『藤原定家『明月記』の世界』村井康彦2021-01-22

2021-01-22 當山日出夫(とうやまひでお)

藤原定家『明月記』の世界

村井康彦.『藤原定家『明月記』の世界』(岩波新書).岩波書店.2020
https://www.iwanami.co.jp/book/b530020.html

藤原定家という人物については、国語史、日本語史というような分野で勉強をしていると、かならずどこかで目にすることがある。その残した日記である『明月記』は、あまりにも有名であるといってもよい。

若いとき、ある目的……毎日の天候の記述の調査……のために、『明月記』は、全部のページを繰ったことがある。その当時の本は、国書刊行会本である。その後、古書店でみつけて、三冊を買ってもっている。しかし、そう手にすることなく今にいたっている。

国語史、日本語史の分野からいうならば、次の二つの点で『明月記』は貴重である。

第一に、定家は多くの平安朝の古典籍……和歌集や物語など……を書写、校訂している。なかでも、『源氏物語』については、今でも定家本を主につかうのが、この分野の主流であるといってよい。その定家の古典の校訂、書写についての記述を、『明月記』に見ることができる。また、歌人としての姿をそこから読みとることも必須である。

第二に、平安から中世にかけての、公家の日記としての『明月記』がある。いわゆる「変体漢文」である。その言語的な資料として、『明月記』の文章そのものが、研究対象になる。

以上の二点から、『明月記』は、重要な資料ということになる。

今では、冷泉家の時雨亭文庫の叢書のひとつとして、新しいテキストが刊行されている。(残念ながら、これは持っていない。)

以前、京都文化博物館で、冷泉家の展覧会があったとき、『明月記』も展示されていたのを見たことを覚えている。

このような『明月記』について、あるいは、藤原定家という人物について、いったいどんな人物で、どんなことが『明月記』には書いてあるのか……このあたりを、分かりやすくひもといてくれている本である。この本を読んで、なるほど藤原定家という人物は、このような人生をおくった人間であったのか、と認識を新たにするところが、少なからずあった。この意味では、国語史、日本語史のみならず、国文学、日本文学の勉強、さらには、日本史の勉強をこころざす、特に若い人にとっては、必読の本であるといってよいであろう。

2021年1月20日記

『東條英機』一ノ瀬俊也2020-12-25

2020-12-25 當山日出夫(とうやまひでお)

東條英機

一ノ瀬俊也.『東條英機-「独裁者」を演じた男-』(文春新書).文藝春秋.2020
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784166612734

夏に出た本だが、しばらく積んであった。先日、NHKで東條英機の番組があったのを見たこともあって、取り出してきて読んでおくことにした。

やまもも書斎記 2020年12月11日
NHK 昭和の選択 「太平洋戦争 東條英機 開戦への煩悶」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/12/11/9325592

この本は、東條英機の評伝という形をとっているが、中心となるのは、昭和になってから陸軍の中枢に出て、総理になり、開戦にいたる経緯。そして、その退陣と、戦後の東京裁判まであつかってある。

はっきりいって、この本を読んで、東條英機という人物がよくわからない、というのが実際のところである。常識的な知識としては、東京裁判のA級戦犯であり、日本の戦争の責任者ということになる。

だが、それを、ヒトラーのような独裁者と一律にみなしていいかとなると、かなり疑問が残る。

私の思うところとしては、東京裁判を経て戦後の日本が再スタートするにあたり、戦争をどうとらえるかとなったとき、浮上してきたのが東條英機という人物であったように思われてならない。東條英機のような、悪人を必要とした……まあ、端的にいえば、こうなるだろうか。

その一方で、この本を読むと、東條英機の生前の、社会の人びとの東條英機に対する評価ということについて、かなりの言及がある。そこそこ人びとに支持されていたということがわかる。しかし、インテリ受けする宰相ではなかったようだ。このあたりが、日本を戦争にみちびいた「独裁者」というイメージの形成につながっていくところでもあろうかと思う。

