映像の世紀(6)「独立の旗の下に」2021-05-07

2021-05-07 當山日出夫(とうやまひでお)

NHK 映像の世紀 第6回 独立の旗の下に アジアは苦難の道を歩んだ

続きである。
やまもも書斎記 2021年4月30日
映像の世紀(5)「世界は地獄を見た 無差別爆撃、ホロコースト、原爆」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/04/29/9371985

三日(月曜日)の放送。録画しておいて、五日(水)の朝に見た。雨の日である。

登場していた主な歴史上の人物は、ホー・チ・ミン、ガンジー、それから、毛沢東に蒋介石、といったところ。第二次世界大戦後の、アジア諸国の独立をめぐる一連の動きであった。

この番組の放送されたのが、一九五五年。つまり、二〇〇一年の世界同時多発テロ事件より以前のことになる。思い起こせば、これは、新たな世界規模での宗教対立のはじまりであったのかもしれない。この意味においては、インドの独立におけるガンジーのことばは、今にひびくものがある。

ベトナムのことについて思って見るならば、私のものごころついた時には、ベトナム戦争……アメリカとの戦い……は、始まっていた。ベトミンとフランスとの戦いは、その前史ということになる。そして、戦前からのホー・チ・ミンの活動は、見ていて興味深いものであった。

今では、ホー・チ・ミンという名前は、多くの日本人にとっては、ベトナムの都市の名前として記憶されていることになるだろう。私ぐらいの年代だと、サイゴンといわれた方がまだ分かりやすくもある。(ちなみに、今、この文章は、ATOKで入力しているのだが、「サイゴン」と入力すると、「ホーチミン」に地名が変更になった旨を教えてくれる。)

この番組においては傍流のできごとのごとく描かれた満州国。はたして満州とは、戦前の日本にとって何であったのか、まだ答えは不明なのかもしれない。満州国皇帝の溥儀が、昭和天皇と一緒に映っている姿は、実に興味深い。

中国のことについては、一九五五年の放送では、このようになるのかと思ったところである。私の世代であれば、毛沢東は、中国を統一し(台湾、香港を除くことになるが)、独立を成し遂げた指導者という印象をもっている。また、同時に、蒋介石についても、そう悪い印象は持っていない。

これが、今の中国……習近平の独裁のもとにある……を思い浮かべてみるとき、中国をどう描くかは、その時々の国際情勢が微妙に影を落とすことになるだろうと思う。

次回は、ヤルタ会談のあたりから世界史を展望することになるようだ。楽しみに見ることにしよう。

2021年5月5日記

『明治波濤歌』(上)山田風太郎2021-05-06

2021-05-06 當山日出夫(とうやまひでお)

明治波濤歌(上)

山田風太郎.『明治波濤歌』(ちくま文庫 山田風太郎明治小説全集9).筑摩書房.1997(新潮社.1981)
https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480033499/

続きである。
やまもも書斎記 2021年5月1日
『エドの舞踏会』山田風太郎
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/05/01/9372763

これは、最初、新潮社版が出た時に買って読んだのを覚えている。このころになると、山田風太郎の明治小説は、新刊が出るごとに単行本で買って読んでいた。

ちくま文庫版の上巻には、次の作品をおさめる。

それからの咸臨丸
風の中の蝶
からゆき草紙

連作短篇というのではなく、各作品が独立している。時代設定も、明治のはじめから前半期ではあるが、特に時代を決めてということもないようだ。

この巻も、さまざまに明治の著名人が出てくる。それがどのように登場するのかという点の楽しみもあるが、しかし、やはり、これらの作品に通底している、明治の時代の流れからとりのこされた、あるいは、少なくとも時流にのることができなかった、幾多の人びと……ここにそそがれるまなざしを強く感じる。明治という激動期であるからこそ、その時代に適応できなかった、多くの人びとがいたことを忘れてはならないのだろう。

無論、小説として読んで面白い。再読になるのだが、最初に読んだのは若いときだったので、すっかり忘れてしまっている。新たな気持ちで、各作品を読むことになった。

興味深いのは、「からゆき草紙」。これは、ミステリ仕立てになっている。雪のなかの密室殺人、という趣向である。それが、この物語のストーリーのなかに融合して、たくみな謎解きになっている。

