「探偵ロマンス」(一)2023-01-27

2023年1月27日 當山日出夫

探偵ロマンス(一)
https://www.nhk.jp/p/ts/MZJR2NR6JM/episode/te/7KYP692V1L/

先週の土曜日(一月二一日)の放送。録画しておいて、後日にゆっくりと見た。

NHKの大阪(BK)で作った、エンタテイメントドラマ。若き日の江戸川乱歩が出てくる。朝ドラの「カムカム」の制作チームで作ったとある。なるほどという出来映えである。

江戸川乱歩は、今でも読まれている作家と言っていいだろう。私の子供のころは、少年探偵団、怪人二十面相など、見たのを覚えている。その後しばらく下火になったと言っていいのかもしれない。それが、高校生の頃だったろうか、たしか角川文庫版でいくつかの作品が刊行になったかと記憶している。同じように横溝正史も、文庫本でそのころ復活したのを読んだものである。『八つ墓村』『獄門島』など主な作品は、高校生のころに読んだ。

乱歩については、大衆小説家と言っていいと思う。純然たる文学とは違う。エンタテイメントである。が、これは悪い意味で言っているのではない。純然たるエンタテイメント小説というものが、あるいは近年では少なくなってしまったかもしれない。

ドラマであるが、これは、まさにエンタテイメントとして作ってある。たぶん、大正時代ごろの東京……いやこのドラマでは帝都と言った方がいいだろうか……が舞台なのだろうが、時代とか場所は特定して作っていない。どこか謎めいていて、しかし一方で、あの時代ならさもありなんという雰囲気、この虚と実のバランスが実にいい。まったく荒唐無稽のフィクションではないという印象がある。江戸川乱歩という実在の作家を登場させている。しかし、それを取り巻く設定は、虚実入り交じった幻想的な歴史の世界である。

そして、アクションシーンがいい。草刈正雄がこんなに躍動的な役者だったのかと改めて思ったところがある。

ところで、小説の読者であり、学校の先生をしているらしい女性……石橋静河……は、いったい何者なのだろう。事件の犯人も気になるが、この女性の正体も気になる。

NHKらしいすぐれた娯楽作品に仕上がっていると思う。次も見ることにしよう。

2023年1月24日記

ブラタモリ「高千穂」2023-01-26

2023年1月26日 當山日出夫

ブラタモリ 高千穂

高千穂には若いときに行ったことがある。たしか、九州(鹿児島だったと思う)で学会があって、そのついでに旅行ということで、宮崎の方に行った。

真名井の滝を見たと覚えている。それから、神楽も見た。たしか、神楽は夜だった。

興味深かったのは、第一に、高千穂渓谷が阿蘇山の噴火の影響でできたこと。言われてみれば、高千穂渓谷の景観は、柱状節理である。

それよりも、今は観光地であり、神話の里として知られる高千穂の土地の人びとの歴史である。江戸時代の飢饉のときに作った、巡礼コース。また、灌漑のための用水路。棚田。これは、特に高千穂に限ったことではなく、多くの日本の各地に見ることのできるものなのかもしれない。(ただ、番組で触れていなかったことは、この高千穂の土地が、江戸時代はどのような領主が統治するところだったのか、ということがある。)

高千穂が観光地として有名になったのは昭和になってかららしい。番組で写っていた日本各地の名所のランキングが、とても興味深かった。

これは、ブラタモリらしい高千穂であったと思う。

2023年1月23日記

『どうする家康』あれこれ「三河平定戦」2023-01-24

2023年1月24日 當山日出夫

『どうする家康』第3回「三河平定戦」
https://www.nhk.or.jp/ieyasu/story/

この『どうする家康』から、NHKの番組HPのデザインの方針が変わっている。これまでは、各回ごとにそれぞれ独立したページがあって、URLがあったのだが、それが、一つにまとまっている。過去の放送回については、スクロールして下の方を見ていけばよいというつくりになっている。おそらく、PCで見るよりも、スマートフォンで見るユーザのことを考えた変更なのだろうと思う。(そのせいなのだが、このように文章を書いて、その回のURLを指定するということができなくなってしまった。)

