『おんな城主直虎』あれこれ「井伊を共に去りぬ」2017-09-26

2017-09-26 當山日出夫(とうやまひでお)

『おんな城主直虎』2017年9月24日、第38回「井伊を共に去りぬ」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story38/

前回は、
やまもも書斎記 2017年9月19日
『おんな城主直虎』あれこれ「武田が来たりて火を放つ」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/09/19/8679581

最後に直政の成人した姿が出てこなかったら……これは、大河ドラマというようりも、戦国時代ファンタジーになってしまうような、と思ってみていた。武田とか、徳川とか、実在の戦国武将が登場して覇権を争うなかで、井伊谷という土地にうまれた、少女の成長と冒険のものがたり。井伊谷を去って、堺に行くか、というところであった。

ドラマとしては、堺に行って、直虎の堺編があっても、これはこれで面白い展開になっただろうと思う。(どうせ、史実は、よく分かっていないのであるから)。堺のシーンがなかったのは、おそらく、予算の都合かなと思って見た。堺編を作るとなると、堺の街のセットが必要になる。それを作るだけの番組制作予算がなくなったのか、と考えてしまったのだが、うがちすぎた見方だろうか。

ここにきて、直虎のエトスは、再度、井伊谷という土地へのパトリオティズムかなと思わせるところがあった。この土地に住む人びとが安寧にくらせるようにすることが望みであるという意味のことを言っていた。

だが、井伊というイエの再興は、特に考えていない。このところが分裂している。そして、この分裂のなかにこそ、戦国時代ファンタジーになり得る要素があるのだと感じる。

歴史の結果としては、井伊は徳川のもとにつくことになる。これを、現在の我々は知っている。そのキーになる人物が、たぶん成人した虎松(直政)なのであろう。この直政の意思に、これから、直虎がどのようにかかわっていくかが、これからの見どころになるにちがいない。

ところで、ドラマの中でも年月がたったようだ。井伊谷にいたネコ、茶ネコが、白黒のネコにかわっていた。ネコが新しくなったということは、おそらく、井伊のイエも、これから新しい世代に変わっていくことを、表象しているのである。

気になったのは、近藤が去って、徳川の支配下にはいったということは分かるのだが、今は、井伊谷の土地は、だれが統治しているのであろうか。ここのところが、描いていないのが、ちょっと気になる。

そして、おとわ(直虎)は、今、どのような立場なのであろうか。井伊のイエの当主、殿様なのであろうか。それとも、もはや、一介の庶民(百姓)なのであろうか。また、そのどれでもない自由の民なのであろうか。このあたり、今ひとつはっきりしない。堺に行った龍雲丸は、自由の民といっていいのだろうが。

ともあれ、次回以降、直政の登場によって井伊のイエは、また動きだすようだ。楽しみに見ることにしよう。

『雨』サマセット・モーム2017-09-25

2017-09-25 當山日出夫(とうやまひでお)

サマセット・モーム.中野好夫(訳).『雨・赤毛』(新潮文庫).新潮社.1959(2012.改版)
http://www.shinchosha.co.jp/book/213008/

モームの短編集は、現在では、岩波文庫で上下巻が出ている。それには、この作品はふくまれていない。

人間性の底にひそむ矛盾、理不尽、不条理、邪悪なもの……このようなものを、端的に描き出した作品だと思う。と同時に、短篇として、やはりたくみであると感じさせる。

題材、舞台設定としては、モームの作品の中では、南海ものとでもいいだろうか(中野好夫の解説による)。東南アジア、南太平洋を舞台にした作品を、いくつか書いているが、そのなかの一つということになる。

そして、この作品を印象づけるのは、タイトルにもなっている「雨」である。別に雨が降っていなくても、この作品はなりたつとは思う。だが、雨が降っている、降り続けているという描写が背景にあって、この作品は、より際立つものになっている。

モームの作品については、『月と六ペンス』でも書いたように、人間性に対するどこか距離をおいて冷めた目でみる感じがある。決してヒューマニズムの作家ではない。一見、善良に見えていても、その心の底にひめた邪悪ななにものかがひそんでいる、それを冷徹に見据える目をもっている。

