映像の世紀プレミアム(8)「アメリカ 自由の国の秘密と嘘」2021-10-01

2021-10-01 當山日出夫(とうやまひでお)

映像の世紀プレミアム (8) アメリカ 自由の国の秘密と嘘

月曜日の放送。録画しておいて後日に見た。

この回は、主にアメリカのことをあつかっていた。自由と民主主義の国とされるアメリカであるが、実はその裏で、様々な陰謀や秘密工作がなされていたことを描いていた。これはこれとして、非常に興味深い内容であった。

だが、この番組は、二〇一八年の放送である。見ながら思ったことは、これは、あるいは、日本の政権……安倍政権の時代になる……への、批判であるのかもしれない、ということである。アメリカのことを描きながら、自由と民主主義に大切なものは何であるかを、淡々と語っているように思えた。

これは、まさに時の安倍政権への批判的眼差しに通じるものがある。

アメリカを描いて、これだけの番組を作れるということは、とりもなおさず、その記録映像が残っているからである。アメリカの歴史は決して明るい面だけではない。暗い部分もある。しかし、その記録が残っている。なかには、ケネディ暗殺事件のように、今にいたるまで未公開という資料もあるが、少なくとも記録が残っていることは確かなことである。

ひるがえって日本はどうか。ここ一〇年ぐらいの間に明らかになったことのひとつは、公文書の改竄、隠蔽、あるいは、そもそも記録を残さないという不作為……これらのことが、どれだけ、民主主義にとって害のあることなのか、痛感してきたといってもいいだろう。

アーカイブズ、記録、文書を残すことの意味、これを非常につよく感じた次第である。

2021年9月30日記