それにしても家康はダメ殿様である。こんなに優柔不断でリーダーとして、戦国の世をわたっていけるのだろうかと不安になる。(まあ、このあたりは、最終的に天下を取るのが家康であるという歴史の結果を知っているから思うことなのかもしれないが。)しかし、家臣は、それぞれに優秀である。優秀な家臣団にささえられて家康の人生はあったということになるのかもしれない。

ところで、この回を見て思ったこととしては、殿様というのは何のためにあるのかということ。国と領民のために存在する……ということらしい。これはこれで一つのドラマを作るものの見方であろう。

ただ、ちょっと気になったところがある。それは、領民=百姓=農民=稲作、という図式であり、また、その領民が、戦乱にあっては兵となるということである。このあたり、現在の歴史学ではどう考えているのだろうか。ちょっと気になるところではあった。

さて、これから家康は今川と織田との間でどう生きることになるのか。まさにどうすることになるのか。続きを楽しみに見ることにしよう。

2023年1月23日記

ドキュメント72時間「神戸 小さなお好み焼き屋にて」2023-01-23

2023年1月23日 當山日出夫

ドキュメント72時間 「神戸 小さなお好み焼き屋にて」

一月二〇日の放送。録画を翌日の朝に見た。

おそらくは、神戸の震災(一九五五年一月一七日)に合わせた企画ということになるのだろう。あの日は、朝早く地震で目が覚めたのを覚えている。後にも先にも地震で目が覚めたという経験はあの時だけである。幸いと言っていいかどうか、我が家と周辺に被害は無かった。すぐにテレビをつけたのは覚えている。そのテレビの報道は、最初は何かしらのどかな雰囲気のものであった。その惨状が明らかになるのは、昼になってからだったろうか。

神戸の長田は、震災の被害を甚大に被った地域であることは知っている。その復興のシンボルが、鉄人28号であると言っていいのだろう。

街のお好み焼き屋さんというのも、今では希少な存在かもしれない。だが、まだ長田の街では、このような店舗が営業できるだけの活気は残っている。それでも、番組の中でも語っていたが、長田のあたりの人口は減っているらしい。もう市街地の商店街が、かつてのような活気を取り戻すことはできない時代になっているのかなとも思う。

だが、描かれた限りで見るならば、ダウンタウンの人情に満ちた街とその人びとという雰囲気である。これはこれとして、一つの価値のあるものだと思う。

どうでもいいことだがが、私のことばとしては、「回転焼き」である。番組では、「大判焼き」と言っていたが。それから、さらにどうでもいいこととしては、お好み焼き屋さんのとなりのカメラ屋さん、いったいこの時代にどんなビジネスで成りたっているのか、ちょっと気になったところでもある。

このような街のお好み焼き屋さんが、少しでも長く生き残ってくれることを思う。

2023年1月21日記

『舞いあがれ!』あれこれ「母と私の挑戦」2023-01-22

2023年1月22日 當山日出夫

『舞いあがれ!』第16週「母と私の挑戦」
https://www.nhk.or.jp/maiagare/movie/week16/

ふと思うことが時々あるのだが、会社というのは何のためにあるのだろうか。

古風な考え方であるかもしれないが、まず、その従業員の雇用のためである。そして、その製品やサービスを買ってくれている顧客のためでもある。これは、あまりに昔気質の発想だろうか。しかし、このドラマを見ていると、こんなことを思ってみたくなる。

無論、会社は、その会社に投資している投資家、株主の利益のためにある、このような考え方もあるだろう。今では、このような考え方が一般的になっているのかもしれない。

ともあれ、IWAKURAは、その従業員と家族のために、会社を存続させる道を模索することになった。これは、一つの会社のあり方として、このような生き方もあっていいのだろうと感じるところがある。

それから、五島の人びと、それから、貴司のこと。古本屋のデラシネのおっちゃんは、鍵を貴司に渡すことになった。貴司が、歌人として認められてきたということをうけてのことだろう。おっちゃんの登場は久々であった。これまでどこで何をしてきたのか全く不明だが、このような人物の存在もこのドラマでは自然に受け入れることができる。

