『おんな城主直虎』あれこれ「初恋の分れ道」2017-02-14

2017-02-14 當山日出夫

『おんな城主直虎』2017年2月12日、第6回「初恋の分れ道」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story06/

前回のは、
やまもも書斎記 2017年2月7日
『おんな城主直虎』あれこれ「亀之丞帰る」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/02/07/8352922

今回の見どころは、おとわ(次郎法師)と、亀(直親)が話しをするシーン、それから、二つの饅頭の謎ということになるのだろう……だが、私の興味のあったのは、やはり、ネコである。今回は、和尚にだかれてはいなかった。おとなしくカゴのなかにはいって、ニャーと鳴いていた。

すなおでおとなしいネコだなあ、と思ってみたいたのだった。二回ぐらい登場していたであろうか。

それから、スズメ。竹千代(後の、徳川家康)が飼ってならしていた。さて、ここで、徳川家康を登場させているということは、この物語の今後の展開に、どういう関係があるのだろうか。このあたりが、これからの興味関心のあるところである。

徳川家康は、去年の大河ドラマ『真田丸』でも登場していた。前作とどのように違う徳川家康を描くことになるのか、これからの展開が楽しみである。

出てきたことばで気になったのは、「国衆」。なんの説明もなしにつかっていた。これはもう歴史学用語として……あるいは、大河ドラマ用語として定着したと考えていいのだろうか。『真田丸』では、このことばの使用が、斬新なイメージがあったと記憶している。

また、そろそろ、おとわ(次郎法師)が、将来、直虎になってどう生きていくのか、そのエトスとでもいうべきものが見えてきたようにも感じる。井伊の家のために生きることになるのだろうか。

そして、やはり気になるのはネコ。次回もネコは登場するのだろうか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/02/14/8360887/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。