『太平記』岩波文庫(五)2020-02-17

2020-02-17 當山日出夫(とうやまひでお)

太平記(5)

兵藤裕己(校注).『太平記』(五)(岩波文庫).岩波書店.2016
https://www.iwanami.co.jp/book/b243807.html

続きである。
やまもも書斎記 2020年20月10日
『太平記』岩波文庫(四)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/02/10/9212124

岩波文庫本で読んできて、ようやく五冊目である。巻三十から三十六までをおさめる。

はっきりいって、『太平記』をここまで読んできたのだが、どちらの人物が北朝で、どの人物が南朝の側なのか、さっぱりわからないでいる。しかし、読んでいると、奇妙に面白い。それは、この作品のもつ、独特のことばのリズムというものに起因するのだろうと思う。

おそらく、『太平記』は、いろんな読み方ができる。歴史学の方面から史料として見ることもできよう。また、文学研究の方面からは、軍記物の一つとして、さらに、これが読まれた近世、近代の受容史の問題として読むこともできる。無論、(これは私の専門になるのだが)中世の日本語資料として見ることもできる。たぶん、この三つの要素を総合して読んで、はじめてこの作品を本当に分かったといえるのかと考える。

ところで、私が読んだ興味、関心からすると……あまり歴史学の方面の知識が無いせいか、歴史叙述としては、面白いとは感じないでいる。それよりも、歴史を語った文学としては、余談とでもいうべきことになるのかもしれないが、和漢の故事を披瀝したところとか、あるいは、怪異譚の類であるとか、天変地変の記述であるとか、このようなところを読んで、面白いなあと感じる。まあ、いわば、説話的な興味とでもいえばいいだろうか。『今昔物語集』などを読んでいるときに感じる面白さに通じるものがあるといっていいだろうか。

だが、この『太平記』は、『今昔物語集』とは違う。『平家物語』とも違う。中世も室町という時代であるからこその、その時代の精神とでもいうべきものを感じる。そのひとつが、『太平記』といえば出てくる用語である「ばさら」かもしれない。

この五冊目を読んでも、「ばさら」の用例がひろえる。また、「ばさら」を体現していることになる佐々木道誉も登場する。

岩波文庫で、残りは一冊になった。このままつづけて、六冊目を読んでしまおうと思う。

2020年1月30日記

『スカーレット』あれこれ「春は出会いの季節」2020-02-16

2020-02-16 當山日出夫(とうやまひでお)

『スカーレット』第19週「春は出会いの季節」
https://www.nhk.or.jp/scarlet/story/index19_200210.html

前回は、
やまもも書斎記 2020年2月9日
『スカーレット』あれこれ「炎を信じて」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/02/09/9211772

この週で描いていたのは「一人」ということだったかと思う。

母のマツが死んだ。子どもの武志は、京都の美大に進学する。そして、もどってきても、一人で生活をはじめる。結局、喜美子は一人である。

見ていて印象的だったのは、喜美子が一人で食事をするシーン。これが、何度かあった。夫がいなくなり、母が死に、子どもが手元を離れて、喜美子は一人である。だが、喜美子は、陶芸というものがある。一人であることを背負って、陶芸の道にうちこんでいるように見える。だが、そんなに悲壮感があるというのではない。ごく自然に一人の人間として生きている。

この一人の人間が、一人で生きていくということを、このドラマは、ごく自然に素直に描いていると思う。

喜美子が一人だからこそ、市会議員になったちや子と一緒に家のなかでふれあう場面が印象に残る。

また、その喜美子をたずねてきた女性、小池アンリ。何やら、その人生にはいわくいんねんがありそうである。だが、金はあり、また、陶芸に対する造詣もふかいようだ。このアンリと喜美子との交流も、どことなくコミカルで面白かった。

そして、あるいは、アンリも一人であったのかもしれないと感じさせるところがあった。

さて、次回以降、いろいろ波瀾万丈のドラマになるようである。楽しみに見ることにしよう。

2020年2月15日記

『熱源』川越宗一2020-02-15

2020-02-15 當山日出夫(とうやまひでお)