だからといって、破滅的な人間観というのでもない。20世紀の小説たるゆえんかなと思っている。

『ひよっこ』あれこれ「大好き」2017-09-24

2017-09-24 當山日出夫(とうやまひでお)

ひよっこ
http://www.nhk.or.jp/hiyokko/index.html

第25週、「大好き」
http://www.nhk.or.jp/hiyokko/story/25/

この週は、最終に向けての準備という感じだった。タイトルの「大好き」がそれを表している。

まず、早苗。永遠の25歳という設定の謎が語られる。それは、彼女の東京に出てきてからの恋の物語だった。大好きである。

それから、愛子と省吾(シェフ)の話し。実は、お互いにひかれてていたことがわかる。これも、大好きである。

また、みね子の故郷、奥茨城では、父(実)と母の関係が、新しく夫婦関係を構築していくかのごとく描かれていた。これもまた、大好きである。

そして、何よりも、みね子とヒデだろう。料理人としての勉強のために休日にレストランに食事に行くのにさそわれる。はからずも、これは、二人のデートということになった。みね子は言っていた、好き、と。

ただ、ここで、二人がレストランで食事するシーンがなかったのは……おそらく、このドラマも最後にきて、予算が無くなってきたので、セットをつくったりロケをしたりができなかったのか……などと思ってしまったのであるが。

この週、登場はしているが相変わらずであったのが漫画家(志望)の二人。このドラマ、最後はみんなハッピーエンドになるにちがいないと思ってみているのだが、この漫画家(志望)の二人は、どうなるのだろうか。無事に漫画家デビューがはたせるのだろうか。

また、週の最後で、奥茨城での父(実)が、新しく花の栽培にとりくもうというところで終わっていた。ふと思うが、このまま父(実)の記憶がもどらなくても、充分に登場人物としては、幸せな結末になるのではないかとさえ思わせる。

残る課題としては、世津子との関係の清算だろう。ここを、最後にどう描くかが気になっている。

これまでのドラマの伏線としてあったこと……みね子がビーフシチューを食べる、それから、すずふり亭にあずけてあるはずの重箱、これがどう出てくるか楽しみである。

いよいよ最後の週になる。楽しみに見ることにしよう。

『月と六ペンス』サマセット・モーム(その二)2017-09-23

2017-09-23 當山日出夫(とうやまひでお)

つづきである。
やまも書斎記 2017年9月22日
『月と六ペンス』サマセット・モーム
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/09/22/8681337

読みながら付箋をつけた箇所を引用しておきたい。

「ヴァイトブレヒト博士は、ある歴史家一派と同様、人間とは一般に考えられているよりずっと邪悪な存在だと信じている。こういう書き手こそ、読者は信頼する。」(p.11)

たぶん、このようなことばの中に、作者の文学観、人生観が垣間見られると思うのだが、どうだろうか。少なくとも、この作品『月と六ペンス』については、このようなシニカルな見方があっている(と私は感じる)。

『月と六ペンス』の人間観は、人間というものをきわめて肯定的に描いていると読める。でなければ、主人公のような生き方をした人間を描くことはできない。だが、それだけではない。そのような生き方を肯定しながらも、その底にどこか冷めた人間観のようなものを感じる。

おそらく、この小説の面白さの根底にあるものは、どこかで人間の生き方というものを、冷めた視線で見る、人間観察の視点があるからにちがいない。

『月と六ペンス』は、芸術賛歌、人間賛歌という感じはしない。私は、そのようには読まない。無論、芸術の素晴らしさを描いてはいる。だが、その芸術を前にして、人間の愚かさを冷めた視点で見ているという気がしてならない。

このことは、モームの他の作品など、再度読んでから、もう一度考えてみたいと思っている。『月と六ペンス』も、機会をつくってさらに再読してみたい作品である。

『月と六ペンス』サマセット・モーム2017-09-22

2017-09-22 當山日出夫(とうやまひでお)

サマセット・モーム.金原瑞人(訳).『月と六ペンス』(新潮文庫).新潮社.2014
http://www.shinchosha.co.jp/book/213027/

