『蜘蛛の糸・杜子春』芥川龍之介/新潮文庫2020-03-28

2020-03-28 當山日出夫(とうやまひでお)

蜘蛛の糸・杜子春

芥川龍之介.『蜘蛛の糸・杜子春』(新潮文庫).新潮社.1968(2010.改版)
https://www.shinchosha.co.jp/ebook/E640011/

続きである。
やまもも書斎記 2020年3月27日
『地獄変・偸盗』芥川龍之介/新潮文庫
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/03/27/9228553

新潮文庫で芥川龍之介を読んでいる。三冊目に手にしたのが『蜘蛛の糸・杜子春』である。

この本は、主に童話、あるいは、子ども向けに書かれたかと思われる作品、また、子どもの登場する作品を収めてある。

蜘蛛の糸
犬と笛
蜜柑
魔術
杜子春
アグニの神
トロッコ
仙人
猿蟹合戦


やはり有名な作品というと、「蜘蛛の糸」それに「杜子春」であろうか。最初に読んだのは、中学のころだったろうか。改めて読んでみると……芥川龍之介というのは、このような作品を書けば書ける作家だったのか、という一種の驚きのようなものである。平安の昔の人間の心のうちを理知的に描き出すような作品……「羅生門」とか「鼻」とか……を書いた作家が、「蜘蛛の糸」や「杜子春」のような作品を書いているということは、これはこれとして、非常に興味深いと感じる。

ここある作品のなかで、私が一番好きなのは「蜜柑」である。何気ない汽車のなかでの一コマの情景であり、登場人物は、私と小娘だけである。ただ、列車の窓から蜜柑を投げるだけのことが描かれている。その場面に居合わせた私が、その小娘の身の上についていろいろと思量する。読後感としては、爽やかな作品を読んだという印象が残る。しかし、この作品も、ある意味では、その光景を見ているだけの私については、近代の憂愁とでもいうべきものがただよっている。

2020年3月15日記

『地獄変・偸盗』芥川龍之介/新潮文庫2020-03-27

2020-03-27 當山日出夫(とうやまひでお)

地獄変・偸盗

芥川龍之介.『地獄変・偸盗』(新潮文庫).新潮社.1968(2011.改版)
https://www.shinchosha.co.jp/book/102502/

続きである。
やまもも書斎記 2020年3月26日
『羅生門・鼻』芥川龍之介/新潮文庫
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/03/26/9228228

先に読んだ『羅生門・鼻』にひきつづき、いわゆる「王朝物」を収める。この本では、そのなかでも、芥川の後期の作品を収録してある。

収録してあるのは、

偸盗
地獄変

往生絵巻
藪の中
六の宮の姫君

読んで感じるのは、小説家として成熟していった芥川の語りの巧さである。先の『羅生門・鼻』に収録の作品は、どちらかというと、近代の理知がかっていたという印象がある。それに対して、この本に収録されている作品を読むと、近代の理知というよりも、小説としての面白さというか、語りの巧みさとでもいうものを感じるようになる。読みながら、ふと小説世界のなかにひたってしまっていることに気付く。

「偸盗」を読んだのは、中学生のころだったろうか。最近では、Kindle版の芥川全集でも読んでいる。だが、今回、新潮文庫版で読んでみて、その物語的な面白さに気付いた。特に、沙金という女性をめぐる物語として、この作品はいい。

「地獄変」。これは、芥川の代表作であろう。この作品に、芥川の芸術家としての、その趣向のおもむくところを読みとることができるかもしれない。

「藪の中」。この作品は、もうこの芥川の作品であることを離れて、「藪の中」ということばが、日本語のなかに定着してしまっている。また、黒澤明の『羅生門』が、これを原作にしていることは、いうまでもない。

今回、読んでみて感じることは……真相がどうであったかは知り得ない、ということもあるが、それぞれの登場人物の語り口の巧さを味わうという印象が残った。それぞれの語り口のなかにしか、真実はありえないのかもしれない。