熱源

川越宗一.『熱源』.文藝春秋.2019
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163910413

今年の第162回の直木賞の作品である。

事実をもとにしたフィクション……ということなのだが、よく書けていると感じる。思うところを記せば、次の二点ぐらいになるだろうか。

第一には、この本を肯定的に読んでみて……近代における極東アジアの北海道、そして、サハリン(樺太)、また、東欧におけるポーランド、これらの地域における人びとにとって、民族とは何か、国家とは何か、祖国とは何か、文明とは何か、を問いかける作品になっていることである。

ポーランド出身の元流刑囚が、極東アジアの地で、アイヌの人びとに出会う。現代の我々は歴史の知識として知っている、ポーランドがヨーロッパの歴史の中で強国に翻弄されてきたことを、また、極東アジアにおいて、アイヌの人びとが、近代になって、独立国を作ることなく、存亡の危機にあることを(無論、日本の国内においてまったくアイヌの人びとがいなくなってしまったということはない。)

第二には、これは否定的に読んでみるのだが……では、極東アジアの近代ということを考えてみて、ロシアや日本の近代化ということは、それほど悪いことだったのだろうか。いや、日本の近代を考えるうえでは、世界の歴史の流れのなかで、やむをえない一つの生き方として「文明」ということがあった、こう考えることもできよう。この作品における、国家と近代文明とかの描き方は、どうも平板な印象がある。

以上の二点が、この本を読んで感じるところである。

直木賞の受賞ということで、この作品は、多く読まれることになるだろう。この作品の問いかけているもの、国家とは、文明とは、民族とは……という問いかけは、まさに今の、これからの、世界における重要な問題である。

アイヌというと、つい日本の北海道のアイヌのことを思ってしまう。だが、近代の極東アジアの歴史をたどってみるならば、アイヌの人びとは、北海道のみならず、サハリン(樺太)でも暮らしていた。そして、サハリン(樺太)の歴史は、日露戦争を契機として、日本の統治下となり、その後は、ソ連の統治下となり、現代ではロシアが領有している。そこには、多くの民族が、先住民として暮らしてきたという歴史がある。この本は、そのような人びとの歴史を、多方面から相対化して見るということができるだろう。

また、読んで思ったことであるが、この本は日本語で書かれた小説である。だが、作品中の登場人物は、日本語で会話しているのではない。なかには、日本のシーンもある。大隈重信が出てきたり、二葉亭四迷が出てきたり、白瀬矗が南極探検に行ったり、このような場面では、日本語の会話である。しかし、サハリンを舞台にしたところ、あるいは、ポーランドを舞台にしたところでは、登場人物は、いったい何語で話しているのだろうか。ロシア語であったり、アイヌ語であったり、ポーランド語であったり、のようである。

そういえば、岩波文庫で『アイヌ神謡集』が出たのは、私の学生のときだったろうか。知里幸恵という名前を覚えている。本もさがせば、まだどこかに残っているはずである。

2020年2月13日記

『序の舞 下』宮尾登美子2020-02-14

2020-02-14 當山日出夫(とうやまひでお)

序の舞(下)

宮尾登美子.『序の舞』(下).朝日新聞社.1982

続きである。
やまもも書斎記 2020年2月13日
『序の舞 上』宮尾登美子
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/02/13/9213137

上巻につづけて読んだ。上巻について書いたとき、その代表作である「焔」「花がたみ」を見たことについて書いた。下巻まで読んでくると、この二つの作品の制作の背景が語られる。いわゆる上村松園の美人画の系譜からすれば、この二つの作品は異色である。だが、そのなかにあって、きわだっている作品であるともいえる。

