ETV特集「令和の“トキワ荘”〜熊本から世界をめざせ〜」2024-02-21

2024年2月21日 當山日出夫

ETV特集 令和の“トキワ荘”〜熊本から世界をめざせ〜

私は漫画は読まない。私ぐらいの世代からだろう、大人になってからも漫画を読む/読まない、という違いがあるのは。私の場合、読まないという道を選んだ。ただ、それだけのことである。

熊本に作った、現代版の漫画家の養成システム。令和のトキワ荘である。海外から若手の漫画家志望者をつのって、仕事(漫画の制作にかかわる)をしながら、自分の作品を作り、漫画家デビューを目指す。

また、この熊本の高森町の高校には、漫画の学科がを作った。いわば、漫画で町おこし(かなり古風な言い方になるが)である。

興味深かったことがいくつかある。

一つには、編集者のこと。漫画の分野では、編集者がその作品の成立に深くかかわる。ストーリーの展開は無論、キャラクターの設定、描画にいたるまで細かく指導する。ここまでくると、編集者というよりも共著者と言ってもよいほどである。これは、日本の漫画の独特の習慣らしい。

それから、漫画の制作過程が面白い。特に機材のことである。高校生は、紙に書いていた。しかし、プロを目指す外国からの漫画家たちは、デジタルで描いている。デジタルの画面に下書きをして、それをレイヤーとして、その上のレイヤーに清書を仕上げていくことになるのだろう。このプロセスは、かつての紙にペンとインクで描いていた時代とは大きくことなる。

使っているのは、Macが多いようだった。プロの映像、画像関係の仕事なら、そうなるのかなとは思う。ただ、色を付けるとなると、表現出来る色空間をどうコントロールするか、専門的な知識が必要になるはずである。

それから、国語学の視点から関心があったのは、漫画の台詞を、横書きで書くか、縦書きで書くか、ということがある。番組に登場していた作品では、横書きのものと縦書きのものがあった。また、台詞の部分に文字の入っていないものもあった。台詞のことばは、誰がどうやって最終決定するのだろうか。

この番組の場合、特に外国出身の漫画家志望者である。日本語教育ということでは、どうなのかという気もしている。まあ、別に、日本で漫画家修業をするからといって、日本語の漫画を描かなければならないということはない。外国語で漫画を描いてもいい。現に、日本の漫画の多くは、外国語に翻訳されて、世界に広まったということがある。

漫画は読まない生活をおくることにしているのだが、これからの漫画家たちがどのように成長していくことになるのか、このことには興味がある。

これからネットとデジタルの時代、紙の本の漫画、というものにどれだけの意味があるのかという気もする。たぶん、紙の本の出版は将来的な展望はないだろう。デジタル版の漫画が主流になるかと思う。漫画とメディアの関係も、これからどうなっていくことだろうか。

2024年2月19日記

NHK特集「幻のイオマンテ 〜75年目の森と湖のまつり〜」2024-02-21

2024年2月21日 當山日出夫

NHK特集 幻のイオマンテ 〜75年目の森と湖のまつり〜

NHKBS4Kで再放送。最初の放送は、一九八四年である。ちょうど四〇年前の番組になる。

たまたま、その日の夕方、テレビを見ていて気がついて見ることにした。冒頭の部分を少し見逃したのだが、ほぼ全部見ることができた。

今から四〇年前に、アイヌの神事であるイオマンテが復活して、それを記録したものである。その四〇年前の時点で、それは、七五年ぶりのことだという。もうかつての神事の詳細は伝わってはいない。

アイヌは、独自の文字を持たない。(今では、日本語の仮名に手を加えてアイヌ語表記も可能になっている。これは、JIS規格になり、一般のコンピュータで使用可能である。ただ、このことはあまり一般には知られていないことかもしれない。)

神事はすべて口伝による伝承でしか伝わらない。古老の記憶を頼りに、口伝をつなぎあわせてなんとか復活ということになったようである。

見ていて思うことはいろいろとあった。

まず、アイヌの人びとがアイヌ語ではなく日本語で話していること。確かに神事のことばはアイヌ語なのだが(私はアイヌ語を聞き取ることができるだけの知識がないけれど)、通常の会話は日本語である。この番組の時点で、アイヌ語は、人びとの日常生活のことばではなくなってしまっていた、と理解していいだろうか。

それから、少しだけ言及があったことだが、アイヌの人びとが、北海道で生計をたてることができるのは、観光業などで、それも夏の間だけ。冬になると、出稼ぎに出なければならない、という。まだ、日本において、出稼ぎということばがリアルな意味を持っていた時代である。