2020年3月14日記

追記 2020-03-28
この続きは、
やまもも書斎記 2020年3月28日
『蜘蛛の糸・杜子春』芥川龍之介/新潮文庫
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/03/28/9228879

『羅生門・鼻』芥川龍之介/新潮文庫2020-03-26

2020-03-26 當山日出夫(とうやまひでお)

羅生門・鼻

芥川龍之介.『羅生門・鼻』(新潮文庫).新潮社.1968(2005.改版)
https://www.shinchosha.co.jp/book/102501/

芥川龍之介の作品を読みなおしてみたいと思って読んでいる。

「全集」は岩波版で二セット持っている。また、Kindleには、芥川龍之介全集も入れてある。これは、青空文庫からあつめて、筑摩版の全集にしたがって収録したものである。Kindle版については、外出先で読むことに決めておいて、そのほとんどを読んだ。(だが、どうも私はKindleと相性が悪いらしい。どうも、読んだ気にならない。)ここは、割り切って新潮文庫版で今刊行になっているものを読むことにした。このような読み方で、昨年(二〇一九)は、夏目漱石の新潮文庫版を読んだのであった。

「羅生門」は、これまで何度か読んでいる。最初に読んだのは、中学生のころだったかもしれない。

そして、その結末が、芥川自身の手によって改作されていることを、現代のわれわれは知っている。このことについては、新潮文庫版では、本文は改作版によっているが、注で初出の本文については、どうであったか解説してある。

やまもも書斎記 2016年8月17日
芥川龍之介『羅生門』の結末
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/08/17/8153573

この文庫本に収録してあるのは、次の作品。

羅生門

芋粥

袈裟と盛遠
邪宗門
好色
俊寛

やはり読んで、一番印象に残るのは、「羅生門」であろうか。この作品が、学校で国語の教材として広く読まれていることは、読むとなるほどと感じるところがある。(だが、これも、今般の国語教育の改革で、どうなることかという気はしているのだが。)

「羅生門」「鼻」「芋粥」、このあたりの作品は、私は中学生ぐらいのときに読んだと思う。また、他の作品も、読んだ記憶がある。「袈裟と盛遠」など、今この年になって……七旬である……読んでみると、若いときに読んだのとは、また違った感慨のようなものを感じる。

どれも、『今昔物語集』などに題材をとった作品である。そう思ってみると、近代の国文学・日本文学という研究分野における説話というジャンルの設定は、あるいは、芥川龍之介のこのような作品があってのことかもしれないとは思うところがある。このあたりは、説話文学の研究史には疎いのでどうともいえないのであるが。

『今昔物語集』に題材をとり、それを近代の人間の心理ドラマとして描く……これは、芥川龍之介の発明といっていいだろうか。だが、その面白さと同時に限界のようなものも感じてしまう。近代の理知では、捕らえきることのできない、古代・中世の人間のこころというものがあるように思う。これは、『今昔物語集』などを読むと強く感じる。岩波の新日本古典文学大系本で『今昔物語集』を通読してみたのは、ちょうど一年ほど前(二〇一九)のことになる。また、昨年は『源氏物語』を二回読んでいる(新潮日本古典集成)。

このような目でみるとであるが、特に「好色」のような作品を読むと……これはこれで面白い作品だとは思うのだが……しかし、王朝の「色好み」の世界を、近代の感覚でとらえそこねているように思えてしかたがない。

やまもも書斎記 2019年3月16日
『今昔物語集』(一)新日本古典文学大系
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/03/16/9047787

続けて芥川龍之介の作品を読むことにしたい。

2020年3月13日記

追記 2020-03-27
この続きは、
やまもも書斎記 2020年3月27日
『地獄変・偸盗』芥川龍之介/新潮文庫
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/03/27/9228553

木瓜2020-03-25

2020-03-25 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日は花の写真。今日はボケ「木瓜」である。