下巻まで読んで感じるところは次の二つ。

第一に、これまでも書いてきたように、宮尾登美子作品の底流にあるのは、市井の人びとの情愛である。普通に生きている人間の情感、愛憎といってもよい。

下巻では、特に印象的なのが恋。年下の男性との恋におちる。だが、それはみのることなく、おわってしまう。このあたりの主人公(津也)のこころのうちのゆれうごきが、実にこまやかである。さすがに津也の心情に共感するというところまではいかないが、しかし、そのこころのうちによりそって文章を読んでいくことになる。

この作品でも、老い、病、それから、親子の情、場合によっては確執ともなる……これら、悲喜こもごもの情感が、密度の高い文章でつづってある。

第二に、これはこの作品の読み方として作者の意図したこととは違うのかもしれないが、どうしても、上村松園という画家の仕事と人生をそこに見てしまう。本当の上村松園がどのようであったかは、また別のことなのであろうが、そうはいっても、晩年に描いた「序の舞」にいたる画家としての一生が、最期に大団円を迎える。女性として初の文化勲章を授与されることになる。そして、その死までを書いてある。

以上の二点が、下巻まで読んで感じるところである。

これは小説であり、上村松園の評伝ではない。そう思って読むべき作品であろう。この意味においても、津也の人生の影のような部分にめくばりがある。

「津也が、同性から近寄り難い、親しみ難い、といいわれるているのもこういう辺りが理由のひとつではなかったろうか。」(下 p.305)

必ずしも著者(宮尾登美子)は、主人公の津也の人生を、理想的な生き方ばかりで描いているのではない。このあたりの懐の深さとでもいうべきものが、宮尾登美子作品の魅力であると、強く感じる。

2020年1月8日記

『序の舞 上』宮尾登美子2020-02-13

2020-02-13 當山日出夫(とうやまひでお)

序の舞(上)

宮尾登美子.『序の舞』(上).朝日新聞社.1982

続きである。
やまもも書斎記 2020年2月8日
『伽羅の香』宮尾登美子
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/02/08/9211435

単行本は、今では売っていない。が、中公文庫で出ている。しかし、中公文庫版は、一冊におさめるためもあってか、字がちいさい。ちょっと読むのがつらい。古本で、朝新聞社刊の単行本を買って読んだ。

この作品は再読になる。たしか、朝日新聞の連載小説であった。連載のとき、ときどき読んでいた。その後、まとまって刊行になったときに買って読んだ。

この小説は、上村松園がモデルである。

高校生のときだったか、もう大学生になっていたか、京都の岡崎の京都市立美術館に行って上村松園を見たことがある。そのときは、特に、この展覧会をめざして行ったということではなかった。何か別のことで、でかけていってふと京都市立美術館の展覧会を見ておくか、という程度の気持ちではいった。そのとき、まだ、日本画家としての上村松園の名前を知らなかった。展覧会を見て、はじめてこのような画家がいたことを知った。

憶えているのは、『焔』『花がたみ』……上村松園の代表作といっていいだろう……この二つの絵が、ならべてかかったいたことである。この二つの絵を前にして、しばらくながめていたのを記憶している。展覧会は、きわめて人が少なかった。

上村松園の日本画家として名前が、社会的にひろく知られるようになったのは、やはりこの作品『序の舞』の影響だろう。この小説が出てから、どこかで開催された上村松園展に行ったことがあるが、満員の盛況であった。

宮尾登美子の小説は、一途に努力する女性の姿を描いたものが多い。『蔵』における烈、『一弦の琴』における、苗と蘭子。この『序の舞』でも、主人公の津也がそうである。その画家としての生涯を追っている。まだ時代は明治である。女性画家というのが、希少な存在であった時代。男性画家のなかで、生き抜き、画家として大成するまでを描いている。

だが、この小説は、上村松園の伝記小説ではない。この小説の底流にながれているものは、人間としての喜怒哀楽、人生のさまざまな場面における情感、といったものである。むしろ市井の普通の人びとの感情といっていいだろう。

津也は絵にうちこむのだが、純粋に画業に専念するというだけではない。男性との関係もあり、また、子どもを身ごもることにもなる。このあたりのことを描いた、上巻では「蛍の宿」の章が圧巻である。

