『世界は五反田から始まった』星野博美2022-12-30

2022年12月30日 當山日出夫

世界は五反田から始まった

星野博美.『世界は五反田から始まった』.ゲンロン.2022
https://www.genron-alpha.com/gotanda/

大佛次郎賞ということで読んでみた。なかなか面白いというのが第一の感想。思うことは、いろいろあるが二つぐらい書いておく。

第一に、五反田という街の物語として。

私は若いとき東京に住んでいたとき、目黒に主にいた。他には、板橋にしばらく住んでいたことがある。JRの目黒駅から歩いていける範囲であった。鳳神社の近くである。目黒駅界隈が、私にとって一番馴染みのある街ということになる。その周辺の地域として、五反田もあることになる。

五反田のあたりも大きく変わった。私が学生のころだったろうか、五反田の駅の近くには、「三業」の看板がかかっていたものである。歓楽街としての五反田を象徴するものだろう。

その五反田の町工場の盛衰が、この本では語られる。五反田の町工場から見た日本の近代の一面と言っていいだろうか。

そから、印象に残るのが、満州への移民が多く東京、それも五反田界隈から出ていること。その顛末は、この本に詳しい。

また、東京の空襲のことも書いてある。目黒あたりの空襲のことは、例えば向田邦子がエッセイに書いている。また、山田風太郎も『戦中派不戦日記』で記している。その空襲のありさまと、そのときに人びとはどのように感じ、考え、行動したか……このあたりの記述は非常に興味深い。

このようなところを読むと、大佛次郎賞に納得がいく。

第二に、左翼的な立場について。

著者は、反体制的左翼の立場にたって書いている。このことを悪いともいいとも思わないが、しかし、今の時代となっては、ほとんど絶滅危惧種のような左翼的発想に、読み始めは辟易するところもないではないが、読み進めていくにしたがって、よく今の時代にこんな考えの持ち主が生き残っていたものかと、感心してしまう。これはこれとして、絵に描いたような古典的左翼の標本のような文章になっている。

以上の二点が、この本を読んで思うところである。

東京に行っても、目黒も五反田も変わってしまった。私が住んでいたのは、いまから半世紀も前のことになる。その当時の街の光景とはがらりと変わってしまった。街の記憶の物語として、この本は読まれていくことだろうと思う。

2022年12月25日記

『22世紀の民主主義』成田悠輔2022-12-08

2022年12月8日 當山日出夫

22世紀の民主主義

成田悠輔.『22世紀の民主主義』(SB新書).SBクリエイティブ.2022
https://www.sbcr.jp/product/4815615604/

売れている本ということで読んでみることにした。読んで思うこととしては、次の二点になる。

第一には共感できるところ。

現在の民主主義、この本では選挙制度といっていいと思うのだが、これについて、二一世紀になった今、制度的に様々な問題があることは理解できる。なぜ、選挙区にわけて、数年に一度選挙するのか。その選挙の結果、国や社会はよりよい方向にむかっていくのだろうか。ここについては、疑問のあるところである。

この本で指摘されているように、近年、民主主義のシステムを採用している、いわゆる西欧先進諸国……日本を含めてということになるが……の衰退傾向が目立つ。それに対して、独裁的な政治体制の国の方が、経済成長の面だけとりだしてみれば、うまくいっているように見える。

だから独裁体制の方がいいということはない。しかし、代議制民主主義、選挙というシステムが、二一世紀の今日において、制度的に問題のあることは、あきらかではないだろうか。このあたりの問題意識については、かなり共感できるところがある。

第二に共感できないところ。

人間が無意識に感じているところ、それを種々の方法によって、政治に反映することのこころみが語られる。このあたりの主張については、どう楽観的にすぎるように思われる。

私がそう思っているだけなのかもしれないが、人間とは邪悪なものである。それをどうごまかして、よりよい社会にしていくのか、そう簡単ではないと思う。アルゴリズムの進展で、それは克服できると著者は主張するようなのだが、これには納得しかねるところがある。