世界文学の古典、名作の読み直し。読んでみたのは、『月と六ペンス』である。

読んだのは新潮文庫の新しい訳本である。調べてみると、他にも、岩波文庫や、光文社古典新訳文庫などで、新しい訳がでている。

読後感はというと……とにかく面白い。いっきに読んでしまった。長編といっていい長さの小説であるが、いっきに読ませる面白さがある。

この小説、モデルとして、ゴーギャンが設定されていることは、周知のことだと思う。ゴーギャンの作品は、かなり若い頃……高校生のころだったか……京都の、市立美術館だったか、国立近代美術館だったかで、展覧会があったのを見に行ったのを憶えている。南洋の風景や人物画が、印象深かった。

とはいえ、この小説『月と六ペンス』は、特にゴーギャンを意識しなくても、あるいは、ゴーギャンについての知識がなくても、充分に楽しめる。

今日的な視点、価値観で言ってみるならば、人生の価値とは何か、という問いかけの小説である。いったい何のために人は生きているのか、生きるに価する人生とはどんなものなのか、読み終わったあとに考えさせられる。

小説は、いくつかのパートに分けられると思うが、なかでも、フランスでの部分が面白い。妻のある男との三角関係なのだが、情痴のもつれという感じの部分。それが、主人公(ストリックランド)に、なんとなく感情移入して読んでしまう。そして、結果として、妻を奪われたかたちになる男についても、なんとなく、その気持ちに共感してしまう。

主人公(ストリックランド)の行動は、非条理である。芸術至上主義というのとも、ちょっと違う。が、自分の人生を芸術にささげる生き方を選んだ人生ではある。この主人公の生き方に、なんとなく違和感をいだきつつも、最後のシーンになると、深い感銘を覚えることになる。

夏休みの一日をつかって、この小説を読んで、小説を読むたのしさ、文学のたのしさ、というものを満喫した気がする。

ただ、これも、私自身が人生のこの年になって、読んでみたから感じることでもあろう。主人公の生き方を、そのような人生の選択もあり得ることのひとつとして、距離をおいた立場から眺めることができる。これが若い頃であったならば、主人公の生き方に、強く共感するか、逆に、反発を感じるか、であった。このような小説の読み方ができるようになったというのも、自分自身で年をとったのだなと、感じるところでもある。

モームは、また短編小説の名手としても知られている。また、長編『人間の絆』もある。これからの読書の楽しみである。

追記 2017-09-23
この続きは、
やまもも書斎記 2017年9月23日
『月と六ペンス』サマセット・モーム(その二)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/09/23/8681898

『二都物語』ディケンズ2017-09-21

2017-09-21 當山日出夫(とうやまひでお)

チャールズ・ディケンズ.加賀山卓朗(訳).『二都物語』(新潮文庫).新潮社.2014
http://www.shinchosha.co.jp/book/203014/

この作品は、名前は知っていて、以前に読みかけたことがある(挫折した)本であるが、新しい訳が新潮文庫で出ているので、読んでみた。

いわく……世界中のベストセラー、フランス革命を背景にした悲恋……なのであるが、私の正直な読後感としては、いまひとつよく分からなかった。たしかに、ストーリーを追っていくことはできるのだが、そこに、文学的感銘というものを感じずに終わってしまった。

たぶん、これは、私の読解力のなさ、あるいは、背景としてあるフランス革命の歴史、その当時のフランスとイギリスの関係、これらのことに知識が無いせいなんだろうと思う。なにせ、フランス革命といえば、高校で習った世界史の授業をそれほど超えるものではないのだから。

ディケンズの作品としては、今、『荒涼館』が岩波文庫で刊行中である。さて、これも読んだものかどうか、ふとまよっている。

『二都物語』を読んだ印象としては、この小説は、小説として古いのである。19世紀、近代になってから完成した小説という文学のジャンルがあるとして、その一歩前にあるという印象がある。このあたりは、背景として描かれているフランス革命の描写に強く感じる。この作品が書かれた当時は、読者にとって当たり前のこととして書いてあるように読める。

それが、ろくにフランス革命についての知識の無い人間が読むと、なにかしらもどかしさのようなものを感じてしまう。

ところで、これは『風と共に去りぬ』を読むとき、南北戦争についての知識、解説が不可欠であるのに似ているかもしれない。ただ、『風と共に去りぬ』は、歴史的知識が無い読者にも分かるように書いてある。この意味では、『風と共に去りぬ』は、近代の小説としてのスタイルをそなえたものになっているということなのであろう。