さて、次週、会社は航空機産業に乗り出すことになるらしい。続きを楽しみに見ることにしよう。

2023年1月21日記

ブラタモリ「大井川」2023-01-20

2023年1月20日 當山日出夫

ブラタモリ 大井川

大井川は何回も渡っている。新幹線に乗ってである。降りて大井川に行ったということはない。だから、大井川鉄道に乗ったこともない。

この回は、いろいろと面白かった。

大井川の渡しのことは、昔、小学校の教科書に載っていただろうか。とにかく学校の教科書で覚えた記憶がある。だが、その実態については、それほど調べようということなく来てしまっている。

断層のこと、お茶畑のこと、明治になってから架けられた橋のこと、それぞれに興味深いものであった。

大井川鉄道は、おそらく鉄道好きの人間には魅力的なんだろうなあと思う。ただ、私の場合、まったく鉄道には興味が無いので、そんなものかなと思いながら見ていた。

2023年1月16日記

プロフェッショナル仕事の流儀「縁の下の幸福論〜校正者・大西寿男〜」2023-01-19

2023年1月19日 當山日出夫

プロフェッショナル仕事の流儀「縁の下の幸福論〜校正者・大西寿男〜」

この番組は時々見る。この回は、録画しておいて後日にゆっくりと見た。

見て思うこととしては、校正という仕事への認識を新たにしたことである。なるほど、書籍の校正とは、ここまでするものなのかと思ったのが正直なところ。その一方で、ここまでのことは求めない、ただ誤植が無いように見てくれるだけで、むしろそのことを厳格にやってくれればいい、という気もする。

原稿通りになっているか、誤植は無いか、これは決して単純なことではない。ただ、現代の出版事情ということを考えると、ワープロ入稿の時の誤変換ということはあっても、活字の文選の時における間違い、誤植ということはありえない。このあたり、昔の活版の時代のことを体験的に記憶している人間とは感覚が違うところかもしれない。あるいは、ワープロの時代になったからこその、特有の正誤の訂正ということもあるだろう。また、ワープロを使っているにもかかわらず、意外なミスというものもあるかとも思う。

校正という仕事を狭義にとらえれば、今では一般的にはワープロの誤変換の指摘、表記の統一、編集レイアウトの調整、などという範囲で収まるのかと思う。

だが、番組で紹介されたいた校正の仕事は、私の感覚で言うならば、校閲と言っていいだろうし、校正の仕事というよりは、編集の仕事だろうと思う。このあたり、今の出版の現場ではどうなっているのだろうかと思う。

ともあれ、その校正の仕事に対する信頼感は、なるほどと思うところがある。

しかし、これも考えようだろう。一つのことを調べるとして、私の感覚で言うならば、まず参照する範囲の文献、資料を限定すること、かける時間を区切ることからスタートする。無限に時間をかけて調査すればいいというものではない。一つの案件だけ精査するのではなく、全体としてレベルアップすることを考える。

ともあれ、宇佐見りんの小説などに、このような校正の目が入っていることは認識しておくべきことだろうと思う。

このような意味では、校正の仕事は、作品の内側に入りこむ理解力が必要であることになる。しかし、その一方で、機械的に誤植が無いかどうかを冷めた目で判定する冷静さも必要になる。文章を書くこと、読むことについて、いろいろと考えるところのあった番組である。

それから興味深かったこととしては、校正……それも内容にまでかなりふみこんだ……の仕事をする作業場に、ほとんど辞書・辞典・参考図書の類が見当たらなかったことである。机の上においてあったのは、新潮の国語辞典だった。これは、たまたまテレビがそのように映していただけのことかもしれないが。調べ物は、インターネットか図書館か、ということらしい。これもまた現代における校正という仕事の一側面かなと思って見た。