また、言語とか、宗教とか、文化とか、民族とか、このような問題については、これからどうあるべきなのだろうか。これもアルゴリズムで解決できるということなのだろうか。さらには、統治の正統性とか、法の正義とかは、どうなるのだろうか。そもそも、そのような状態において、国家とは何であるのか。

どうもこの本の言っていることは、アルゴリズムということを、極めて肯定的に、あるいは、楽観的に捕らえているとしか思えない。このあたり、この本に今一つ共感できないところでもある。

以上の二点が、この本を読んで思ったことなどである。

書いてあることに全面的に賛同するということはない。しかし、現在の、選挙制度、民主主義のあり方について、考えることは重要である。一読には値する本だと思う。

2022年10月18日記

『日本解体論』白井聡・望月衣塑子/朝日新書2022-10-15

2022年10月15日 當山日出夫

日本解体論

白井聡・望月衣塑子.『日本解体論』(朝日新書).朝日新聞出版.2022
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=23726

これは面白かった。白井聡の本は、いくぶんは読んでいるつもりである。はっきり言ってダメ左翼という印象しかない。だいたいにおいて、白井聡の本で言っていることは、現状の問題点の分析はまあまともなのだが、ではどう対処すべきかということになると、ダメになる。適切な現実的な処方箋が提示できていないのである。

まあ、この本でもそのきらいはないではない。ではどうすればいいのかとなって、自民党に投票することを止めればいい、という程度のことでしかない。これは、まったく何も言っていないに等しい。

が、ともあれ、全体としては面白い本であった。その主張するところの大部分は、共感できるものである。今日の日本社会の劣化というべき諸々の現象の指摘には、同意するところが多い。

特に興味深いのは、メディアの劣化論であろうか。このあたりは、対談の一方である望月衣塑子が新聞記者であるということもあって、政治をめぐる新聞、テレビなどの問題が、するどく指摘されている。そのなかにあって、良心的なジャーナリストというものが、皆無ではないということも言っていいことなのかもしれない。

ただ、ウクライナ問題になると、ちょっと議論が鈍くなる。このテーマについては、やはり、軍事と国際政治の専門知を必要とすることだと感じる。さらに言えば、このあたりの議論は、日本の左翼のダメさがよく分かる。

2022年9月28日記

『ウクライナ戦争と米中対立』峯村健司/幻冬舎新書2022-10-13

2022年10月13日 當山日出夫

ウクライナ戦争と米中対立

峯村健司.『ウクライナ戦争と米中対立-帝国主義に逆襲される世界-』(幻冬舎新書).幻冬舎.2022
https://www.gentosha.co.jp/book/b14583.html

峯村健司の対談集である。

対談の相手は次のとおり。

小泉悠
鈴木一人
村野将
小野田治
細谷雄一

どれもその分野での一流の人物と言っていいだろう。論調としては、リアルに国際政治と歴史の流れを見ているというべきである。これは、保守とか右翼とかにラベリングして分類すべきものではないと考える。

いろんな論点が論じられているのだが、基本的に、
・ウクライナ戦争
・ロシア
・アメリカ
・中国
そして、
・台湾有事

これらの現実の国際政治のなかで、今最も重要なテーマについて、縦横に論じてある。これを読んで感じるのは、まさに今の時代に生きる日本の問題、課題である。また、台湾有事ということが、単なる空想のことではないことがよく理解される。

これからの時代、二一世紀になって二〇年以上が経過した時点においてであるが、これからの国際社会の向かっていく方向が、必ずしも幸福なものではないことを、強く実感することになる。

覇権主義的世界、多極化する世界にあって、日本はこれからどうすべきか。直近の問題としては、台湾有事というときに、何を成しうるのか、いろいろと考えることが多い。今の世界では、民主主義国家の方がマイノリティになってしまっている、という指摘は重要かもしれない。うまく統治できて、経済的に繁栄することができるならば、独裁体制でもいいのではないか、そう思う国が増えてきていることは否定できないことだろう。