心の影をも描いているところが、宮尾登美子の小説の良さである。たとえば、

「このとき津也の心のなかに、師の病を小気味よく思う気持ちが全くなかったといえばそれは真実とはいい難いが、」(p.304)

このように、ふとした心理の影のようなものを、丁寧にすくいとっていく。このきめ細やかな心理描写のはこびが、宮尾登美子の小説の魅力であると、私は強く感じる。

また、津也の生き方について、

「のちに津也は世間から、/「権力のある男に自ら近寄り、体で地位をかち取って行った」/というごうごうたる批難をあびることになるが、」(p.335)

など、マイナスの視点からの記述も、あえて加えている。

このように丁寧な心理描写と、その生涯の陰影をもふかくつつみこんで語られるところに、この小説の面白さがあるといっていいだろう。

続けて下巻を読むことにしたい。

2020年1月6日記

追記 2020-02-14
この続きは、
やまもも書斎記 2020年2月14日
『序の舞 下』宮尾登美子
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/02/14/9213622

マンリョウ2020-02-12

2020-02-12 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日は写真の日。今日はマンリョウ「万両」の実である。

前回は、
やまもも書斎記 2020年2月5日
梅の花芽
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/02/05/9210409

我が家のマンリョウ「万両」の木の実は、もうほとんど鳥が食べてしまってなくなっている。見ていると、センリョウ「千両」の木の実の方が先になくなる。次になくなるのが、マンリョウ「万両」のようである。それから、ナンテン「南天」の実もほとんど残っていない。二月にはいると、庭の木の実はほとんどが鳥のエサである。

掲載の写真は、昨年のうちに写して保存しておいたものである。

この木は、夏に白い花を咲かせる。それが、青い実をつけて、秋から冬になって赤くなる。庭にあるので毎日のように目にしている。この木の様子をみていると、季節の変化を感じる。

今年の冬はあたたかいせいか、梅の花も昨年よりも早く咲きそうな感じである。そろそろ、春の花の写真を撮る季節になってきたかと思う。

マンリョウ

マンリョウ

マンリョウ

マンリョウ

マンリョウ

マンリョウ

マンリョウ

Nikon D500
TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

2020年2月11日記

『麒麟がくる』あれこれ「尾張潜入指令」2020-02-11

2020-02-11 當山日出夫(とうやまひでお)

『麒麟がくる』第四回「尾張潜入指令」
https://www.nhk.or.jp/kirin/story/4.html

前回は、
やまもも書斎記 2020年2月4日
『麒麟がくる』あれこれ「美濃の国」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/02/04/9210092

若いころの明智光秀のことはよく分かっていないらしい。ということで、この回で描いていたことは、ドラマとしてはフィクションと理解して見ていいのだろう。

光秀は、斎藤道三から、尾張へ偵察に行くように命じられる。そこにまず向かったのは、医師の東庵であった。この東庵という医者、どうもただものではないようである。京の都では、人びとを助ける医者であったが、光秀に乞われて美濃に来ることになる。医者という仕事の故であろうか、各地の大名とも親交があるらしい。

その東庵から情報を得るために、光秀と菊丸は、農民に変装して潜入する。ともかく東庵と会って情報を得ることができたが、しかし、織田信秀からは、怪しまれる。追っ手をさしむけられるのだが、そこで、窮地に陥った光秀を、謎の人物が石つぶてで助ける。さて、これは、いったい何者なのであろうか。あるいは、同行した菊丸の仲間か。そうすると、菊丸も、ただの農民ではなさそうである。(つまり、菊丸という登場人物は、ドラマにおいては、農民の視点を描くために出てきているのではなく、何か謎めいた背景のある人間ということになる。)

医者の東庵といい、菊丸といい、どうもその背景にはなにかがありそうな気配がする。しかし、その正体は、まだ明らかになっていない。たぶん、このドラマの進行とともに、どのような素性の人物なのか分かってくるのだろうと思う。

