本とデジタルと図書館2009-08-29

2009-08-29 當山日出夫

以下、思いつくままに。

ARGフォーラム「この先の本のかたち」に関連して、いろんなブログなどを読んでみる。そうすると、本というものが、二つの方向から見えてくる。

ARG
http://d.hatena.ne.jp/arg/20090829/1251531817

第一には、本を情報のメディアとしてみれば、デジタル化することによって、解体できる。「1冊の本」から、特定の文章を抜き出して再構築が可能になる。いってみれば、デジタル化された書物が具体化することによって、本が「編集」されたものである、ということが、実感として分かってきた。

この意味では、出版社の役割というのは、まさに「編集」の仕事である、ということになるのかもしれない。

この一方で、逆の視点がある。

第二に、本をたくさん集めると、おのずと秩序がある。そして、そのことによって、ある「知」を形成するということ。

いま、私の書斎では、文字関係の本と、色彩学関係の本が、ならんでいる。これが、通常の図書館であれば、言語学・美術・工学(光学)関係と、バラバラになる。私の場合、人間がどのように文字を見るのか、視覚との関係、さらには、色覚異常(医学用語で)と文字との関係、などの関心から、このような並びになる。

このようなことは、誰であっても、ある程度の本を持っているときには、かならずおこる。それぞれに独自の知の秩序を生み出す。このときには、本は、それが一つの単位になる。

あるいは、神保町あたりの専門の古書店の本棚のならび、これを見る方が、下手な教科書を読むより勉強になる、とでもいえようか。

グーグルブックサーチ、国会図書館のデジタル化、そして、神保町の古書店さえもネット上でデジタル化されている。否定的に見れば、経験的な知の蓄積の秩序の崩壊、である。しかし、一方では、新たな知の秩序の再構築になる。

では、それをになうのは、個人であるのか、組織であるのか。どのようであれ、知に秩序をもたらすためには、軸となるものが必要。その価値観を、だれが、どのように提供するのか、構築するのか。それは、ローカルで伝統的なものなのか、グローバルで普遍的なものなのか。

ありきたりの議論ではあるかもしれない。しかし、ここにきて、急速に「現実」のものになってきたことは確かである。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

_ 履歴書のサンプル ― 2012-07-04 17時59分38秒

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2009/08/29/4547895/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 - 2009-09-01 16時46分31秒

・「第1回ARGフォーラム「この先にある本のかたち−我々が描く本の未来のビジョンとスキーム」への皆さんの感想(1)」(編集日誌、2009-08-19) http://d.hatena.ne.jp/arg/20090821/1250849992 の続き。 さすがに出尽くした感があるので、これが最後だろうか。 まずは、