前回は、
やまもも書斎記 2020年3月18日
ジンチョウゲ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/03/18/9225375

我が家にある木瓜の木である。この木は比較的早くに花を咲かせる。この木のつぼみのときの様子は、すでに写している。

やまもも書斎記 2020年2月26日
木瓜のつぼみ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/02/26/9217935

使っているレンズは、タムロンの180ミリのマクロレンズ。花の写真を撮るのにと思って買った。これは、今ではもう生産していないようだ。中古のものをWEBで探して買った。非常にきれいな状態だった。

ただ、今ではちょっと古いかなと感じるところがある。まず、AFが遅い。また、手ぶれ防止機能がついていない。しかし、花の写真を撮るのに、そんなに高速のAFは必要ない。必ず三脚をつかうので、手ぶれ防止機能は無くても別にかまわない。それよりも180ミリという望遠マクロが魅力である。

今は、90ミリを使うか、あるいは、この180ミリを使うかという状態である。今年の桜は、このレンズで撮ってみようかと思っているところである。

木瓜

木瓜

木瓜

木瓜

木瓜

木瓜

木瓜

Nikon D500
TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di MACRO 1:1

2020年3月24日記

『麒麟がくる』あれこれ「ひとりぼっちの若君」2020-03-24

2020-03-24 當山日出夫(とうやまひでお)

『麒麟がくる』第十回「ひとりぼっちの若君」
https://www.nhk.or.jp/kirin/story/10.html

前回は、
やまもも書斎記 2020年3月17日
『麒麟がくる』あれこれ「信長の失敗」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/03/17/9225066

この回を見て思ったことを書けば、次の二点ぐらいであろうか。

第一に、伊呂波太夫のこと。

駒が幼いときに育てられた旅芸人の一座、伊呂波太夫(尾野真千子)が、登場していた。これは、楽しみにしていたところでもある。芸人という、非農業民から見た戦乱の世は、どのようなものなのであろうか。どうやら、この伊呂波太夫も、いろいろいわくいんねんのありそうな人生かと思われる。これは、医者の東庵についてもいえる。

このドラマにおいては、架空の人物である、医者の東庵や伊呂波太夫が、おそらくは当時の身分秩序の外側にいる人物として、戦国の時代をどう見るのか、どう生きていくのか、興味深いところである。

第二に、竹千代のこと。

信長の屋敷での竹千代……将来の徳川家康である……と、信長との対話のシーンが、いろいろ興味深かった。歴史の結果としては、信長は明智光秀に討たれ、そして、最終的に天下を統一することになるのが、竹千代(徳川家康)である。その将来のことが分かっていて見るせいもあるのかもしれないが、どことなく今後の歴史の展開を予感させるなりゆきであったかと感じさせる。

その信長と竹千代のことを、天井裏から忍んで見ていたのが菊丸であった。この菊丸の存在が、竹千代の命運とどうかかわってくることになるのだろうか。

以上の二つが、この回を見て印象に残っていることであろうか。

これまで、光秀は、歴史の傍観者という立場にあるように思う。道三のもとにおいても、帰蝶のもとにおいても、また、信長のもとにおいても、光秀が主体的に行動して歴史を動かす重要な役割をはたすということはないようである。このような光秀が、歴史の表面におどりでるのが、本能寺の変ということになるのかもしれない。ともあれ、光秀という人物をとおして見た、戦国のドラマとしてこれから、どのような展開になるのか、次回以降も期待して見ることにしようと思う。

2020年3月23日記

『おしん』あれこれ(その一二)2020-03-23

2020-03-23 當山日出夫(とうやまひでお)

続きである。
やまもも書斎記 2020年3月2日
『おしん』あれこれ(その一一)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/03/02/9219799

一年間の再放送がようやくおわった。以前に再放送されたとき、そのほとんどを見ているので、私が『おしん』を見るのは、二回目ということになる。

ふりかえってみるならば、このドラマがスタートしたのは、明治の終わりのころであった。それが、大正から昭和、そして、戦争の時代を経て、戦後の高度経済成長の時代までを描いてきたことになる。

