今年読んだ本のことなど2017-12-31

2017-12-31 當山日出夫(とうやまひでお)

今年(2017)に読んだ本で印象に残っていることなど、いささか。

一番、強く印象にのこっているのは、

中村真一郎.『頼山陽とその時代』(上・下)(ちくま学芸文庫).筑摩書房.2017(中央公論社.1971)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480097781/
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480097798/

である。再読になる。ちくま学芸文庫で出たので読んだ。この本について、読後感など書こうと思いながら、そのままになってしまっている。面白い本であった。

私の関心をひいたのは、頼山陽その人よりも、周辺の詩人たち。この本に引用されている多様な詩人たちの詩(漢詩)を、読んで強く共感するところがあった。〈詩〉というものを感じながら、その引用作品を味わった。

近世の漢詩に、近代の詩歌に通じる、いや、それに先んじた近代的詩情を感じる……これは、中村真一郎も指摘してることである……ことに、新鮮なおどろきがあった。そして、老年にさしかかっても、まだ、そのような〈詩〉を感じうる自分自身に気付いたことでもあった。

さらに、〈詩〉といえば、

鹿島茂(編).『あの頃、あの詩を』(文春新書).文藝春秋.2007
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784166606085

これについては、

やまもも書斎記 2017年11月23日
『あの頃、あの詩を』鹿島茂(編)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/11/23/8732826

これを読んで、「詩」を読んでみたくなった。昔、国語の教科書に載っていたような近現代詩や短歌などである。今でも売っている、岩波文庫、新潮文庫などの詩集を買ったり、古本で「日本の詩歌」(中央公論社)を買ったりしてみた。

そのうちいくつかについては、ブログに書いたりもした。たとえば、

やまもも書斎記 2017年12月22日
『高村光太郎』「日本の詩歌」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/12/22/8752805

今年(2017)、広義の「文学」……狭義の文学作品、小説などにとどまらず、歴史、哲学といった広い分野……を読んで、時間をつかおうとおもった。そのなかで、感じたことは、「文学」の根底にあるものは〈詩〉である、ということである。〈詩〉を感じないでは、「文学」を読んだことにはならない。

だからといって、詩歌、短歌、俳句、漢詩を読むということでもない。それらを〈詩〉として鑑賞しうる心のもちかた、自分自身の感性の問題としてである。

来年は、〈詩〉という「文学」の原点にたちかえって、読書ということに時間をつかっていきたいと思っている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/12/31/8758573/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。