『いだてん』あれこれ「夜明け前」2019-01-08

2019-01-08 當山日出夫(とうやまひでお)

『いだてん』第1回「夜明け前」
https://www.nhk.or.jp/idaten/r/story/001/

今年のNHK大河ドラマは、『いだてん-東京オリムピック噺-」である。

第一回を見て感じることは……語りの複雑さを、ストーリー展開の勢いで突き抜けて見せた、といったところだろうか。

よく考えてみると、このドラマの構造はきわめて複雑である。昭和34年の古今亭志ん生からはじまる。その語りでもってこのドラマ全体が進行する。まず、1964(昭和39)年オリンピックの招致のエピソード。そして、さかのぼって明治。その中で、志ん生自身の若い時のことが出てくる。それを交えながら、明治の終わりごろ、日本で初めてオリンピックに参加することになる、そのいきさつが描かれる。

とにかく、第一回は勢いがあった。スピーディーである。

だが、これも考えてみるならば、スピードでもって、余計な議論をふっとばして見せた、このようにとれなくもない。

ドラマの第一回で出てきたことであるが、何のためにオリンピックに参加するのか、スポーツとは何か。ただ、勝敗を争うだけではなく、参加することに意義があるのである……嘉納治五郎は、このように語っていた。

しかしである……オリンピックに参加することに意義があるという名目のもとに、参加選手に「日本国」「日の丸」を背負わせてきたのが、日本とオリンピックの歴史であったのではないか。いや、来年(もう来年のことになってしまっている)2020年の東京オリンピックにおいても、メダルの目標を議論しているありさまである。本当に「参加することに意義がある」とするならば、メダルなど議論すべきではないはずである。

そして、「日の丸」を背負わされている競技の代表が、柔道でもある。東京オリンピック(64年)の時のことを思い出してみれば(私は、記憶にもっている……私は昭和30年の生まれ、東京オリンピックの時は小学生だった)、まさに「日の丸」のために柔道という競技があった。

その柔道のことで、この第一回のしめくくり「紀行」としていたのは、なんとも皮肉な番組作りであることかと思った。(これは、意地の悪い見方だろうか。)

さらに先を予想しておけばであるが……オリンピックと政治、国際情勢とは密接な関係がある。アジアにおいて、日露戦争に勝った「一等国・日本」が、オリンピックに参加するということ自体が、まさに政治的である。

無論、昭和15年(1940)年に開催予定であった「東京オリンピック」。さらには、その前の回の、ベルリンでのオリンピック。これなど、国際社会の情勢と密接不可分である。1964年の東京オリンピックも、アジアで初のオリンピックという政治性をおびている。(このことは、第一回でも描いていたことである。)

ただ、このようなオリンピックにまつわる政治的な側面というものを、ドラマの進行の勢いでふりはらって、とにかくスピードを持って描く、そして、そのような政治性を笑い飛ばしてしまうだけの「毒」をもった人物として、ビートたけし(古今亭志ん生)が起用された、このように見ることもできよう。

オリンピックと政治、ナショナリズム……こういったものをどのように描いてみせるか、また、志ん生がどれほどの「毒」となるのか、宮藤官九郎の脚本に期待して見ることにしよう。

追記 2019-01-15
この続きは、
やまもも書斎記 2019年1月15日
『いだてん』あれこれ「坊っちゃん」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/01/15/9025210

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/01/08/9022767/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。