『ルドルフとノラねこブッチー』斉藤洋2020-07-06

2020-07-06 當山日出夫(とうやまひでお)

ルドルフとノラねこブッチー

斉藤洋.『ルドルフとノラねこブッチー-ルドルフとイッパイアッテナⅤ-』.講談社.2020
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000325656

このシリーズは、最初の『ルドルフとイッパイアッテナ』から読んでいる。このブログにも、以前に書いたことがある。

やまもも書斎記 2016年6月19日
斉藤洋『ルドルフとイッパイアッテナ』
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/06/19/8114891

その最新刊が出たので、さっそく買って読んでみることにした。シリーズの五冊目になる。

この巻の主な登場人物(猫)は、ブッチーである。金物屋に飼われていた猫だが、その主人がひっこしていなくなってしまったので、今は、野良猫ぐらしである。

野良猫といっても、ルドルフやイッパイアッテナが仲間にいる。食べるものに不自由することはない。イッパイアッテナの飼い主から、一緒にキャットフードをもらってすごしている。

そのブッチーがもと住んでいた家に、時々、もとの飼い主がやってきているらしい。では、野良猫になってしまったブッチーは、飼い主のもとにもどりたいのだろうか。ここのあたりの、ブッチーの気持ちを推し量って、ルドルフは、いろいろと悩むことになる。

結局、ルドルフとブッチー、それから、イッパイアッテナがそろっての大冒険ということになる。

このシリーズ、私は、現代の日本における最高の「教養小説」であると思っている。ここには、岐阜から東京にやってくることになった、黒猫ルドルフの成長の姿がある。それを導く存在であるのは、イッパイアッテナである。それから、ブッチー、さらには、デビルといった仲間たちがいる。これらの仲間のなかで、人間関係(?)をいかに構築していくかが、ルドルフの課題である。ルドルフは「教養」のある猫になろうと、はげむことになる。

ところで、この本の最後に出てきた必殺技は、いづなおとし(白土三平)……と言っていいような気がするが、これは、深読みだろうか。

2020年7月5日記

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2020/07/06/9265282/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。