『鎌倉殿の13人』あれこれ「佐殿の腹」2022-01-18

2022年1月18日 當山日出夫(とうやまひでお)

『鎌倉殿の13人』第2回「佐殿の腹」
https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/02.html

前回は、
やまもも書斎記 2022年1月11日
『鎌倉殿の13人』あれこれ「大いなる小競り合い」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/01/11/9455207

結局、頼朝は、北条を頼むことになる。歴史の結果としてもそうなであることは分かっているのだが、よく分からないのは、何故、北条なのか、というその理由である。だが、ここは掘り下げて描かないということなのかもしれないと思う。

この回で、平清盛、後白河法皇などが登場してきていた。中世の幕開け、源平の争乱の時代を描くことになりそうである。そのなかで、北条義時とはどのような位置を占めることになるのか、これから、このドラマを見ていきたいと思う。

ところで、気になることとしては、このドラマでは、女性は立て膝では座らないようだ。以前の『麒麟がくる』では、女性は立て膝で座っていた。(歴史考証としては、この方が正しい。)たしかに、現代の目で見て違和感のないように演出しているのだろうが、平安末期のころの女性の座り方としては、立て膝であってほしい気がする。(これは、ある意味では、伝統的な日本の人びとの生活がどのようであったかということともかかわってくるのだが。)

また、頼朝が温泉に入っているシーンがあったが、烏帽子をかぶったままであった。おそらくは、時代考証としては、これが正しい。古くは、よほどのことがない限り、武家、貴族の男性は、頭になにかかぶっているものである。寝るときもそうである。

最後の「紀行」のところで、『曽我物語』のことが出てきていた。さて、どうするか。『曽我物語』を取り出してきて読んでみようかという気になった。(岩波の古い古典大系に入っている)。『曽我物語』というのは、ことばがそう難しいという作品ではないのだが、筋がややこしい。また、その後の日本文学に与えた影響もきわめて大きい。重要な作品である。だが、近年は、あまり読まれない作品になっているようだ。

2022年1月17日記

『卍』谷崎潤一郎/新潮文庫2022-01-17

2022年1月17日 當山日出夫(とうやまひでお)

卍

谷崎潤一郎.『卍』(新潮文庫).新潮社.1951(2010.改版)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100508/

中公文庫の「少将滋幹の母」「盲目物語」と読んで、新潮文庫版で谷崎潤一郎作品を読んでいこうと思って読んでいる。まず『卍』からである。特に年代順に読もうと思って読んでいるわけではなく、適当にみつくろって読んでいる。ただ、『細雪』だけは最後にするつもりでいる。

「卍」は、二つの性格を持つ作品である。

第一に、大阪弁小説。

全編にわたり、大阪弁である。会話文のみならず、地の文まで大阪弁の語りでなりたっている。これは、谷崎潤一郎の関西移住後の作品であるので、非常に強く、大阪趣味を反映したものになっている。

読んで思うこととしては、大阪弁小説として成功していないと感じることになる。目で読む文章としては、大阪弁をそのまま書きことばにつかうのは、無理がある。

日本の近代以降の文章、特に小説の文章は、東京のことばを基盤として成立、発展してきたという経緯がある。それをわかったうえで、谷崎潤一郎は、あえて大阪のことばで文章を書こうとしていたことは理解できる。だが、それが小説として成功しているかどうかはまた別の問題がある。大阪のことばは、耳で聴くにはいいのだが、そのまま文章にするのは、無理がある。いや、そうではなく、日本の近代の書きことばが、東京のことばを基本に成立してきたので、大阪のことばを十分に書きあらわしえないというべきなのかもしれない。

第二に、同性愛小説。

これも、今日の性意識からすると、ちょっと無理をしているかなという印象がある。女性の同性愛を描いているのだが、やはりそれを描いている視点は、男性からのものである。現代で、同性愛をあつかうとすると、より女性の立場にたって描くことになるだろう。

だが、これも現代の視点だから言えることであって、この小説の発表された当時の性道徳意識からするならば、かなり破天荒な題材であり描写であったのだろうとは思う。

以上の二点、大阪弁小説としても、同性愛小説としても、今日の視点、価値観から読んでみるならば、いくぶん無理をして書いているかなと感じるところがある。

とはいえ、作品全体を読み終わって感じるのは、やはり谷崎潤一郎の描いた小説世界だなという感想である。登場するのは、主に一組の夫婦と一人の女性なのだが、この登場人物の感情のもつれが、くどいまでに緻密な心理描写と語りで描かれる。