明治というと、どうしても、歴史の教科書に名前の出てくるような著名人の活躍に目がいく。だが、その影に、歴史に埋もれてしまった、時代の流れに乗ることのできなかった人びとがいる。そのような人びとこそ、歴史のなかで翻弄されたといっていいのだろう。

このような作品を読んで、また、ふと樋口一葉の作品など読み返してみたくなった。樋口一葉もまた明治の時代の流れのなかで、時代に翻弄されながらも、かろうじて一時の光芒をはなつことができた、あるいは、希有なひとかもしれない。

2021年5月2日記

ミツバツツジ2021-05-05

2021-05-05 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので花の写真の日。今日は、ミツバツツジである。

前回は、
やまもも書斎記 2021年4月28日
サンシュユ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/04/28/9371647

自動車を運転していて、道のまわりにこの花を見かけるようになると、春になったと感じる。我が家のまわりのかなりのところに生えている。掲載の写真は、先月の撮りおきのストックからである。

写真にとったのは、我が家の敷地のなかのものである。朝、カメラ(D500)に、タムロンの180ミリをつけて写しに出てみた。もうそれほど朝冷えるという時期ではなかったように覚えている。

この花は、写真に撮ってみようと思うと、ちょっと難しい。花の一つ一つをねらって写すか、あるいは、ちょっと引いて群れて咲いているところを撮ってみるか。いろいろと試したなかから、適当に選んでみた。

五月になって、この花の時期も終わっている。花の写真を撮ろうと思ってカメラを持って外に出ると、ニワゼキショウとか、ユウゲショウの花が路傍に咲いているのが目にはいるようになってきた。草むらをみると、ヘビイチゴの赤い実も見える。そろそろ初夏の花のシーズンになってきている。

ミツバツツジ

ミツバツツジ

ミツバツツジ

ミツバツツジ

ミツバツツジ

ミツバツツジ

Nikon D500
TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di MACRO 1:1

2021年5月4日記

『青天を衝け』あれこれ「栄一の旅立ち」2021-05-04

2021-05-04 當山日出夫(とうやまひでお)

『青天を衝け』第12回「栄一の旅立ち」
https://www.nhk.or.jp/seiten/story/12/

前回は、
やまもも書斎記 2021年4月27日
『青天を衝け』あれこれ「横濱焼き討ち計画」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/04/27/9371309

栄一たちの、攘夷決行は頓挫することになる。

そしてこの週で、栄一は円四郎に出会うことになる。この先、一橋家につかえることになるきっかけということである。

徳川家康がいっていたが、血洗島はこの週でおわりになるらしい。次週から、栄一たちは京の都で、活躍することになるようだ。活躍するといっても、まだ栄一たちは何者でもない。ただ、尊皇攘夷の志をもった百姓……あるいは武士まがい……にすぎないのだが。

このドラマで面白いのは、やはり幕末という時代、それは、武士の時代の終わりの時代なのだが、この時代を、武士ではない農民の視点をふくめて描いていることであろう。栄一たちは、武士の時代の終わりを予見している。だが、その先にどのような社会、あるいは、国家のあるべき姿があるのか、そこまでは見えていないようだ。(たぶん、この時代、その先の明治の文明開化を見通していた人物などほとんどいなかっただろう。)

ただ、見ていて思うことは……栄一たちは武士の時代の終わりを感じている。だが、その一方で、自らは百姓ではなく武士になることを思ってもいる。ことをなすには、武士でなければいけない。世の中を動かすことはできない、そう思っているふしもある。このあたり、矛盾しているといえば矛盾である。

だが、それが、青年期の栄一の人生のあゆみ、あるいは、幕末から明治にかけての日本の姿であったというべきかもしれない。尊皇攘夷の志士が、これからどのようにして文明開化の日本を生きていくことになるのか、これからの展開が気になるところである。