最も避けるべき議論……ロシアも悪いがウクライナも悪い。どっちもどっち。この論法で、台湾有事があったとして、中国も悪いがそれなりに理がある。軍事的にも強い。ならば、尖閣諸島ぐらいで我慢しておいて、日本が平和と中立を保つのが賢明……さて、このような論は、もうすでに水面下では浸透している考え方かもしれない。それこそ、中国の言論工作のねらいということになろう。

2022年9月30日記

『彼は早稲田で死んだ』樋田毅2022-06-13

2022年6月13日 當山日出夫(とうやまひでお)

彼は早稲田で死んだ

樋田毅.『彼は早稲田で死んだ-大学構内リンチ殺人事件の永遠-』.文藝春秋.2021
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163914459

大宅賞の受賞作ということで読んでみることにした。受賞のニュースを見て、さっそく買おうと思ったが、オンライン書店は品切れだった。ようやく重版になったようだ。買ったのは、第2刷である。

私は、一九七五年に慶應義塾大学に入学した。この本で描いているのは、一九七二に早稲田第一文学部でおこった、殺人事件の顛末とその後のことを描いている。読んで思うことはいろいろある。たった、数年のちがいで、東京の大学に入る時期がずれるだけで、こうも世界が違ってくるのだろうかというのが、率直なところである。

私が慶應に入学した時期は、いわゆる学生運動は沈静化した後のことだった。キャンパスにその余韻は残っていたとは思うが、総じて落ち着いていた。学生運動があったことなど嘘のような雰囲気だったといってもいいかもしれない。これは、私が、京都から東京に出て学生生活を送ることになったという事情もいくぶんあるだろう。あるいは、慶應の特殊性ということもあったのかもしれない。

もし、自分の人生の方向がちょっとちがっていたら、早稲田の文学部で学ぶことになったかもしれないと思う。そう思って読むと、他人事とは思えないところが、この本にはある。

事件は、一九七二年に起こった。早稲田の文学部の校内で、革マル派との抗争で、一人の学生が死んだ。その友達だったのが著者。その事件の当時、学生自治の役職にあった。なぜ、その事件は起きたのか、背景に何があったのか、その当時の早稲田における革マル派とはどんな存在であったのか、大学の学生自治はどのようにしておこなわれていたのか……などなど、ノンフィクションとして解きあかしていく。

これだけなら、あの時代の、ある一つの出来事の記録ということで終わっていただろう。

だが、この本はそこにとどまらない。著者は、卒業後、朝日新聞の記者になる。そのなかで遭遇することになったのが、阪神支局の銃撃事件である。

早稲田での死、朝日新聞阪神支局での死、この二つの事件を経て、著者はさらに追求していく。そして、最後には、事件の当事者の一人であった人物との邂逅をはたす。この本の一番の読みどころは、最後のその人物との対話の章であろう。

寛容と非寛容はどうあるべきか、言論の自由はいかに守られるべきか、大学における学生の自治はいかなるものなのか……さまざまな論点をめぐって、著者は思考をめぐらせる。これは、必ずしも結論を得るというものではないが、その思考の過程が率直に綴られている。

なるほど大宅賞の本だけはあると思って読んだ。いい本である。ヒューマニズムということを考えるうえで、いろいろと考えることのある本である。

だが、確かにいい本であることは分かるのだが、読んでいて、どこか古めかしさを感じる。これは、この著者の世代……学生運動のまっただなかに生きた世代に特有のものかもしれないのだが、どうもしっくりこない違和感のようなものを感じずにはいられない。端的にいってしまえば、革マルがどうしようと、自分のしたい勉強ができるのなら、学生としてそれでいいではないか……私などの経験からは、どうしてもそう感じるところがある。これは、一九七二年の早稲田と、一九七五年の慶應との違いであるのかもしれない。まあ、確かに私自身は非政治的人間だと思っている。しかし、政治や歴史に関心がまったないわけではない。その関心のありかた、どのように関与すべきかについての、感性の方向性が、今一つ、著者のそれと合わないのである。