このあたり、フィクションとしての時代劇ドラマにおいて、たくみな脚本であると感じるところがある。

また、尾張の城中であった、竹千代、後の徳川家康。これも、フィクションとして見ておけばいいのだろうが、戦国武将としてこれから登場してくるであろう、信長、秀吉といった人間が、どのように描かれることになるのか、これも楽しみなところである。

ところで、この回ですでに本能寺のことが出てきていた。本能寺というのは、いわゆる本能寺の変ということで名前は知られているが、戦国時代にあて、どのような寺院であったのか、ここのところは、一般に知られていることが少ない。ここをうまく使って、鉄砲と本能寺を、ドラマの筋のなかにからめてあったと思う。

次回、足利義輝将軍も登場することになるようだ。楽しみに見ることにしよう。

2020年2月10日記

『太平記』岩波文庫(四)2020-02-10

2020-02-10 當山日出夫(とうやまひでお)

太平記(4)

兵藤裕己(校注).『太平記』(四)(岩波文庫).岩波書店.2015
https://www.iwanami.co.jp/book/b245755.html

続きである。
やまもも書斎記 2020年2月3日
『太平記』岩波文庫(三)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/02/03/9209750

岩波文庫版で四冊目である。巻二十二が欠巻で、二十三から二十九までをおさめる。

歴史的には、吉野の炎上から、高師直の死までを描くことになる。が、この四冊目を読んで、私にとって興味深いのは、怪異とでもいうべき部分である。楠正成の亡霊が登場する。また、天狗も出てくる。さらには、「未来記」についての記述もある。

おそらく、狭義の「歴史学」という分野においては、切って棄てる部分になるにちがいない。しかし、私は、これこそ、中世の人々の世界だと感じる。『太平記』という書物が、「歴史学」に意味のあるものなのかどうか、これは明治以降において議論のあるところであることは承知しているつもりでいる。この意味において、無意味と捨て去られるような部分においてこそ、私は、『太平記』という「物語」の成立の意味を感じとる。

これは、私の勉強してきたことが、歴史学の周辺にはあっても、狭義の歴史学ではなかったことによるものかと思う。学生のころに、折口信夫や柳田国男を読んだ。いわゆる民俗学につらなる国文学の系譜である。このような視点をおいて見るならば、歴史学から排除されるような部分にこそ、まさに、このような精神世界に中世の人々が生きていた、その息づかいのようなものを感じるのである。

また、国語学、日本語学の分野から見ても興味深い。各種のことばの意味、用法、語法などにおいて、これを用例をあつめて考えてみれば、面白い研究ができるだろう、というところがいくつも目につく。だが、残念ながら、この岩波文庫本は、古本系統の「西源院本」をつかっているのだが、その表記などについては、かなり改めた校訂になっている。そうはいっても、この文庫の本文を見るだけでも、いろいろ興味の種はつきない。

もう私自身としても、国語学、日本語学という研究の分野から引退しようかと思う。これを追求して論文を書いてみたりしようという気にはならないでいる。だが、国語学、日本語学的に見て興味深いものであることは、読みながら思うところである。

ようやく後期の講義も、後は試験を残すのみとなった。つづけて、五冊目を読むことにしたい。

2020年1月28日記

追記 2020-02-17
この続きは、
やまもも書斎記 2020年2月17日
『太平記』岩波文庫(五)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/02/17/9214770

『スカーレット』あれこれ「炎を信じて」2020-02-09

2020-02-09 當山日出夫(とうやまひでお)

『スカーレット』第18週「炎を信じて」
https://www.nhk.or.jp/scarlet/story/index18_200203.html

前回は、
やまもも書斎記 2020年2月2日
『スカーレット』あれこれ「涙のち晴れ」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/02/02/9209362

このドラマは、女性陶芸家としての喜美子の活躍、奮闘、苦労といったものはあまり描かない方針のようだ。それよりも、一人の人間として、妻として、母として、どう家族と生きることになるのか、こういったところをじっくりと描くことになっている。

