『まんぷく』あれこれ「できたぞ!福子!」2019-02-17

2019-02-17 當山日出夫(とうやまひでお)

『まんぷく』第20週「できたぞ!福子!」
https://www.nhk.or.jp/mampuku/story/index20_190211.html

前回は、
やまもも書斎記 2019年2月10日
『まんぷく』あれこれ「10歩も20歩も前進です!」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/02/10/9034402

やっとインスタントラーメン「まんぷくラーメン」の完成である。

油であげればうまくいく、このことにようやく気付いてからが、本格的な研究のはじまりであった。それにあう、麺のつくりかた、スープ、油の質や温度、時間など……ことこまかな試行錯誤があった。

このあたりのことをじっくりと描いているのが、『まんぷく』というドラマの作り方の良さなのだと思う。これが平凡なドラマだったら、油であげることに気付いたとことで、即、完成……ということになっていてしまったかもしれない。

しかし、その製造は、どうみても家内制手工業の域を出ない。ほとんど家族と身内の人間だけで作っている。製造の現場も、もとの研究所をそのままつかているようだ。

これから本格的に「まんぷくラーメン」が売れるとしたら、まずは、製造について設備投資が必要になるだろう。工場を作る必要がある。また、宣伝、販売についても、きちんとした会社組織にすることが求められるにちがいない。

今週で第20週目。まだこのドラマは、一ヶ月半ほど残っている。これからの萬平と福子の生活はどうなるのだろうか。

それから、気になっているのは特許のこと。これをきちんとしておかないと困ることになりはしないだろうか。次週を楽しみに見ることにしよう。

追記 2019-02-24
この続きは、
やまもも書斎記 2019年2月24日
『まんぷく』あれこれ「作戦を考えてください」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/02/24/9039959