ところで、この本を読んで感じることの一つは、この一冊の本の背景にある、膨大な歴史研究の積み重ねである。昭和の歴史というのは、自分の生きてきた時代でもあり、昭和の戦前もなにがしかその延長でとらえてしまっているところがある。歴史学の研究の対象として考えるということがあまりない、というのが実際のところである。しかし、文中で言及される数多くの先行研究にふれると、昭和の歴史というものが、重要な研究課題であり、数多くの研究の蓄積があることが実感される。

歴史学研究の方法論にのっとった昭和史研究の存在というものに気づかせてくれる本でもある。

2020年12月24日記

『元号戦記』野口武則2020-10-26

2020-10-26 當山日出夫(とうやまひでお)

元号戦記

野口武則.『元号戦記-近代日本、改元の深層-』(角川新書).KADOKAWA.2020
https://www.kadokawa.co.jp/product/322004000811/

昨年の改元以来、年号「令和」をめぐってはいくつかの本がでている。そのなかのひとつということになるが、これは抜群に面白い。そして、年号をめぐる問題点を深くえぐり出している。

「令和」をめぐっては、いったい誰が考案者なのか、そのスクープ合戦という趣がある。だが、この本は、近代になってからの年号の歴史を追っている。明治、大正、昭和、とそれぞれの改元のとき、どのようにして新たな年号が決められたのか、その歴史的経緯をふまえている。

その結果うかびあがるのは、ある一人の人物であり、また、一つの家のものがたりである。近代になってからの年号は、基本的にある家……漢学、儒学の家……がになってきたといってよい側面がある。また、新しい年号が決まるにあたっては、その準備に人生を費やしたとしか思えない一人の人物の姿があった。(しかし、結果として、その苦労は水疱に帰したということになるのだろうが。)

そして、「一世一元」という制度の持つ問題点にもふれる。無論、これは近代になってからのものである。象徴天皇制がこれから継続するなら、それにふさわしい年号のありかた、決め方というものが、あってよいはずである。この意味において、今回の「令和」の決定が妥当なものであったかどうか、疑問の残るところである。

それにしても、「令和」が決まったことの背景には、この本で指摘されているような、あまりにも、浅薄、軽薄としかいいようのない、歴史観、文学観によっているのかと思うと、暗澹たる気持ちになる。

「令和」の年号とともに即位された今上天皇に対して、私は敬意をもっておきたいと思うが、その年号を決めたいきさつについては、我が国の年号の歴史において、ひとつの汚点として残ることになるのだろうと感じずにはいられない。まさに、君側の奸の浅慮である。

近代における年号の歴史、古代からの年号のあり方、また、東アジアにおける年号の歴史、これらを総合的にふまえて、これからの年号について、さらなる議論が、よりオープンなかたちで進められるべきであると思う。

さらに書いておくならば、「令和」の年号は、その出典とされる『万葉集』の歴史においても、大きな問題点を残したことになる。我が国の「古典」とはなんであるのか、今こそ、本当に議論しなければならないと痛感する。

2020年10月25日記

『万葉ポピュリズムを斬る』品田悦一2020-10-24

2020-10-24 當山日出夫(とうやまひでお)

万葉ポピュリズムを着る

品田悦一.『万葉ポピュリズムを斬る』.短歌研究社.講談社.2020
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000344941

新学期の最初のとき、今年はオンラインでの教材提示ということだったのでかなわなかったが、昨年は、「令和」の出典は何であるか、聞いてみた。昨年、まさに改元のときであった。結果は、「万葉集」とこたえてくれたのが、半分ぐらいだったろうか。その他は、「枕草子」とか雑多である。なかには、わざわざ「考案者は菅官房長官」と答えてくる学生がいた。これには、どう対応していいか困る……

たぶん、そうだろうと思っていたが、『文選』と書いたものはなかった。昨年の「令和」の年号が発表になったとき、SNS上では、さかんにその出典が『文選』に依拠するものであることが、語られていたと思うのだが、学生は、はたしてそこまで目がおよんでいたのだろうか。

