『ARG』464号の感想2011-02-02

2011-02-02 當山日出夫

『ARG』464号の感想である。

まずは、としょかん千三百観音プロジェクト、について。

なによりも、図書館というものが身近な存在になること、このことにつきるのだろうと思う。学術的な調べ物をするためにのみ、図書館はあるのではない。

とはいっても、図書館は、なんでも屋でもないし、よろづ相談所でもない。そこには、おのづから、図書館としての「節度」というものがあるであろう。このような目で見てであるが、まず何よりも、図書館のハードルを下げること、これが重要になってくる。

この意味では、「としょかん千三百観音プロジェクト」は、成功であったといえるだろう。

将来の問題としては、「調べること」と「なやんでいること」とは違う。このあたり、どのように区分していくかが課題となりそうである。ともあれ、このようなプロジェクトが今後もつづいていくことに期待したい。

當山日出夫(とうやまひでお)

『ARG』464号の感想(2)2011-02-03

2011-02-03 當山日出夫

『ARG』の感想のつづきである。

図書館のブクログの利用。これは、小規模の大学ならではの試みかもしれない。大規模な、総合大学では、かえってわけがわからなくなるかも……だが、単科大学ぐらいの規模であれば、学生の勉学の手助けになる、いいアイデアではないだだろうか。

佐賀大学地域学歴史文化研究センターの肥前千葉氏発給文書目録を公開

これは、「目録」の公開にとどまるのは、いたしかかたないかとも、思う。たぶん、利用者は、一部の専門家に限られるだろうから、きちんとした目録があれば、それでいいのかもしれない。しかし、一部については、画像データもあると、それなりに、研究・教育目的でつかえるだろう。

それから、東北大学の「東北大学史料館蔵 個人・関連団体文書目録(東北大学関係)」の件。まずは、東北大学に、「史料館」があることに、着目すべきだろう。そして、そのうえで、大学としての、
・行政文書アーカイブズ
・研究アーカイブズ
の両方が、今後、どのように構築されていくか、気になるところである。

研究アーカイブズは、同じ東北大学の、東北大学研究シーズ集、とも連携するものなのであろうか。(できれば、将来的には、現在の研究についての情報発信と、そのアーカイブズに、つなげてほしいものである。)

これなど学生に教えておきたいと思うのは、やはり、

外務省外交史料館、沖縄返還交渉、日米安全保障条約改定交渉関係目録を公開

である。

国立公文書館や、アジア歴資料センター、それに、外交史料館などの、インターネットでの情報公開は、公的なデジタルアーカイブの基本をなすものとして、教室でとりあげてみたい気がする。(ただ、次年度の授業がどうなるか、まだ、あんまり考えていないのではあるが。)

當山日出夫(とうやまひでお)

読みかけの本など2011-02-03

2011-02-03 當山日出夫

いま、よみかけているのは……

『からくり砂絵 あやかし砂絵』(光文社時代小説文庫).都筑道夫.光文社.2010
これは、まだ、刊行中。全部完結していない。ま、気長に読んでいる。

『暗闇の蝶』(新潮文庫).マーティン・ブース/松本剛史訳.新潮社.2011
なかなか味わい深い作品のようだ。

『一刀斎夢録』.浅田次郎.文藝春秋.2011
文庫本になるのは、先のことになりそうだから、買ってしまった。

他にもいろいろあるが、まずは、このあたりの本から。

當山日出夫(とうやまひでお)

墨筆精神2011-02-04

2011-02-04 當山日出夫

昨日、思い切って、京都まで行ってきた。京都国立博物館まで。「墨筆精神」の展覧会を見るためである。

『玉篇』『漢書』『王勃集』『蘭亭序』(詳細な作品名は略す)など、どれも逸品ぞろいである。基本となっているのは、朝日新聞の上野理一のコレクションである。

月並みな言い方であるが、久々の目の保養。

なお、展覧会として面白いのは、参考として展示されている、内藤湖南などの手紙類もあったこと。

ディスプレイとキーボードにマウス。筆墨とは、かけはなれた生活になってしまっているが、その精神の一脈だけは、なんとかうけついでいきたいものであると願うのである。

なお、解説図録もよくできている。最近のこのての展覧会の図録は、訓点についてまで言及するようになってきた。これも、時代の流れかとも思うが。

當山日出夫(とうやまひでお)

積んである本2011-02-05

2011-02-05 當山日出夫

そろそろ花粉症のシーズンで、本を読むのがつらくなってきている。今、メインによんでいるのは、

浅田次郎.『一刀斎夢録』.文藝春秋.2011

である。その他に、積んである本は、

『ユリイカ 特集:ソーシャルネットワークの現在』.2011年2月号.青土社

阿辻哲次.『戦後日本漢字史』(新潮選書).新潮社.2011

など。

當山日出夫(とうやまひでお)