だが、『二都物語』では、この近代の小説としてのスタイルがまだ成立していない前の作品である、そのように感じさせるところがある。面白い作品であることは理解できるつもりだが、それを味わうことはできなかった本である。これから、機会があれば、再度、読んでみることにしたい。

雨の光景2017-09-20

2017-09-20 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので、花の写真。といっても、今回は、葉っぱと雨のしずくである。

夏が終わって、秋雨のシーズンである。雨が降った日は、外に出て写真を撮ることはない。が、雨のやんだ後とか、やみまをみて、庭の木々を見てみる。

雨の日には、雨の日ならではの光景がみられる。庭の木の葉っぱや実についた水滴など、接写で撮ってみると、普段とはちがった印象がある。雨の日には、雨の日なりの写真の楽しみがあるとすべきなのであろう。

カエデ


ジンチョウゲ


マンリョウ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

『おんな城主直虎』あれこれ「武田が来たりて火を放つ」2017-09-19

2017-09-19 當山日出夫(とうやまひでお)

『おんな城主直虎』2017年9月18日、第37回「武田が来たりて火を放つ」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story37/

前回は、
やまもも書斎記 2017年9月12日
『おんな城主直虎』あれこれ「井伊最後の日」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/09/12/8675259

今の我々は、この歴史の結果を知っている。井伊のイエは、徳川のもとにつくことになる。だが、そこにいたる経緯は、そう単純ではないようだ。

気になったのは、直虎(おとわ)の身分。武家として、井伊の領主であったものが、一般の領民とすぐに同じになれるものだろうか。領民と同じということは、井伊谷において、そこの支配者(このドラマの時点では、近藤ということになるが)の、支配下に入ることになるのだろうか。

いや、そうではなく、龍雲丸と一緒に自由に生活しているように見える。年貢とかは、納める必要はないのであろうか。

そこで、やはり気にかかるのは、百姓=農耕民(この場合は、綿の生産などもふくむことになるが)、として描かれていることだろう。百姓たちの、領主への抵抗の手段として、逃散ということがあった。

だが、ここは、浜名湖の近くなのであるから、漁業とか、商業でくらすタイプの「百姓」がもっと登場してきていてもいいのではないかと思う。せっかく、百姓=農民というステレオタイプから脱した新鮮な、中世、戦国の人びとを描くことができたのにと思う。

興味深かったのは、高瀬の存在。いったい何者なのであろうか。直親の忘れ形見というのは、本当のことなのだろうか。

それから、龍譚寺という存在は、いったい何なのであろうか。ただの寺ではない。井伊の一族の菩提寺ということであるが、それにとどまらず、武家としての井伊をささえる一翼を担っているような感じがある。中世、戦国における、寺社の位置づけという意味で、この寺の存在は、何かしら不気味ですらある。

今回は、虎松が登場してきていなかった。また、ネコも。

次週、直虎(おとわ)は、堺に行くことになるのだろうか。行けば行ったで、これは、面白い展開になるにちがいない。直虎(おとわ)の生き方と、井伊の家のゆくえ、これがこれからの見どころになるのであろう。

追記 2017-09-26
この続きは、
やまもも書斎記 2017年9月26日
『おんな城主直虎』あれこれ「井伊を共に去りぬ」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/09/26/8684051

国語語彙史研究会に行ってきた2017-09-18

2017-09-18 當山日出夫(とうやまひでお)

16日は、関西大学で、国語語彙史研究会。台風の影響で雨が降っていたが、行ってきた。

総じて感想をのべれば、レベルの高い研究会であると思う。まあ、発表した人たちは、それなりに研究者としてのキャリアのある人であるから、それも当然であるが。

ともあれ、私として関心を持ってきいていたのは……ことばを学問的にあつかう方法論について。いろんな研究分野、研究対象、また、それに応じて研究方法がある。だが、どのような研究をするにしても、基本的に守らなければならない、ふまえておかねばならない、基本的手続きというものがある。

今回の発表(三件)は、部分的には問題がないわけではないだろうが、おおむね基本的な方法論にしたがっていたと思う。私としては、結果としてその発表で何が言われているかもあるが、それよりも、そのことをいうために、どのような学問的な手続きをふまえているか、ということが勉強になったと思っている。