今年は、オンラインであったが次のようなことは伝えた。『万葉集』が「古典」であるから、そこから元号がとられたのではない。逆である、年号の出典を『万葉集』とすることで、『万葉集』が「古典」であると意識されるようになっているのである。少なくとも、大学で日本文学を学ぶ学生であるならば、このことに自覚的でなければならない。

『万葉集の発明』は持っているし(新旧)、ざっと目をとおした本ではある。この『万葉ポピュリズムを斬る』は、それをふまえたうえで、昨今の万葉集ブームとでもいうべきものを批判している。

いわく、『万葉集』は庶民から天皇までの歌を集めた「国民歌集」などではない。それは、明治になってから形成されてきたイメージにすぎない。

このことに私は、かなりの部分同意する。明治以降の、日本の近代化のなかで求められた「古典」というもの、それにこたえるかたちので『万葉集』のイメージの形成ということがあったことはたしかだろう。このことをふまえずに、ただ「古典」として『万葉集』を礼賛するのは、私もどうかと思うところがある。

ただ、『万葉集』の成立にあたって、文字を持たないような人びとの歌……東歌や防人歌など……が、収録されているのは、どのような経緯によってなのかは、さらに考察の必用があると思ってはいる。

ともあれ、「改元」とは祝賀すべきことなのか、『万葉集』はどのような意味において「古典」であるのか、さらには、「国書」とは何か……今の年号の「令和」をめぐっては、いろいろと考えるべきことが多くある。安易に時流にながされないために、読んで見る価値のある本だと思う。

2020年10月23日記

『独ソ戦』大木毅2020-09-11

2020-09-11 當山日出夫(とうやまひでお)

独ソ戦

大木毅.『独ソ戦-絶滅戦争の惨禍-』(岩波新書).岩波書店.2019
https://www.iwanami.co.jp/book/b458082.html

これは出たとき(去年のうち)に買ってあったのだが、積んだままになっていた。世評の高い本であることは知っていたが、読むのが今になってしまった。

第二次世界大戦において、ドイツとソ連が戦ったということは知識としてはもっていても、その内実がどのようなものであったかは、ほとんど知らなかった。この本は、いろいろと教えてくれるところが多い。

読んで特に印象にのこるところを記してみれば、次の二点ほどだろうか。

第一には、ヒトラーの歴史的位置づけ。

通説では、なにもかもヒトラーが悪かったことになっている。悪いのはあくまでもヒトラーである。ドイツ国民は、むしろその犠牲者でもある。もしなんらかの「責任」があるとしてとも、それは、ナチの暴走を許してしまったことについてであるという立場を、一般にとっていると理解される。

しかし、この本を読むと、そのような理解が表層的なものでしかないことが分かる。ドイツ国民も、あるいは、ドイツ軍も、また、ヒトラーの「共犯者」であった。端的にいえば、このような歴史的評価をうちだしている。

第二には、歴史と戦争。

歴史を語るには、戦争を避けてとおれない。このとき、軍事についての専門的知識の重要性が必須のものとしてあることになる。この本は、軍事史の専門家の知見がいたるところにちりばめられている。そして、それがただ単に戦争の記述のみならず、政治的判断とからんだところで、時の政治がどのような軍事的判断をしたかが検証されている。

今、日本の近現代史を専門にしている研究者は数多くいるはずだが、そのうちで、専門に軍事史の知識がある研究者が、どれほどいるだろうか。これは、歴史研究のあり方に対する、根本的な方法論の問いかけてである。

以上の二点が、ようやくこの本を読んだ後に思うことである。

「独ソ戦」の評価というのは、ソ連崩壊の後の情報公開と世界情勢の変化によって、格段に研究がすすんだという。まさに、歴史というものは、現代との対話である……このようなことが思い浮かぶ。

この『独ソ戦』によれば、今のドイツにとっても、「独ソ戦」というのは、今の国のあり方を考えるうえで、アクチュアルな問題であるという。日本において、昭和戦前のあり方が、今を考えるうえで、常に考えるべき原点として存在していることにも通じる。