2022年1月16日記

『カムカムエヴリバディ』あれこれ「第11週」2022-01-16

2022年1月16日 當山日出夫(とうやまひでお)

『カムカムエヴリバディ』第11週
https://www.nhk.or.jp/comecome/story/details/story_details_11.html

前回は、
やまもも書斎記 2022年1月9日
『カムカムエヴリバディ』あれこれ「第10週」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/01/09/9454621

この週は、トランペットのコンテストとるい、そしてジョーのことが軸になって展開していた。最後の試着室のシーンが印象的であった。

第一に、るいである。

るいは、On the Sunny Side of the Street にいい思い出を持っていない。いや、忘れようとしている。だが、ジョーは、それをコンテストで演奏するという。そのジョーに、るいは衣装を選ぶことになる。そして、その結果、ジョーとの気持ちを確かめることになった。

第二に、ジョーである。

ジョーにとっても、この曲は特別な曲である。かつて、安子がロバートと進駐軍のクラブで聞いたとき。そのとき、喫茶点のマスターが飛び入りで歌を歌ったのだった。そこに紛れ込んでいた浮浪児の少年が、今のジョーということなのだろう。(まだ、そうはっきりと語られているわけではないのだが。)

ジョーにとっては、トラペットは特別である。コンテストに出たい気持ちと出たくない気持ちが錯綜する。が、出て優勝することになれば、それをきっかけにして、るいも一緒に東京にともなう決意をすることになる。

以上の二点、るいにとっても、ジョーにとっても、トランペットと、On the Sunny Side of the Street は、特別、すごく特別な意味があることになる。

それから、印象的だったのが、ドライブのシーン。四人で海に出かける。(どこと明示はなかったのだが、大阪から出かけるとするならば、瀬戸内海方面かなとは思うが。)このドライブを契機にして、るいとジョーは、お互いをそれと意識することになったようだ。

また、るいのことばが、このドライブのときあたりを境にして、変わってきている。岡山方言から、大阪方言に変化している。大阪のクリーニング店に住み込みで働いて、一年以上になるだろうか。そろそろ、大阪のことばが身についてきてもいいころである。

次週は、いよいよトランペットのコンテストになるようだ。楽しみにみることにしよう。

2022年1月15日記

『盲目物語 他三編』谷崎潤一郎/中公文庫2022-01-15

2022年1月15日 當山日出夫(とうやまひでお)

盲目物語

谷崎潤一郎.『盲目物語 他三編』(中公文庫).中央公論新社.2021
https://www.chuko.co.jp/bunko/2021/12/207156.html

『少将滋幹の母』につづけて読んだ。いや厳密には、二冊の中公文庫版の谷崎作品を、いったりきたりしながら読んだのだが。

収録するのは、

盲目物語
聞書抄 第二盲目物語
三人法師
紀伊国狐憑漆掻語

「盲目物語」も、若いときに読んだ記憶がある。しかし、今ではすっかり忘れてしまっている。読んで感じるところとしては、次の二点ぐらいになるだろうか。

第一には、盲目ということ。

タイトルのとおり、盲目の人間の語りでなりたっている。時代設定としては、戦国時代。この小説の描いているのは、盲目であるがゆえに感じることのできる美しさというものである。盲目である。見えてはいない。しかし、実際に見えている以上に、描き出される人物像ははっきりとしている。より明瞭なイメージとして、立ち現れてくるといっていいだろうか。このような盲目の世界を描き得たというのは、やはり『春琴抄』の作者ならではという気がする。

第二には、語りのうまさということ。

盲目の人間の語りという体裁で書かれている。そのことを意図してであろうが、本文の表記が仮名の多い文章で、しかも息が長い。読んでいて、思わずにその語りの世界の中に引き込まれてしまうような感覚になる。独特の仮名の多い表記法の文章と、語りの文章とが相まって、この小説の作品世界を構成している。

以上の二点を、「盲目物語」については思ってみる。

語りのうまさという意味では、他に収録されている三作品「聞書抄」「三人法師」「紀伊国狐憑漆掻語」も、見事というほかはない。この中公文庫版の「盲目物語」は、語りの巧みさという点で選んだ編集のように思える。