アイヌの人びとの民族的な文化が残るとするならば、まずはアイヌ語で生活できることであり、その土地で暮らすこと……それは、かつてのような狩猟採集生活ではもはやありえないのだが……が、最低限必要であろう。そのなかで、信仰も守られることになる。ことばと宗教とコミュニティの維持、これがなければ、民族として生きのこることはできないと言っていい。

しかし、一方で、今の時代である。人びとの生活も変わらざるをえない。近代社会に適応した生活様式に変わっていくという流れをとめることはできない。

アイヌの神事……イオマンテ……には、シマフクロウを使う。それを殺してその魂を天に送る。しかし、シマフクロウは、絶滅危惧種である。動物園から借りることになった。実際に殺すことはしていない。(このことは、昔、ニュースで知ったかと憶えている。)

シマフクロウを殺すことは無理だとしても、川の鮭を捕るぐらいはいいのではないか、という気もするが、どうだろうか。

人びとのこころのなかに、古くからの神々への信仰がどのように伝わっていくことになるのか、これが課題かと思う。

2024年2月20日記

こころの時代「カムイエロキ 神々が鎮座するところ」2024-02-20

2024年2月20日 當山日出夫

こころの時代 カムイエロキ 神々が鎮座するところ

こういう番組を「こころの時代」で放送するというのも、今の時代ということかなと思う。アイヌの人びとの生活感情に分け入っている。

アイヌの人びとが、日本列島において、いわゆる先住民族であるということは、一般に認められていることである。日本が古代の統一国家となるころ、あるいは、それ以前、アイヌの人びとが東北から北海道にいたし、また、沖縄はまた独自の存在であったろう。(現代の「日本」の範囲が決まるのは、明治になってから、あるいは、太平洋戦争後のことになる。)

私が知りたいと思い興味があるのは、第一に、今の日本で生活しているアイヌの人びとが、どんな暮らし方をしていて、どんな思いで生きているのか、ということである。この最も普通の人びととしての生活がどんななのか、ここのところが、一番分かりにくいところかとも感じている。

三〇年ほど途絶えていた、カムイエロキの祭り、あるいは、神事と言ってもいいのだろうか。アイヌの人びとが古くから伝えてきた神々を祀る行事である。

それが一端途絶えることになったのも、そこの地に暮らすアイヌの人びとの思いを反映してのことであることを、まず理解しておく必要があると思う。もう途絶えてしまってもいいという気持ちを抱いた人びとがいたことは、確かなことである。

その一方で、それを復活させたいと思う人びともいる。北海道の地でアイヌとして生きていくことになる人びとの気持ちは、複雑なものがあるのだろう。普通に会社などで働いていて、そして、アイヌであるということは、どういうことなのだろうとは思ってみる。

アイヌの祭りをおこなう人びとの、宗教とか世界観というのは、どうなのだろうと、ここは素朴に思うところがある。アイヌの祭りを執り行うからといって、かつてのような、民族の心性を保ち続けていることができるのだろうか。

しかし、民族の心性(という言い方しかできないのだが)は、儀式の形式を受け継ぐことによってしか、継承できないものであるのかとも考える。宗教というものは、人びとの生活と心のなかにあってこそ意味があるものだと思っている。決して博物館や文献資料のなかにあるものではない。その人びとのコミュニティと日常生活を守ることが、何より重要である。

それから、梅原猛のことばが紹介されていたが、私は、これは余計だったと感じる。アイヌの人びとに、古代の日本の姿を見出そうとする姿勢については、賛否両論あるかもしれない。あるいは、アイヌについて触れるならば、ほかに沖縄であるとか、また、日本の各地に残る民俗について、総合的に考える方向であるべきではないだろうか。おそらく、多様な要素が複合して日本の文化はなりたっていると私は思っている。

これからの時代、日本に暮らす人びとの多様性の尊重ということになるだろう。そのなかには、近代になってからの朝鮮系の人びともいれば、現代における新たな外国からの人びと、その多くは労働者としてやってきて暮らしている。これらを尊重するということは必要である。ただ、一般の社会のルールを乱さないようにという制限はある。そして、同時に重要なことは、そのルール、規範意識は、私たちのみんなの総意によって形成されるものであることも、同時に考えておかねばならないと思う。

