センリョウ2021-01-27

2021-01-27 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日は写真の日。今日は黄色いセンリョウである。

前回は、
やまもも書斎記 2021年1月20日
千両
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/01/20/9339278

我が家には、二種類のセンリョウの木がある。赤い実をつけるものと黄色い実をつけるものとである。今日は、そのうち黄色い実をつけるものの写真である。

これも、今では全部鳥が食べて無くなってしまっている。先月(去年の一二月)のうちに撮影して残してあったものからである。

どうして、赤い実のものと黄色い実のものがあるのか、その理由について詮索したことはない。センリョウは園芸植物であるから、好みによって、分かれていったものであろう。たまたま我が家には、その両方が植わっていることになる。

昨年のうち、まだ実がついているころは、ほぼ毎朝、NHKの朝ドラを見てからカメラを持って外に出て、センリョウやマンリョウの写真を撮っていた。これも見ていると、秋から冬にかけて、青かった実が徐々に色づいてきて、黄色く、あるいは、赤くなっていくのを観察することができる。

写真を撮るのは、基本的に朝早くである。まだ太陽が昇りきらないうちに撮ることが多い。これが、ちょっと遅く外にでると、日が昇って朝日があたっているときがある。光の状態によっては、実がきれいに光って見えたりもする。場合によっては、そこだけ朝日があたって、光っているように見えるときもある。毎日同じように見ている木の実であるが、写真に撮ると、日毎に見え方が異なってくる。

今庭に出て咲いている花としては、椿の花があるぐらいだろうか。梅も木瓜もまだ冬芽といってよい。沈丁花の冬芽も色が赤くなってきているのが見える。今年の冬は去年よりも寒い。しかし、確実に季節が進んでいることがわかる。

センリョウ

センリョウ

センリョウ

センリョウ

センリョウ

Nikon D500
TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di MACRO 1:1

2021年1月25日記

追記 2021-02-03
この続きは、
やまもも書斎記 2021年2月3日
松の葉に雨の滴
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/02/03/9343638

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2021/01/27/9341420/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。