このような読後感を感じるのは、やはり自分自身の学生時代の体験が大きく影響してのことだろうと思う。同世代で、早稲田で学んだ人たちはどう感じるだろうか。また、より若い今の人たちは、この本を読んでどう感じるだろうか。このあたりが、気になるところではある。

2022年6月1日記

『激動 日本左翼史 学生運動と過激派 1960-1972』池上彰・佐藤優2022-02-12

2022年2月12日 當山日出夫(とうやまひでお)

激動 日本左翼史

池上彰・佐藤優.『激動 日本左翼史 学生運動と過激派 1960-1972』(講談社現代新書).講談社.2021
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000355536

先の巻に続けて読んだ。

やまもも書斎記 2022年2月11日
『真説 日本左翼史 戦後左翼の源流 1945-1960』池上彰・佐藤優
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/02/11/9463029

この巻であつかってあるのは、共産党と社会党の確執。それから、学生運動。この時代のことになると、私の記憶の及ぶ範囲のことになる。思うことはいろいろとある。

かつて、左翼は正義であった。このような記憶が私にはある。それが共産党であるか、社会党であるかは別にして、そこには正しさというもの、理想というものが見えていた。いや、それは、幻想であったのかもしれない。しかし、確かに左翼は正義を目指していた。

それが幻滅したのは、学生運動の衰退、東西冷戦の終結……このあたりを決定的な契機として、もはや左翼に正義を感じなくなった。むしろ、その欺瞞が明らかになってきたといってもいいだろうか。

思うのだが、左翼を論じるとき、このシリーズでは意図的に右翼のことを避けていると思う。時の政府、政権、体制に対する批判という意味では、右翼と左翼と相通じるところがある。通底するものがあるといってもいいだろう。このあたりのところを、避けて左翼だけ論じるのもどうかなという気がしてならないのだが、しかし、これはそのように思って読めば、次のステップの議論として、右翼を含めた反体制社会運動史というものが浮かびあがってくるのかもしれない。

それから、学生運動、特に、日米安保闘争については、いまだ評価が難しい面があるのではと感じないではいられない。が、このあたりについて、この本は、かなり丁寧に語っているという印象がある。反政府運動であり、反米運動であり、また、愛国の運動でもあった。そして、それは、一定程度は一般市民からの支持もあるものであった。

そして、さらに思うこととしては……この本ではあまり語られないのだが……世界的な、若者の反乱の時代という潮流を抜きには考えることができないとも思う。ちょっとだけ、フランスの五月革命のことが出てくるのだが。ここは、世界的な若者の反体制運動のうねりということを、考えておく必要があろうかとも思う。

「日本左翼史」は、次の巻は冷戦終結以後の社会党の衰退というところになるらしい。この時代になると、私の体験的な記憶のうちの出来事になる。

2022年2月4日記

『真説 日本左翼史 戦後左翼の源流 1945-1960』池上彰・佐藤優2022-02-11

2022年2月11日 當山日出夫(とうやまひでお)

真説 日本左翼史

池上彰・佐藤優.『真説 日本左翼史 戦後左翼の源流 1945-1960』(講談社現代新書).講談社.2021
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000348699

売れている本らしい。読んでおくことにした。が、読んでみて思うことは、とても面白い本であり、ためになる本であるということである。

タイトルの通り、日本の「左翼」運動の歴史を対談形式でたどっている。この巻では、戦前からスタートして、おおむね60年安保のあたりまで。時として、冷戦終結、ソ連崩壊のあたりのことまで話しが及んでいる。