やはり、これは、これからの大きな課題として、太平洋戦争、日中戦争などの歴史を、冷徹な軍事史の知見のもとに、また、同時に巨視的な世界史的視点のもとに、あらためて研究をふかめていく必用があると強く感じる次第である。

この本は、日本のことを考えるうえでも、広く読まれるべき本であると思う。

2020年9月10日記

『戦争と平和』(六)トルストイ/岩波文庫(その二)2020-05-22

2020-05-22 當山日出夫(とうやまひでお)

戦争と平和(6)

続きである。
やまもも書斎記 2020年5月21日
『戦争と平和』(六)トルストイ/岩波文庫
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/05/21/9248933

『戦争と平和』の岩波文庫を読みながら、いくつか付箋をつけたところがある。そのうちの一つについて、書いておきたい。

第六冊目の、エピローグの第二編、p.361。ここに、「ギボンからバックルにいたるまで」とある。

このうちギボンは、『ローマ帝国衰亡史』をさして言っているのだと思う。

バックルである。私が、バックルの名前を知っているのは、福澤諭吉『文明論之概略』によってである。いや厳密には、『文明論之概略』のネタ本として知っていると言った方がいいだろうか。

ジャパンナレッジでバックルを見る。世界大百科事典には、『イギリス文明史』(1857-61)の著者として載っている。バックルの生没年は、1821~62である。

ちなみに、トルストイは、1828~1910である。『戦争と平和』が書かれたのは、1865~69。

ちょうど、『戦争と平和』が書かれたときは、バックルの没後まもなくのころであり、『イギリス文明史』の刊行から、それほど時間はたっていない。ほぼ、同時代の著作と言っていいことになろう。

おそらく、トルストイの生きていた時代、同時代のヨーロッパにおける高名な歴史家として、知られていたのかと思う。それを、福澤諭吉も読んだことになる。

なお、『文明論之概略』は、1875(明治8)である。

久々にバックルの名前を目にした。『文明論之概略』、あるいは、『「文明論之概略」を読む』(丸山眞男)を、読んでみたくなった。が、その前に、部屋の本を片づける必要があるのだが。

2020年5月21日記

『唐牛伝』佐野眞一2018-11-16

2018-11-16 當山日出夫(とうやまひでお)

唐牛伝

佐野眞一.『唐牛伝-敗者の戦後漂流-』(小学館文庫).小学館.2018 (小学館.2016 加筆)
https://www.shogakukan.co.jp/books/09406579

文庫版になって、かなり加筆してある。今、プルーストの『失われた時を求めて』を読んでいる(岩波文庫版)。これを読んでいると、他の小説類を読もうという気がおこらなくなる。買ってはある作品はあるのだが、それはあとまわしにする。そして、『失われた時を求めて』を読む合間に、ノンフィクションということで、手にしたものである。

唐牛健太郎、60年安保闘争の時の、全学連委員長である。この作品は、その出自から、北海道大学への進学、60年安保とのかかわり、そして、メインは、その後の彼の人生のゆくすえと、それにまつわる幾多の人びとの足取りである。

私がこの本を読んで感じるところは次の二点。

第一には、60年安保の持つ意味である。安保闘争に参加した側も、また、逆に、岸信介の側にも、それぞれのよってたつところがある。が、それに通底するものして、ナショナリズムがある。アメリカからの、あるいは、ソ連、および、共産党からの、自立……この視点にたって考えてみるならば、双方ともに、ある種のナショナリズムを共有していたというべきかもしれない。

だが、この本では、ここのところこにはあまり踏み込んで記述がない。それよりも、60年安保闘争を戦った人びとのその後の人生をおっている。

第二に、印象的なのは、彼らのその後の人生である。

主人公である唐牛健太郎にしても、その後の人生にかかわりをもった人物としては、田中清玄、田岡一雄、徳田虎雄などがいる。唐牛自身も、様々な職をわたりあるく。居酒屋、オフコンのセールスマン、北海の漁師、などなど。

以上の二点が、印象に残るところである。

唐牛の人生をたどりながら、筆者(佐野眞一)は、60年安保の意味を問いかけている。そして名前の出てくるのは、丸山眞男であり、吉本隆明でもある。(が、ここのところに踏み込んではいないのだが。)

