『ARG』386号の感想(2)2009-08-04

2009-08-04 當山日出夫

後半の方で、是非読むべきは、岡本真さんの、Yahooでのこと。このことについては、

http://searchblog.yahoo.co.jp/2009/06/yahoo_japan_2.html

に、自ら述べたと記してある。

ここで個人的感想をのべるならば、いわゆるアカデミズムにせよ、公共的機関にせよ、商業利用、ということには、きわめて否定的なものの考え方をする人が多い。

あえていうならば、大学の教員でホームページを作ってコンテンツを公開している。これはいい。だが、このとき、忘れられがちなことが一つある。そのホームページの管理、サーバの運用のコストは、誰が負担しているのですか。それは、税金ではないのですか。

自分の研究で金儲けしようとは思わない。これは、ある意味で理想的な考え方かもしれない。しかし、金儲けせずに済んでいるのは、その分を、税金でまかなっているからではないのか。自分の研究業績のデータを無償で提供するのはすばらしかもしれない。しかし、このとき、無償ということと、社会的にコストがゼロということは同じではない。

大学に行けば、タダ(=税金+授業料)でインターネットがつかえる。そのような大学教員がいる一方で、1分の接続でいくらでお金を払って使っている人もいる(まあ、いまは、一般家庭にも普及し、定額制になっているから、あまり問題にならないことかもしれないが。)

自分は無償の行為としてやっていることでも、実は、この世の中、誰かがどこかでそのコストを負担している。

ARGがこれまで、無償で活動してこれたのは、そのコストを、かげでささえる多くの人々の目に見えない姿があったからだと思う。

いまの自分があるための社会的・歴史的背景、そんなことを思ったりもするのである。私自身についても、そう思うのである。

當山日出夫(とうやまひでお)

恋文横町ここにありき2009-08-04

2009-08-04 當山日出夫

単なる雑談。

恋文横町、という名前を知っている人はもう少ないかもしれない。私の学生の時、すでになかった。あったのは、「恋文横町ここにありき」の看板だけ。

ところで、この「恋文横町」の由来を、「政治的手に正しいことばだけで表現するには」と苦労する。「恋文横町」、名前はロマンチックであるが、その背後にあるのは、悲惨な歴史である。世の中、知っておかなければならないことがある。

當山日出夫(とうやまひでお)

文字研究会とホームページ2009-08-04

2009-08-04 當山日出夫

文字研究会のホームページをつくらないといけない。いまのところ、その規約の素案は考えている。だが、まだ、正式にホームページをオープンにしたわけではない。

明窓浄机
文字研究会の案らしきもの
http://d.hatena.ne.jp/YAMAMOMO/20090717/1247835161

ただ、このようなものを作ろうとしたとき、(先のメッセージとも関連するが)大学関係の人脈があると助かる。文字関係の研究のホームページとなると、かなり大量の画像をあつかう。場合によると、100メガぐらいはかるく越えてしまう可能性がある。

どこにどう作るかはこれからの、みんなで、関係者で相談してのこと。

あるいは、単純にわりきって、リンク集のリンク集、のような方向でいいのかもしれない。今は、各自の研究者が、自分でホームページやブログを簡単につくれる。個人のレベルであれば、そう大量のデータにはならない(だろう)。

この夏の間、せめて、京都国立博物館のシルクロードの文字の展覧会ぐらいは見にいきたいのだが、まだ、採点が終わらない。

當山日出夫(とうやまひでお)