「左翼史」とあるが、具体的には、共産党の歴史であり、社会党の歴史が主なところである。なるほど、共産党という政党は、このような歴史があったのか、社会党の凋落はこのあたりに起因するのか、と今になっていろいろと思うことが多い。

私は、一九五五(昭和三〇)年の生まれなのであるが、物心ついたときには、政治の世界は、いわゆる五五年体制でかたまっていた時代である。保革伯仲であり、あるいは、社会党からすれば、三分の一を確保するだけの万年野党であり、自民党としては過半数を確保している安定与党ということになる。緊張感もあったが、しかし、同時にどこかしら生ぬるい感じを覚えている。

この本は「左翼」の歴史をたどっている。左翼というのは革新の立場である。「保守」思想ではない。単純化してみるならば、「左翼」は理性と理論を重視し、「保守」は伝統と感情を重視する。

私はといえば、どちらかといえば、保守的な人間なのであろうとは思う。だが、決して体制的ではないつもりでいる。

歴史、政治の流れをたどるとき、政権の中枢で何がどう決断され実行されてきたかという歴史もあるが、一方で、反体制の側から見る歴史もある。この意味では、戦前から戦後にかけての、反体制の歴史のある面を描き出している。ただ、この巻を読んだところで、やや不満に思うところは、実は左翼は、右翼とも、裏でつながっている……このあたりの感覚は、時代のなかで感じてきたところであるが……ここのところに踏み込んでいないことである。

この巻を読んで思うことは、左翼がだめになったということは、右翼もだらしないし、また政権の側もがたがきているということなのだろう。つづいて、続巻を読むことにしたい。

2022年2月1日記

追記 2022年2月12日
この続きは、
やまもも書斎記 2022年2月12日
『激動 日本左翼史 学生運動と過激派 1960-1972』池上彰・佐藤優
https://yamamomo.asablo.jp/blog/2022/02/12/9463303

『自由と成長の経済学』柿埜真吾2022-01-10

2022年1月10日 當山日出夫(とうやまひでお)

自由と成長の経済学

柿埜真吾.『自由と成長の経済学-「人新世」と「脱成長コミュニズム」の罠-』(PHP新書).PHP研究所.2021
https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-85014-6

『人新世の「資本論」』への反論本である。昨年のうちにつづけて読んだものである。

やまもも書斎記 2021年12月20日
『人新世の「資本論」』斎藤幸平
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/12/20/9449350

やはり出るべくして出た反論本であるというべきか。読んで思うこととしては、次の二点ぐらいである。

第一に、『人新世の「資本論」』批判としては、至極まっとうな本であること。

世評としては、『人新世の「資本論」』は確かに高い。だが、この本の主張するところ、特に近未来への提言としては、荒唐無稽としかいいようがない。この批判としては、十分に首肯できる反論になっている。

第二に、しかし将来に限界はあるだろうということ。

限りなく成長する資本主義によってしか、今日の世界の問題は解決しないのだろうか。だが、ここで考えなければならないのは、地球環境というパイはすでに限界が見えてきていることではないかとも思う。今後の課題は、この限られたパイの分割、再配分のあり方と方法をめぐるものになっていくと思う。

以上の二点のことを考える。

『人新世の「資本論」』をただ荒唐無稽として退けるのではなく、その問題提起……特に地球環境の将来……については、十分に考慮しつつ、世界全体でバランスのとれた成長戦略を考えるべきときなのだろうとは思う。それに日本がどのように貢献できるかが問われている。いや、これは楽観的にすぎるかもしれない。どうすればこれからの国際社会のなかで日本が生き残れるかが、問題であるといった方がいいだろうか。

2022年1月9日記

『〈平成〉の正体』藤井達夫2022-01-07

2022年1月7日 當山日出夫(とうやまひでお)