ところで、作品の評価とは別のことになるが、この中公文庫版には、ちょっと考えられない誤植がある。踊り字「くの字点」の、半分が欠落しているのが目についた。いったいどういう本の組版をしたら、このような誤植が生じるのか、不審に思うほどである。

中公文庫版の、新しい谷崎潤一郎の作品というと、『少将滋幹の母 他三編』と『盲目物語 他三編』になる。他にも中公文庫版で谷崎作品はあるのだが、版が古い。小さい字を読むのがつらくなってきているので、このつづきの谷崎作品は、新潮文庫版で読むことにする。

2022年1月14日記

『少将滋幹の母 他三編』谷崎潤一郎/中公文庫2022-01-14

2022年1月14日 當山日出夫(とうやまひでお)

少将滋幹の母

谷崎潤一郎.『少将滋幹の母 他三編』(中公文庫).中央公論新社.2021
https://www.chuko.co.jp/bunko/2021/07/207088.html

中央公論新社から、谷崎潤一郎の「全集」が刊行になっている。これは買っていない。買っても、どうせ全部を読むことはないだろうと思っていたことと、谷崎の主な作品は、若いときに読んでいる。いまになって「全集」に手を出そうという気に、いまひとつなれないでいる。

そうはいっても、谷崎潤一郎の主な作品は、読み直しておきたいとも思う。さしあたっては、新潮文庫とか中公文庫などで出ている程度の作品を、集中的に読んでみようかと思っている。(今、読んでいるの『蓼食う虫』である。)

『少将滋幹の母』は、若いときに読んでいる。さて、同じ題材で、芥川龍之介が「好色」という作品を書いていることは知っている。だが、どちらも若いときに読んでいるが、しかし、どっちを先に読んだかは忘れてしまっている。その後、大学生になって国文学など勉強するようになって、平中にかんする説話など読むことにはなった。

収録してあるのは、「少将滋幹の母」「ハッサン・カンの妖術」「二人の稚児」「母を恋ふる記」の四作品。(このように書いてみて思ったのだが、「母を恋ふる記」はタイトルが歴史的仮名遣いのままである。今では、近代の文学作品でも、現代仮名遣いに改める場合、タイトルも変えることになる。新潮文庫版「蓼食う虫」などそうなっている。)

さて、「少将滋幹の母」であるが、何十年ぶりかに読みかえしてみて、こんなにも完成度の高い小説であったかと驚いたというのが、まずは正直なところである。若いときに読んだ印象としては、平中をめぐる説話の数々、それから、平安時代の貴族社会を舞台にした女性の運命と、それを母と慕う子どもの物語……このような感じで読んだかと思う。今になって読みかえしてみて、確かに題材は平安時代にとってあるのだが、そこに描かれているは、近代的な小説と、王朝の物語と説話との融合した、完璧といってよい文学世界であることを、思うことになる。これは、谷崎であるからこそなしえた文学的達成というべきであろう。ただ、題材を王朝の物語、説話にとることなら、芥川龍之介が書いている。しかし、そこに描かれているのは、むしろ近代人の目で見た人間の心理の綾である。

谷崎潤一郎は、この小説において、むろん近代の小説家の目で人間心理を描きながら、同時に、王朝の貴族の世界に入りこんでいる。物語や説話の世界が展開されている。それが、違和感無く融合して、一つの小説としてなりたっている。これは、まさしく傑作としたいいようがない。

新しい中公文庫版には、新聞連載当時の挿絵、小倉遊亀の絵が載っている。これは、非常にいい。「少将滋幹の母」を読むなら、是非とも中公文庫版でといってもいいだろう。

この巻には、他に三編の作品を収録してある。どれも、「母」がテーマの作品である。文庫本として、現代の目から見て、このような編集もありかと思う。

中公文庫版は、中公で「全集」を出したのをつかって、新しく編集、校訂して出したものということになる。この次の巻としては「盲目物語」が出ている。谷崎潤一郎というと、どうしても中公版で読んでおきたいという気にはなるのだが、『細雪』などは、昔の版なので、字が小さい。読むのがつらくなってきている。中公文庫版で出れば買って読むことにして、このたびは新潮文庫版を主に読んでいこうかと思っている。

2022年1月13日記

『暇と退屈の倫理学』國分功一郎2022-01-13

2022年1月13日 當山日出夫(とうやまひでお)

暇と退屈の倫理学

國分功一郎.『暇と退屈の倫理学』(新潮文庫).新潮社.2022(太田出版.2015)
https://www.shinchosha.co.jp/book/103541/