このドラマが、最初に放送された当時は、ドラマの「現在」が、まさに現在であった時代である。高度経済成長を経て後、その後に迎えることになるバブル経済の時代より前の時期ということになる。この時代、このドラマの視聴者には、まさにおしんと同時代を生きてきた人びとが多くいたことになるのだろう。

そして、このドラマは、海外でも反響を呼んだ。おそらく、日本のテレビドラマにおいて、現代のアニメ作品をのぞいて、世界でもっとも多く知られている作品ではないだろうか。

平成の時代……今から振り返れば、失われた時代ということもできようが……を終えて、新しい時代になろうとしているとき、このドラマが問いかけてくるものはなんだろうか。それは、やはり、「近代」という時代を生きてきた人間のドラマということになるのかと思う。同時にまた、自立した人間の生き方を描いたドラマでもあった。

『おしん』に登場しない種類の人びとがいる。それは、サラリーマンである。ヒロインのおしんは、一貫して、自営業をいとなんでいる。それは、髪結いであったり、露天商であったり、魚の行商であったりした。最終的には、スーパーたのくらということになるが、おしんは、常に自分の力で生きてきた。また、いわゆる専業主婦ということもしていない。

このドラマが問いかけるものは、自立して生きる道をえらんだ人間の生き方ということになるのかもしれない。子守奉公からはじまるおしんの苦労の人生は、常に自立して生きる姿とともにあった。

日本の近代において、かつておしんが経験してきたような時代が確かにあったことを忘れてはいけないのだろう。それを、戦後の経済成長を遂げた時点で、ふりかえってみたところに、この『おしん』というドラマの意義があるにちがいない。そして、その意義は、現代においてもなお継続するものでもある。

この『おしん』というドラマは、おそらくは、これからも人びとの記憶の中に生き続けていくことになるにちがいないと思う。

さらに書いてみるならば……『おしん』の再放送の最終盤のころは、まさに日本において、新型コロナウイルスの災いにどう対処するべきか、社会が模索している時期でもある。この事態において、これまでの日本の社会がつみあげてきたシステムが崩壊の危機に直面している。

おしんは学校に通えなかった。「義務教育」という。これは、子どもを学校に通わせる義務のことである。その義務が、親にあり、それを、社会が保証しなければならない。子どもが持っているのは、教育をうける権利である。その権利を侵害することがあってはならない。

学校の一斉休校の要請があった。だが、これを語るときに、子どもに教育を受けさせる義務をどう保証するのか、子どもがもっている教育をうける権利がどう守られるべきなのか……ここのところの議論がまったくなかったといってよい。少なくとも、学校に休校を要請するならば、同時に、教育をうける権利をどう保障するのかが語られねばならなかった。しかし、現実には、日本の社会において、この論点が議論されることはなかった。

『おしん』というドラマは、過去のものではない。その描いたところは、今の、これからの日本の社会に、厳しい問いかけとなっている。

2020年3月22日記

『スカーレット』あれこれ「小さな希望を集めて」2020-03-22

2020-03-22 當山日出夫(とうやまひでお)

『スカーレット』第24週「小さな希望を集めて」
https://www.nhk.or.jp/scarlet/story/index24_200316.html

前回は、
やまもも書斎記 2020年3月15日
『スカーレット』あれこれ「揺るぎない強さ」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/03/15/9224356

特に波瀾万丈の大活劇、あるいは、大きな出来事があるというのではないが、この週もドラマに引き込まれるようにして見てしまった。

描いていたのは、子どもの武志の病気……白血病……のことと、その周囲の人びと……両親をはじめ友達などいろいろな人びと……の、さまざまな思い、気遣い、心配り、そのそれぞれの気持ちのあり方をじっくりと描いていたように思う。