2024年2月13日記

ドキュメント72時間「新宿 24時間営業のドラッグストア」2024-02-20

2024年2月20日 當山日出夫

ドキュメント72時間 新宿 24時間営業のドラッグストア

この前、新宿に行ったのはいつのことになるだろうか。もう憶えていない。若いとき、学生のころは、時々行く街だった。そのころの思いでとして記憶に残っていることとしては、大学生になって知り合った同じ慶應の学生、東京育ちなのだがこれまで新宿には行ったことがないという。話しを聞いてみれば、東京でも下町の生まれ育ちだった。百貨店とか映画とか、特に新宿にまで行かなくても、下町で十分に間に合う。話しを聞いたときは驚いたが、しかし、そんなものかなと思ったことでもある。まあ、とにかく東京の街は大きすぎるのである。

番組の舞台は新宿のドラッグストアである。新宿という街は、今の日本の縮図という感じがする。いろんな人のいろんな人生が交錯する。

TikTokをやっているという男性。リアクションが増えるのが楽しみであるという。確かにSNSの弊害はいろいろと言われているのだが、それが生きる楽しみであるという人もいる。一概にマイナス面だけをとりあげるのもどうかという気がしないでもない。

塾の黒板ふきをアルバイトにしているという。今時、黒板とは時代遅れと思うかもしれない。だが、教育の場においては、依然として黒板とチョークという手段が、最も有効だと感じることが多い。いや多かった。(今では、もう教える仕事はやめにしてしまったので。)学生の反応を見ながら黒板に字を書いていくという方法は、これからも十分に価値のあるものでありつづけるにちがいない。たぶん、そのアルバイトも続くことになるだろう。

総じて感じることなのだが、みんな自分らしい生き方をしたい、自分らしくありたい、ということを求めている。今の時代、人間の自由意志と自己決定が至上の価値を持っている。特に、東京の新宿という街は、それを人に強く要求するところがあるようだ。それはそうなのだが、人はときとして、自分らしくあることを追求することを止めたくなるときがある。そのようなとき、この前の放送であった、琵琶湖畔のベンチに座って湖を眺める、そのような時間が必要なのかもしれない。

2024年2月17日記

ニッポン知らなかった選手権実況中!「第7回 交通信号工事甲子園」2024-02-19

2024年2月19日 當山日出夫

ニッポン知らなかった選手権実況中! 第7回 交通信号工事甲子園

この番組は不定期の放送なのだが、見つけたら録画しておいて見ることにしている。毎回、とても面白い。(これまでで一番面白かったのは、左官屋さんの大会だったろうか。)

信号の取り付けに専門の業者がいて、その仕事をするために各種の資格が必要になる、ということは、これまで考えてみたこともなかった。しかし、考えてみれば、確かに必要な機材とか技能とかはかなり特殊である。

その選手権があるというのも、おどろきである。世の中にはいろんなものがあるものだ、とこの番組を見るたびにつくづく思う。

すごいと思ったのは、ニッパでケーブルの被覆を剥くところ。まさに達人としかいいようがない。使っているニッパも、字幕ではドイツ製で五〇〇〇円とでていた。やはり、使う道具からして違う。

自動車で道路を走っていて信号はかならず目にする。その信号のとりつけ、点検保守にこのような人びとの仕事があるというのは、あらためて感じ入ったというところである。

2024年2月13日記

『光る君へ』「おかしきことこそ」2024-02-19

2024年2月19日 當山日出夫

『光る君へ』第7回「おかしきことこそ」

この回でも猫が登場していた。というよりも、大活躍であった。これは、猫好きで『源氏物語』好きの人間にはたまらない展開である。打毬の見物シーンでは、畳をカリカリしていた。

たぶん制作側の意図としては、打毬の場面にコストを注ぎ込んで作ったのだと思う。たしかにこの競技のシーンは見応えがあった。しかし、私が、個人的な興味で面白いと思ったのは、むしろ投壺の場面である。離れたところに置いた壺に矢を投げ入れるゲームである。平安時代の貴族は、はたして投壺を日常的な遊びとしていたのだろうか。少なくとも『源氏物語』には出てきていなかったはずである。

それから、打毬を見物する場面なのだが、貴族のお姫様たちが、外から丸見えの状態で顔を出して見物していた。これは、どうかと思う。平安時代の高貴な女性は、そう軽々と自分の顔を見せなかった……というのが、常識的なところかと思う。

かといって、ここで簾などで隔ててしまうと、いったい誰が見物に来ているのかはっきりしない。演出の意図としては、ここは、どのような女性たち……そのなかには、まひろもききょうもふくまれる……が、競技を見物していたのか、はっきり分かるように描く必要があったことになる。