〈平成〉の正体

藤井達夫.『〈平成〉の正体-なぜこの社会は機能不全に陥ったのか-』(イースト新書).イースト・プレス.2018
https://www.eastpress.co.jp/goods/detail/9784781651057

『代表制民主主義はなぜ失敗したのか』が面白かったので、同じ著者の本を読んでおくことにした。これは、少し前の刊行。2018年の刊行。平成三〇年になる。平成の最後である。

今(二〇二一)の時点から読んでみるならば、どれもごく普通に論じられることばかりである。が、非常に手際よく、今日の日本の社会や政治の状況、問題点などを、論点を整理して書いてある。現在の視点から見ても、なるほどと思うとことが多々ある。

目次を示してみるならば以下のとおり。

ポスト工業化と液状化する社会
ネオリベ化した社会の理想と現実
格差社会の「希望は戦争」
ポスト冷戦と強化される対米依存
五五年体制の終焉と挫折した政治改革
「日常の政治」からポスト平成を切り開く

また、最終章に、辻田真佐憲との対談「保守とリベラルは新しい「物語」をつくれるか?」をおさめる。

平成という時代は、三〇年ほどつづいた。それは、冷戦の終結からバブル経済の崩壊とともにスタートすることになった。今になってみれば、失われた三〇年というべき時代である。このあいだに、社会は変わった。いわく、グローバル化、デジタル化、格差、新自由主義……いくつかの、この時代を説明することばが登場してきている。そのことばのなかに翻弄されてきた時代であった。いや、今も、翻弄されている。

とにかく、平成の終わりの何年か、それは、安倍政権の時代ということになるが、この時代の空虚さを実感することになる。過去の一〇年ほど、この社会は、何を目指してきたということなのだろうか。そこに、COVID-19である。これほど、この日本の社会の、また、政治の、無力、無能ということを感じたことはなかった。

今の日本のおかれた状況を冷静に振り返ってみる意味でも、この本は価値のある本だと思う。

2021年12月17日記

『代表制民主主義はなぜ失敗したのか』藤井達夫2021-12-27

2021-12-27 當山日出夫(とうやまひでお)

代表制民主主義はなぜ失敗したのか

藤井達夫.『代表制民主主義はなぜ失敗したのか』(集英社新書).集英社.2021
https://books.shueisha.co.jp/items/contents.html?isbn=978-4-08-721194-8

なるほど、安倍晋三のやったことは民主主義の破壊であった、ということが実感できる。

著者は、「民主主義」=「選挙」ではないといっている。漠然と、選挙で選ばれた議員が政治にかかわることを、民主主義だと思っているむきもあるかもしれないが、そうではないということに気づかされる。そして、民主主義を、その歴史からたどって、本当に民主主義を実践するには、いかにして可能なのか、問いかけるところがある。

すくなくとも、少数意見、反対意見への尊重ということがない場合、民主的とはいえない。(この意味では、安倍政権の時代は、とても民主主義の時代ということはできないことになる。)

この著者は、いわゆる一九五五年体制を評価している。その時代にあっては、政党は、ある一定の社会の階級、あるいは、階層を代表するものであり、それを基盤に選挙がおこなわれ、議員が選出されていた……このことに一定の評価を与えている。これは、昭和の昔が良かったという懐古でない。政党というものが、何を代表して組織され、選挙にのぞみ、何を実現することを、その存在意義としているのか、明確であった時代ということになろうか。それが、今日では、政党政治は、人気投票、あるいは、ポピュリズムになってしまっている。

現状の政治の問題点の分析には、なるほどと思うところが多くある。しかし、ではどうすればよいのかということになると、(私の見る限り)あまり説得力がないように読める。これは、この著者の責任ではないだろう。それほど、現在の、日本の、あるいは、世界の民主主義は危機に瀕しているいってよい。有効な対処が見いだせないでいる状況である。

現代の日本の政治状況を考えるうえでは、役に立つ一冊といっていいだろう。

2021年12月10日記