新潮文庫で刊行になった本であるということもあって、読んでみた。この本の初版は、二〇一一年。その増補新版の文庫化である。著名な本であることは知っていたのだが、なんとなく手にすることなく今にいたってしまった。

この本については、すでにいろいろと言われていることだろう。特に、何ほどのことを書くでもないが、思いつくままに書くとすると次の二点ぐらいがある。

第一に、退屈の文学史である。

この本を読んで、「つれづれ」とも「アンニュイ」とも「懶(ものうし)」とも出てこない。退屈な状態を、文学的に表現するならば、このようになるかと思う。たぶん、これは意図的にそう書いているのかと思う。退屈ということが、古今東西の文学作品のなかでどのように表現され、文学的主題としてあつかわれてきたか、これはこれとして、とても興味あることである。

第二、還世界について。

人間と動物とでは、住んでいる世界が異なる。感知しているまわりの世界が異なることは理解できる。そして、人間においては、多様な世界を行き来できるということもまた、理解はできる。だが、もう一歩踏み込んで分析することも可能かと思う。人間にとって環境とは、意図せずにたまたまそのような環境におかれるという状態もあるだろうし、あるいは、意図的に自らをそのような環境においてみることもできる。このあたりの人間の意志とのかかわりは、もうすこし分析する必要があるかもしれない。また、例えば、色彩の世界についていってみれば、確かに人間の感知することのできる色彩の世界と、モンシロチョウの感知する色彩の世界は違っている(このことは、色彩学の本にはたいてい出てくる。)人間が、多様な環境に身をおくことができるとしても、色彩に限ってみるならば、人間の感知できる範囲は、おのずと決まっている。他の動物のような色彩の環境に容易に入っていけるものではない。

以上の二点のことを書いてみる。

國分功一郎の本では、『中動態の世界』は買ってあるのだが、しまいこんだままになっている。取り出してきて、読んでおきたいと思う。

それから、さらに書いてみるならば、この本では最初に「暇」も「退屈」も定義していない。そうではなくて、この本を読むと、「退屈」とはこのような状態をさすのだな、ということが理解できるように書いてある。このような論のたてかたもあるのだと思う。

2022年1月11日記

ハコネウツギの冬芽2022-01-12

2022年1月12日 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので写真。今日は、ハコネウツギの冬芽である。

前回は、
やまもも書斎記 2022年1月5日
梅の冬芽
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/01/05/9453619

駐車場の山茶花もすっかり散ってしまった。万両の赤い実も、徐々に鳥が食べているようで、少なくなってきている。すっかり冬の様子である。

冬の身近な植物として、冬芽を見ている。写したのは、ハコネウツギである。その冬芽である。

ハコネウツギは、初夏に、白い花が咲く。その花の色が、時間がたつと赤くなり、紫色に変化する。毎年、気がつくとハコネウツギの花が咲いていることに気づく。今年は、季節を追って花の咲く前の段階から観察してみようかと思う。

ハコネウツギ

ハコネウツギ

ハコネウツギ

ハコネウツギ

ハコネウツギ

Nikon D500
SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

2022年1月10日記

『鎌倉殿の13人』あれこれ「大いなる小競り合い」2022-01-11

2022年1月11日 當山日出夫(とうやまひでお)

『鎌倉殿の13人』第1回「大いなる小競り合い」
https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/01.html

今年の大河ドラマも見ている。『鎌倉殿の13人』である。

主人公は、北条義時。北条氏として鎌倉幕府をささえることになる。源平の争乱から、鎌倉幕府の成立ぐらいまでを描くことになるらしい。脚本は三谷幸喜である。

まず、第1回である。当時の状況の説明であった。北条氏の人びとと源頼朝の紹介というあたりまでであった。

歴史の結果としては知っていることになる。この後、頼朝は挙兵し、平家をたおし、鎌倉幕府をひらく。そこに、源義経、木曽義仲、後白河法皇、藤原秀衡などが登場人物としては出てくることになる。

この第1回で目立っていたのが、北条政子(小池栄子)。なるほど、一目惚れというのは、このようなことをいうのであろう、という設定であった。それから、実衣(宮沢エマ)がよかった。

