしれないが、ルーレットにのめり込んでいく登場人物のこころのうちには、何かしら鬼気迫るものを感じる。

だが、一方で、そのような登場人物を、小説の中の人物として設定している小説家としての冷めた視線もどこかに感じる。えてして、人は、大真面目になればなるほど、はたから見れば、どこかしら滑稽に思えたりするものである。

このルーレットをめぐる、虚実皮膜の間に、この作品の醍醐味があるのだろう。

ドストエフスキーは、若いころから読んできた作家である。いや、私の学生のころは、必読書といってもよかったかもしれない。それが、ようやく、この年になって、小説を読む楽しみとして、ドストエフスキーの作品を読むことができるようになったかと思う。これからも折りをみて、読みかえしておきたい作家である。『カラマーゾフの兄弟』など、再々々……度になるが、読んでおきたいと思う。

ただ、『未成年』は読んでいない。これは、新しい亀山郁夫訳の出るのを待って読むことにしようかと思う。

2020年9月20日記

彼岸花2020-10-14

2020-10-14 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日は花の写真の日。今日は彼岸花である。

前回は、
やまもも書斎記 2020年10月7日
キキョウ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/10/07/9303019

この花については、以前にも書いている。

やまもも書斎記 2018年10月3日
彼岸花
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/10/03/8968078

毎年、我が家の近くのいくつかの場所で、彼岸花が咲く。律儀にちょうど秋の彼岸のころになると花が咲く。ただ、今年は、ちょっと例年より遅かったかなという感じがある。

秋になって後期、秋学期の学校の授業がはじまった。近鉄の電車に乗って京都まで行く。その途中、窓から景色をながめていると、田圃のなかにところどことに赤いかたまりが見える。彼岸花が咲いているのだろうと思って見ていた。

この彼岸花も、もう今年は終わってしまったようだ。来年も同じように咲くのを写真に撮れたらと思っている。

日本国語大辞典、それから『言海』については、以前に引用して書いたので繰り返さない。かなり古くより、人びとの生活のなかにあった花である。

ヒガンバナ

ヒガンバナ

ヒガンバナ

ヒガンバナ

ヒガンバナ

Nikon D500
TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

2020年10月12日記

『麒麟がくる』あれこれ「宗久の約束」2020-10-13

2020-10-13 當山日出夫(とうやまひでお)

『麒麟がくる』第二十七回「宗久の約束」
https://www.nhk.or.jp/kirin/story/27.html

前回は、
やまもも書斎記 2020年10月6日
『麒麟がくる』あれこれ「三淵の奸計」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/10/06/9302708

この回で描かれていたのは、信長の上洛……足利義昭をともなって……の舞台裏、といったところかと思う。ともあれ、権謀術数のうずまく京の都に、信長は無事に、しかも鎧を身につけることなく、上洛をはたすことができた。その裏には、光秀と今井宗久との約束事があった、という筋書きである。

ここでも、「天下」ということはでてきていない。信長の希望としては、領国の安定と、畿内を中心とした「大きな国」をつくることにある、といっていいだろう。そして、光秀は、室町幕府の再興を願っている。次の将軍が、武家の棟梁として、世の中を治めてくれることが、光秀のねがいであるといっていいのだろう。だが、肝心の義昭は、次の将軍になるには、どうかと思われるが、さてどうなるだろうか。(まあ、歴史の結果は分かってはいるのだが。)

したがって、信長から、これからどうする……信長につかえるか、将軍につかえるか……と問われたとき、迷うことなく、足利将軍につかえると返答している。(が、それも最終的には、信長につかえ、そして、本能寺の変をおこすことになるのだが。)

また、伊呂波太夫の存在が大きい。ドラマとしては、架空の人物なのであるが、その役割……身分秩序の外側にあって、武家とも公家とも商人とも自由につきあいのある……が、生きてきていると感じさせる。その一方で、帰蝶が出てこないのが、ちょっと寂しい。