2023年1月16日記

『どうする家康』あれこれ「兎と狼」2023-01-17

2023年1月17日 當山日出夫

『どうする家康』第2回「兎と狼」
https://www.nhk.or.jp/ieyasu/story/

NHKの大河ドラマというのは、現代における大衆の教養である。このドラマは、戦国時代を舞台にして、組織のあり方、リーダーの資質、ライバルとの関係、このような現代的なテーマを扱っている。(まあ、このようなことは、この『どうする家康』に限ったことではないかもしれいだろう。)

三河のリーダーである家康(元康)は、いかにも頼りない。優柔不断であると言ってもよい。それを支えるのが、有能で多彩な家臣団ということである。そして、その家康は、そのために身命をかけるにあたいする主君でありうるのか、そうなっていくのかどうか、これがこれからのドラマの一つの筋になるのかなと思う。

この回で面白かったのは、幼いときの家康(竹千代)と信長。これまで幼いころの家康というと、今川との関係であったかと思う。それが、このドラマでは、信長との関係を描いていた。このあたりは、これまでにない新鮮味と言っていいだろうか。

その信長も、これまで多くのドラマで描かれてきた。その過去のことをふまえて、このドラマにおける信長は、「婆娑羅」あるいは「歌舞伎」というスタイルと言っていいだろうか。

ところで、ちょっと気になったことがある。最後の紀行のとき、「厭離穢土 欣求浄土」に言及したとき、「土」の漢字に点があることに触れていた。これは、私の知識の範囲内でいうならばであるが、この時代の文字としては、点がある方が普通である。

次回を楽しみに見ることにしよう。

2023年1月16日記

ドキュメント72時間「大阪 昭和から続くアパートで」2023-01-16

2023年1月16日 當山日出夫

ドキュメント72時間 大阪 昭和から続くアパートで

録画しておいて翌日にゆっくりと見た。

堅苦しい杓子定規な感想になるが、まず、公共の福祉とは何であろうかということを考えてしまう。このアパートに住んでいるような人びとは、言うなれば人生の敗残者である。底辺に暮らす人びとも言える。生活保護、年金暮らしの、このような人びとの生活について、行政はどう対応しているのだろうか。特に犯罪を犯すということがなければ、これはこれでいいということなのであろうか。アルコール依存症は犯罪ではないといえば、それまでである。

だが、その一方で、感じるところとしては、人間の情というものである。どのような境遇にあっても、いや恵まれない境遇だからこそ、人間は助け合い支え合いして生きていくのである。その人情、ヒューマニズムを見ることもできよう。

三〇分の番組からは、いろいろと思うところがある。あるいは、この放送は、今年のベストテンに入るかもしれないと思う。確かに番組としては魅力的に作ってある。そして、そこから何を感じ取るかは、見る人の感性と判断に委ねられる。

個人的な思いとしては、ここはやはり公的な福祉の手が入るべき場所の一つであると思わざるをえない。

2023年1月14日記

『舞いあがれ』あれこれ「決断の時」2023-01-15

2023年1月15日 當山日出夫

『舞いあがれ!』第15週「決断の時」
https://www.nhk.or.jp/maiagare/movie/week15/

IWAKURAのこれからはどうなるのだろうか。母(めぐみ)は、いったんは会社を畳むことにしたが、翻意して経営を続けることになる。一方、舞はパイロットになるのを諦めて、また柏木との関係も終わりにして、会社の手伝いをすることになるようである。

このドラマ、ヒロインがパイロットを目指す話しとして進んできたのだが、ここにきて方向が変わってきた。東大阪のネジ工場の物語として、(あとしばらくは)話しが続くようである。

これはこれとして、一つのドラマの作り方だろうと思う。リーマンショックの後の町工場の苦境というものはあったと思う。ここを乗りきるのも、また一つの生き方にはちがいない。とはいえ、舞の大空への夢がまったく無くなったというわけでもないだろう。まさに、小さなねじの大きな夢を描くドラマとして、これからの展開があるのかと思う。

東大阪の町工場の物語というのも、朝ドラとしては珍しい設定かもしれない。次週以降を楽しみに見ることにしよう。

2023年1月14日記