懇親会に出て、だいたい毎回同じようなメンバーとすごす。で、時間が早かったので……それから、翌日(17日)の表記研究会が中止ということだったので……二次会に。

大学の近くの、ちょっとおしゃれな感じのお店。関大の先生の知っている店とのことで、悪くはなかった。(このあたりも、お店の栄枯盛衰ははげしいらしい。行った店も、新しく出来たところとのこと。)

いろいろ雑談して、帰った。帰って、メールを確認してみると、17日の表記研究会は中止にする旨の連絡がはいっていた。賢明な判断だったと思う。大阪に暴風警報がでているような状態になったから、開催は無理ということになったであろう。

私の専門としては、あまり語彙には関係ないのであるけれども、主に、文献資料をつかって、ことば(日本語)を歴史的に研究するということで、この研究会は、いろいろ勉強になるところがある。次回は、12月である。たぶん、これも出席することになるかと思っている。

『ひよっこ』あれこれ「真っ赤なハートを君に」2017-09-17

2017-09-17 當山日出夫(とうやまひでお)

ひよっこ
http://www.nhk.or.jp/hiyokko/index.html

第24週「真っ赤なハートを君に」
http://www.nhk.or.jp/hiyokko/story/24/

今週は、時子の週だったといってよい。前回で、このドラマは「教養小説」である、という意味のことを書いた。地方から東京に出てきて働いている「普通」の女の子の成長の物語である。

時子も、みね子と一緒に奥茨城から出てきた。同じトランジスタラジオの工場(向島電機)で働いた。だが、時子には、東京に出るときから、夢があった。女優になる、という夢が。

その夢をかなえるため、ツイッギーのコンテストに出場する。それを、すずふり亭、あかね荘のみんなで応援している。コンテストの前日には、裏庭でリハーサルをやっていた。そして、時子は、無事にコンテストに優勝して、芸能界へと歩み出していく。

まさに、自分の夢をかなえる女性……朝ドラの一般的な話し、その王道をいっている感じがする。みね子には、特に何をかなえるという夢があるというわけでもない、「普通」の女の子として描いているのと、きわめて対照的である。

そして、別に、みね子と時子はライバルというわけではない。同じ奥茨城から出てきた親友である。(悪い人、敵役の出てこないこのドラマとしては、こういう描き方になるのであろう。)

この時子の描き方を見ていても、このドラマは、「教養小説」なのだな、という印象を強くもつ。女優にむかって成長していく若い女性の物語である。

その一方で、みね子の方も、ヒデとどうやらうまくいきそうである。

この週、特にみね子の背負っている不条理……父親の記憶喪失ということ……については、進展はなかった。このまま、父親の記憶がもどらないままで、奥茨城で生活していく、という道も選択肢としてはあるのかもしれない。

だが、最後にどうなるかわからない。ここは期待をもって見ることにしよう。

ところで、ドラマも終盤になって、これまでに登場した幾人かが、出てきていた。土曜日には、向島電機の社員だった松下が、電機工事の仕事で登場していた。また、時子のリハーサルの時には、豊子や澄子なども集まっていた。

さて、気になるのは、早苗の月時計での話しの行方である。みね子と世津子が一緒の部屋でくらすことの提案。そして、自分の恋の話しをはじめる……ここも、うまくおさめるかたちで、このドラマは終わることになるのだろうとは思う。

この早苗という、ちょっと距離をおいて周囲を眺める視点の存在を取り込むことによって、すずふり亭やあかね荘の人間関係を、俯瞰的に描き出している。この早苗という人物の視点の設定が、このドラマの脚本のうまいところでもあると思ってみている。ナレーションの視点でもなく、ドラマ作者の神の視点でもなく、登場人物の中のひとりでありながら、全体から距離をおいて見てみる。

脚本作者の視点、ナレーションの語りの視点、登場人物の視点、これらではない、さらに別の視点を、このドラマに設定していることになる。そう思ってみると、あかね荘を舞台にしては、早苗の視点からの発言で、ドラマが動く、新しい局面へと展開していく、ということがあったように思い出す。

大家さんも、さすが妖怪である。なかなか死にそうもない。たぶん、最後まで元気でいるにちがいない。