結局は、60年安保の意義について、きちんと歴史的に位置づけることをしてこなかった、そのつけが、現在の政治と政権の無残な状況につながっていく、このように言いたいように感じる。60年安保を起点として、その後の日本の社会、政治を考えようとするとき、唐牛健太郎という人物にいきつくのかもしれない。その後、決して社会の表面に出て活躍しようとはしなかったが、その人生をたどると、おのずと、日本の歩んできた道、そのゆがみのようなものが浮き上がってくる。

さて、次には、西部邁の『六〇年安保』を読んでおこうかと思っている。なお、この文庫版の解説を書いているのは川本三郎。

『幻影の明治』渡辺京二(その二)2018-10-20

2018-10-20 當山日出夫(とうやまひでお)

幻影の明治

渡辺京二.『幻影の明治-名もなき人びとの肖像-』(平凡社ライブラリー).平凡社.2018 (平凡社.2014)
http://www.heibonsha.co.jp/book/b372202.html

この本についてさらにつづける。

やまもも書斎記 2018年10月19日
『幻影の明治』渡辺京二

明治初期の士族反乱にふれて次のようにある。引用しておきたい。

「だが、この二例で明らかなのは、思想というものの力だと思う。むろん、士族反乱には、彼らの階級的利害が紛れ込んでくる。だが、それがいかなる思想によって導かれたかということをみないでは、後藤順平のような博労、広田尚のような豪農が剣をとった動機は、ついに歴史の中に埋没するだろう。そういう埋没に痛む心こそ、歴史する者の心ではないだろうか。」(pp.126-127)

また、自由民権運動については、

「自由民権というと、いかにも近代的個人の自由の主張のように聞こえますが、その実体はこのような、古き共同性の喪失の危機感であったのです。旧藩時代に存在していたような社会の絆、さらに参政権をわれわれは失ってしまった。それを再建せよというのが「自由民権」であったのです。」(p.144)

さらに、新保裕司との対談で、自らについてつぎのように語る。

「(渡辺)というよりも、それ以前に、僕はある意味で「日本人」じゃないんです。日本人であることは間違いないけれども、昨日も、大連一中の同窓会で、「君が『逝きし世の面影』を書けたのは、大連にいたからだよね。引揚者だから書けたんだ」と言われた。全くその通りなわけです。」(p.203)

どのような姿勢で「歴史」に対するのか……渡辺京二の書いたものを、さらに読んでおきたくなっている。『逝きし世の面影』も再読してみたい。

『幻影の明治』渡辺京二2018-10-19

2018-10-19 當山日出夫(とうやまひでお)

幻影の明治

渡辺京二.『幻影の明治-名もなき人びとの肖像-』(平凡社ライブラリー).平凡社.2018 (平凡社.2014)
http://www.heibonsha.co.jp/book/b372202.html

渡辺京二の明治時代についてのいくつかの文章を編集したものである。もとの本も持っていたかと思うのだが、平凡社ライブラリー版が出たので、これで読んでみることにした。

この本は、まず、山田風太郎の明治小説についての論評からはじまる。著者(渡辺京二)は、よほど山田風太郎が気にいっているらしい。

山田風太郎の明治小説……あるいは、私としては、明治伝奇小説といいたいのだが……これについては、私も高く評価することでは負けていないと思う。『警視庁草紙』を読んだのは、学生のころだったろうか。これは、文庫本で読んだのを憶えている。これをきっかけに、山田風太郎の明治伝奇小説は読んできた。その多くは、単行本で出た時に買って読んできている。

それから、『戦中派不戦日記』も強く印象に残っている。あの硬質な文体でこそ、戦時中を生きのびたと感じさせる。

ともあれ、山田風太郎の明治伝奇小説のファンとして、渡辺京二もいることになる。これは、私としてもうれしく思ったことである。

その他、この本には、明治、近代についての様々な考察が収められている。読みながら付箋をつけた箇所を一つ引用しておく。

「そしてこの近代国民国家なるものは、徳川期日本もそのひとつである近世国家とは重大な一点で決定的に相違してた。すなわち、近世国家においては統治者以外の国民はおのれの生活圏で一生を終えて、国家的大事にかかわる必要がなく、不本意にもかかわらねばならぬときは天災のとごくやりすごすことができたのに対して、近代的国民国家においては国民は国家的大事にすべて有責として自覚的にかかわることが求められた。」(p.98)