この週で描いていたこととしては、次の二点を思ってみる。

第一に、女性陶芸家としての成功。長期間にわたって火をたき続けることで、ようやくのことで喜美子は自分の思っていたとおりの色を出すことができた。

たぶん、普通のドラマの作り方であれば、このあたりのことをクライマックスにもってきて、もっとドラマチックに描くところだろうと思う。それを、このドラマでは、非常にあっさりとした描写であった。つまり、女性の陶芸家として名をなすということは、ドラマの筋の一つではあるのだが、本筋ではないと理解していいのだろう。

第二に、陶芸家として成功した喜美子のその後の日常。陶芸家としては成功したことになるのだが、しかし、その一方で、夫の八郎とはわかれることになってしまう。喜美子のもとには、子どもの武志が残る。

その武志との生活を描いたのが、この週の終わりであった。武志は、京都の美大をめざし陶芸家になるという。そこに、かつての夫であり、武志の父である八郎の助言があったようだ。八郎と武志は、おたがいに縁が切れることなく連絡をとりあっていた。父と子である。

しかし、喜美子とは、分かれたきりである。喜美子は、しみじみと思うことになる。大切なものをうしなってしまったのである、と。

以上の二点が、この週を見ていて思うことなどである。

得てして、朝ドラでは、「女性の……」ということで、その苦労話を描くことが多い。このドラマも、女性陶芸家の草別としての存在がないではない。だが、そのことよりも、一人の人間としてどのように生きていくことになるのか、このことの方を軸に描いていると感じる。これは、あるいは、朝ドラとしては、新しい流れの作り方ではないかと思って見ている。

これからの喜美子の生き方をどう描くことになるのか、次週以降を楽しみに見ることにしよう。

2020年2月8日記

追記 2020-02-16
この続きは、
やまもも書斎記 2020年2月16日
『スカーレット』あれこれ「春は出会いの季節」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/02/16/9214394

『伽羅の香』宮尾登美子2020-02-08

2020-02-08 當山日出夫(とうやまひでお)

伽羅の香

宮尾登美子.『伽羅の香』(中公文庫).中央公論新社.1984(1996.改版)
http://www.chuko.co.jp/bunko/1996/07/202641.html

続きである。
やまもも書斎記 2020年2月7日
『一絃の琴』宮尾登美子
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/02/07/9211091

この作品は再読だと思う。が、以前に読んだときのことは、もうすっかり忘れてしまっている。新たな気持ちで最初から読んだ。

読み始めてしばらくはちょっと退屈である。三重の山奥、炭焼きをいとなむ素封家の家に生まれた葵。その成長のものがたりがしばらくつづく。葵は、ふとしたことから香道にひきよせられる。その香道のことも興味深いのであるが、小説が面白くなるのは、半分ほど読んだあたりからだろうか。

子どもの死、それに夫の死、さらに、その後の判明する夫の不倫……華麗な香道の世界に君臨するかの主人公、葵、その心のうちは、黒いほむらでもえさかる。葵は一途である……他の宮尾登美子の作品のヒロインと同様に……しかし、その一途な心には、かならず影の部分がある。その影の部分を、この作品は丁寧におっていく。

また、この小説でも描かれているのが、「老、病、死」といった、人間として生きていく限り避けられないことなど。ひょっとして、現代の小説において、人間の「老、病、死」について、宮尾登美子ほど、細やかな筆づかいで語っている小説家はないのかもしれない。

宮尾登美子の作品の魅力は、ヒロインの頑張りでもある。だが、その頑張りによりそう心の影の部分に、読んで、より心をひかれる。そこには、人間というものを描く普遍性がある。

若いときに読んだ宮尾登美子の作品は、そのヒロインの頑張りに魅力を感じたものである。しかし、この年になってから再読していくと、人間としての影の部分、あるいは、強いて言うならば、心のうちにある邪悪なもの……それを冷静に見つめる落ち着いた文章のはこびに、魅力を感じるようになってきている。

ここしばらくは、宮尾登美子の作品を読んでいきたいと思う。

2020年1月13日記