国立近現代建築資料館に行ってきた2018-12-13

2018-12-13 當山日出夫(とうやまひでお)

建築資料館

先週末、ちょっと所用で東京に行ってきた。(なので、国語語彙史研究会は欠席してしまった。)

日曜日のうちに夕方までに帰ればいいとい思っていたので、東京の中でまだ行ったことのないところに行っておくことにした。今回、行ったのは、湯島にある、国立近現代建築資料館である。

文化庁 国立近現代建築資料館
http://nama.bunka.go.jp/

宿はお茶の水であった。チェックアウトしてから、荷物をホテルにあずけて、地下鉄(千代田線)に乗る。新御茶ノ水駅から湯島まで一駅である。

国立近現代建築資料館は、旧岩崎邸庭園の中にある。休みの日は、旧岩崎邸庭園を通ってしかはいれない。旧岩崎邸庭園のチケット(400円)を買ってから、まず、建築資料館の方に行ってみた。

今開催しているのは、

明治150年 開館5周年記念企画
明治期における官立高等教育施設の群像

である。入館は無料。それから、図録も無料でもらえる。

建築関係の資料といっても、図面とかが主であるから、そんなに派手な展示ということではない。しかし、見ていくと、明治になって、日本の国家の近代化とともに、重要であったのが、高等教育。特に、旧制の高等学校、大学、である。それらの建築そのものが、近代を代表するものとなっている。

これらのうち今に残っているものはわずかである。私の身近なところでいえば、奈良女子大学の建物などがある。昔の、女子高等師範学校の名残である。

展示を見ていって、神宮皇學館がもとは官立の大学であったことに、改めて気付く。今は、私立の大学であるが、戦前までは、宮内省所管の学校だった。戦前のこの学校のことについては、『やちまた』(足立巻一)に詳しく書かれている。

やまもも書斎記 2018年3月19日
『やちまた』足立巻一
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/03/19/8806507

規模の大きな展示ということではないが、近代の建築資料のアーカイブズとして見れば、貴重な品々が展示されている。建築、建築史についての専門的知識がないので、今ひとつその価値のわからないところもあったりはするのだが、いい企画の展示だったと思う。

建築資料館を出て、旧岩崎邸の方に行ってみた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/12/13/9011390/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。