次週から、舞台は京にうつる。栄一たちがどうなる、楽しみに見ることにしよう。

2021年5月3日記

オンライン授業あれこれ(その二二)2021-05-03

2021-05-03 當山日出夫(とうやまひでお)

続きである。
やまもも書斎記 2021年1月28日
オンライン授業あれこれ(その二一)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/01/28/9341762

今年度(二〇二一)の前期も、オンライン授業ということになった。新学期がはじまって二回は、通常のとおり教室で話しをしたのだが、COVID-19感染症の拡大にともなって、私の担当している科目は、オンラインということになった。

オンラインといっても、オンデマンド方式。リアルタイムの送信ではない。すべての授業がオンラインになったのではなく、人数の多い科目を選んでそうすることになったので、リアルタイムのオンラインはできない。他の教室での授業の合間に、リアルタイムでPCに向かってというのは、無理である。あらかじめこちらが用意した教材を、学生が自分の好きな時間に視聴するということにならざるをえない。

ところで、これは、昨年からの懸案事項なのだが、学生のPC環境、インターネット接続環境が、劇的に改善されたという話しは、伝わってこない。昨年度は、オンライン授業をはじめるにあたって、学生のPC環境などが、まず議論になったと覚えているのだが、今年はそのような話しは伝わってこない。

これはどうしたことなのだろうか。

ほぼ一年がたって、学生の方も時代の流れに順応してきていると判断していいのだろうか。しかし、それを裏付けるような調査報告、アンケートの結果などは、目にしたことがない。おそらくは、かなり貧弱なままであるのではなかろうか。

ただ、昨年度の経験としては、オンライン授業でも教育的に一定の効果を得ることができる、これは、多くの教員が確信したことだろうと思う。無論、科目の性質によっては、違いはあるかもしれない。しかし、以前のように必ず教室で学生と一緒でなければならないということは、必ずしもあらゆる科目に必須ではないということは、大方の共通理解として成立してきたようだ。

これも見方を変えてみるならば、オンライン授業にしてついて来ることができない学生を切り捨てて考えているということである。通常の授業ができたからといって、出席率一〇〇%ということは、一般的にはありえない。(ごく少人数のゼミのようなものならあり得るかもしれないが。)

通常の授業をしたにせよ、オンラインになったにせよ、トータルで見て、ほぼ同じような割合で学生が授業についてきているということはいえるかもしれない。出席率、成績評価の結果として、だいたい同じようなことになるのならば、ということで、オンライン授業もまた一つの方式として、定着する方向にあるといっていいのだろうと思う。

少なくとも、オンラインになったからといって、劇的に良くなったとも、悪くなったともいえないのが、狭義の教育の実態だろう。

一方で、学生が大学のキャンパスに出てこないということで、相互の交流ができないなどの、マイナス面があることは確かにあるだろう。だからといって、すべての授業を教室で普通に行わなければならなないということにはならない。学生が、キャンパスに集まることができるだけのことは保証するとしても、大人数講義などはオンラインに切り替えても、特に支障があるということはない。

総合的に考えて、オンライン授業併用ということが、現実的なところかと思う。

これも、今後の、COVID-19感染症の成り行きいかんでは、キャンパスの閉鎖ということもありえないことではない。そのときは、そのときのこととして考えることにして、さしあたっては、オンライン(オンデマンド)ということで、すすめていきたいと思っている。

2021年5月2日記

『おちょやん』あれこれ「竹井千代と申します」2021-05-02

2021-05-02 當山日出夫(とうやまひでお)

『おちょやん』第21週「竹井千代と申します」
https://www.nhk.or.jp/ochoyan/story/21/

前回は、
やまもも書斎記 2021年4月25日
『おちょやん』あれこれ「何でうちやあれへんの?」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/04/25/9370602