さて、次回は、義昭が将軍となるようだ。光秀がそこでどのような働きをすることになるのか、楽しみに見ることにしよう。

2020年10月12日記

追記 2020-10-20
この続きは、
やまもも書斎記 2020年10月20日
『麒麟がくる』あれこれ「新しき幕府」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/10/20/9307613

講義がはじまった(その三)2020-10-12

2020-10-12 當山日出夫(とうやまひでお)

続きである。
やまもも書斎記 2020年10月5日
講義がはじまった(その二)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/10/05/9302338

日本語史の講義(水曜日)は、後期については、ほぼ例年どおり。これまでに作ってきた教材プリントを配布して、説明を加えていく。

ただ、困ることは、(すでに書いたことだが)やはり板書ができないことである。大きな教室に黒板はあるのだが、それに字を書いたのでは、とても見えないだろう。とにかく黒板に字を書いて、いや文章を書いて、それを見ながら説明していくというのが、これまでのスタイルであったので、ここはちょっととまどうところである。

それから、講義の終わりに、学生が出口で集中しないように配慮する必用がある。およそ、二〇~三〇分の余裕を持っておわる。残りの時間は、コメントペーパーの記入である。書けた人から提出して、ボチボチと部屋を出て行きなさいということにしている。これが、いきなり、終了ということになったら、出口、階段、エレベーターに、学生が集中してしまうことになる。

二〇~三〇分の余裕を持っておくと、書けた学生から順番に出ていく。ゆっくりと書いている学生が書き終わって提出して、ちょうど時間の終わりになるぐらいである。

講義の実質時間としては、少し短縮することになる。が、話しを聞いたことを、その場で、文章に書いてみるというのも、学習のひとつの方法であると思うことにしている。後で読んで見ると、話しのポイントをきちんと押さえている学生がいる一方で、ただ教材プリントの該当箇所を丸写ししただけという学生もいる。ここは、「~~について書きなさい」と指示をより明確にする方向で、これから考えてみることにしたい。

COVID-19は終息する気配は感じられないが、急激な爆発的な拡大もなさそうである。このままで推移するなら、今年度の後期の講義はなんとか続けられるかと思う。

2020年10月11日記

『エール』あれこれ「歌の力」2020-10-11

2020-10-11 當山日出夫(とうやまひでお)

『エール』第17週「歌の力」
https://www.nhk.or.jp/yell/story/week_17.html

前回は、
やまもも書斎記 2020年10月4日
『エール』あれこれ「不協和音」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/10/04/9301949

この週で印象に残っているのは、次の二点ぐらいだろうか。

第一に、「若鷲の歌」。

予科練の歌である。この歌は、今にいたるまで歌い継がれている名曲である。その作曲を裕一が手がけることになる。そのいきさつが印象深く描かれていた。

今日の価値観からするならば、予科練を批判的に見ることはいくらでもできよう。だが、その当時にあっては、少年たちの憧れのまとであったことも、またまぎれもない事実として認めることも大事だろう。少なくともそのような時代であったことは確かなことである。

第二に、戦争と裕一。

梅と結婚した五郎が東京にやってくる。久しぶりに対面した五郎と、裕一は口論になる。五郎は、戦争に協力するような歌をつくってほしくないと嘆願する。だが、裕一はききいれない。

音楽で国につくすということで、召集をまぬがれたことになっている裕一には、せめて音楽で国のためになることをしたいという気持ちがあるのであろう。しかし、その屈折した思いは、五郎には伝わらない。ただ、音は、その裕一のこころのうちを理解している。

以上の二点が、この週を見て思ったことなどである。

次週、裕一は、戦場に赴くことになるようだ。また、藤堂先生も登場するらしい。どのように戦場というものを描くことになるのか、楽しみに見ることにしよう。

2020年10月10日記

追記 2020-10-18
この続きは、
やまもも書斎記 2020年10月18日
『エール』あれこれ「戦場の歌」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/10/18/9306890