週の最後(土曜日)で、ようやく武志は陶芸の道にもどってきたようである。そして、自分にしかできない表現を追い求めていく。それが、どうやらうまくいったようだ。また、母の喜美子も、再び穴窯をはじめる。武志の病気をうけて中断していたものを再開するようだ。これからは、この家族が、白血病という病気とともに生きていくことになるのだろう。そして、それによりそうようにして、陶芸というものがある。

それから、この週では、かつての大阪の荒木荘の人びとも登場してきていた。この人びとも、また、喜美子のこと、武志の病気のことを思っている。(ドラマのつくりとしては、以前の大阪での生活の部分を伏線として、それとつなげたということになるが。)

さて、このドラマも、あと一週間である。武志はどうなるのだろうか。病気のことも気になるが、陶芸家として、川原の家族の人びとがどう生きていくことになるのか。最後を楽しみに見ることにしよう。

2020年3月21日記

『岩伍覚え書』宮尾登美子2020-03-21

2020-03-21 當山日出夫(とうやまひでお)

岩伍覚え書

宮尾登美子.『岩伍覚え書』(集英社文庫).集英社.1979(2016.改版 筑摩書房.1977)
https://books.shueisha.co.jp/items/contents.html?isbn=978-4-08-745415-4

続きである。
やまもも書斎記 2020年2月20日
『錦』宮尾登美子
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/02/20/9215798

これは短篇集である。次の作品を収録してある。

三日月次郎一件について
すぼ抜きについて
満州往来について
博徒あしらいについて

これは再読になる。昔の文庫本で読んだだろうか。

作品は、岩伍の語りでなりたっている。これまで宮尾登美子の作品を読んできたなかでは、『櫂』における、喜和の夫である。土佐の高知で、芸妓娼妓紹介業をいとなんでいる。その岩伍が、自分自身の稼業における様々なエピソードを織り交ぜて語っている。

この本を読んで思うことは、次の二点。

第一に、特に『櫂』などを読んでいるから思うことであるが、作者(宮尾登美子)は、このような作品を書くことができたからこそ、作家としての自分のあり方を確立することができたのであろう、ということが理解される。最も忌み嫌っていたはずの、父の職業……芸妓娼妓紹介業……を、その当事者の視点で、その内側から描いている。この作品を書くためには、自らの出生から生いたちについて、さらに引き離して見る視点をもたなければならない。このことに、この作品は見事に成功している。おそらく、この作品を書くことによって、作者(宮尾登美子)は、作家としての飛躍を遂げたといえるだろう。

第二に、これは作者(宮尾登美子)が意図したことではなかったかもしれないのだが、大正から昭和(戦前)にかけての、芸妓娼妓紹介業という職業、そして、それに必然的に関係してくる、そのような境遇に身を落とさざるをえない女性たちや家族、さらには妓楼の人びと、また、そこに群がる多くの人びと……その中には、博徒というべき人間もふくまれる……この様々な人間像を、その風俗とともに、活写していることである。

かつて、日本には、このような時代があった……今ではもう忘れられてしまっている……このことを、強く思い出させてくれる。そして、これは、今の日本において忘れてはいけない過去の歴然とした出来事である。

以上の二点が、この作品を読んで感じることなどである。

それにしても、著者(宮尾登美子)は、よほどの覚悟を決めてこの作品を書いたと感じるところがある。今、これほどの作品を書ける度胸のある小説家がどれほどいるだろうか。

2020年3月14日記

『雨天炎天』村上春樹2020-03-20

2020-03-20 當山日出夫(とうやまひでお)

雨天炎天

村上春樹.『雨天炎天-ギリシャ・トルコ辺境紀行-』(新潮文庫).新潮社.1991(新潮社.1990)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100139/

続きである。
やまもも書斎記 2020年3月7日
『極北』マーセル・セロー/村上春樹(訳)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/03/07/9221457