道頓堀を出た千代は京都にいた。そして、この週で、千代は役者として復活することになる。

見ていて思ったことはいろいろあるが、二つばかり書いてみる。

第一に、栗子のこと。

栗子が再登場してきた。一平のもとを去った千代を、あたたかく迎え入れてくれることになった。そこには、姪(栗子の娘の子ども)の春子も一緒だった。

この栗子は、このドラマの最初の方に登場してきていた、いやな継母役として記憶に残っているのだが、それから、千代の役者としての活躍を見続けてきたようだ。

栗子は字が読めない。幼いときに学校に通うことがなかったのであろう。このことを知った千代は深く反省するところがあった。栗子もまた、幼いときから苦労の多い人生を歩んできた人間なのであることを、改めて認識することになった。

これまで花籠を、折に触れて千代のもとにとどけてくれていたのは、実は栗子であった。役者になった千代のことを知って、それからずっと見守り続けてきたということになる。これまで、花籠の送り主はいったい誰だろうかと、いろいろと考えたものであるが、ここにきてようやく決着を見たことになる。そして、それは意外な人物ではあったが、しかし、このドラマの最初の方からの展開を考えると、なるほどと思える結果でもある。

ただ、思ったこととしては……栗子は字が読めない、これだけでよかったのかもしれない。これだけで、十分に栗子の人生を暗示することはできる。それについての、千代の心のなかの声は、ちょっと説明的すぎて余計な気がした。

第二には、千代のこと。

もう役者の仕事をするまいと決心した千代であったが、当郎などに接することによって、気持ちがほぐれて、かたくなさがなくなっていく。役者のときのことを思い出す。必ずしもつらい思いでばかりではなかった。自分はこれまで役者として生きてきた。これからも、役者として生きていくことになる、そう決意することになる。

その千代の気持ちを押したのは、栗子であり、春子である。自分を見守っていてくれた栗子、それから、まだ幼いながらも、自分の庇護のもとで素直に成長していく春子、これらの存在が、芝居に対してかたくなであった千代のこころを、やわらげることにつながる。

栗子と春子のもとで暮らし、また、当郎などと話しをすることで、徐々に変化していく千代の気持ちが、じんわりと表現されていたように思う。

京都で暮らすようになった千代が持っていたものは、母親と父親の写真、それから、「人形の家」の台本だった。これを手放していない、大阪の一平の家から出るときにも持って出たということは、芝居の世界にまだ気持ちを残しているということなのであろう。

以上の二点が、この週を見て思ったことなどである。

さらに興味深いのは、やはり、天海祐希。ポスターの写真だけの登場であったが、このような演出も面白い。

次週、ラジオドラマでの千代の活躍となるようだ。このドラマものこりわずかである。楽しみに見ることにしよう。

2021年5月1日記

『エドの舞踏会』山田風太郎2021-05-01

2021-05-01 當山日出夫(とうやまひでお)

エドの舞踏会

山田風太郎.『エドの舞踏会』(ちくま文庫.山田風太郎明治小説全集8).筑摩書房.1997(文藝春秋.1993)
https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480033482/

続きである。
やまもも書斎記 2021年4月22日
『明治断頭台』山田風太郎
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/04/22/9369597

収録するのは、次の短篇。

井上馨夫人
伊藤博文夫人
山県有朋夫人
黒田清隆夫人
森有礼夫人
大隈重信夫人
陸奥宗光夫人
ル・ジャンドル夫人

最後のル・ジャンドルをのぞいて、いずれも学校の歴史の教科書で目にしたことのあるような、明治の著名な政治観である。(ル・ジャンドルについては、たまたま私が知らないだけかとも思うが。)

これも再読である。最初に読んだのは、若いとき。学生のころだったかと覚えている。だが、何が書いてあったか、さっぱり忘れてしまっているので、これはこれとして、新鮮な気持ちで読むことになった。

歴史上の著名人の妻が主な主人公である。そのせいもあるが、山田風太郎の他の明治小説のような、どこまで本当で、どこから虚構なのか、虚実入り交じった伝記的世界が展開するというのではない。

この作品の全体にわたって登場するのが、山本権兵衛と山川捨松。まあ、この二人は、歴史上の人物とはいっても、作品のなかでは、各作品の目撃者であり、語り手的な立場にあるといっていいのだろう。このあたりは、山風太郎ならではの「虚」の部分かと思わせるが、設定としては面白い設定になっている。