この回で、まひろは、散楽の台本を手がけることになる。後年、物語作者として名を残す紫式部ということである。

まひろが道長と一緒に走るシーン。朝ドラの『花子とアン』で、吉高由里子が仲間由紀恵と一緒に学園祭から抜け出して電車に飛び乗るシーンを思い出してしまった。

平安時代の婚姻関係と政治のあり方は、女性にとっては過酷なものだったかもしれない。たぶん、まひろ……受領層の娘ということになる……ならば、場合によっては、召人ということにもなりかねない。歴史上は、あるいは、紫式部は道長の召人だったかもしれないが、このあたりの歴史学の知識は、持ち合わせてはいない。

余計なことかとも思うが……前回、漢詩の会があった。これを見ていて、どうしても違和感があったのは、「漢詩」という言い方である。この時代であるならば、ただ「詩」あるいは「からうた」でいいはずである。わざわざ「漢詩」と呼ぶようになったのは新しい。まあ、このあたりは、一般の視聴者に分かりやすい用語を使ったということにはなるのであろうが。

打毬の会への招待の文書が漢文であったのは、どうだろうか。この時代の女性は漢字は読み書きしない、というのが一般的かとも思うが。

このドラマでは、安倍晴明が重要な役割をになうようになるようだ。呪詛、のろいが、人びとに現実的にうけとめられていた時代である。安倍晴明にとって、貴族の政権争いはどのように見えていたか、これも興味あるところである。

藤原実資の妻が、日記に書きなさいよ、と言っていたのには、笑ってしまう。

2024年2月18日記

フランケンシュタインの誘惑E+「強制終了 人工知能を予言した男」2024-02-18

2024年2月18日 當山日出夫

フランケンシュタインの誘惑E+ 「強制終了 人工知能を予言した男」

二〇一九年の放送の再放送である。

ChatGPTが登場したのが、一昨年、二〇二二年の秋のことだった。その翌年、二〇二三年から、ChatGPTの話題でもちきりになり、本もいくつか出た。その何冊かは買った。今でも、その流れ、生成AIについては議論が続いている。同様の番組を今つくるとなると、違った方向からのものになるかもしれない。

この番組を、今の時点で再放送する意味は確かにあると思う。少なくとも二〇一九年の時点では、AIはさしせまった人類の脅威にはなっていなかった。

なかで、人工知能学会の倫理規定が紹介されていたことは、興味深い。

番組の終わりで、チューリングの予言が紹介されていた。いずれ、AIが人間を凌駕するときがくるだろう。

ところで、私がAIと言って思い浮かべるのは、映画『2001年宇宙の旅』における、HAL9000である。(このあたりは、生まれた年代の差ということなのかもしれないが。)

AIについての議論はこれからも盛んになっていくにちがいない。いや、人間とは何かということを考えるとき、もはやAIのことを抜きにして考えることはできなくなったと言ってもいいだろう。

ところで、この番組で面白かったのは、ドイツの使った暗号機「エニグマ」のこと。これを解読したのが、チューリングということになる。エニグマの仕組みの説明は分かるのだが、エンコードは分かるが、それをデコードする仕組みが、今一つ分からない。このあたりは、私に暗号についての知識が無いからということになるのだが。

知能とは何かを考えるとき、「チューリング・テスト」だけで考えていいのだろうか、ということが課題であるかとも思う。「知能」「知識」「意識」についてどう考えればいいのか、混乱しているが今の時代かもしれない。そうこうしているうちに、シンギュラリティーが現実のものになるかもしれない。

2024年2月16日記

『ブギウギ』「ワテかて必死や」2024-02-18

2024年2月18日 當山日出夫

『ブギウギ』第20週「ワテかて必死や」

朝ドラを見るとき、気にかけていることがある。終戦から戦後の風俗についての描写である。具体的には、玉音放送をどう描くか、ということがある。また、戦後の闇市などの描写で、パンパンが登場するかどうか、ということもある。

これまでの朝ドラで、パンパンが重要な役割を担っていたものとしては、『カーネーション』を思い出す。だが、その他の朝ドラの場合、パンパンを映すということがそもそも無いという作品もあった。そのような女性をドラマの画面に映すことへの抵抗があったということなのかもしれない。