三谷幸喜の脚本は、シリアスであり、同時にコミカルでもある。戦乱の時代を、どう描くことになるのか、期待していいだろう。

それにしても、この回でよくわからないのが、源頼朝という人物の位置。今のところ、伊豆に流された流人ということでいいのだろうが、その身分というか、境遇というか、社会的な立場というか、このあたりが今一つはっきりしない。だが、ともあれ、北条の一族にとっては、この頼朝との出会いが、その後の一族の命運を決め、歴史を動かすことになる。

源平の争乱の時代を、北条氏という立場からどう描いて見せることになるのか。次回以降を楽しみに見ることにしよう。

2022年1月10日記

追記 2022年1月18日
この続きは、
やまもも書斎記 2022年1月18日
『鎌倉殿の13人』あれこれ「佐殿の腹」
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/01/18/9456974

『自由と成長の経済学』柿埜真吾2022-01-10

2022年1月10日 當山日出夫(とうやまひでお)

自由と成長の経済学

柿埜真吾.『自由と成長の経済学-「人新世」と「脱成長コミュニズム」の罠-』(PHP新書).PHP研究所.2021
https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-85014-6

『人新世の「資本論」』への反論本である。昨年のうちにつづけて読んだものである。

やまもも書斎記 2021年12月20日
『人新世の「資本論」』斎藤幸平
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/12/20/9449350

やはり出るべくして出た反論本であるというべきか。読んで思うこととしては、次の二点ぐらいである。

第一に、『人新世の「資本論」』批判としては、至極まっとうな本であること。

世評としては、『人新世の「資本論」』は確かに高い。だが、この本の主張するところ、特に近未来への提言としては、荒唐無稽としかいいようがない。この批判としては、十分に首肯できる反論になっている。

第二に、しかし将来に限界はあるだろうということ。

限りなく成長する資本主義によってしか、今日の世界の問題は解決しないのだろうか。だが、ここで考えなければならないのは、地球環境というパイはすでに限界が見えてきていることではないかとも思う。今後の課題は、この限られたパイの分割、再配分のあり方と方法をめぐるものになっていくと思う。

以上の二点のことを考える。

『人新世の「資本論」』をただ荒唐無稽として退けるのではなく、その問題提起……特に地球環境の将来……については、十分に考慮しつつ、世界全体でバランスのとれた成長戦略を考えるべきときなのだろうとは思う。それに日本がどのように貢献できるかが問われている。いや、これは楽観的にすぎるかもしれない。どうすればこれからの国際社会のなかで日本が生き残れるかが、問題であるといった方がいいだろうか。

2022年1月9日記

『カムカムエヴリバディ』あれこれ「第10週」2022-01-09

2022年1月9日 當山日出夫(とうやまひでお)

『カムカムエヴリバディ』第10週
https://www.nhk.or.jp/comecome/story/details/story_details_10.html

前回は、
やまもも書斎記 2021年12月30日
『カムカムエヴリバディ』あれこれ「第9週」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/12/30/9451845

るいの大阪での生活が本格的にはじまる。見ていて印象に残っていることとしては、次の二点ぐらいだろうか。

第一に、ジョーのこと。

なぞの宇宙人は、ジャズ喫茶でトランペットを吹いているジョーであった。ふとしたことでめぐりあった二人であるのだが、これからこのドラマの展開でどうなるのだろうか。

ジョーは、るいのことばを聞いて、すぐに岡山方言とわかったようだ。あるいは、ジョーは岡山になじみがあるのかもしれない。

第二に、On the Sunny Side of the Street のこと。

この曲は、ジョーにとって特別の曲であるらしい。だが、そのジョーから見て、この曲は、るいにとっては、すごく特別な曲であることになる。

るいは、確かにこの曲を聴いて、岡山での母の安子とのことを思い出すことになる。るいは、その母の思い出から逃れるために、岡山を離れて大阪にやってきた。しかし、ジョーの演奏する曲を聴いて、岡山のことを思い出してしまう。

以上の二点が、見ていて印象にのこったことである。

この週では、大阪の小さなクリーニング屋の日常、ジャズ喫茶、そして、街の人びとの様子、地蔵盆などが丁寧に描かれていたと思う。

次週、「命短し恋せよ乙女」となるらしいのだが、さて、もう弁護士の片桐は登場しないのだろうか。ちょっと気になる。次週も楽しみに見ることにしよう。

2022年1月8日記

追記 2022年1月16日
この続きは、
やまもも書斎記 2022年1月16日
『カムカムエヴリバディ』あれこれ「第10週」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/01/09/9454621