時代設定としては、そのタイトルから推察されるように鹿鳴館の時代である。といっても、鹿鳴館の舞踏会が、そう頻繁に登場するということはない。明治の政治家の妻の視点から、明治を描くということで、鹿鳴館の時代が選ばれたという印象である。

女性、それも、明治の政治家の妻……その多くは芸者あがりであるのだが……の視点から見た、明治の時代であり、文明開化の時代であり、なかんずく鹿鳴館の時代である。読んでいくと、幕末から明治にかけての激動の時代を、女性の目で見た物語となっている。

このような歴史の見方もあるのか……と、そのような印象を持つことになる作品である。

この作品、読み終わって感じるのは……他の山田風太郎の明治小説がそうであるようにだが……やはり、「不戦日記」の著者の視点である。歴史を見るまなざしであり、特に激動の時代にあって人間とはどう生きるものなのか、ある意味では冷酷に見つめているところがある。

虚実入り交じった波瀾万丈の大活劇という作品ではないが、山田風太郎の明治小説の世界を堪能できる一冊になっていると思う。

2021年4月28日記

追記 2021-05-06
この続きは、
やまもも書斎記 2021年5月6日
『明治波濤歌』(上)山田風太郎
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/05/06/9374540

プロジェクトX「えりも岬に春を呼べ」2021-04-30

2021-04-30 當山日出夫(とうやまひでお)

NHK プロジェクトX 4Kリストア版 えりも岬に春を呼べ 砂漠を森に・北の家族の半世紀

続きである。
やまもも書斎記 2021年4月24日
プロジェクトX「執念が生んだ新幹線」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/04/24/9370256

これも録画しておいて、翌々日の朝早くに起きて見た。雨の朝だった。

プロジェクトXという番組は、基本的には、男たちの物語である。そのようななかにあって、家族というところに焦点をあてたつくりになっていたと感じさせるところがある。(まあ、だからこそ、再放送にあたって、これが選ばれたということもあるのだろうが。)

家族の物語であり、また、本当に名も無き人びとの苦労の物語である。

今日、普通に目にする昆布の影にあるドラマである。また、同時に、海、漁師ということが、陸の森と不可分のものであるということを、再認識させてくれることにもつながっている。今の時代、環境問題は話題になることが多い。海の環境も、それにつづく陸地の環境の影響をうける。

そう思ってみるならば、植林という仕事は、実に息が長い。数十年の単位で結果が出るとするならば早いほうであるといえるかもしれない。襟裳岬の森は、これからも維持されていかなければならない。それが、海の豊かさにつながっている。

豊饒の海の背景には、先人の苦労があってのことであることを、しみじみと感じるところがあった。また、環境問題を考えるうえでも、いろいろと思うところの多い番組となっていたと思う。

2021年4月29日記

映像の世紀(5)「世界は地獄を見た 無差別爆撃、ホロコースト、原爆」2021-04-29

2021-04-30 當山日出夫(とうやまひでお)

NHK 映像の世紀 第5回 世界は地獄を見た 無差別爆撃、ホロコースト、原爆

続きである。
やまもも書斎記 2021年4月23日
映像の世紀(4)「ヒトラーの野望」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/04/23/9369950

これも、月曜日の放送を録画しておいて、後になって昼間見た。COVID-19のため、居職の生活である。このような状況になると、昼間の時間にゆっくりと見るのがお気に入りである。

描いていたのは、第二次世界大戦のこと。

第二次世界大戦については、非常に多くの史料があり、また、研究もあり、さまざまに論じられてきた、いや、今も論じられ続けている歴史の出来事である。今のおいても、その歴史の呪縛から逃れてはいない。

いろいろと思うことは、あるが、見ていた思ったことを二つばかり書いてみる。

第一は、日本のこと。

太平洋戦争、大東亜戦争、ということで、日本も第二次世界大戦を戦った。その是非、歴史的な意味づけなどは、とりあえずおいておくとしても、なぜ、日本が戦争にふみきることになったのか、そのあたりのことが、語られていなかったことである。