ギリシャとトルコの旅行記である。

この本の刊行が、1991年。つまり、湾岸戦争の直後、ということになる。中近東あたりは、不穏な情勢にあったと思うのだが、しかし、この本は、そんなことはまったく感じさせない。このあたりに、村上春樹の作品の持つ、ある種の世界的な普遍性のカギがあるのかとも思う。

読んで思うことを書いてみるならば、次の二点。

第一に、非政治性である。湾岸戦争のころに書かれた本であるにもかかわらず、中近東あたりでの政治情勢について、言及するところがきわめて少ない。ところどころ、説明的な文章があったりはするが、そこに深入りすることはない。きわめて平静に、現地の状況を見ている。

第二に、これも上記のことと関連するが、宗教とか民族とかにかかわる記述が少ない。ギリシャの辺境とでもいうべき地……ギリシャ正教の聖地……を旅行しているのだが、ギリシャ正教のもつ宗教的な意味とか、歴史的な位置づけとかについては、極力触れていないようである。また、トルコを旅していても、イスラムの信仰について、そんなに多く語ることがない。

基本的に、村上春樹は、ただの旅行者の視点で描いている。

以上の二点が、この本を読んで思ったことである。

このようなこと……非政治性、非宗教性、非民族性……というようなことが、村上春樹の文学が、世界的に読まれるゆえんの一つかと思ったりする。政治的に、宗教的に、民族的に、無色透明に近いのである。だからこそ、どのような文化においても、その色合いで受容されることが可能になる。

これは、この旅行記のみならず、小説についても言えることだと感じる。政治とか、宗教とか、民族とかに、どっぷりとつかった文学もある。しかし、村上春樹の作品は、その対極にあると言える。どのような地域の文化においても、それなりに、解釈して読むことができる。

また、1990年の本だから、ここに書かれていることは、すでに、歴史的な価値があることにもなる。あるいは、ギリシャのことなどは、ひょっとすると、二一世紀の今日においても、そう変わっていないのかもしれない。だが、トルコは、それを取り巻く世界情勢は、時々刻々と変化しつつある。

ともあれ、村上春樹の文学のもつ、ある種の特徴を端的に表している作品であると思う。

2020年2月18日記

『銀の匙』中勘助2020-03-19

2020-03-19 當山日出夫(とうやまひでお)

銀の匙

中勘助.『銀の匙』(岩波文庫).岩波書店.1935(1999.改版)
https://www.iwanami.co.jp/book/b249200.html

この作品、若い時に読んだような記憶があるのだが、どうもはっきりとは憶えていない。新しい岩波文庫版で読んでみることした。

岩波文庫版の解説は、和辻哲郎となっている。それによると、この作品を夏目漱石が激賞したとある。このあたりの事情については、「漱石全集」で改めて確認しておきたいと思う。

私が、今この作品を読んで感じるとことは、基本的に次の二つである。

第一に、ヒューマニズム。

子どものときのことの回想という形式をとっている。その子どもの目にうつるこの人間の世界が描かれる。ここにあるのは、人間についての温かなまなざしである。それを、現代の概念でいうならば、ヒューマニズムといっていいだろう。

第二、叙情性。

自然描写が美しい。子どもの目で見た、その生活の身近にある季節の風物の描写が、なんともいえずみずみずしく新鮮である。すぐれた叙情性の作品である。

以上の二つ……ヒューマニズムと叙情性を、私は、この作品に感じ取る。

そしてさらに書いてみるならば……この作品は、「子ども」の世界のことを描いている。「子ども」の世界のことを、「子ども」の視点、発想で描ききっている。ここのところに、この作品の価値があるのだろう。

だが、それだけではないと思う。読みながら、ふと感じるのは、その「子ども」の世界を描いている「子ども」の視点、それを見ている大人になった作者の視線というものが、時折ふと感じるところがある。この作品が、単なる「子ども」の物語に終わっていないのは、この大人の視線が、屈折した形で織り込まれているからだろうと思う。

2020年3月9日記