『Twitter社会論』2009-11-14

2009-11-14 當山日出夫

津田大介.『Twitter社会論』(新書y).洋泉社.2009

http://www.yosensha.co.jp/book/b50766.html

すでに、この本については、膨大なTwitterでのつぶやきがある。もちろん、ブログでの言及も。

ただ、強いて比較のうえでもちだすならば、『仕事で使える!Twitter超入門』(小川浩.青春出版社)と、読み比べるといい。実際にTwitterをつかうノウハウ本としては、(現時点では)小川浩の本がいい。たとえば、

これだけは知っておきたツィッターの5つのマナー

として、つぎの5つのことが記してある(pp.83-87)

1.職場や教室にいるときと同じくらい、フレンドリーな態度を忘れない
2.公の場所であることを意識しよう
3.対話しよう
4.話題を考えよう
5.投稿頻度にも気をつけよう

だが、あえて言えば、これは、SNS的な発想であるとも言えるかもしれない。これと比べて、今回の本『Twitter社会論』の最後(おわりに)の記述。著者は、Twitterを「P2P」と位置づけたうえで、次のように記す。

>>>>>

こうしたツィッターの本質は、ある程度フォローする人数を増やさなければ理解することができないだろう。友人中心でフォローし、その数も50くらいまでだと、既存のSNSとの違いはほとんどわからない。ツィッターの独自性が理解できるのは、知り合い以外も含めて100人以上フォローするあたりからだ。そうすると、新聞やテレビなどのメディアを見るような感覚でツィッターを楽しめるようになってくる。

そしてタイムラインの景色が変わるのが、フォロー数300~500を越えるあたりだ。ここまでフォロー数が増えると、情報の流れが速いため、「タイムライン上の情報はすべて見なければならない」といった強迫観念から解放され、後はツィッターにアクセスしたその時々の出来事や思考という、リアルタイムの情報の流れに身を委ねればいい。

(p.189)

<<<<

さて、ここで考えること……「Twitterの正しい使い方」というのはあるのだろうか(常識的レベルのことはとりあえず別にして)。

SNS的なつかかたもできるが、また、『Twitter社会論』でいうように、TL(タイムライン)に身をまかせてしまうようなつかかたもできる。そのように柔軟な利用を可能にしているのが、Twitterのアーキテクチャなのだと思う。

私は、こういう使い方をしています。我々はこう使うようにしよう。これは言えるだろう。しかし、こう使わなければならない、ということではないように思うのである。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2009/11/14/4693989/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。