無論、この論点に踏み込めば、日中戦争のみならず、満州国のことや、対米交渉など、さまざまに論じることになる。だから、あえて、ここのところには言及しない編集になっていたのかと思うところがある。しかし、今一つものたりない気がしてならない。

ヨーロッパにおいては、ヒトラーの意図のもとに第二次世界大戦が勃発したということになるのだが、それに加えて、イタリアは何故加わったのか、ソ連はどうであったのか、このあたりも、今一つ描かれていない。

だが、これは、このような編集方針なのであろう。ともかく第二次世界大戦は始まってしまった。そこで、いったい何がおこったのか、残された映像資料……そのなかには、狭義の記録映像もあれば、プロパガンダ映画として製作されて残っているものもある……から、その地獄絵図を描き出そうとしたということなのであろうと思う。

第二には、フランスのこと。

第二次世界大戦のなかでは一コマのできごとなのであろうが、印象に残るのが、フランスがナチスから解放された後のこととして、それまでの間、ドイツ軍となかのよかった女性たちがどのようなめにあわされることになったのか、ということ。

ここからは二つのことを思って見る。

一つには、人間とは、どこまでも滑稽であり、また、残酷にもなるものであるということ。ここには、アウシュビッツのような凄惨さないのだが、戦争という状況下において、人間がいかに卑小になり得るものなのかが、端的に表されているように感じる。

二つには、フランスはナチスに抵抗しただけではないということ。その女性たちが端的にあらわしているように、戦争中、フランスは、ナチスに協力したという側面も、歴史の一断面としては残っている。それがあたかも、無かったかのごとくにふるまっているのが、第二次世界大戦後の歴史秩序、歴史観というものなのかもしれない。

以上の二つのこと、日本がなぜ戦争にふみきったのか、また、フランスは単なるナチスの被害者ということではない……強いていえば、この番組があえて描かなかったこととして、このあたりのことが、印象に残っていることである。

第二次世界大戦をどう描くか、どのような歴史観を持つか、これは、今にいたるまで問われることである。ここで、単なる勝った側と負けた側、善と悪、単純な二分法では解決のつかない問題がある。その複雑さがあることを踏まえながらも、戦争の悲惨さを伝える編集になっていたと思う。

次週は、第二次世界大戦後の世界を描くことになる。これも、楽しみに見ることにしよう。

2021年4月28日記

追記 2021-05-07
この続きは、
やまもも書斎記 2021年5月7日
映像の世紀(6)「独立の旗の下に」
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/05/07/9374935

サンシュユ2021-04-28

2021-04-28 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので写真の日。今日はサンシュユである。

前回は、
やまもも書斎記 2021年4月21日
雪柳
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/04/21/9369309

撮りおきのストックからである。先月のうちの撮影である。

山茱萸の木を見ていると、季節を感じる。特に、冬から春になっていくのを一番感じる花であるといってもいいかもしれない。

秋から冬の間に、直径数ミリほどの小さなつぼみができる。それが、そろそろ春になるだろうかというころになると、小さな割れ目ができて、中から黄色い色のものが見える。暖かさを感じるようになると、そこから黄色い花が咲く。この山茱萸の黄色い花が咲くころは、春といってもまだ寒さの残る時期である。

秋になると実がつく。最初は綠色である。そのうち冬になって寒くなるころに赤くなる。山茱萸の赤い実を見ると、寒くなったということを感じる。

この春も、山茱萸の黄色い花を写すことができた。写真に撮るにはちょっと苦労する。風にゆらぐということはないのであるが、あちらこちらに花が伸びているので、どこにピントを合わせるべきか、構図を考えながら、いろいろと試してみることになる。

今は、ちょうど藤の花が咲いている。ツツジも咲くころである。池のほとりを見ると、紫蘭の花が咲きそうになっているのが目につく。錦木の花もある。春から初夏にかけての花の季節ということになる。

サンシュユ

サンシュユ

サンシュユ

サンシュユ

サンシュユ

サンシュユ

Nikon D500
TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

2021年4月27日記

追記 2021-05-05
この続きは、
やまもも書斎記 2021年5月5日
ミツバツツジ
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/05/05/9374172