近代における国家と国民との関係は、まさにここに指摘してあることになるのだろう。

ところで、著者(渡辺京二)は、司馬遼太郎が嫌いらしい。『坂の上の雲』について、手厳しく批判してある。この批判の箇所は、読んでなるほどと感じるところがある。

渡辺京二の本としては、『逝きし世の面影』を読んだのはかなり以前のことになる。その後、出た本は買って未読のものがある。「歴史家」としての渡辺京二の本を、読んでおきたいと思う。

追記 2018-10-20
この続きは、
やまもも書斎記 2018年10月20日
『幻影の明治』渡辺京二(その二)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/10/20/8978564

『保守と大東亜戦争』中島岳志2018-10-11

2018-10-11 當山日出夫(とうやまひでお)

保守と大東亜戦争

中島岳志.『保守と大東亜戦争』(集英社新書).集英社.2018
http://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0941-a/

集英社新書で出た本ということもあって、気楽に読んだ本である。特に目新しいことが書いてあるということはない。しかし、この本に書かれているようなこと踏まえたうえで、歴史の議論はなされるべきだろうと思う。

この本を読んで思うことなど書くとすると、次の二点。

第一には、著者ならではの「保守」の論理にしたがっている。「保守思想」について、まず定義がある。

著者(中島岳志)が、大学にはいってから手にした西部邁を引用する。

「自由民主主義は保守主義であらざるをえない」

さらにつづけて、このように著者(中島岳志)は記している。

「保守は人間に対する懐疑的な見方を共有し、理性の万能性や無謬を疑います。そして、その懐疑的な人間観は自己にも向けられます。自分の理性や知性もパーフェクトなものではなく、自分の主張の中にも間違いや誤認が含まれていると考えます。その自己認識は、異なる他者の意見を聞こうとする姿勢につながり、対話や議論を促進します。そして、他者の見解の中に理があると判断した場合には、協議による合意形成を進めていきます。」(p.18)

このような心性のありかたこそ、リベラルであるとする。これはこれで一つの立場であると認める。

このような意味では、現在の政権の政策などは、「保守」「リベラル」から最も遠いものであるということになるであろう。

第二には、このような「保守」の心性を持った人びとが、戦前・戦中の時期にどのような、言論活動をおこなったかをみていくことになる。

取り上げられているのは、
竹山道雄
田中美知太郎
猪木正道
福田恆存
池島信平
山本七平
会田雄次
林健太郎
などである。

これらの人びとの言説をとりあげながら、「保守」の心性をもった人間こそが、戦争に反対していたと論じる。

ここのところ、特に目新しい議論というわけではない。だが、改めて、この本に示されているような形で提示されると、なるほど、「保守」とは、現実の政治の動きに抵抗し、歴史と伝統のなかに自己の立脚点を見いだす……このようなことが再確認される。

以上の二点が、この本を読んで感ずることなどである。

無論、戦前、戦中において、戦争に反対した立場をとったのは、「保守」だけに限らないであろう。だが、今の時代において、「保守」といえば、ただ戦前回帰、大東亜戦争肯定論、このように考えがちな傾向に対しては、ちょっと待って考えてみようとすることになる。

この本からすこし引用しておくと、鶴見俊輔について、次のように述べる。

「鶴見の指摘は非常に重要です。戦前の日本は保守的だったから権威主義体制を拡大させ、全体主義的なヴィジョンにのめり込んでいったのではありません。逆です。近代日本における保守の空洞化こそが、大東亜戦争に至るプロセスを制止できなかった要因なのです。」(p.67)

戦前の歴史について、さらに考えてみることの必要性をつよく感じさせる本である。