花粉症の季節2011-02-06

2011-02-06 當山日出夫

そろそろ、花粉症の季節がはじまった。TVの天気予報では、本格的な花粉の飛散は今月中旬以降だろうと言っている(近畿地方)。とはいえ、もう、とびはじめている。

ここ一両日、どうにもならない。自分の部屋にティッシュペーパーの箱を、すぐ手のとどくところにおいておくことに。

この季節、本を読むのがつらくなく。本の紙の裁断面から出る、こまかな紙のほこりが、ものすごく反応するのである。本屋さんにいくのも、ちょっとつらくなる。

しばらく辛抱とおもって、なんとかのりきることにするしかないのである。この間に、書斎でこもって、たまった仕事を片付けることに専念するすることにしよう。

當山日出夫(とうやまひでお)

『戦後日本漢字史』2011-02-07

2011-02-07 當山日出夫

阿辻哲次.『戦後日本漢字史』(新潮選書).新潮社.2011

目次は、

第1章 終戦と漢字
第2章 常用漢字表への道のり
第3章 「書く」時代から「打つ」時代へ
第4章 「常用漢字表」の改定

と、ざっと、そのタイトルどおり、戦後の日本の言語政策(漢字)にかかかわる部分を、たどっている。

まだ、読めていないのだが……その中にいた人間のひとりの証言として、貴重な本であることはまちがちない。

とりあえず、紹介だけでもと思って。

當山日出夫(とうやまひでお)

ウィキペディアから見えるアートの世界2011-02-08

2011-02-08 當山日出夫

AMeeT(日本写真印刷文化振興財団のWEBマガジン)に書いたので、ここで紹介しておきたい。

ウィキペディアから見えるアートの世界

http://www.ameet.jp/digital-archives/digital-archives_20110204/#page_tabs=0


ウィキペディアについてはいろいろあるだろうけれど……私の思ったことを記すならば、すくなくとも、日本語版のウィキペディアについていうならば、日本における学知の継承とはどのようなものであったかについて……そのあたりをふまえた展開ができるとよいのではないだろうか。

教育や学問の社会的な文化的なあり方というのは、国・時代にによってちがう。日本には日本なりのありかたがある。その日本のあり方をふまえたものでなければ、次の発展にはむすびつかないように思えるのである。

だからといって、昔ながらの師弟関係こそ大事であると、短絡的にいうつもりはない。だが、そのようにして蓄積されてきた「知」もあるのだということをふまえて、さらに、次の展望を語るべきであろう。

當山日出夫(とうやまひでお)



時計を修理する2011-02-09

2011-02-09 當山日出夫

いまどき、時計をなおして使うなど、よほど高級品をつかっていないかぎり、あまり、しないだろうなあ、と思う。オーバーホールする費用で、新しいのが買えてしまう時代である。

しかし、これまで、使ってきた時計を修理することにした。電池がきれたのをきっかけに、そろそろと思って、分解修理。たしかに、新品の、同程度のものが買えるほどの費用がかかった。

一日は、24時間。時計を二つもったからといって、それが48時間になるわけでもなし。時計のたぐいにコストはかけない主義でいる。しかし、日常的に必要なので、持ってはいる。腕時計が二つと、鉄道時計が一つ。その他に、デジタル表示の電波時計が一つ。

これ以外に、私の部屋に時計はない。壁掛けの時計(クロック)は無いのである。ついでにいえば、カレンダーも、壁にはない。

ところで、修理した時計。いつごろかったか。10年以上にはなるだろう。たしか、記憶によれば、通販生活の通信販売。文字盤が読み取りやすいので、気にいってつかっている。

鉄道時計の方になると、もう30年以上になるだろう。学生のときに買った。調べると、今でも、同じものを売っているが、私のつかっているのには、クオーツのマークがついている。(それだけ、古い型番ということになるのだろうが。)

たぶん、これで、あと10年ぐらいは、つかえるだろう。

當山日出夫(とうやまひでお)

『ARG』465号の感想2011-02-10

2011-02-10 當山日出夫

『ARG』465号の感想をすこし。

まずは、人文情報学研究所の紹介記事だろう(私にとっては)。やっと、『ARG』に掲載されたか、という感じである。

人文情報学研究所
http://www.dhii.jp/

ここも、まだできたばかりといっていいところであるが、しかし、これからの日本の人文情報学の中核を担っていくものであろうと、私は思って期待している。是非とも、永崎さんには頑張ってもらいたいものである。

そう内容が多いというわけではないが、

Digital Humanities notes in Japan
http://www.dhii.jp/nagasaki/blog/

には、

Digital Humanities Events

として、グーグルカレンダーをつかった、各種の人文情報学のイベント情報があつまっている。これと、ARGのイベントカレンダーをあわせてみれば、主な人文情報学にかかわる行事が、把握できるだろう。より一層の充実に期待したところである。

他にも書きたいことはあるが、まずは、人文情報学研究所の件について。

當山日出夫(とうやまひでお)