『憲法サバイバル』加藤陽子・長谷部恭男2017-06-08

2017-06-08 當山日出夫(とうやまひでお)

ちくま新書編集部(編).『憲法サバイバル-「憲法・戦争・天皇」をめぐる四つの対談-』(ちくま新書).筑摩書房.2017
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480069535/

筑摩書房から、ちくま新書の一冊として、この本が出たので読んでみた。四つの対談を編集したものなので、一日に一つづつ読んでいくことにする。まず、最初は、加藤陽子と長谷部恭男である。

加藤陽子、長谷部恭男については、以前にこのブログでも書いたことがある。たとえば、

やまもも書斎記 2016年7月9日
加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』憲法とE・H・カーのこと
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/07/09/8127772

やまもも書斎記 2016年
長谷部恭男『憲法と平和を問いなおす』「ホッブズを読むルソー」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/07/21/8135281

他にも触れたことがある。この対談でも、戦争とは、相手国の憲法を書きかえさせることに目的がある、との議論が両者の間で展開されている。この点について、さらに理解しておくためには、上記のところでとりあげたような、二人の書いた本を読んでおくべきかもしれない。

読みながら、いくつか付箋をつけたが、そのいくつかを引用しておきたい。

(長谷部)(大日本帝国憲法には)「天皇は全国家権力を掌握しているけれど、それを行使する時は自身がつくった憲法の条規に従う。この国家法人理論と君主制原理は、とても相性が悪いんです。」(p.20)

としたうえで、現在の憲法について、

「実は人民主権原理にも、同じような問題があります。人民は全国家権力・主権を持っているが、自らが制定した憲法の範囲内でのみそれを行使する。そんなことは本当に、理論的にあり得るのかということです。」(p.21)

と述べる。国民の主権ということは、今の憲法において当たり前のことのように思っているが、理論的に考えると、いろいろ問題をはらんでいるらしいことがわかる。といって、昔のように天皇主権にもどせばよいというものでもない。

それから、次のような発言も興味深かった。

(加藤)「つまり大日本帝国憲法というのは、究極の押しつけ憲法だと。」(p.28)

今の憲法についての改憲議論のなかに、GHQの押しつけ憲法だから改憲すべきだという意見もある。であるならば、その前の、大日本帝国憲法は、どうであったのか、考えてみてもいいだろう。

他にも、この対談で興味深い箇所がいくつかある。

憲法学という法律の学問分野は、意外と新しいのである、という指摘などは、憲法の専門家に言われてみて、なるほどそういうものかと思ったりする。また、憲法についての議論としては、美濃部達吉を非常に高く評価している。国家法人説、天皇機関説である。そして、今、その美濃部の著作を読もうとしても、全集、著作集のような形にはなっていないともある。そんなものなのかと思ってしまう。

ところで、どうでもいいことのようだが……加藤陽子は、山田風太郎が好きらしい。これはなるほどと感じる。特に、歴史、また、文学に関心があるのなら、その明治伝奇小説の一群の作品は、私は、高く評価されてよいと思っている。山田風太郎は、司馬遼太郎が描かなかった明治、近代日本というものを描き出した作家だと思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/06/08/8587921/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。