『ブギウギ』では、珍しく(と言っていいだろう)、パンパンの女性たちが、ストーリーの重要な役割を与えられて登場していた。彼女たちにも、そのような境遇に身をおくことになった理由がある。そのようにしか生きるしかなかった時代でもある。生きていくためには、好きでもない男に抱かれなければならない。それを無かったことにする、ということは私はあまり好きではない。

それにしても、パンパンの女性たちの服装は、実際はどうだったのだろうかと思う。ドラマに映る女性たちは、そのファッションを見ただけで、すぐにそれと分かる。特に、頭のスカーフが特徴的である。このあたりのことについて、実証的に研究したものがあるのかどうか、私は知らない。

有楽町界隈のパンパンの親分のおミネ(田中麗奈)がよかった。

それから、この週で印象に残っているのは、タイ子。スズ子と別れて東京に行ってから不幸がつづいたようだ。が、この時代、タイ子のような人生を送った人びとも、たくさんいたにちがいない。靴磨きの達彦も、戦後の時代にあっては、珍しくなかっただろう。(そういえば、このごろでは、街を歩いていても、靴磨きという人を見かけなくなったと思うのだが、どうだろうか。)

タイ子は脚気だという。脚気はかつては日本においてごく普通の病気の一つであった。今の知識からすれば、栄養さえ十分にとっていれば大丈夫である。そういえば、『おしん』でも、おしんは脚気で倒れたことがあったかと思い出す。

「ジャングル・ブギー」の舞台もよかった。ドラマのなかでは名前は出てきていなかったが、この曲の作詞は、黒澤明である。

次週は、また茨田りつ子が登場するようだ。タナケンも出てくるらしい。楽しみに見ることにしよう。

2024年2月17日記

フロンティア「東洋医学」2024-02-17

2024年2月17日 當山日出夫

フロンティア 東洋医学

アイスマンのことは知っていたのだが、(たしかイタリアをスイスの境目あたりで発見されて、その後、帰属をめぐって議論があったと憶えているが)、その体に入れ墨があり、それが鍼灸のツボに合致しているものだとは知らなかった。

お灸をすえる、ということばは日本語の中に残っている。しかし、今の日本で鍼灸というのは、どうなっているのか、私はほとんど知らない。

鍼灸だけではなく、漢方薬について、現代の医学、科学の視点から、再検討が進んでいるというのは、そういうものなのかと思う。人間の体の神経の作用とかについては、古来よりの鍼灸についての知見から学びうるものがあるということは、そうかと思う。なにより経験の蓄積がる。また、漢方薬の薬の成分の効果について、現代の科学で検証していくということは、価値のあることにちがいない。

東洋医学ということであつかわれていたが、他にイスラム世界や、世界の各地の先住民族の人びとが、どのような医療行為を行ってきたのか、検証の価値はあると思う。無論、その中には、インチキもあるだろうが、そうときめてかからずに、科学的に検証していくという姿勢は重要な意味があると考える。

2024年2月15日記

ザ・バックヤード「国立スポーツ科学センター」2024-02-17

2024年2月17日 當山日出夫

ザ・バックヤード 国立スポーツ科学センター

この施設のことはまったく知らなかった。しかし、このような施設があることは、なるほどと納得できる。だが、その割にはと言っておきたいが、オリンピックでの日本のメダル数は、あまりぱっとしない……

このような施設があること自体が、ほとんど一般には知られていないということもあるのだろうが、紹介された内容のすべてが、バックヤードである。一般には入ることもできないし、中で何が行われているのかも秘密、何人のアスリートがそこにいるのかも秘密。それでも、よく取材ができたものだと思う。

内容的には、スポーツ科学の観点からは、だいたい常識的に分かることかなと思う。それに、現代のデジタル技術を活用している。モーションキャプチャも利用しているが、これは画像の解析という手法によるものだろう。モーションキャプチャの技術も随分と進歩したものである。

スキーのジャンプの風洞実験は面白かった。(よく取材できたという気もするが。)実際の競技場で練習すると、一日に一〇回ぐらいしか飛べないらしい。それを考えると、今の時代の選手は恵まれているというべきだろう。あるいは、このような施設がない時代の選手はすごかったというべきかもしれない。

レストランの食事を、画像の分析からカロリーや栄養素の計算をするシステムは、技術的にはそんなに高度なものではないかもしれない。大学の食堂などだと、メニューにその食事のカロリーとかが表示されている場合が多くある。場合によっては定食にしてしまえば簡単である。このようにすることは簡単なのだろうが、そこに選手の自由選択の余地を残して、自分で料理を選んで考えることができるようにした、というところが重要なのかと思う。

2024年2月16日記